JCB法人カードの審査基準は?JCB法人カード徹底解説!!

更新日:2024年7月2日
お役立ちコラム編集部
監修:お役立ちコラム編集部

JCB法人カードとは

JCB法人カードとは、JCBが直接発行する法人向けのクレジットカードで、JCB法人カードは、ビジネスにおける効率化に有効な法人カードです。

JCB法人カードは、高いステータス性と、JCB法人カードに付帯する特典やJCB法人カードで貯めたポイントの使い道も豊富で、法人カードに欲しいサービスが付帯しており、個人事業主の方から中小企業まで幅広く人気を集めています。しかし、法人カードは、一般の個人カードと違い審査基準などが異なることで、申し込みに悩んでおられる方も多いことと思われます。

そこで今回この記事では、JCB法人カードの申し込みを検討されている方に向けて、JCB法人カードの審査基準についてや、JCB法人カードの審査はやさしいのか、厳しいのか、JCB法人カード申し込みの方法から、JCB法人カードの審査に通過するためのポイントなど、JCB法人カードについて徹底的に解説していきたいと思います。

  • お役立ちコラム編集部

    次項では、JCB法人カードの基本情報について解説していきます。

JCB法人カードの審査に関連する記事:
【JCB公式】JCB 法人カード|新規入会キャンペーン|クレジットカードなら、JCBカード

JCB法人カードの基本情報

JCB法人カードの基本情報を以下、紹介させていただきます。

項目詳細
年会費1,375円(初年度無料)
追加カードETCカード、家族カード
ポイント還元率0.47%〜1.49%
付帯保険海外旅行、国内旅行、ショッピング
ポイントOki Dokiポイント
電子マネー
マイル
スマホ決済Google Pay

JCB法人カードは、法人向けに設計されたクレジットカードで、ビジネスシーンでの活用を強力にサポートします。年会費は手頃でありながら、豊富な特典が付帯しているため、多くの経営者や個人事業主にJCB法人カードは選ばれています。このJCB法人カードを導入することで、ビジネスの効率化を図ることができます。

まず、JCB法人カードを利用することで、会計処理が劇的に簡素化されます。JCB法人カード利用明細データを会計ソフトに直接連携させることができるため、経理作業の自動化が可能です。JCB法人カードにより、手間のかかる手動入力作業が不要となり、時間と労力を大幅に削減できます。オンライン上での管理も容易で、いつでもどこでもアクセス可能な点が非常に便利です。

さらに、JCB法人カードは従業員用の追加カードを発行することができます。これにより、従業員が交通費や接待費などの経費を立て替える必要がなくなり、経費精算がスムーズになります。会社全体の経費管理が一元化されることで、無駄なコストを抑えつつ、効率的な経営がJCB法人カードにより可能になります。

特筆すべきは、JCB法人カードのポイント還元率が0.47%〜1.49%と高いことです。JCB法人カード利用金額に応じて貯まるOki Dokiポイントは、さまざまな特典と交換可能で、ビジネスでの出費を有効に活用できます。また、JCB法人カードは海外旅行、国内旅行、ショッピングに対する付帯保険も充実しており、安心して利用することができます。

また、JCB法人カードは、Google Payにも対応しており、スマホ決済が可能です。これにより、スマートフォンひとつで簡単に支払いができるため、さらにJCB法人カードの利便性が向上します。

このように、JCB法人カードはビジネスの効率化と経費管理の改善に役立つ、多くのメリットを持つクレジットカードですのJCB法人カードは審査をクリアすれば、多くの特典を享受できるためJCB法人カードは、ビジネスの成長をサポートする心強い味方となることでしょう。

  • お役立ちコラム編集部

    次項は、JCB法人カードのおすすめとなる特長を解説していきたいと思います。

JCB法人カードの特長

次に、JCB法人カードの特徴についてご紹介していきます。JCB法人カードには様々な特徴がありますが、本記事では以下の特徴についてご紹介いたします。

  • 経費削減と節税効果
  • 豊富な付帯保険
  • キャンペーンとポイントプログラム
  • 業務効率化と経費精算の簡素化
  • オフィス用品のデリバリー
  • 航空チケットの取得とコスト削減
  • 福利厚生の充実
  • 高いコストパフォーマンス
  • キャッシュフローの改善

JCB法人カードの特徴をはじめ、メリットや種類別のおすすめポイントについては、以下の記事で詳しく解説しています。JCB法人カードのメリットをより詳しく知りたい方、少しでもJCB法人カードを検討している方はぜひ参考にしてみてください。

JCB法人カードの特徴1.
経費削減と節税効果

JCB法人カードは、ビジネスにおける経費削減と節税効果が期待できるクレジットカードです。年会費1,375円は、初年度無料であり、2年目以降も経費として計上可能です。このため、税務上の負担を軽減することができます。また、JCB法人カードを使用することで、オフィス用品や事務用品の購入が経費として計上できるため、経理作業がシンプルになります。

JCB法人カードの特徴2.
豊富な付帯保険

JCB法人カードには、旅行傷害保険とショッピングガード保険が付帯されています。海外旅行や国内旅行での万が一の事故に対して、最高3,000万円までの補償が受けられます。特に海外旅行保険は利用付帯となっており、旅行費用をJCB法人カードで支払うことで保険が適用されます。また、ショッピングガード保険は、海外でのショッピングに対して最高100万円(1事故につき自己負担額1万円)までの補償があり、安心して買い物ができるでしょう。

JCB法人カードの特徴3.
キャンペーンとポイントプログラム

JCB法人カードの特徴3.キャンペーンとポイントプログラム

JCB法人カードでは、様々なキャンペーンが行われており、JCB法人カード新規入会でJCBギフトカードがもらえる特典があります。また、JCB法人カードの利用額に応じてOki Dokiポイントが貯まり、JCB法人カードのポイント還元率は0.47%〜1.49%です。これらJCB法人カードで貯まったポイントは、ビジネスに役立つ商品やサービスと交換することができ、経費の一部を補うことができます。

参考記事:法人用クレジットカードでポイントを貯めるには?おすすめの使い方

JCB法人カードの特徴4.
業務効率化と経費精算の簡素化

JCB法人カードを利用することで、日々の経費精算がスムーズになります。従業員用の追加カードを発行することで、従業員が経費を立て替える必要がなくなり、経費精算が一元化されます。JCB法人カードにより、経理部門の負担を軽減し、効率的な経費管理が可能になります。

JCB法人カードの特徴5.
オフィス用品のデリバリー

JCB法人カードは、アスクルと提携しているため、「アスクルサービス」を利用してオフィス用品をお得に購入できます。注文から配達までスムーズに行えるので、JCB法人カードにより業務の効率化にもつながります。

おすすめ参考記事:JCBの法人カードはどんなメリットがある?審査基準などは?

JCB法人カードの特徴6.
航空チケットの取得とコスト削減

「JAL ONLINE」を利用することで、国内線の予約と発券が24時間365日可能です。これにより、手間がかからずコストを削減でき、JCB法人カードを使ってチケット代を支払うことでポイントも貯まります。

JCB法人カードの特徴7.
福利厚生の充実

JCB法人カードの優待特典として、「福利厚生倶楽部」での限定割引サービスが受けられます。JCB法人カードの優待特典は、保養所やスポーツクラブの利用はもちろん、資格取得や育児支援などの福利厚生サービスを全国でお得な料金で利用できます。

JCB法人カードの特徴8.
高いコストパフォーマンス

JCB法人カードは、年会費が安価でありながら、経費削減や節税効果、豊富な付帯保険など多くのメリットがあります。また、決済した金額は口座から引き落とされるため、振込手数料もかからず、年間を通じてかなりの節約が期待できます。JCB法人カードで貯まったポイントはマイルや他社ポイントに交換でき、職場用の備品にも利用可能です。

JCB法人カードの特徴9.
キャッシュフローの改善

JCB法人カードを利用することで、1ヵ月間の社費利用額の支払いサイトに約1〜2ヵ月の余裕が生まれます。JCB法人カードにより、キャッシュフローの改善が期待でき、ビジネスの運営がより円滑になります。

このように、JCB法人カードはビジネスの効率化や経費管理の向上に大きく貢献するカードです。JCB法人カードの審査を通過すれば、多くの特典とメリットを享受できるため、企業経営にとって非常に有用なツールとなることでしょう。次項では、JCB法人カードの申し込み条件と、JCB法人カードの申し込み手順を見ていきましょう。

JCB法人カードの申し込み条件と申し込み手順

JCB法人カードの申し込み条件

JCB法人カードの申し込み条件は非常にシンプルです。

申し込み対象:法人企業の代表者、もしくは個人事業主

JCB法人カードは、法人代表者または個人事業主が申し込むことができます。このJCB法人カードはビジネス利用を目的としているため、個人向けのクレジットカードとは異なり、法人や事業者のみが対象となります。

JCB法人カードの申し込み手順は以下です。

項目詳細
申し込み方法公式サイトでオンライン申し込み
必要書類法人代表者:現在事項全部証明書、本人確認書類
個人事業主:本人確認書類
審査期間約1〜2週間
書類の郵送手続き入会申込書、本人確認書類の提出
カード受け取り方法郵送、本人確認書類の提示

JCB法人カードの申し込みSTEP

JCB法人カードの申し込みSTEP

JCB法人カードの申し込みの流れを見ていきましょう。JCB法人カードは、一般のクレジットカードよりもやや複雑ですが、ステップごとに進めれば問題ありません。ここでは、JCB法人カードの申し込み手順の流れを詳しく解説します。

JCB法人カードの申し込みSTEP1.
必要書類の準備

JCB法人カードを申し込む際には、法人代表者または個人事業主に応じて必要な書類が異なります。それぞれJCB法人カードの申し込みに必要な書類を事前に用意しておきましょう。

法人代表者の場合

・「現在事項全部証明書」または「履歴事項全部証明書」(発行日から6ヵ月以内の原本またはコピー)
・代表者の本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

個人事業主の場合

・個人事業主の本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

JCB法人カードの申し込みSTEP2.
公式サイトから申し込み

次に、JCB法人カードの公式サイトにアクセスして申し込みを開始します。オンラインのJCB法人カード申し込みフォームに必要事項を入力していきます。入力する情報には、以下のような法人および代表者に関する基本情報が含まれます。

・法人種別(個人事業主、株式会社、有限会社など)
・法人名
・業種
・資本金
・従業員数
・代表者の個人情報

JCB法人カードの申込みの流れは、以下のページも参考にしておきましょう。
参考ページ:法人カードのお申し込みの流れについて | JCBカード

JCB法人カードの申し込みSTEP3.
JCB法人カード審査

JCB法人カードの申し込みが完了すると、JCB法人カードの審査が始まります。このJCB法人カード審査期間中、JCBから申し込み内容について確認の電話がかかってくることがあります。電話に出ないとJCB法人カード審査が中断する可能性があるため、注意が必要です。JCB法人カード審査結果は、登録したメールアドレスに通知されます。

JCB法人カードの申し込みSTEP4.
書類の郵送手続き

JCB法人カードの審査が完了すると、次のステップとして書類の郵送手続きが始まります。この手続きは一般的なクレジットカードにはないため、やや時間がかかりますが、手順通りに進めましょう。

1.JCBから「JCB法人カード入会申込書」が郵送されます。
2.書類が届いたら、必要事項を記入し、本人確認書類を添付して返送します。
3.JCBに書類が到着後、約1週間で契約確認書類が発送されます。
4.契約書類を受け取り、内容を確認します。

JCB法人カードの申し込みSTEP5.
カード発行と受け取り

以上の手続きが完了すると、ついにJCB法人カードが発行されます。JCB法人カードの受け取り時には、本人確認書類が必要となるため、事前に用意しておきましょう。

JCB法人カードの申し込み手順は、一般のクレジットカードに比べてやや複雑ですが、しっかりと準備し、一つ一つのステップを丁寧に進めることで、スムーズに手続きが完了します。JCB法人カードは、ビジネスにおける経費管理や福利厚生の充実など、多くのメリットを提供しますので、審査をクリアして利用する価値があります。審査プロセスをしっかりと理解し、必要書類を揃えてスムーズな申し込みを目指しましょう。

  • お役立ちコラム編集部

    次項では、気になるJCB法人カードの審査基準について解説していきたいと思います。

JCB法人カードの審査に関連する記事:
法人クレジットカード最強11選!審査に落ちない秘訣と正しい選び方

JCB法人カードの審査基準

JCB法人カードは、法人代表者または個人事業主が申し込み可能なクレジットカードであり、個人向けのクレジットカードとは異なる審査基準が設けられています。以下に、JCB法人カードの審査基準について詳しく解説します。

JCB法人カードの審査基準1.
申し込み対象者

JCB法人カードの審査基準1つ目は、申し込み条件を満たしているかどうかの審査ポイントです。JCB法人カードは、前述したとおり、法人代表者または個人事業主が申し込むことができます。このJCB法人カードはビジネス利用を目的としているため、個人向けのクレジットカードとは異なり、法人や事業者のみが対象となります。

JCB法人カードの審査基準2.
申し込み者の信用情報

JCB法人カードの審査基準2つ目は、申し込み者の信用情報の審査です。JCB法人カードの審査では、申し込み者本人の信用情報が重要視されます。特に個人事業主の場合、本人の信用情報が審査の大きな基準となります。信用情報が良好であれば、設立間もない企業でも審査に通る可能性がありますが、信用情報が悪いと設立年数の長い企業でもJCB法人カードの審査に通らない可能性があります。

また、審査をしていく中で、過去に金融トラブル(支払いの延滞や借入金の踏み倒しなど)がある場合、ブラックリストに登録されている可能性があります。このような場合、JCB法人カードの審査に通るのは難しくなります。

  • お役立ちコラム編集部

    JCB法人カードを申し込む前に、自身の信用情報を確認し、金融トラブルがないか再度確認しておくことが重要です。

JCB法人カードの審査基準3.
会社の経営実績

JCB法人カードの審査基準3つ目は、企業の経営実績もJCB法人カードの審査の重要なポイントです。会社経営が長く続いている場合、社会的な信用が高まっているため、JCB法人カードの審査に有利に働きます。しかし、設立して間もない企業でも、申し込み者本人の信用情報が良好であれば、JCB法人カードの審査に通る可能性は十分にあります。

JCB法人カードの審査基準4.
会社の財務状況

JCB法人カードの審査基準4つ目は、会社の財務状況の審査です。会社の財務状況もJCB法人カードの審査の際に重要視されます。経営が順調で黒字が続いている企業は、倒産リスクが少なく、延滞の心配も少ないため、JCB法人カードの審査に通りやすいです。一方で、赤字決算が続いている企業は、カード会社から見ると延滞のリスクが高いと判断され、JCB法人カードの審査が厳しくなることがあります。

ただし、経営が順調であっても節税のために意図的に赤字決算をしている企業もあります。このような場合、財務状況に問題がないと判断されれば、JCB法人カードの審査に影響は出ません。次項では、JCB法人カードの審査期間とJCB法人カードの結果通知について解説していきます。

JCB法人カードの審査期間と結果通知

JCB法人カードの審査期間と審査結果については、以下です。

●審査期間:通常1~2週間程度
●審査結果:申し込み時の登録メールアドレスに審査合否の通知

JCB法人カードの審査期間は通常1〜2週間程度ですが、3週間ほどかかることもあります。JCB法人カードの審査が完了すると、審査結果は申し込み時に登録したメールアドレスに通知されます。

JCB法人カードの審査の後は、郵送書類で契約手続きを進めるため、混雑している状況であればさらに審査から手元にJCB法人カードが届くまで時間がかかる可能性もあります。早めに手元にJCB法人カードが必要な場合は審査期間も見越して、計画的に進めていきましょう。

JCB法人カードの審査基準は、申し込み者の信用情報、会社の経営実績、財務状況など多岐にわたります。これらの審査基準をクリアすることで、法人カードを利用することができ、ビジネスの効率化や経費管理の向上に役立てることができます。

  • お役立ちコラム編集部

    JCB法人カードの審査申し込み前に必要な書類を準備し、自身の信用情報を確認しておくことで、スムーズな審査通過を目指すことができるので、事前準備をしっかりされることをおすすめします。

JCB法人カードの審査に関連する記事:
価格.com – JCB法人カードの特徴・ポイント還元率|クレジットカード比較

JCB法人カードの審査に落ちるケース

JCB法人カードは、一般的に法人カードの中では比較的審査が通りやすいと言われています。しかし、一定の条件を満たしていない場合や、特定の問題がある場合には審査に落ちてしまうこともあります。ここでは、JCB法人カードの審査に落ちる可能性のあるケースを詳しく解説します。

JCB法人カードの審査落ちするケース1.
会社概要・事業内容が不透明

JCB法人カードの審査落ちするケース1つ目は、会社概要・事業内容が不透明であることです。会社概要や事業内容が不透明な場合、審査には不利に働きます。例えば、会社の実態が不明瞭であったり、事業内容が曖昧だったりする場合、カード会社はその企業を信頼しづらくなり審査落ちの要因となります。これは、闇金業者や詐欺業者がしばしば会社概要を曖昧にするためであり、実際に経営活動を行っていないと疑われる可能性があるからです。また、不透明な会社は倒産リスクが高いと見なされることが多く、その結果、審査に落ちやすくなります。

JCB法人カードの審査落ちするケース2.
会社の経営状況が悪い

JCB法人カードの審査落ちするケース2つ目は、会社の経営状況が悪い場合です。会社の経営状況が悪い場合は、JCB法人カードの審査は厳しくなります。特に、赤字決算が続いている企業や、経営が不安定な企業はリスクが高いと判断されるため、審査が通りにくくなります。カード会社にとって、経営が危うい企業にクレジットカードを発行することは大きなリスクなため審査は厳しくなります。会社と法人代表者の財務状況は密接に関係しており、会社が倒産すると代表者が自己破産するケースもあるためです。

ただし、赤字だからといって必ずしも審査に落ちるわけではありません。設立間もない企業や将来性が見込まれる企業の場合、赤字決算が続いていても審査に通る可能性はあります。

JCB法人カードの審査落ちするケース3.
申し込み者の信用情報に問題がある

JCB法人カードの審査落ちするケース3つ目は、申し込み者の信用情報に問題がある場合です。JCB法人カードは法人向けのカードですが、審査では申し込み者本人の信用情報も重要視されます。過去に金融トラブルがあった場合、審査に通らない可能性が高くなります。以下のような問題がある場合は特に注意が必要です。

・長期間の延滞
・連続での延滞
・強制解約
・債務整理
・代位弁済
・自己破産

これらの金融トラブルが過去にあった場合、JCB法人カードの審査に通るのは難しくなります。そのため、JCB法人カードを申し込む前に、これらの問題がないか再確認しておくことが重要です。

JCB法人カードの審査落ちするケース4.
クレジットカードの多重申し込みがある

JCB法人カードの審査落ちするケース4つ目は、クレジットカードの多重申し込みがある場合です。短期間に複数のクレジットカードを申し込むと、「申し込みブラック」と呼ばれる状態になり、審査に不利になります。一般的には、6ヶ月間に3枚以上のクレジットカードを申し込むと、審査に通りにくくなります。多重申し込みがあると、カード会社はその申し込み者が資金繰りに困っていると審査で判断し、リスクが高いと見なすためです。審査に落ちることが続いた場合は、一度落ち着いて、一定期間をおいてから再度申し込みを検討するのが良いでしょう。

JCB法人カードの審査に落ちるケースは、会社の概要や経営状況、申し込み者の信用情報、そして多重申し込みなどが主な審査落ちの原因です。これら審査落ちの要因となるポイントを事前に確認し、問題がないことを確認してから申し込みを行うことで、JCB法人カードの審査に通る可能性を高めることができます。JCB法人カードを利用してビジネスの効率化や経費管理の向上を目指すためにも、慎重な準備が重要です。

  • お役立ちコラム編集部

    次項では、JCB法人カードの審査に落ちないための対策について詳細に解説していきます。

JCB法人カードの審査に関連する記事:
コスパが良いとされるJCB一般法人カードの特徴や審査難易度を解説

JCB法人カードの審査に落ちないための対策

前項ではJCB法人カードの審査に落ちるケースを解説しましたが、ここではJCB法人カードの審査に通るための対策を解説します。適切な対策を講じることで、JCB法人カードの審査に通りやすい状況を整えることが可能です。以下、具体的な審査に通るための対策を解説します。

JCB法人カードの審査に落ちないための対策1.
会社の実体を整える

JCB法人カードの審査に落ちないための対策1つ目としては、会社の実体を整えることです。JCB法人カードの審査に通るためには、会社の実体を示すことが重要です。以下の審査対策の要素を整えることで、会社の信用度が高まり、審査に通る可能性が上がります。

会社の固定電話

固定電話を設置することで、会社の信頼性が向上し、審査に有利になります。携帯電話のみの連絡先よりも固定電話を持っている企業の方が信用されやすいです。

会社の事務所

物理的なオフィスを持つことで、実際に事業を行っていることが明確になり、審査に有利に働きます。仮想オフィスではなく、実際のオフィスが望ましいです。

会社専用の銀行口座

会社専用の銀行口座を開設し、会社の財務状況を明確に管理することが審査では重要です。

公式ホームページ

最新の情報が掲載された公式ホームページは、会社の信頼度を高めます。定期的な更新と、コンタクト情報の明示が審査に有利に働くポイントです。

JCB法人カードの審査に落ちないための対策2.
期間を空けて申し込む

JCB法人カードの審査に落ちないための対策2つ目としては、以下の状況に該当する場合、一定の期間を空けてから再度申し込むことが審査対策として有効です。

ブラックリストに登録されている

金融トラブルが発生してから最低5年間は新しい申し込みを控えましょう。この期間が経過すると、信用情報がリセットされ、再び審査を受けることが可能です。

クレジットカードの多重申し込みをしている

最後の審査申し込みから6ヶ月以上の間を空けることが推奨されます。多重申し込みがあると、信用度が低下し、審査に通りにくくなります。この期間中に、経営状況や個人の信用情報を改善する努力を続けることが審査対策としては重要なポイントです。

JCB法人カードの審査に落ちないための対策3.
所有しているカードの枚数を減らす

JCB法人カードの審査に落ちないための対策3つ目としては、所有しているカードの枚数を減らすことです。現在持っているクレジットカードの利用可能額は合算して考えられるため、カードの枚数が多いと一枚あたりの利用可能額が少なくなり、新しいカードの発行が難しくなります。以下の対策を講じることで、審査に通りやすくなります。

不要なカードを解約する

現在使用していないカードは解約し、利用可能額の枠を空けておきましょう。これにより、新しいカードの発行がしやすくなり、審査も通過しやすくなります。

JCB法人カードの審査に落ちないための対策4.
所有しているカードのグレードを上げる

JCB法人カードの審査に落ちないための対策4つ目としては、所有しているカードのグレードを上げることです。現在所有しているクレジットカードのグレードを上げることで、信用情報が向上します。ゴールドカードやプラチナカードを所有することで、他社からの信頼が高まります。以下のポイントを考慮してください。

カードの枚数は少なく、グレードは高く

少数の高グレードのカードを持つことが理想です。これにより、カード会社に対する信用度が高まり、審査に通りやすくなります。

JCB法人カードの審査に通るためには、会社の実体を整えること、適切な期間を空けること、所有しているカードの枚数を減らすこと、そしてカードのグレードを上げることが重要です。これらの対策を講じることで、審査に通りやすい状況を整え、JCB法人カードの利用を開始するための第一歩を踏み出すことができます。JCB法人カードの申し込み審査対策にしっかり準備期間をもって整え、ビジネスの効率化や経費管理の向上を目指しましょう。

JCB法人カードの審査に関連する記事:
JCBプラチナ法人カードの審査難易度は?審査通過のコツや特典も解説!

まとめ

今回の記事では、JCB法人カードの審査基準から申し込み方法、審査に通るための対策、審査に落ちるケースなどを徹底的に解説しました。JCB法人カードは、法人代表者や個人事業主にとって非常に有用なカードですが、JCB法人カードの審査を通過するためにはいくつかのポイントに注意する必要があります。

まず、審査基準については、申し込み者の信用情報や会社の経営実績、財務状況が重視されることが分かりました。特に、過去の信用情報に問題がある場合や、会社の経営状況が悪い場合は、審査が厳しくなる可能性が高いです。また、会社の実体を整えることや、期間を空けて申し込むこと、所有しているカードの枚数を減らすこと、カードのグレードを上げることが審査に通るための有効な対策であることを解説しました。

審査に落ちるケースとしては、会社概要や事業内容が不透明な場合、会社の経営状況が悪い場合、申し込み者の信用情報に問題がある場合などが挙げられます。これらの問題に対処し、審査に通りやすい環境を整えることが重要です。

最終的に、JCB法人カードは企業の経費管理や福利厚生の充実に大いに役立つカードです。審査基準を理解し、適切な対策を講じることで、JCB法人カードを利用してビジネスの効率化を図ることができます。しっかりと準備を整え、JCB法人カードを活用して、企業経営をよりスムーズに行いましょう。

今すぐコスト削減
資料請求はこちら
right
株式会社SoVa
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町3-9-7 ARC CUBE日本橋本町3階
TEL:03-6821-1935