ガソリン法人カード徹底解説!!ガソリン法人カードの最適解

更新日:2024年6月19日
お役立ちコラム編集部
監修:お役立ちコラム編集部

法人企業や、個人事業主など社用車を所有する事業主に人気の法人カードの一つであるガソリンカード。ガソリンカードを法人カードとして持つことで、経理作業などの業務の効率化、ガソリンの割引やガソリン料金に対してポイント還元が受けられるなど多くのメリットがあります。

しかし、法人カードとしておすすめなガソリンカードの種類はたくさんあり、ガソリンカードを法人カードとして発行する際、クレジット機能付帯のものや、クレジット機能がないもの、また使える場所にも違いがあります。

そして、法人カード向けガソリンカードではなく、通常の法人カードでお得にガソリンを入れられる法人カードもあり、自社にとって最適な法人カードとしてのガソリンカードに悩まれている方は多いと思われます。

そこで今回この記事では、ガソリン法人カードの基礎からガソリンカードでおすすめの法人カードを徹底解説していきます。

  • お役立ちコラム編集部

    ガソリン法人カードを検討されておられる方はぜひ参考にしてみてください。

おすすめ法人カード4選

カード名 UPSIDER
UPSIDER
freeeカード Unlimited
freeeカード Unlimited
アメックスビジネスプラチナ
アメックスビジネスプラチナ
セゾンプラチナビジネスアメックス
セゾンプラチナビジネスアメックス
年会費 無料 永年無料 165,000円 初年度無料(2年目以降は22,000円)
ポイント還元率 1.0~1.5% 0.3~0.5% 1.00% 基本0.5%(最大1.0%)
国際ブランド Visa Visa アメリカン・エキスプレス アメリカン・エキスプレス
発行スピード 最短即日 約1週間 約5週間 最短3営業日
公式サイト 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

ガソリン法人カードとは

ガソリン法人カードとは、法人企業や個人事業主向けに発行される特別なガソリンカードで、主に石油会社とクレジットカード会社が提携して提供しています。このガソリン法人カードの主な目的は、ガソリン代の管理と経費節約に役立つことです。ここでは、ガソリン法人カードの特徴や種類について詳しく解説します。

ガソリン法人カードの大きな特徴は、ガソリン代の割引やキャッシュバックなどの特典があることです。例えば、特定のガソリンスタンドで給油する際に割引が適用されたり、一定の利用額に応じてキャッシュバックが受けられる場合があります。

  • お役立ちコラム編集部

    これにより、ガソリンの給油回数が多い企業にとっては大きなコスト削減につながります。

さらに、ガソリン法人カードは燃料費の一元管理が可能で、経費精算が簡略化されます。複数の社員がそれぞれのカードを使用しても、利用明細は一括して管理できるため、経費管理の手間を大幅に減らせます。

ガソリン法人カードの3タイプ

ガソリン法人カードには、大きく分けて3つのタイプがあります。それぞれの特徴を見ていきましょう。

ガソリン法人カード①
全国の系列ガソリンスタンドで利用できるカード(クレジット機能なし)

このタイプのガソリン法人カードは、特定の系列に属する全国のガソリンスタンドで使用可能です。クレジット機能はないため、ガソリン代の支払いに特化しています。

ガソリン法人カード②
特定のガソリンスタンドでのみ利用できるカード(クレジット機能なし)

発行されたガソリンスタンドのみで利用できるタイプです。このガソリン法人カードは、特定のスタンドでしか使えないため、社員による不正利用のリスクを最小限に抑えられますが、利用範囲が限られるのがデメリットです。

ガソリン法人カード③
ガソリンスタンドに加えて一般加盟店でも利用できるカード(クレジット機能あり)

最も汎用性の高いカードで、ガソリンスタンドだけでなく、一般のクレジットカード加盟店でも利用可能です。クレジット機能があるため、ガソリン代以外の経費も一括して管理できますが、その分、不正利用のリスクが高くなる可能性があります。

以上、 ガソリン法人カードの概要とガソリン法人カードの3タイプについて紹介しました。自社に最適な ガソリン法人カードを選ぶにはあらゆる面からの検討が必要です、自社にぴったりのガソリン法人カードを選び、事業を加速させるため、ガソリン法人カードを活用して経費管理の効率化とコスト削減を目指しましょう。

ガソリン法人カードのメリット

ガソリン法人カードは、企業や個人事業主にとって非常に有用なツールです。このカードを利用することで、ガソリン代の管理や経費精算が効率化され、多くのメリットを享受できます。以下に、ガソリン法人カードの主な特徴とメリットを詳しく説明します。

  • お役立ちコラム編集部

    ガソリン法人カードのメリットについては以下の記事でも分かりやすく解説されています。ガソリン法人カードの発行を検討されている方は、ぜひあわせて参考にしてみてください。

    おすすめ記事:法人向けガソリンカードのメリットや選び方を解説

ガソリン法人カードのメリット①
ガソリン代の割引

ガソリン法人カードの最大の特徴の一つは、ガソリン代の割引が受けられる点です。会員特典として、通常価格よりもお得にガソリンを購入できることが魅力です。具体的には、以下のような割引特典が用意されています。

■固定料金制

契約時にガソリンの購入料金が一定に設定されるため、価格変動の影響を受けずに安定した価格で給油できます。

■キャッシュバック

利用金額に応じたキャッシュバックがあり、給油すればするほどお得になります。

■ポイント還元

クレジットカードやプリペイドカードのポイント還元率がアップし、給油だけでなくその他の支払いにも利用可能です。

このように、ガソリン法人カードを利用することで、燃料費の節約が期待できます。

  • お役立ちコラム編集部

    頻繁に車を使用する企業にとって、ガソリン法人カードはビジネスの成長に大変有益な法人カードです。

ガソリン法人カードのメリット②
経費精算の簡略化

ガソリン法人カードのもう一つの大きなメリットは、経費精算が簡略化されることです。ガソリン法人カードは、業務目的で使用するガソリン代を自動的に経費として管理できます。これにより、以下のようなメリットがあります。

立て替えの削減

従業員が個人でガソリン代を立て替える必要がなくなります。これにより、立て替え精算の手間が省け、経費精算の負担が軽減されます。

一括管理

ガソリン法人カードを従業員に配布することで、各自の給油履歴を一元管理できます。これにより、経費処理が簡素化され、時間と手間を節約できます。

透明性の向上

ガソリン給油の詳細な記録が残るため、不正利用を防ぎつつ、経費の透明性を高めることができます。

ガソリン法人カードを活用することで、経費管理が効率的になり、経営者や経理担当者の負担が軽減されます。

ガソリン法人カードのメリットに関する記事

税理士_依頼_おすすめのポイント

以下の記事では、ガソリン法人カードのメリットをはじめ、実際にガソリン法人カードを使用することでお得になるのかを解説しています。ガソリン法人カードのメリット・デメリットをしっかりと把握しながら自分に合った法人カードを検討しましょう。

おすすめ記事:法人ガソリンカードはお得?メリット・デメリットも解説

ガソリン法人カードのメリット③
軽油量の管理も簡略化

ガソリン法人カードは、給油量の管理にも優れています。各給油ごとに詳細な記録が残るため、使用量の推移を簡単に把握できます。これには以下のようなメリットがあります。

使用量の把握

ガソリン法人カードを利用することで、各従業員の給油量を一目で確認できます。これにより、車の使用頻度や燃費のパターンを把握しやすくなります。

経費の分析

ガソリン料金の変動に応じて、経費の内訳を詳細に分析できます。ガソリン価格が高騰している時期でも、使用量を見直すことでコスト管理が可能です。

管理の効率化

ガソリン法人カードの利用により、ガソリンの給油利用などまとめて管理できるため、従業員の車の使用状況を一括して把握でき、無駄な経費の発生を防ぎます。

このように、ガソリン法人カードを活用することで、ガソリンの使用状況を詳細に管理でき、企業全体の経費管理が効率化されます。

以上のように、ガソリン法人カードは、ガソリン代の節約、経費精算の簡略化、軽油量の管理の効率化といった多くのメリットを提供します。企業の経費管理を効率化し、コスト削減を実現するために、ぜひガソリン法人カードの導入を検討してみてください。

  • お役立ちコラム編集部

    最適なガソリン法人カードを手に入れて、ビジネスをより一層加速させましょう。

ガソリン法人カードデメリット

ガソリン法人カードは、企業のガソリン代や経費管理を効率化するための優れたツールですが、ガソリン法人カードは、現金での支払いと比較していくつかのデメリットも存在します。ここでは、ガソリン法人カードの注意点やデメリットについて、それぞれについて詳しく説明します。

ガソリン法人カードの注意点やデメリットについては、以下の記事も参考に見ておきましょう。
参考記事:法人向けガソリンカードとは?選び方やメリット・デメリット

ガソリン法人カードデメリット①
給油価格が高くなる可能性

ガソリン法人カードを利用する際の給油価格が、現金で支払う場合よりも高くなることがあります。具体的には、以下の2種類の価格設定が影響します。

店頭価格: 各ガソリンスタンドの店頭で表示される価格。
契約価格: ガソリン法人カード発行時に契約した価格。

現金での支払いは店頭価格が適用されますが、ガソリン法人カードを利用する場合、契約価格が適用されることが多いです。この契約価格が店頭価格よりも高くなるケースがあります。原油価格の変動により店頭価格も変動するため、一概にどちらが得とは言えませんが、契約価格が不利になる場合もあるため、注意が必要です。

ガソリン法人カードデメリット②
カード管理の手間とコスト

ガソリン法人カードを従業員に配布する場合、その管理には一定の手間がかかります。カードの紛失や盗難、不正利用のリスクを避けるためには、厳格な管理体制が必要です。また、利用明細の確認や経費精算の際のチェック作業も増えるため、管理業務の負担が増えることが考えられます。また、ガソリン法人カードの年会費などのコストや、支払い期限が長い場合は、経費の支払いサイクルがずれ込むことがあるため、企業のキャッシュフローに影響を及ぼす可能性があります。

  • お役立ちコラム編集部

    適切な支払い期限を選定し、企業の資金繰りに合わせた運用が必要です。

ガソリン法人カードデメリット③
利用範囲の制限や不正のリスク

ガソリン法人カードの利用範囲が限られている場合があります。特定のガソリンスタンドのみで使用できるカードや、地域限定でしか使えないカードも存在します。このため、複数の地域や異なるガソリンスタンドを利用する場合には、利用範囲が広いカードを選ぶ必要があります。また、従業員にガソリン法人カードを配布する場合、不正利用のリスクも考慮する必要があります。特に、クレジット機能付きのカードでは、ガソリン以外の支払いに利用されるリスクがあります。このため、利用目的を明確にし、定期的に利用状況を確認することが重要です。

以上のように、ガソリン法人カードには多くのメリットがある一方で、いくつかのデメリットも存在します。上記の他にも、ガソリン法人カードの利用金額に応じたキャッシュバックやポイント還元の特典も、すべてのガソリン法人カードが提供しているわけではありません。ガソリン法人カードの選定や管理に注意し、適切に運用することで、これらのデメリットを最小限に抑え、企業の経費管理を効率化することが可能です。

  • お役立ちコラム編集部

    企業のニーズに合ったガソリン法人カードを選び、効果的に利用しましょう。

ガソリン法人カードの種類

ガソリン法人カードは、法人企業や個人事業主にとって経費管理やガソリン代の節約に役立つツールです。ここでは、ガソリン法人カードの種類について詳しく説明します。ガソリン法人カードには多様な選択肢があり、それぞれのガソリン法人カードにはそれぞれ異なる特長やメリットがあります。以下に、主なガソリン法人カードの種類を紹介します。

自社に合った、最強のガソリンカードを知りたい方へ

税理士_依頼_おすすめのポイント

以下の記事では、最強ガソリンカード徹底比較と題して、様々なガソリンカードの比較を行っています。自社に合ったガソリンカードの選び方をはじめ、ガソリンカードそれぞれのメリットやデメリットを比較しながら選びたい方は、あわせて参考にしてみてください。
きっと自社に合ったおすすめのガソリンカードが見つかるはずです。

おすすめ記事:最強のガソリンカード徹底比較!自社にあった最適・最強のガソリンカードとは?

ガソリン法人カードの種類①
法人カードから追加発行

ガソリン法人カードに限らず、法人向けに提供されるカードの多くは、追加発行が可能です。これにより、経営者や管理者が持つ「親カード」に対して、従業員用の「子カード」を発行することができます。追加発行される法人カードには、各カード会社によって異なる名称が付けられており、「従業員カード」や「社員用カード」、「パートナー会員カード」などと呼ばれます。

基本的には、経営者が保有する親カードに連動して子カードを発行しますが、カードによっては親カードが存在せず、個別に限度額や決済方法を設定できるものもあります。既に法人カードを発行している場合、追加発行の際に審査が不要な場合が多く、簡単に従業員用の法人カードを発行できます。

  • お役立ちコラム編集部

    ただし、個人事業主として法人カードを発行している場合、追加発行には再度審査が必要となることがあるため、この点は注意が必要です。

ガソリン法人カードの種類②
法人向けガソリンカード

法人向けガソリンカードは、その名の通り、ガソリンスタンドで利用すると多くの割引や特典が適用されるガソリン法人カードです。これらのカードには、クレジット機能が付いているものと付いていないものがあります。

  • お役立ちコラム編集部

    以下に、その特長を詳しく説明します。

クレジット機能付きガソリン法人カード

このタイプのカードは、ガソリンスタンドでの利用だけでなく、一般のクレジットカードとしても使用できます。ガソリンの給油時に割引が適用されるだけでなく、利用額に応じたキャッシュバックやポイント還元も受けられるため、非常に便利です。しかし、従業員にガソリン法人カードを配布する場合、不正利用のリスクを避けるため、利用ルールを明確にしておく必要があります。

クレジット機能なしガソリン法人カード

こちらはガソリンスタンドでの利用に特化したガソリン法人カードです。クレジット機能がないため、ガソリン代の支払いのみが目的で使用され、不正利用のリスクを低減できます。このタイプのカードは、経費精算が簡略化され、ガソリン代の管理がしやすいというメリットがあります。

クレジット機能付きのガソリン法人カードは、割引率が高く、多くの特典が受けられる傾向がありますが、その分、管理が必要となるため、企業の運用方針に応じて選ぶことが重要です。

ガソリン法人カードの種類③
ETC協同組合のカード

画像引用:ETC協同組合 公式サイト

ETC協同組合のカードは、クレジットカード審査なしで取得できる法人カードです。個人事業主や中小企業でも手軽にカードを作成できる点が大きな特徴です。一般的な法人カードと異なり、クレジットカード審査がないため、新設企業や個人事業主にとって利用しやすい選択肢です。

ETC協同組合のカードは、高速道路のETC利用に特化しており、ガソリン代の支払いには対応していません。このため、ガソリンの不正利用リスクがなく、安心して従業員に配布することができます。ETCカードは、高速道路の利用状況を一括管理できるため、経費精算が簡単になり、経営者や経理担当者の負担を軽減できます。

ガソリン法人カードを選ぶ際には、企業のニーズや使用目的に応じて適切なカードを選ぶことが重要です。以下のポイントを参考にしてください。

使用頻度と利用範囲

ガソリンスタンドの利用頻度が高い場合、クレジット機能付きのガソリン法人カードが便利です。逆に、特定のガソリンスタンドのみでの利用を考えている場合は、クレジット機能なしのカードが適しています。

管理のしやすさ

複数の従業員にカードを配布する場合、経費管理が簡単で透明性の高いカードを選ぶことが重要です。ETC協同組合のカードは、不正利用のリスクが低いため、安全に利用できます。

経費精算の効率化

経費精算を効率化するためには、一元管理が可能なガソリン法人カードが適しています。ガソリン代や高速道路利用料金を一括管理することで、経費処理が簡素化されます。

以上、ガソリン法人カードの種類と企業のニーズや使用目的に応じた選び方について詳しく解説しました。ガソリン法人カードと言えど、ETC協同組合のカードのように高速道路のETC利用に特化しており、ガソリン代の支払いには対応していないものもあります。企業のニーズに最適なガソリン法人カードを選ぶことが重要です。企業の成長加速とさらなる飛躍のため、ガソリン法人カードを利用して経費管理の効率化によるコスト削減を実現しましょう。

ガソリン法人カードを選ぶポイント

ガソリン法人カードを選ぶ際には、いくつかの重要なポイントを考慮することが大切です。企業の運用効率やコスト削減に直結するため、最適なカードを選ぶための基準を理解しておきましょう。ここでは、ガソリン法人カードのお得な選び方について詳しく解説します。

ガソリン法人カードを選ぶポイント①
ガソリンスタンドで選ぶ

ガソリン法人カードを選ぶポイント1つ目は、ガソリン法人カードは、特定の石油会社が発行していることが多く、利用するガソリンスタンドの種類によってメリットが異なります。以下のポイントに注意して選びましょう。

主要なガソリンスタンドの種類

日本国内には、「エネオス」「コスモ」「昭和シェル」などの大手ガソリンスタンドがあります。これらのスタンドが発行するカードは全国どこでも利用できるため、広範囲で運行する企業には特に有利です。

地域限定のガソリンスタンド

一部の地方限定のガソリンスタンドも法人カードを発行しています。特定の地域のみで運行する場合、これらのカードを選ぶと特典や割引が充実している場合があります。

頻繁に利用するガソリンスタンドのカードを選ぶことで、給油のたびにお得な特典を享受できます。また、ガソリン代の支払いに特化したカードが必要かどうかも、ガソリン法人カードを選ぶための重要なポイントです。ETC協同組合のカードのように高速道路のETC利用に特化し、ガソリン代の支払いには対応していないものもあります。ガソリン代の支払いに特化したいのか、それとも他の経費を管理したいかについても検討が必要です。

ガソリン法人カードを選ぶポイント②
クレジットカード機能の利用有無で選ぶ

ガソリン法人カードを選ぶポイント2つ目は、ガソリン法人カードには、クレジット機能付きとなしの2種類があります。それぞれの特徴を理解し、企業のニーズに合わせて選ぶことが重要です。

クレジット機能付きカード

このタイプのガソリン法人カードは、ガソリン代だけでなく他の経費もまとめて支払えるため、経費管理が一層簡略化されます。運転頻度が高い企業には特に有利で、年会費以上の特典が受けられることが多いです。

クレジット機能なしカード

特典内容は少なくなりますが、ガソリン法人カードの不正利用のリスクが低く、従業員がガソリン代以外の支払いに使えないため、管理が容易です。

ガソリン法人カードのクレジット機能の有無を決める際には、企業内での利用ルールを明確にし、ガソリン法人カードの不正利用のリスクを最小限に抑えることが重要です。

ガソリン法人カードを選ぶポイント③
ガソリン代の還元サービスで選ぶ

ガソリン法人カードを選ぶポイント3つ目は、ガソリン法人カードの還元サービスです。還元サービスは、カードによって大きく異なります。以下のポイントを考慮して選びましょう。

還元システムの内容

ガソリン法人カードの年会費が高いカードほど還元内容が充実していることが多いです。例えば、ポイント還元やキャッシュバックが受けられるカードがあります。

年会費と還元額のバランス

年間のガソリン利用額や給油量を確認し、還元額が年会費を上回る場合は有料のガソリン法人カードを選ぶとお得です。

ガソリン法人カードを選ぶポイントとして、ガソリン利用額に応じた還元サービスの内容をよく比較し、最もコストパフォーマンスの高いカードを選びましょう。

ガソリン法人カードを選ぶポイント④
年会費や発行費用で選ぶ

ガソリン法人カードを選ぶポイント4つ目は、ガソリン法人カードの発行や利用には、固定費用がかかる場合がありますので、以下の点に注意してガソリン法人カードを選びましょう。

年会費

一般的に、年会費が高いカードの方が特典や限度額が充実しています。ただし、カードの種類によっては発行枚数に応じて年会費が上乗せされることもあるため、必要な枚数を発行する際の総額を確認することが重要です。

経費計上

ガソリン法人カードの年会費は経費に計上できるため、経営者の負担を軽減できます。

ガソリン法人カードを選ぶポイントとしては、費用対効果を十分に考慮したうえ、企業に最適なガソリン法人カードを選びましょう。

各種ガソリン法人カードの年会費などのコストを理解したうえで、おすすめのガソリン法人カードを知りたい方は、以下の記事もあわせてお読みください。
おすすめ記事:ガソリン法人カードでおすすめの一枚とは?

ガソリン法人カードを選ぶポイント⑤
限度額で選ぶ

ガソリン法人カードを選ぶポイント5つ目は、ガソリン法人カードの利用限度額は、カードの種類や企業の信用度によって異なります。以下のポイントに注意して選びましょう。

十分な限度額の確認

クレジット機能付きのガソリン法人カードを利用する場合、限度額が低すぎると、経費を現金で立て替えなければならない場合が発生し、経理業務が増える可能性があります。

高限度額のカード選択

年会費が有料のカードやゴールドカードは、比較的限度額が高く設定される傾向にあります。そのため、どれほどの限度枠が必要なのかを事前に確認しておくことが重要です。必要以上の限度枠は経費の無駄遣いになります。

ガソリン法人カードに関するポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

ガソリン法人カードを選ぶポイントとして、限度額が自社にとって最適であるかを確認し、経費管理の効率化を図りましょう。

ガソリン法人カードを選ぶ際の具体的な手順

ガソリン法人カードを選ぶ際には、以下の手順に従って選定することをお勧めします。

ガソリン法人カードを選ぶ手順①
利用スタンドの特定

企業がよく利用するガソリンスタンドをリストアップし、そのスタンドが発行している法人カードを調査します。

ガソリン法人カードを選ぶ手順
クレジット機能の有無の決定

企業内での利用ルールを策定し、クレジット機能付きのカードを選ぶかどうかを決定します。

ガソリン法人カードを選ぶ手順
還元サービスの比較

各カードの還元サービスの内容を比較し、年会費と還元額のバランスを考慮して選びます。

ガソリン法人カードを選ぶ手順
コストの確認

年会費や発行費用を確認し、総コストを計算します。

ガソリン法人カードを選ぶ手順
限度額の確認

利用限度額が最適であるかを確認し、必要な限度額を設定できるカードを選びます。

ガソリン法人カードは、企業の経費管理を効率化し、ガソリン代を節約するための強力なツールです。しかし、最適なカードを選ぶためには、利用するガソリンスタンド、クレジット機能の有無、還元サービス、年会費や発行費用、限度額などを総合的に考慮する必要があります。企業のニーズに最も適したガソリン法人カードを選び、効果的に利用することで、コスト削減と業務効率化を実現しましょう。

ガソリン法人カードおすすめランキング

法人向けのガソリンカードを利用することで、企業の経費管理が効率化され、ガソリン代の節約にもつながります。ここでは、おすすめのガソリン法人カードをランキング形式で紹介します。各カードの特徴やメリットを詳しく解説するので、企業のニーズに合った最適なカード選びにお役立てください。

ガソリン法人カードおすすめランキング1位
三井住友カード ビジネスオーナーズ

ガソリン法人カードおすすめランキング1位は、三井住友カード ビジネスオーナーズです。三井住友カード ビジネスオーナーズは、法人カードの中でも特に優れた特徴を持つ一枚です。本会員およびパートナー会員の年会費が無料で、パートナーカードを最大18枚まで発行できる点が大きな魅力です。また、発行までにかかる時間が1週間程度と短く、特典や補償も充実しているため、多くのユーザーから高評価を得ています。

さらに、対象の個人カードとの併用でポイント還元率が最大1.5%に達する点も見逃せません。このため、企業の経費削減だけでなく、ポイントを効率よく貯めることも可能です。

ガソリン法人カードおすすめランキング2位
法人ガソリンカード/ETC協同組合

ガソリン法人カードおすすめランキング2位は、ETC協同組合のガソリン法人カードです。ETC協同組合のガソリン法人カードは、ENEOSと出光のスタンドで利用可能なため、広いエリアでお得に給油できます。クレジット機能がないため、年会費が無料で、初めてガソリン法人カードを導入する企業にも最適です。初回に1万円の出資金が必要ですが、退会時に返還されるため実質的な負担はありません。

ガソリン法人カードおすすめランキング3位
apollostation PLATINUM BUSINESS

ガソリン法人カードおすすめランキング3位は、apollostation PLATINUM BUSINESSです。apollostation PLATINUM BUSINESSは、出光の最上位クレジットカードとして登場した新サービスです。apollostation、出光SS、シェルSSなどの出光系サービスステーションでガソリンを給油するとポイントが貯まり、年間利用額が300万円を超えると次年度の年会費が無料になります。貯まったポイントはマイルやAmazonギフトカードなどに交換可能で、ビジネス利用の幅が広がります。

ガソリン法人カードおすすめランキング4位
apollostation THE GOLD

画像引用:apollostation THE GOLD|出光カード

ガソリン法人カードおすすめランキング4位は、apollostation THE GOLDです。apollostation THE GOLDは、出光のゴールドランクのクレジットカードです。出光系サービスステーションでの給油時にポイントが貯まり、年間利用額が200万円を超えると次年度の年会費が無料になります。さらに、出光興産系列のSSでは、ガソリン・軽油が2円/ℓ引き、灯油が1円/ℓ引きになる値引きサービスも提供されます。

ガソリン法人カードおすすめランキング5位
apollostation card

ガソリン法人カードおすすめランキング5位は、apollostation cardです。apollostation cardは、出光のクレジットカードサービスで、ガソリン代がお得になる点が魅力です。出光系のサービスステーションで給油するとポイントが貯まり、毎月の請求時にガソリン・軽油が1Lあたり2円引き、灯油が1Lあたり1円引きとなります。さらに、「ウェブ明細」に切り替えることで、特定期間のガソリン・軽油代が3円/ℓ引きになる「エコねびき」も利用できます。

ガソリン法人カードのおすすめランキング3位〜5位は、出光系のガソリン法人カードです。以下のページから、それぞれの特徴や比較を見ることができるので、出光系のカードにご興味のある方は、あわせて参考にしてください。

画像引用:出光のクレジットカード一覧

ガソリン法人カードおすすめランキング6位
シェルビジネスカード

ガソリン法人カードおすすめランキング6位は、旧昭和シェル石油系のカードです。旧昭和シェル石油系のカードで、2024年以降新規申し込みは不可となりますが、既存会員は引き続き利用可能です。シェルビジネスカードの魅力は、最大3.0%のキャッシュバックです。月額利用額に応じてキャッシュバック率が変動し、最大で毎月15,000円、年間では18万円ものキャッシュバックが受けられる可能性があります。年会費は1,375円ですが、キャッシュバックを考慮すると非常にお得です。

ガソリン法人カードおすすめランキング7位
コスモコーポレートJCBカード

ガソリン法人カードおすすめランキング7位は、コスモコーポレート一般カードです。コスモコーポレート一般カードは、ガソリン法人カードの中で唯一ポイントを貯められる点が魅力です。1,000円(税込)ごとに1ポイントが貯まり、貯まったポイントはさまざまなプレミアムギフトや家電と交換できます。年会費は1,375円ですが、ポイント還元額が年会費を上回る場合はお得です。代表者にはクレジット機能付きカード、従業員にはガソリン専用カードを渡すなど、利用目的に合わせた使い分けが可能です。

コスモコーポレートJCBカードは、他のカード(ゴールドなど)と同時に申し込むことが可能で、同時に申し込むことで様々なメリットを享受することが可能です。違う種類のカードを発行した場合でも、「コスモコーポレートJCBカード分」と「コスモコーポレートハウスカード分」の請求は一本化されて、経理業務などが複雑になる心配はありません。

  • お役立ちコラム編集部

    前述の通り、コスモコーポレートJCBカードは様々な会社に最適な使い方や申し込み方が可能です。コスモコーポレートJCBカードをはじめ、ガソリン法人カードを検討される際は、自社にどのくらい最適なのかを検討して、自社に合ったガソリン法人カードを見つけましょう!
    コスモコーポレートJCBカードの詳細は、公式サイトからもご覧いただけます。

ガソリン法人カードおすすめランキング8位
ENEOS BUSINESS

ガソリン法人カードおすすめランキング8位は、ENEOS BUSINESSです。ENEOS BUSINESSは、クレジット機能が付いていないガソリン法人カードです。入会したサービスステーションと取り決めた契約価格で、全国のENEOSサービスステーションでお得に給油できます。年会費は無料で、カード盗難保険や紛失補償も付いているため、安心して利用できます。ポイント還元はないものの、コストを抑えたい企業におすすめです。

ガソリン法人カードのおすすめ8位でご紹介している「ENEOS BUSINESS」については、以下の記事でも詳しく解説されています。ENEOS BUSINESSを少しでも検討されている方は、以下のおすすめ記事もあわせて参考にしてみましょう。

ガソリン法人カード「ENEOS BUSINESS」の関する参考記事

税理士_依頼_おすすめのポイント

以下の記事では、ガソリン法人カードのおすすめの1つである、ENEOS BUSINESSについて詳しく解説されています。ENEOS BUSINESSが選ばれる理由や、カード発行までの流れなどを知りたい方はあわせてご覧ください。

参考記事:ENEOS BUSINESS|ENEOSガソリンスタンド専用法人カード

ガソリン法人カードおすすめランキング9位
出光Bizカード ワン

ガソリン法人カードおすすめランキング9位は、出光Bizカード ワンです。出光Bizカード ワンは、サービスステーションと取り決めた契約価格でガソリンをお得に給油できるカードです。ポイント還元はありませんが、年会費が無料で、カード盗難保険や紛失補償が付いています。社用車の利用頻度が低い企業や、コストを抑えたい場合に適しています。車両ごとに利用可能な商品を登録できるため、細かい管理も可能です。

  • お役立ちコラム編集部

    出光が発行しているガソリン法人カードは、以下のページからも一覧でご覧いただくことが可能です。本記事でも出光が発行している様々なガソリン法人カードをご紹介しましたが、こちらのページもあわせて参考にしてみてください。

    おすすめ記事:便利なガソリン法人カード一覧|出光

ガソリン法人カードを選ぶ際は、利用するガソリンスタンド、クレジット機能の有無、還元サービス、年会費や発行費用、限度額などを総合的に考慮することが重要です。各カードの特徴を理解し、企業のニーズに最適な一枚を選びましょう。ランキング上位のカードは、特典やサービスが充実しており、経費管理やコスト削減に大いに役立ちます。企業の成長を支えるパートナーとして、最適なガソリン法人カードを見つけてください。

ガソリン法人カード関連記事:
ガソリンがお得な石油会社系法人カードを徹底比較!審査やETC割引、ポイント制度まで

ガソリン法人カードについてのQ&A

ガソリン法人カードは企業の経費管理を簡略化し、ガソリン代の節約にも貢献する便利なツールです。ここでは、ガソリン法人カードに関するよくある質問とその回答を紹介します。企業のニーズに合わせたカード選びの参考にしてください。

ガソリン法人カードQ&A
1. ガソリン法人カードの仕組みは?

ガソリン法人カードは、法人向けに発行されるガソリンスタンドでの支払い専用のカードです。通常、法人口座からの引き落としに制限されており、ガソリン代を会社の経費から支払うことで、経理管理を簡略化できます。従業員がビジネス目的で車を運転する場合、現金で立て替えて経理が経費として処理するのが一般的ですが、ガソリン法人カードを利用すれば、その手間を省けます。これにより、経理作業の効率化と経費の正確な管理が実現できます。

ガソリン法人カードQ&A
2. ガソリン法人カードは個人事業主も使える?

ガソリン法人カードは、個人事業主でも利用可能です。ただし、個人事業主や新設したばかりの中小企業の場合、クレジットカード機能付きのカードは審査が厳しいことがあります。しかし、クレジットカード機能がないカードであれば、審査なしで取得できる場合が多いです。ガソリン代やETCの支払いを経費に計上できるため、法人カードを保有することで経費管理が簡単になります。

個人事業主でも現金での支払いより、ガソリン法人カードを利用する方が便利です。

  • お役立ちコラム編集部

    ただし、一般的な法人カードとは異なり、複数枚の発行が難しい場合があるため注意が必要です。

ガソリン法人カードQ&A
3. クレジットカード機能がないガソリン法人カードとは?

ガソリン法人カードには、「クレジットカード機能付き」と「クレジットカード機能なし」の2種類があります。クレジットカード機能がないガソリン法人カードは、次のような場合におすすめです。

・従業員の不正利用を防ぎたい。
・ガソリン代を従業員に立て替えさせず、経費管理を簡略化したい。
・車両ごとの利用状況を正確に把握したい。
・年会費無料のカードを希望している。

クレジットカード機能付きのガソリン法人カードは、発行前に審査があり、年会費が発生することがあります。一方、クレジットカード機能がないカードは、審査が簡略化され、年会費が無料であることが多いため、手間やコストを抑えたい企業には最適です。

ガソリン法人カードQ&A
4. 後払い可能なガソリン法人カードとは?

後払い可能なガソリン法人カードは、カード発行会社が企業と提携し、送入金の確認や請求業務を代行するサービスです。このカードを利用する企業が支払いに滞った場合でも、仲介に入るサービス会社が100%保証します。ビジネスで突然まとまった資金が必要になり、クレジットカードの支払いが間に合わない場合でも、後払い可能なカードを契約しておくと、法人口座の資金不足時にも支払いを代行してくれるため、金融機関の信用を保つことができます。

後払い可能な法人カードを利用するには、保証料や年会費が必要になる場合が多いです。

ガソリン法人カードQ&A
5. ガソリン法人カードが使える場所は?

ガソリン法人カードは、カードを発行する石油会社の提携するすべてのガソリンスタンドで利用可能です。例えば、ENEOSや出光、apollostationなどが発行する法人カードは、それぞれのブランドの全国のスタンドで使用できます。企業の活動範囲に応じて、利用頻度の高いガソリンスタンドが発行するカードを選ぶと良いでしょう。全国を移動する場合は全国展開しているガソリンスタンドを選ぶと便利です。一方、特定の地域でのみ運転する場合は、地域に特化したガソリンスタンドのカードを選ぶことで、特典や割引を受けやすくなります。

ガソリン法人カードは、企業の経費管理を効率化し、従業員の立て替え精算の手間を省くための強力なツールです。使用するガソリンスタンド、クレジットカード機能の有無、後払いの可否など、企業のニーズに合ったカードを選ぶことが大切です。

  • お役立ちコラム編集部

    この記事で紹介したQ&Aを参考に、最適なガソリン法人カードを見つけ、ビジネスの効率化を図りましょう。

ガソリン法人カードQ&A
6. ガソリン法人カードの申し込みに必要な書類は何ですか?

一般的には、法人登記簿謄本、決算書、代表者の本人確認書類などが必要です。カード会社によって異なる場合があるため、事前に確認が必要です。

ガソリン法人カードに関する注意点

税理士_依頼_おすすめの注意点

ガソリン法人カードの申し込みに必要な書類は、カード会社によって異なります。ガソリン法人カードを申し込む際はどのような書類が必要か、事前に確認しておきましょう。

ガソリン法人カードQ&A
7. ガソリン法人カードの利用限度額はどのくらいですか?

利用限度額はカードの種類や会社の信用状況によって異なります。一般的には、月額数十万円から数百万円の範囲で設定されることが多いです。

まとめ

今回は、ガソリン法人カードを検討されている方に向けて、ガソリン法人カードの基礎からメリットデメリット、おすすめのガソリン法人カードのランキングなど徹底解説しましたが、いかがでしたか?企業が社用車を持っている場合、経費削減や経費管理の効率化を図るために、ガソリン法人カードの導入は非常に有効です。

特に、企業のニーズに最適なガソリン法人カードを選ぶことで、ガソリン代を節約しつつ、経費管理の効率化を実現することが可能です。今回紹介した選び方のポイントやおすすめのガソリン法人カードを参考に、最適な一枚を選びましょう。

例えば、ビジネスカードを契約したいなら「三井住友カード ビジネスオーナーズ」が一押しです。多くの法人カードが単体では便利でも、複数枚になると不便さが増す中、三井住友カード ビジネスオーナーズは、単体でもお得なポイントやサービスが充実しています。さらに、プライベートで三井住友カードを利用している場合は、アプリを活用して便利に使い分けることも可能です。

ガソリン法人カードを選ぶ際には、まず利用頻度の高いガソリンスタンドが対応しているかどうかを確認することが重要です。次に、クレジット機能の有無やポイント還元サービスなどもチェックしましょう。また、年会費や発行費用、利用限度額などのコスト面も忘れずに確認する必要があります。これらの要素を総合的に評価し、企業のニーズに最も適したガソリン法人カードを選ぶことが大切です。

ガソリン法人カードを活用することで、経費管理が簡素化され、ガソリン代の支出も透明化されます。経理部門の負担が軽減され、効率的な経費処理が可能となるため、ビジネス全体の運営がスムーズになります。また、ポイント還元や特典を上手に活用することで、さらにコスト削減が期待できます。

この記事で紹介した情報を参考に、企業のニーズに合った最適なガソリン法人カードを選び、ビジネスの効率化と経費削減を目指しましょう。正しい選択をすることで、ガソリン法人カードは強力なビジネスサポートツールとなり、貴社の成長に大きく貢献すること間違いありません。

今後、ガソリン法人カードの選び方に迷ったときは、この記事を参考にしていただければ幸いです。ガソリン法人カードを賢く選び、ビジネスをさらに加速させましょう。

ガソリン法人カード関連記事:
【2024年最新】法人向けガソリンカードまとめ!安いオススメ5選&メリット、お得な使い方まで徹底解説!

今すぐコスト削減
資料請求はこちら
right
株式会社SoVa
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町3-9-7 ARC CUBE日本橋本町3階
TEL:03-6821-1935