ラグジュアリーカードの年会費以上の価値とは?ラグジュアリーカード徹底解説!!

更新日:2024年7月12日
お役立ちコラム編集部
監修:お役立ちコラム編集部

ラグジュアリーカードは、2008年にアメリカで発行が開始されたクレジットカードです。ラグジュアリーカードという名前の通り年会費も高額ですが、ラグジュアリーカードは年会費以上の価値を提供することを目指しています。このラグジュアリーカードの最大の特徴は、なんといってもそのデザイン性ではないでしょうか。

  • お役立ちコラム編集部

    金属製の質感で重厚感のあるこのラグジュアリーカードは、手にした瞬間に強烈な印象と感動を与えてくれます。

この記事ではラグジュアリーカードの年会費を超えるラグジュアリーカードの価値を知っていただくために、ラグジュアリーカードの年会費についてや、ラグジュアリーカードのメリット・デメリットなど、ラグジュアリーカードを徹底解説していきます。
年会費は高額ではありますが、ラグジュアリーカードならではの年会費以上の価値ある特典も豊富ですので、気になる方はぜひ参考にしてみてください。

ラグジュアリーカードとは

ラグジュアリーカードは、2008年にアメリカで誕生したクレジットカードです。「ラグジュアリーカード」という名の通り、豪華で特別なサービスを提供することを目的としています。このラグジュアリーカードの最大の特徴は、金属製の質感とデザインのこだわりにあります。重厚感のあるラグジュアリーカードは、初めて手にした瞬間の感動を与えるほど印象的です。また、ラグジュアリーカードは充実したポイントプログラムと24時間対応のコンシェルジュサービスを提供しており、世界中のセレブリティから高い評価を受けています。

日本においては、SBI新生銀行がオフィシャルパートナーを務め、新生銀行グループのアプラスがラグジュアリーカードを発行しています。このカードは、Mastercard®の中でも最上位のランクに位置するワールドエリートMastercard®です。そのため、他のクレジットカードとは一線を画す特別なステータスを持っています。

ラグジュアリーカードの魅力は、単なる支払い手段としての機能を超えた、ラグジュアリーなライフスタイルを提供することにあります。例えば、24時間365日対応のコンシェルジュサービスは、旅行の手配やレストランの予約、イベントのチケット手配など、様々なニーズに応えてくれます。また、カード会員限定の特典や優待も充実しており、ラグジュアリーカードを所有することで得られる恩恵は計り知れません。

ラグジュアリーカードは現在、4つの券種が発行されています。その中でも、最高峰の「ブラックダイヤモンド」は、インビテーション(招待状)がなければ持つことができない特別なカードです。このカードには本物のダイヤモンドが埋め込まれており、入会金は110万円、年会費は66万円という非常に高額な設定になっています。初年度の費用は年会費とあわせて176万円にも達し、その豪華さと希少性から、持つ者に極めて高いステータスを与えます。

画像引用:ラグジュアリーカード 公式サイト

一方で、他の3つの券種については、どなたでも申し込みが可能です。それぞれのカードは、ラグジュアリーカードとしての特徴を備えつつも、異なる年会費と特典を提供しています。これにより、利用者は自分のライフスタイルやニーズに合わせて最適なラグジュアリーカードを選ぶことができます。

ラグジュアリーカードのもう一つの大きな特徴は、そのデザイン性です。シンプルでありながら、一目でそれとわかる独特の存在感を持っています。金属製のカードは、通常のプラスチック製クレジットカードとは異なる手触りと重量感を提供し、所有者に年会費以上の特別な満足感を与えます。

年会費についても、ラグジュアリーカードは他のクレジットカードの年会費と比べて高額ですが、その年会費以上に得られる特典やサービスは非常に充実しています。例えば、旅行やレジャーに関する優待や、特定の店舗での割引サービスなど、多岐にわたる特典が用意されています。これらの特典は、年会費を支払う価値を十分に感じさせる内容です。

まとめますと、ラグジュアリーカードはその名にふさわしい豪華なサービスと特典を提供するクレジットカードです。特に、ラグジュアリーカード自体のデザインや質感、そして充実したコンシェルジュサービスは、他のカードにはない魅力を持っています。高額な年会費が必要ですが、年会費以上に得られる価値は非常に大きく、特別なライフスタイルを求める方にとって、ラグジュアリーカードは最適な選択となるでしょう。次項では、ラグジュアリーカードがおすすめな人について紹介していきます。

ラグジュアリーカードがおすすめな人

ラグジュアリーカードは、その特別なサービスと高い年会費を考慮すると、以下のような方々に特におすすめです。

ラグジュアリーカードがおすすめな人①
高い年会費を払ってもステータスを感じたい人

ラグジュアリーカードは年会費が高額ですが、年会費に見合う付帯サービスが充実しています。例えば、指定レストランでのコース料理のアップグレードサービスや、一名分の料金が無料になる特典など年会費以上の特典が含まれています。またこれらのサービスは、特別な日や重要な接待の場面で大いに役立ちます。さらに、ラグジュアリーリムジンの利用も可能で、移動の際にも一流の体験が提供されます。

ラグジュアリーカードがおすすめな人②
ポイント還元率よりもサービスの質を重視する人

ラグジュアリーカードは基本的なポイント還元率がそれほど高くないため、ポイントを多く貯めたい方には年会費以上の価値を得にくいため不向きかもしれません。しかし、サービスの利用機会が多い方にとっては、年会費以上の価値を感じることができます。例えば、コンシェルジュデスクを利用することで、レストランの予約やイベントのチケット手配などを任せることができ、自分で手配する手間を省くことができます。

ラグジュアリーカードがおすすめな人③
特別な日をさらに特別にしたい人

ラグジュアリーカードを利用することで、パートナーとの特別な日や大切な接待の場をさらに豪華に演出することができます。ラグジュアリーカードは指定レストランでのサービスはもちろんのこと、旅行の際の優待や、限定イベントへの招待など、他のカードでは得られない特典が豊富に用意されています。

  • お役立ちコラム編集部

    これらのサービスは、年会費を支払ってでも利用する価値があると感じる方にとって、非常に魅力的です。

ラグジュアリーカードがおすすめな人④
ラグジュアリーなライフスタイルを楽しみたい人

ラグジュアリーカードがおすすめな人④ラグジュアリーなライフスタイルを楽しみたい人

ラグジュアリーカードは、その名の通り、ラグジュアリーなライフスタイルを提供するためのクレジットカードです。高級ホテルの優待や、専用ラウンジの利用、そして24時間対応のコンシェルジュサービスなど、日常を豊かにするためのサービスが揃っています。高額な年会費でもラグジュアリーカードにより、持つ人の生活にさらなる価値と魅力を与えてくれます。

ラグジュアリーカードがおすすめな人⑤
ラグジュアリーカードの特典をフル活用できる人

ラグジュアリーカードの年会費は高額ですが、年会費以上の価値を感じられる人にとっては最適な選択です。高級レストランやホテルの優待、リムジンサービス、そしてコンシェルジュデスクの利用など、日常生活や特別なイベントにおいてその年会費以上の価値を実感できるシーンは多々あります。これらラグジュアリーカードの特典をフルに活用できる方は、年会費を超える満足感を得られるでしょう。

まとめますと、ラグジュアリーカードは、その高い年会費に見合う、もしくは年会費以上の特別な体験を求める方や、サービスの質を重視する方にとって非常に魅力的でおすすめなクレジットカードです。

ラグジュアリーカードのポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

特別な日をさらに特別に演出したい方や、ラグジュアリーなライフスタイルを楽しみたい方にとって、このカードは理想的な選択となるでしょう。

ラグジュアリーカード年会費超えの価値 関連記事:
ラグジュアリーカードのおすすめ3枚を比較【2024年版】審査やポイント還元・メリット・デメリット

ラグジュアリーカードの基本情報

ラグジュアリーカードは、Mastercard®のランクの中でも日本で唯一のワールドエリートMastercard®であり、その充実したサービスが特徴のクレジットカードです。この特別なラグジュアリーカードは、4種類の異なるカードが提供されており、それぞれが独自の特典と年会費を持っています。

●Mastercard® Titanium Card(チタンカード)
●Mastercard® Black Card(ブラックカード)
●Mastercard® Gold Card(ゴールドカード)


Mastercard® Gold Card(ゴールドカード)の利用状況により招待状が届く

●Mastercard® Black Diamond™(ブラックダイヤモンド)

以下では、ラグジュアリーカードの各種類とその基本情報について詳しく解説します。

Mastercard® Titanium Card(チタンカード)

Mastercard® Titanium Card(チタンカード)

年会費
初年度年会費:55,000円(税込)
2年目以降年会費:55,000円(税込)

ポイント還元率
通常利用時:1.0%

発行スピード
約1週間程度

追加カード
ETCカード、家族カード

旅行保険
国内旅行保険・海外旅行保険

締め日・支払日
締め日:毎月5日
支払日:毎月27日

申し込み条件
学生を除く満20歳以上

必要書類
運転免許証、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)などの本人確認資料

注目ポイント

・最高1.2億円の海外旅行傷害保険が付帯
・通常利用時のポイント還元率1.0%
・1,300カ所以上の空港ラウンジを無料で利用可能
・3,000以上の世界中のホテルを優待利用できる
・事前入金で最大9,999万円までカード決済が可能
・クラウド会計ソフトとの連携が可能

Mastercard® Black Card(ブラックカード)

ラグジュアリーカード Mastercard®Black Card™ 公式サイト

年会費
初年度年会費:110,000円(税込)
2年目以降年会費:110,000円(税込)

ポイント還元率
通常利用時:1.25%

発行スピード
約1週間程度

追加カード
ETCカード、家族カード

旅行保険
国内旅行保険・海外旅行保険

締め日・支払日
締め日:毎月5日
支払日:毎月27日

申し込み条件
学生を除く満20歳以上

必要書類
運転免許証、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)などの本人確認資料

注目ポイント

・最高1.2億円の海外旅行傷害保険が付帯
・通常利用時のポイント還元率1.25%
・24時間365日対応のコンシェルジュサービスが付帯
・利用制限なし&同乗者4名まで無料のリムジン送迎サービスが付帯
・事前入金で最大9,999万円までカード決済が可能

Mastercard® Gold Card(ゴールドカード)

画像引用:Mastercard® Gold Card(ゴールドカード)公式サイト

年会費
初年度年会費:220,000円(税込)
2年目以降年会費:220,000円(税込)

ポイント還元率
通常利用時:1.5%

発行スピード
約1週間程度

追加カード
ETCカード、家族カード

旅行保険
国内旅行保険・海外旅行保険

締め日・支払日
締め日:毎月5日
支払日:毎月27日

申し込み条件
学生を除く満20歳以上

必要書類
代表者の本人確認書類、引き落とし先の銀行口座、登記簿謄本、印鑑証明書

注目ポイント

・最高1.2億円の海外旅行傷害保険が付帯
・通常利用時のポイント還元率1.5%
・24時間365日対応のコンシェルジュサービスが付帯
・利用制限なし&同乗者4名まで無料のリムジン送迎サービスが付帯
・事前入金で最大9,999万円までカード決済が可能

Mastercard® Black Diamond™(ブラックダイヤモンド)

Mastercard® Black Diamond™(ブラックダイヤモンド)

最高ランクの「Mastercard® Black Diamond™」は、ゴールドカードの利用状況によりインビテーション(招待状)が届くカードです。このカードには天然ダイヤモンドがはめ込まれており、その豪華さと希少性から特別なステータスを持っています。

年会費
入会金:1,100,000円(税込)
初年度年会費:660,000円(税込)
2年目以降年会費:660,000円(税込)

ポイント還元率
非公開(高額な特典が用意されていると推測されます)

発行スピード
インビテーションが必要

追加カード
ETCカード、家族カード

旅行保険
国内旅行保険・海外旅行保険

締め日・支払日
締め日:毎月5日
支払日:毎月27日

申し込み条件
ゴールドカードの利用実績によるインビテーション

必要書類
代表者の本人確認書類、引き落とし先の銀行口座、登記簿謄本、印鑑証明書

注目ポイント

・天然ダイヤモンドがカードに埋め込まれている
・高額な年会費と入会金に見合う豪華な特典
・特別なステータスと希少性を持つ

ラグジュアリーカードの年会費

ラグジュアリーカードの年会費

ラグジュアリーカードの年会費は以下の通りです。

ラグジュアリーカードランクと年会費(本会員)

・チタンカード年会費:55,000円(税込)
・ブラックカード年会費:110,000円(税込)
・ゴールドカード年会費:220,000円(税込)

ラグジュアリーカードランクと年会費(家族会員)

・チタンカード年会費:16,500円(税込)
・ブラックカード年会費:27,500円(税込)
・ゴールドカード年会費:55,000円(税込)

一般的なクレジットカードの年会費と比較すると、ラグジュアリーカードの年会費は非常に高額です。しかし、年会費が高額な分提供されるサービスと特典が豊富であり、特に旅行や高級レストランの利用、リムジンサービスなど、年会費に見合う価値が感じられるでしょう。

ラグジュアリーカードは、Mastercard®のランクの中でも最上位に位置する特別なクレジットカードです。4つの異なるカードがあり、それぞれが独自の特典と高い年会費を持っています。特に、ゴールドカードはラグジュアリーカード最上位のカードであり、ゴールドカードの利用した上でインビテーションが届くブラックダイヤモンドカードも存在します。

これらのラグジュアリーカードは、高い年会費に見合うだけの充実したサービスを提供しており、特別な体験やラグジュアリーなライフスタイルを求める方々にとって年会費以上の価値を感じられる最適な選択となるでしょう。特に旅行やレストランの利用において、年会費を超える価値を最大限に発揮することができます。

ラグジュアリーカードは、その豪華さと特別なサービスで、他のクレジットカードとは一線を画しています。年会費が高額であることから、利用者はそのラグジュアリーカードの年会費を超える価値をしっかりと理解し、ラグジュアリーカードを最大限に活用することが求められます。

  • お役立ちコラム編集部

    この特別なラグジュアリーカードを手にすることで、より豊かで充実した生活を送ることができるでしょう。

ラグジュアリーカード年会費超えの価値 関連記事:
「ラグジュアリーカード(ゴールド)」に、年会費22万円を支払う価値はあるのか? チタンやブラック、他社のクレジットカードの年会費、付帯特典と比較して検証

ラグジュアリーカードの基本情報のまとめ

本記事でご紹介しているラグジュアリーカードは、以下の比較表にまとめています。それぞれ年会費やポイント還元率、注目ポイントなどもことなるので、それぞれのラグジュアリーカードを比較しながら検討したい方は、あわせて参考にしてみてください。

カード名 Mastercard® Titanium Card(チタンカード)
Mastercard® Titanium Card(チタンカード)
Mastercard® Black Card(ブラックカード)
Mastercard® Black Card(ブラックカード)
Mastercard® Gold Card(ゴールドカード)
Mastercard® Gold Card(ゴールドカード)
Mastercard® Black Diamond™(ブラックダイヤモンド)
Mastercard® Black Diamond™(ブラックダイヤモンド)
年会費 初年度年会費:55,000円(税込)、2年目以降年会費:55,000円(税込) 初年度年会費:110,000円(税込)、2年目以降年会費:110,000円(税込) 初年度年会費:220,000円(税込)、2年目以降年会費:220,000円(税込) 入会金:1,100,000円(税込)、初年度年会費:660,000円(税込)、2年目以降年会費:660,000円(税込)
ポイント還元率 通常利用時:1.0% 通常利用時:1.25% 通常利用時:1.5% 非公開(高額な特典が用意されていると推測されます)
発行スピード 約1週間程度 約1週間程度 約1週間程度 インビテーションが必要
追加カード ETCカード、家族カード ETCカード、家族カード ETCカード、家族カード ETCカード、家族カード
旅行保険 国内旅行保険・海外旅行保険 国内旅行保険・海外旅行保険 国内旅行保険・海外旅行保険 国内旅行保険・海外旅行保険
締め日・支払日 締め日:毎月5日、支払日:毎月27日 締め日:毎月5日、支払日:毎月27日 締め日:毎月5日、支払日:毎月27日 締め日:毎月5日、支払日:毎月27日
申し込み条件 学生を除く満20歳以上 学生を除く満20歳以上 学生を除く満20歳以上 ゴールドカードの利用実績によるインビテーション
必要書類 運転免許証、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)などの本人確認資料 運転免許証、パスポート、マイナンバーカード(個人番号カード)などの本人確認資料 代表者の本人確認書類、引き落とし先の銀行口座、登記簿謄本、印鑑証明書 代表者の本人確認書類、引き落とし先の銀行口座、登記簿謄本、印鑑証明書
注目ポイント ・最高1.2億円の海外旅行傷害保険が付帯
・通常利用時のポイント還元率1.0%
・1,300カ所以上の空港ラウンジを無料で利用可能
・3,000以上の世界中のホテルを優待利用できる
・事前入金で最大9,999万円までカード決済が可能
・クラウド会計ソフトとの連携が可能
・最高1.2億円の海外旅行傷害保険が付帯
・通常利用時のポイント還元率1.25%
・24時間365日対応のコンシェルジュサービスが付帯
・利用制限なし&同乗者4名まで無料のリムジン送迎サービスが付帯
・事前入金で最大9,999万円までカード決済が可能
・最高1.2億円の海外旅行傷害保険が付帯
・通常利用時のポイント還元率1.5%
・24時間365日対応のコンシェルジュサービスが付帯
・利用制限なし&同乗者4名まで無料のリムジン送迎サービスが付帯
・事前入金で最大9,999万円までカード決済が可能
・天然ダイヤモンドがカードに埋め込まれている
・高額な年会費と入会金に見合う豪華な特典
・特別なステータスと希少性を持つ

ラグジュアリーカード-年会費以上の価値-

ラグジュアリーカード-年会費以上の価値-①
高級感ある金属製のカードデザイン

ラグジュアリーカードの年会費以上の価値1つ目は、高級感ある金属製のカードデザインです。ラグジュアリーカードは、その名の通り、金属製のクレジットカードであり、その素材により高級感が一層引き立ちます。以下は各ラグジュアリーカードの素材についてです。

・チタンカード:ブラッシュド加工されたステンレス
・ブラックカード:ステンレススチール
・ゴールドカード:24金

さらに、これらラグジュアリーカードのカードの裏面は全てカーボン素材で作られており、耐久性とデザイン性の両方を兼ね備えています。金属製のクレジットカードは日本では非常に少なく、他にはアメリカン・エキスプレス・センチュリオン・カードが有名です。ラグジュアリーカードは、39の特許技術を使用しており、薄型でスタイリッシュなデザインを実現しています。この高級感溢れる金属製カードを所有すること自体、年会費以上の価値であるラグジュアリーカードの大きなメリットの一つです。

ラグジュアリーカード-年会費以上の価値-②
豊富なポイントプログラムと高還元率

ラグジュアリーカードの年会費以上の価値2つ目は、豊富なポイントプログラムと高還元率です。ラグジュアリーカードを利用することで、以下のポイントが貯まります。

ポイント付与率

200円以上のラグジュアリーカード利用1件につき、200円ごとに2~3ポイント(1円相当/ポイント還元率1.0%~1.5%)

  • お役立ちコラム編集部

    ラグジュアリーカードを利用する際には、高い年会費を支払う必要がありますが、ポイント還元率が高いので、利用額が多いほどおトクに利用できるカードです。

有効期限

最長5年間(付与月から5年後の14日)

ラグジュアリーカードで貯まったポイントはキャッシュバックや商品への交換、さらには他のポイントやマイルへの交換が可能な点は年会費以上の価値を感じられます。特に、ラグジュアリーカードを頻繁に利用する人にとっては、年会費は高くともポイントの還元率も高いため、多くのポイントを獲得できるという大きなメリットがあります。

ラグジュアリーカード-年会費以上の価値-③
JAL・ANA両方のマイルへ交換可能

ラグジュアリーカードの年会費以上の価値3つ目は、JAL・ANA両方のマイルへ交換可能な点です。ラグジュアリーカードで貯めたポイントは、JALやANAのマイルに交換することが可能です。登録費や移行手数料は無料で、上限なしでマイル交換ができるのは年会費以上の価値といえます。ラグジュアリーカードで貯めたポイントの交換レートは以下の通りです。

・チタンカード:200円ごとに1.0ポイント(60マイル/10,000円利用)
・ブラックカード:200円ごとに1.25ポイント(75マイル/10,000円利用)
・ゴールドカード:200円ごとに1.5ポイント(90マイル/10,000円利用)

このように、JALやANAのどちらのマイルにも交換できるため、どちらの航空会社も利用する人にとっては非常に便利であり、年会費以上の価値を感じられるメリットポイントです。

ラグジュアリーカード-年会費以上の価値-④
24時間対応のコンシェルジュサービス

24時間対応のコンシェルジュサービス

ラグジュアリーカードの年会費以上の価値4つ目は、24時間対応のコンシェルジュサービスです。ラグジュアリーカードには、24時間365日対応の「Luxury Card Concierge」サービスが付帯しています。このコンシェルジュサービスは、年会費以上の価値を演出します。ラグジュアリーカードの24時間対応のコンシェルジュサービスは以下のような様々なリクエストに対応してくれます。

・贈り物探し
・レストランの選定と予約
・旅行プランの提示
・名門ゴルフ場の予約
・旅先での食事とチケット手配

問い合わせは電話やメールで可能で、電話の場合は音声ガイダンスを経ずにすぐに繋がります。また、移動中など電話が難しい場合でも、会員専用のアプリを利用したライブチャット機能により迅速に対応してもらえます。このサービスにより、ストレスなく必要な手配ができることは年会費以上の価値を感じられる大きなメリットポイントとなるでしょう。

実際にラグジュアリーカードのコンシェルジュサービスを利用した方からは、以下のように好評のようです。
ラグジュアリーカードのコンシェルジュサービスは、LINEでも使えるようなので気軽に活用することができますね。

コンシュルジュの皆さんのお陰様で最高の週末を過ごすことができました。こちらの食の嗜好までお店に伝わっており、なんとも心強く、優しい安心感を感じます。

ラグジュアリーカード | コンシェルジュ サービス

ラグジュアリーカード-年会費以上の価値-⑤
プライオリティ・パスの無料提供

ラグジュアリーカードの年会費以上の価値5つ目は、プライオリティ・パスの無料提供です。ラグジュアリーカードの本会員と家族会員は、プライオリティ・パスに無料で申し込むことができるため年会費以上の価値を感じていただけます。プライオリティ・パスの会員カードが届くと、世界中の1,300カ所以上の空港ラウンジを利用できるようになります。プライオリティ・パスの年会費は通常399USドルですが、ラグジュアリーカードの年会費を支払うだけでこのサービスを利用できます。海外旅行が多い人にとっては、年会費を超える価値となる特典です。

  • お役立ちコラム編集部

    また、プライオリティ・パスがなくても、国内主要空港と韓国、ハワイの空港カードラウンジを利用可能です。

プライオリティパスについては、こちらのページ(ラグジュアリーカード | トラベル特典・優待)でもご紹介されているので参考にしてみてください。

ラグジュアリーカード-年会費以上の価値-⑥
手厚い旅行保険

ラグジュアリーカードの年会費以上の価値6つ目は、手厚い旅行保険サービスの提供です。ラグジュアリーカードは、旅行傷害保険の補償額が高く、内容も充実していますので年会費以上の価値を感じられます。

以下は保険の内容です。

海外旅行傷害保険:1億2千万円(自動付帯)
国内旅行傷害保険:1億円(利用付帯)

この高額な補償は、国内外への旅行や出張が多い人にとって非常に安心です。他のクレジットカードと比較しても、これほどの補償額を提供しているカードは少なく、年会費以上の価値を誇るラグジュアリーカードの大きなメリットとなっています。

ラグジュアリーカードは、その名の通り、持つだけでステータスを感じられる特別なクレジットカードです。高級感溢れる金属製のカードデザイン、充実したポイントプログラムと高還元率、JAL・ANA両方のマイル交換、24時間対応のコンシェルジュサービス、無料で利用できるプライオリティ・パス、そして手厚い旅行保険など、多くの年会費以上の価値を提供するメリットが存在します。

特に高額な年会費に見合う特典を提供しており、頻繁にカードを利用する方や、特別なサービスを求める方にとっては非常に魅力的な選択となるでしょう。ラグジュアリーカードを持つことで、より豊かで充実したライフスタイルを実現することができます。このラグジュアリーカードを手にすることで、他のクレジットカードでは得られない年会費以上の特別な体験とサービスを享受することができるでしょう。

  • お役立ちコラム編集部

    次項では、ラグジュアリーカードのの年会費に不満を感じやすいポイントについても解説していきます。

ラグジュアリーカード年会費超えの価値 関連記事:
ラグジュアリーカードおすすめ3選!人気の理由とデメリットも徹底解説

ラグジュアリーカード-年会費に不満を感じやすいポイント-

ラグジュアリーカードは年会費以上の価値を誇るラグジュアリーカードならではの多くの特典やサービスを提供していますが、デメリットも存在します。ここでは、ラグジュアリーカードの年会費に不満を感じやすいポイントを詳細に解説していきたいと思います。

ラグジュアリーカード-年会費に不満を感じやすいポイント-①
そもそも年会費が高額

ラグジュアリーカードの年会費に不満を感じやすいポイント1つ目は、そもそも年会費が高額な点です。年会費がかなり高額なため、年会費以上の価値を得られるのかというポイントは非常に悩ましいポイントです。ラグジュアリーカードの最大のデメリットともいえる年会費は、最もランクの低いチタンカードでも年会費が55,000円(税込)となっており、ブラックカードの年会費は110,000円(税込)、ゴールドカードの年会費に至っては220,000円(税込)と、年会費が非常に高額です。これらラグジュアリーカードの年会費は、他社のプラチナカード以上の年会費設定となっていますので、この高額な年会費で躊躇される方も多いことでしょう。

お役立ちコラム編集部

ラグジュアリーカードは様々な特典がある一方で「年会費」が高額な部分は気になるところでしょう。ラグジュアリーカードを作る際に、自分に合った特典が用意されているのかなども意識しながら、年会費とのバランスを考えて発行の検討を行いましょう。

例えば、楽天プレミアムカードなら年会費11,000円(税込)でプライオリティ・パスが利用可能です。ラグジュアリーカードを持つことで得られる年会費以上の特典を全て利用しないのであれば、他のクレジットカードの方が経済的かもしれません。特に、プライオリティ・パスや一部の特典だけを目当てにしている場合は、より年会費の安いカードの方がコストパフォーマンスが良いでしょう。

年会費が高額なラグジュアリーカードではなく、まずは年会費を抑えてクレジットカードを発行したいという方は、年会費無料の法人カードも検討してみてはいかがでしょうか?

以下の記事では、年会費無料の法人カードについて様々な視点から比較と解説をしています。

ラグジュアリーカード-年会費に不満を感じやすいポイント-②
金属製カードが使えない場合がある

ラグジュアリーカードの年会費に不満を感じやすいポイント2つ目は、金属製カードが使えない場合がある点です。ラグジュアリーカードは全て金属製であるため、一部の決済端末では利用できないことがあります。アメリカン・エキスプレスのように、プラスティック製の代替カードを無料で提供する制度はありません。しかし、ラグジュアリーカードはQUICPay(スマホ決済)に対応しているため、カードが物理的に使用できない場合でもスマートフォンを使って支払うことができます。このため、実際には「使えない」という場面に遭遇することは少ないかもしれませんが、それでも高い年会費を支払っている分、不満を感じることがあるでしょう。

気をつけておきたい注意点

税理士_依頼_おすすめの注意点

自分がよく使う店舗やサービスなどがある場合は、事前に金属製のラグジュアリーカードを使えるかどうかを念のため確認しておくと良いかもしれません。

ラグジュアリーカード-年会費に不満を感じやすいポイント-③
地方での特典利用が難しい

ラグジュアリーカードの年会費に不満を感じやすいポイント3つ目は、地方での特典利用が難しい点です。ラグジュアリーカードの特典の多くは都市部に集中しているため、地方に住んでいる人にとっては利用しづらいことがデメリットです。例えば、「ラグジュアリーカードラウンジアワー」は東京、神奈川、名古屋、大阪、京都、兵庫、福岡でのみ利用可能なため、高額な年会費に見合う恩恵を受けづらく、ラグジュアリーカードの年会費に不満を感じやすいポイントと言えます。また、「ラグジュアリーホテル優待」は、国内外の3,000以上の宿泊施設で特典がありますが、旅行や出張を頻繁にしない人にもラグジュアリーカードの年会費以上の価値を見出すことが難しいです。このため、地方に住んでいて特典をあまり利用できない人にとっては、ラグジュアリーカードの年会費に見合わない、ラグジュアリーカードの年会費が非常に不満と感じるかもしれません。

ラグジュアリーカード-年会費に不満を感じやすいポイント-④
追加カードの年会費がかかる

ラグジュアリーカードの年会費に不満を感じやすいポイント4つ目は、追加カードの年会費がかかる点です。ラグジュアリーカードは、家族カードを発行する際に年会費がかかります。具体的な年会費は以下の通りです。

チタンカード追加年会費:15,000円
ブラックカード追加年会費:25,000円
ゴールドカード追加年会費:50,000円

アメックスプラチナなどの他の高級カードでは追加カードが年会費無料で提供されることも多いですが、ラグジュアリーカードでは追加で年会費の費用がかかるため、これが大きなデメリットであり、年会費に不満を感じやすいポイントとなります。ただでさえ高額な年会費のラグジュアリーカードを家族全員で特典を利用したいと思われるのは当然のことですが、追加の年会費費用がかさむことも念頭に置いておかなければなりません。

ラグジュアリーカード-年会費に不満を感じやすいポイント-⑤
紛失時の再発行手数料がかかる

ラグジュアリーカードの年会費に不満を感じやすいポイント5つ目は、紛失時の再発行手数料がかかる点です。ラグジュアリーカードを紛失した場合、再発行には手数料5,500円がかかります。金属製カードは製造コストが高いため、この手数料は仕方ない部分もありますが、それでも他のカードと比較すると負担が大きいため、こちらも年会費に不満を感じやすいポイントと言えるでしょう。カードの紛失は誰にでも起こりうることなので特に注意が必要です。

ラグジュアリーカードは、その高級感と充実したサービスが魅力ですが、年会費の高さや特典の利用制限、追加カードの年会費費用など、デメリットも存在します。特に、年会費が非常に高額であるため、すべての特典やサービスを最大限に活用しない限り、ラグジュアリーカードの年会費に見合うかどうかは慎重に判断する必要があります。

金属製カードのため一部の決済端末で使用できないことや、地方で特典を利用しづらい点も考慮する必要があります。高額な年会費を支払う分、年会費以上の価値を求めたい方は特に注意が必要です。また、家族カードの年会費や紛失時の再発行手数料も年会費に加え追加のコストとなるため、これらの点も含めて自分のライフスタイルに合ったカード選びをすることが重要です。

ラグジュアリーカードを検討する際には、年会費以上の価値とともに、ラグジュアリーカードのデメリットとなる高額な年会費に不満を感じやすいポイントについても十分に理解し、自分にとって本当に年会費以上の価値があるかどうかを考えることが大切です。次項では、ラグジュアリーカードの選び方について解説していきます。

ラグジュアリーカードの選び方

ラグジュアリーカードを検討する際、どのグレードが自分に年会費以上の価値を見出すことができるのかの判断は難しいかもしれません。前述した通りラグジュアリーカードには、チタンカード、ブラックカード、ゴールドカードの3つのグレードがあり、それぞれ異なる年会費と特典があります。ここでは、それぞれラグジュアリーカードの特徴やラグジュアリーカードの選び方について詳しく解説します。

ラグジュアリーカードの選び方
チタンカード

チタンカードは、ラグジュアリーカードの中で最も手頃な年会費でありながら、金属製のステータス性を持つカードです。年会費は55,000円(税込)です。チタンカードは、以下のような方におすすめです。

1.金属製カードのステータスを手軽に持ちたい人

ラグジュアリーカードのチタンカードは、金属製のカードを持つことができるため、ステータス性を重視する人にラグジュアリーカードは適しています。金属製カードは、その重さや質感から他のカードとは一線を画し、持つ人に年会費以上の価値を与えます。

2.年会費を抑えたい人

ラグジュアリーカードの中で最もリーズナブルな年会費を設定しているため、ラグジュアリーカードの年会費に対してコストパフォーマンスを重視する方におすすめです。

3.特典を少しずつ利用したい人

ラグジュアリーカードのチタンカードでも、年会費をかける以上の多くの特典を享受することができるため、まずはラグジュアリーカードの世界を体験してみたいという方にとって最適な選択肢です。

ラグジュアリーカードの選び方
ブラックカード

ラグジュアリーカードの選び方|ブラックカード

ラグジュアリーカードのブラックカードは、ラグジュアリーカードの中で最もバランスが取れており、年会費以上のメリットを感じられる特典も豊富です。年会費は110,000円(税込)です。ラグジュアリーカードのブラックカードは、以下のような方におすすめです。

1.コストパフォーマンスを重視する人

ラグジュアリーカードのブラックカードは年会費が110,000円と非常に高額な年会費ではありますが、その年会費以上の特典の充実度やポイント還元率(1.25%)を考慮すると、非常にコストパフォーマンスが良いラグジュアリーカードです。

2.頻繁に特典を利用する人

ラグジュアリーリムジンの利用や映画無料優待など、特典を頻繁に利用することで、年会費以上の価値を享受することができます。

3.ステータス性を重視する人

ラグジュアリーカードのブラックカードは、見た目のインパクトも大きく、他のカードホルダーに対しても一目置かれる存在であり、年会費以上のステータスを感じられます。

ラグジュアリーカードの選び方
ゴールドカード

ラグジュアリーカードのゴールドカードは、ラグジュアリーカードの中で最も高額な年会費を誇り、年会費は220,000円(税込)ですが、年会費を超える最も豪華な特典を提供します。ゴールドカードは、以下のような方におすすめです。

1.最高の特典を享受したい人

ラグジュアリーカードのゴールドカードは、24金で作られたカードであり、特典も他のラグジュアリーカードに比べて非常に豪華です。例えば、会員制プライベートサウナの無料利用や、VIPなイベントへの参加など、他では体験できない年会費以上の価値ある特典が用意されています。

2.年会費を超えるほど特典を利用できる人

ラグジュアリーカードのゴールドカードは、年会費が非常に高額であるため、その年会費以上の価値を得られる特典を頻繁に利用できる人に向いています。

3.ステータス性を極限まで追求する人

ラグジュアリーカードのゴールドカードは、その見た目の豪華さからも、一目で特別なラグジュアリーカードであることがわかります。持っているだけで年会費を超える価値提供となる高いステータス性を感じさせることができます。

ラグジュアリーカードの選び方については、以下の記事も参考になるかと思います。ラグジュアリーカードを検討されている方は、あわせて参考にしてみてください。

参考記事

ラグジュアリーカードの損益分岐点

ラグジュアリーカードの損益分岐点

ラグジュアリーカードを選ぶ際に重要なのは、年会費に見合うだけの特典やポイント還元を得られるかどうかです。それぞれのカードの損益分岐点を見てみましょう。

チタンカードとブラックカードの損益分岐点

チタンカードとブラックカードの損益分岐点は、年間カード決済額が2,000万円ほどです。これは、ブラックカードの特典やポイント還元率が高いため、年間2,000万円以上の決済がある場合には、ブラックカードの方がコストパフォーマンスが良いと言えます。

ブラックカードとゴールドカードの損益分岐点

ブラックカードとゴールドカードの損益分岐点は、年間カード決済額が4,000万円ほどです。ゴールドカードの年会費はブラックカードの倍ですが、特典も年会費に見合うものが多いため、年間4,000万円以上の決済がある場合には、ゴールドカードの方が得となります。

ラグジュアリーカードの特典の比較

ラグジュアリーカードの特典は、それぞれのカードで異なります。以下に、代表的な特典を比較します。

内容チタンブラックゴールド価値
入会特典15,000円相当のポイント30,000円相当のポイント50,000円相当のポイント入会時にもらえるポイント数がカード毎に異なる。
ハワイアン航空Pualani GoldPualani Platinum数万円/回
上級会員は航空会社のラウンジが利用可。空き状況によって座席の無料アップグレードも有。
プリファードホテルズエクスプローラーエリートエリート数万円/回
上級会員は、空き状況によって客室のアップグレード有。ラウンジの利用や、レイトチェックアウト等も可。
東急ホテルズゴールドゴールドダイヤモンド同上
ラグジュアリーホテル優待ラグジュアリーカード毎の差無し
Booking.com 10%オフラグジュアリーカード毎の差無し
プライオリティ・パスラグジュアリーカード毎の差無し
国際線手荷物宅配最大3つ最大3つ最大3つラグジュアリーカード毎の差無し
海外旅行保険(自動付帯)最大1億2千万円最大1億2千万円最大1億2千万円ラグジュアリーカード毎の差無し
国内旅行保険(利用付帯)最高1億円最高1億円最高1億円ラグジュアリーカード毎の差無し
航空機遅延保険最大4万円最大4万円最大4万円ラグジュアリーカード毎の差無し
ワールドサポートラグジュアリーカード毎の差無し
Luxuryリムジン往路往復いずれか5,000~15,000円/回
指定のレストランを予約すると高級車での送迎サービス。飛行機の出張から直接レストランに行く場合も送迎可。
Luxuryアイコンラグジュアリーカード毎の差無し
Luxuryダイニングラグジュアリーカード毎の差無し
ラウンジアワーラグジュアリーカード毎の差無し
Luxuryアップグレードラグジュアリーカード毎の差無し
Luxuryソーシャルアワープライスレス/回
ラグジュアリーカード会員同士のつながりを実現するユニークなサービス。参加費は数千円で同伴者も1名まで同行可
一休レストラン5千円割引ラグジュアリーカード毎の差無し
映画無料優待月1回月2回月3回15,000~30,000円/年
映画館チケットが無料でもらえる回数はカード毎に異なる。ラグジュアリーカードでは人気の特典
コンシェルジュ○(チャットも可)○(チャットも可)プライスレス
さまざまな頼み事が可能。ブラック以上であればチャットが可能で、拘束されずにログが残せるメリット有
STREAMER COFFEE COMPANY3ヶ月に1回1ヶ月に1回毎日1,000円〜15,000円/月
コーヒーショップでカード毎に決められた回数のドリンクサービス。対象の店舗をよく利用される方にはお得な特典
HARNEY & SONS3ヶ月に1回1ヶ月に1回毎日同上
国立美術館数千円〜数万円/年
さまざまな美術館の入場料が無料や割引に。ゴールドは期間限定の企画展なども制限なしで入場可
ゴルフ場手配カード毎の差無し
LCコミュニティプライスレス
自社商品・サービスを、ラグジュアリーカード会員限定特別プランや限定パッケージとして提供することで自社のPRが可能
ウェルカムギフト数万円/回
シークレットギフトのお楽しみ
ポルシェコラボレーションラグジュアリーカード毎の差無し
スーパーカー優待ラグジュアリーカード毎の差無し

ラグジュアリーカードの選び方のポイント

ラグジュアリーカードを選ぶ際には、年会費に見合うよう、自分のライフスタイルや特典の利用頻度に合わせて選ぶことが重要です。以下ラグジュアリーカードの選び方のポイントを参考にして、最適なラグジュアリーカードを選びましょう。

ラグジュアリーカードの選び方のポイント1.
年会費の負担を考慮する

年会費が高額なカードほど特典も豪華ですが、自分が年会費に見合う特典を十分に利用できるかどうかを考えることが重要です。年会費に見合う、もしくは年会費を超えるであろう特典を最大限に活用できれば、年会費以上の価値を得ることができます。

ラグジュアリーカードの選び方のポイント2.
特典の利用頻度を考える

ラグジュアリーカードの選び方のポイント2.特典の利用頻度を考える

自分が頻繁に利用する特典がどれだけ含まれているかを確認しましょう。例えば、旅行が多い場合は、プライオリティ・パスや航空機遅延保険などの特典が充実しているカードを選ぶと年会費以上の価値を享受できるのでおすすめです。

ラグジュアリーカードの選び方のポイント3.
ステータス性を重視する

ラグジュアリーカードの見た目や質感、ラグジュアリーカードを持っていることで得られるステータス性も選ぶ際のポイントです。金属製のラグジュアリーカードは、それだけで高いステータスを感じさせるため、ビジネスシーンやプライベートでの利用においても一目置かれる存在となり、年会費以上の価値を得られるでしょう。

ラグジュアリーカードは、その名の通り年会費の価値を十分に感じられるラグジュアリーな特典を提供するクレジットカードです。ラグジュアリーカードには、チタンカード、ブラックカード、ゴールドカードの3つのグレードがあり、それぞれ異なる年会費と特典があります。自分のライフスタイルや特典の利用頻度と年会費を慎重に検討した上で、最適なラグジュアリーカードを選ぶことが重要です。年会費以上の価値を得るために特典を十分に活用し、ラグジュアリーなライフスタイルを楽しみましょう。

  • お役立ちコラム編集部

    次項では、ラグジュアリーカードの申し込みの流れから審査のポイントまで詳細に解説していきます。

ラグジュアリーカード年会費超えの価値 関連記事:
「ラグジュアリーカード」のウェルカムギフトとは?年会費20万円のゴールドカード入会者に贈られる、23金を使用した豪華な「名入りペン」の実物を公開!

ラグジュアリーカードの申し込みから審査

ラグジュアリーカードの申し込みは、手軽にオンラインで行うことができますが、一定の条件を満たしている必要があります。ここでは、申し込みからカードが手元に届くまでの具体的な流れを詳しく説明します。

ラグジュアリーカードの申し込みの流れ

ラグジュアリーカードの申し込みの流れ①
公式サイトへのアクセス

まず、ラグジュアリーカードの公式サイトにアクセスします。公式サイトには、各カードの詳細情報や特典、年会費などが掲載されているので、自分に合ったカードを選びましょう。そして、申し込みページに移動します。

ラグジュアリーカードの申し込みの流れ②
必要事項の入力

次に、申し込みフォームに必要事項を入力します。入力する情報には、氏名、住所、連絡先、職業、年収などが含まれます。正確かつ詳細な情報を提供することが重要です。特に収入や職業の情報は、審査において重要な役割を果たします。

ラグジュアリーカードの申し込みの流れ③
審査

申し込みが完了すると、提供された情報を基にラグジュアリーカードの発行会社が審査を行います。この審査には通常、数日から1週間程度の時間がかかります。審査の結果は、カードの発行可否に直結するため、この間は正確な情報を提供することが求められます。

ラグジュアリーカードの申し込みの流れ④
審査結果の通知

ラグジュアリーカードの申し込みの流れ④審査結果の通知

審査が完了すると、その結果がメールまたは郵送で通知されます。審査に通過した場合は、カードが発行され、登録した住所に送付されます。

ラグジュアリーカードの申し込みの流れ⑤
カードの受け取りと利用開始

カードが届いたら、利用開始の手続きを行います。通常、カードには初回の利用登録が必要です。これが完了すれば、ラグジュアリーカードを利用することが可能になります。

ラグジュアリーカードは、その特典やステータス性から、多くの人々にとって憧れの存在です。しかし、申し込みには厳しい基準があり、審査を通過するのは簡単ではありません。ここでは、ラグジュアリーカードの審査プロセスについて詳しく見ていきましょう。

ラグジュアリーカードの審査について

ラグジュアリーカードの審査について

ラグジュアリーカードの審査は、他のクレジットカードと比べても非常に厳しいことで知られています。審査は主に以下の三つの観点から行われます。

ラグジュアリーカードの審査①
割賦販売法による審査

ラグジュアリーカードの発行には、割賦販売法で定められた審査が必要です。割賦販売法は、クレジットカード決済で商品やサービスを購入する際に、支払い能力を確認するための法律です。審査では、申込者の年収、生活維持費、クレジット債務などを考慮し、支払可能見込額を算定します。これにより、申込者がカードを適切に利用できるかどうかを判断します。

ラグジュアリーカードの審査②
貸金業法による審査

ラグジュアリーカードにはキャッシング枠も設定されているため、貸金業法に基づく審査も行われます。貸金業法には総量規制という規定があり、年収の1/3を超える借入は原則禁止されています。審査では、申告された収入に基づき、他の貸金業者からの借入情報もチェックされます。これにより、キャッシング利用枠が適切に設定されます。

ラグジュアリーカードの審査③
ラグジュアリーカード独自の審査

割賦販売法と貸金業法による審査に加え、ラグジュアリーカード独自の審査基準があります。具体的な基準は公表されていませんが、一般的には以下の要素が重要視されると考えられます。

職 業

安定した職業についていることが求められます。特に、高収入で長期間同じ職業に就いていることが信用力を高めます。

年 収

高い年会費に見合う収入が必要です。特に、ゴールドカードでは年収1,000万円以上が目安とされています。

住 居

自宅を所有していること、または長期間同じ場所に居住していることが信用力に影響します。

クレジットヒストリー

過去のクレジットカード利用歴が良好であることが重要です。延滞や滞納がないことが求められます。

これらの基準を満たすことができれば、ラグジュアリーカードの審査を通過する可能性が高くなります。

ラグジュアリーカードの審査を通過するためのポイント

ラグジュアリーカードの審査を通過するためのポイント

ラグジュアリーカードの審査を通過するためには、以下のポイントを押さえることが重要です。

ラグジュアリーカードの審査を通過するためのポイント①
安定した収入源の確保

ラグジュアリーカードの審査を通過するためのポイント1目は、年会費に見合う収入源のポイントです。ラグジュアリーカードの審査を通過するためには、安定した収入源が不可欠です。高い収入を得ていても、それが一時的なものであったり、不安定な職業に基づいている場合、ラグジュアリーカードの審査では不利になることがあります。長期間同じ職業に就いていることが信用力を高めるポイントです。

ラグジュアリーカードの審査を通過するためのポイント②
高い年収

ラグジュアリーカードの審査を通過するためのポイント2つ目は、年会費に見合う収入があるかどうかというポイントです。ラグジュアリーカードは、年会費が高額なだけに年収がどの程度あるかどうかも注視しています。チタンカードでさえ、一般的なサラリーマンクラスの年収が必要です。特にゴールドカードやブラックカードでは、年会費もさらに高いため、より高い年収が求められることが多いです。

お役立ちコラム編集部

年会費の高いラグジュアリーカードを発行される際は、テキストテキスト適切な年収が安定的に稼げていることが重要です!自分の現在の年収がどのくらいかをしっかりと把握しておきましょう。

ラグジュアリーカードの審査を通過するためのポイント③
クレジットヒストリーの積み上げ

ラグジュアリーカードの審査を通過するためのポイント3つ目は、クレジットヒストリーの信頼貯金です。過去のクレジットカード利用歴が重要です。延滞や滞納がないことがラグジュアリーカードの審査で求められます。クレジットヒストリーを積むためには、まず持ちやすいクレジットカードを作り、利用実績を積み上げることが有効です。

ラグジュアリーカードの審査を通過するためのポイント④
多重申し込みの回避

ラグジュアリーカードの審査を通過するためのポイント4つ目は、クレジットカードの多重申し込みを避けることです。複数のクレジットカードを同時に申し込むことは避けましょう。多重申し込みは、カード会社に「お金に困っている」という印象を与える可能性があるため、ラグジュアリーカードの審査で不利になることがあります。

ラグジュアリーカードの審査を通過するためのポイント⑤
他社クレジットカードの延滞、キャッシングの利用残高

ラグジュアリーカードの審査を通過するためのポイント5つ目は、他社クレジットカードの延滞や、キャッシングの利用残高の管理です。他社のクレジットカードで延滞がある場合や、キャッシングの利用残高が多い場合、ラグジュアリーカードの審査で不利になることがあります。現在のクレジットカードの利用状況を見直し、延滞や高い利用残高を避けるようにしましょう。

ラグジュアリーカードの審査期間とカードが届くまで

ラグジュアリーカードの審査は迅速に行われることが多いです。一般的には、ラグジュアリーカードの申し込みから数日以内に審査が完了し、ラグジュアリーカードの審査結果が通知されます。その後ラグジュアリーカードの発送準備が行われ、通常は1週間程度でラグジュアリーカードが手元に届きます。

審査スピードの事例

例えば、あるケースでは26日の10時に申し込みを行い、29日の9時には審査通過の連絡が届きました。具体的には3日間で審査が完了したことになります。このスピード感は、ラグジュアリーカードの特徴の一つと言えるでしょう。

カードの受け取り方法

ラグジュアリーカードは、本人限定郵便で送られてきます。ラグジュアリーカードの受け取りの際には本人確認が必要となるため、申込者自身が受け取れるように予定を調整しておくことが重要です。

ラグジュアリーカードの審査結果の通知方法

ラグジュアリーカードの審査結果の通知方法

ラグジュアリーカードの審査結果は、審査通過の場合と審査落ちの場合で通知方法が異なります。

ラグジュアリーカードの審査を通過した場合

ラグジュアリーカードの審査を通過すると、NETstationAPLUS会員登録完了のメールが届きます。このメールには、NETstationAPLUSの会員登録およびカードご利用明細WEBサービスの登録が完了した旨が記載されています。

ラグジュアリーカードの審査に落ちた場合

ラグジュアリーカードの審査に落ちた場合、その旨が記載されたメールが届きます。審査落ちの理由については具体的に明記されないことが多いですが、過去のクレジットヒストリーや収入の安定性などが影響していると考えられます。

以上が、ラグジュアリーカードの申し込みから審査、ラグジュアリーカード受け取りまでの流れと審査のポイントです。ラグジュアリーカードは、年会費が高額で、その名の通りラグジュアリーで魅力的な特典を提供している一方で、審査基準が厳しいため、しっかりと準備をしてラグジュアリーカードの申し込みに臨むことが重要です。

次項では、ラグジュアリーカードについてよくある質問をQ&A形式にまとめて解説していきます。

ラグジュアリーカード-Q&A-

ラグジュアリーカードに関する疑問点や気になる点をまとめて解説します。ここでは、ラグジュアリーカードについてよくある質問に対し、Q&A形式で紹介していきます。

Q1.電子マネーに対応していますか?

ラグジュアリーカードは、電子マネーの「QUICPay」に対応しています。QUICPay対応店舗では、スマートフォンを使って手軽に支払いができるため、わざわざカードを取り出す必要がありません。これは特に忙しい日常や急いでいる時に非常に便利です。

Q2.個人事業主でも法人カードを発行できますか?

はい、個人事業主でも法人向けのラグジュアリーカードを発行することが可能です。決済口座として以下の3つの選択肢があります。

1.個人口座
2.法人口座
3.屋号付き口座

個人事業主の場合、決済口座は「個人口座」を設定することができますが、「個人事業主=屋号付き口座」や「法人代表者=法人口座」を選択することも可能です。ただし、引き落とし口座を法人口座に設定する場合は、法人口座決済用の申し込みが必要となりますので、注意が必要です。

おすすめ記事:年会費20万円分の価値はある?「ラグジュアリーカード」の特典を体験してみた

Q3.金属製のカードが使えない店舗は多いですか?

金属製のラグジュアリーカードが使えない店舗に遭遇することはありますが、そのような金属製のラグジュアリーカードが使えない店舗ではQUICPayに対応していることが多いです。QUICPayを利用すれば、ラグジュアリーカードが使えない店舗でも問題なく支払いができます。

Q4.紛失・破損した場合、再発行は可能ですか?

ラグジュアリーカードは紛失や破損した場合、再発行が可能です。ただし、ラグジュアリーカードの再発行には5,500円の手数料がかかります。再発行後もカード番号は変更されないため、固定費などの支払いに登録している場合も安心してラグジュアリーカードを利用し続けることができます。

Q5.地方に住んでいると特典の恩恵は少ないですか?

ラグジュアリーカードの年会費以上の価値を得られる特典として、特にグルメやダイニング系の特典は、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌といった主要都市に集中しています。例えば、ラグジュアリーカードラウンジアワーでは、高級ホテルや会員制ラウンジを利用できますが、これらのサービスは東京・神奈川・名古屋・大阪・京都・兵庫・福岡に限られています。

さらに、ラグジュアリーホテル優待では、国内外3,000軒以上の宿泊施設で1滞在あたり平均総額約70,000円相当(500ドル相当)の特典を受けることができます。しかし、旅行をあまりしない場合、これらラグジュアリーカードの年会費以上の価値を得られる特典の恩恵を十分に享受できないかもしれません。地方に住んでいて、出張や旅行が少ない場合、特典の利用機会が限られてしまうため、高額な年会費にやや不満を感じることがあるかもしれません。

Q6.タッチ決済は可能ですか?

ラグジュアリーカード本体ではタッチ決済ができませんが、Apple Payにラグジュアリーカードを登録することで、QUICPayを利用したタッチ決済が可能になります。これにより、スマートフォンを使ってスムーズに支払いができるようになります。

以上、ラグジュアリーカードに関するよくある質問を紹介しました。ラグジュアリーカードは、その高い年会費を超える価値ある特典や高いステータス性から多くの魅力を持っていますが、ラグジュアリーカードの申し込みや利用にあたっては注意すべき点もあります。

  • お役立ちコラム編集部

    ぜひ、この記事を参考にして、年会費以上の価値を得られる確信のもと、ラグジュアリーカードの利用を検討してみてください。

ラグジュアリーカード年会費超えの価値 関連記事:
ラグジュアリーカードのチタンからブラックダイヤモンドまで解説!保有者の平均年収や特典も紹介

まとめ

ラグジュアリーカードは、その高いステータス性と豊富な特典により、年会費以上の価値を得られる多くの魅力を持つクレジットカードです。今回は、ラグジュアリーカードの基本情報や、ラグジュアリーカードの種類、年会費以上の価値となるメリットや、年会費に不満を感じやすいポイントなど詳しく解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

ラグジュアリーカードは、ブラック、ゴールド、チタンの3種類があり、それぞれ異なる特典や年会費が設定されています。ラグジュアリーカードの年会費は3種類ともどれも高い年会費ですが、その高い年会費に見合う価値を提供しています。特典には、グルメやダイニング、トラベル、エンターテインメントなど、多岐にわたるサービスが含まれており、特に出張や旅行が多いビジネスパーソンにとっては非常に魅力的で年会費以上の価値を感じていただきやすいです。さらに、カード会員限定のイベントや優待サービスも充実しており、日常生活を豊かに彩ります。

一方で、地方在住者やあまり旅行をしない方にとっては、一部の特典を十分に活用できないことで、ラグジュアリーカードの高い年会費に不満を感じることもあるかもしれません。しかし、QUICPay対応やApple Payの利用など、日常生活でも便利に使える機能がラグジュアリーカードには揃っているため、ライフスタイルに合わせた利用方法を工夫すれば、年会費以上の価値を見出すことができるでしょう。

ラグジュアリーカードの申し込みから審査に関しても、適切な情報を提供し、安心して手続きを進められるようにしっかりと計画的に準備していくことが大切です。

ラグジュアリーカードは、ステータスシンボルとしてだけでなく、実際の生活を豊かにするツールとして、多くの方に支持されています。年会費の以上の価値を得られる充実したラグジュアリーカードの特典を最大限に活用し、ラグジュアリーな生活を楽しんでみてください。この記事が、ラグジュアリーカードを検討する際の参考になれば幸いです。

ラグジュアリーカード年会費超えの価値 関連記事:
ラグジュアリーカードの年会費返金制度を利用してみた!返金までの手順や日数など紹介

今すぐコスト削減
資料請求はこちら
right
株式会社SoVa
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町3-9-7 ARC CUBE日本橋本町3階
TEL:03-6821-1935