三井住友ビジネスカードのおすすめは?三井住友ビジネスカード徹底解説!!

更新日:2024年7月12日
お役立ちコラム編集部
監修:お役立ちコラム編集部

三井住友ビジネスカードを検討していると、三井住友ビジネスカードは種類が多くてどれを選べば良いのか迷うこともあるでしょう。また、似た名前のカードがいくつもあり、それぞれの違いがわからないという方も多いのではないでしょうか。実は、今回おすすめする三井住友ビジネスカードには、「三井住友カード ビジネスオーナーズ」や「三井住友ビジネスカード for Owners」といった異なるビジネスカードも存在します。名前が似ているため混同しがちですが、それぞれ利用対象や年会費、追加カードの費用、付帯する保険、おすすめポイントなど、多くの点で異なります。この記事では、「三井住友ビジネスカード」についておすすめポイントなど徹底解説していきます。

  • お役立ちコラム編集部

    ぜひ自身のビジネスにとって最適なカードを見つけるための参考にしてください。

三井住友ビジネスカード

三井住友ビジネスカードとは

三井住友ビジネスカードは、三井住友フィナンシャルグループの一員である「三井住友カード株式会社」が発行しているおすすめのクレジットカードです。このカードは、国内で非常に高い信頼性とステータスを持つことで知られており、ビジネスシーンでの利用においてもその価値は絶大でおすすめです。三井住友ビジネスカードを持っているだけで、ステータスや信頼感が高まり、安心して利用できる点が多くの企業から評価されています。

ビジネスカードとコーポレートカードの違い

三井住友カードが提供する法人向けのおすすめクレジットカードには、「コーポレートカード」と「ビジネスカード」の2種類があります。これらは、それぞれ異なる規模の企業に対応しており、利用者のニーズに応じたおすすめの機能を提供しています。両者とも基本的な機能は同じですが、対象となる企業の規模や審査基準が異なります。

ビジネスカード
ビジネスカードは中小企業や個人事業主向けにおすすめのカードです。このカードは法人代表者や個人事業主の信用情報が審査の対象となります。そのため、比較的少額の与信枠から始めることができますが、事業の成長に伴って利用限度額を増やすことも可能です。特にスタートアップ企業や成長過程にある中小企業にはおすすめです。

コーポレートカード
一方、コーポレートカードは大企業向けにおすすめのカードです。こちらは法人自体が審査の対象となり、企業の資本金や事業の継続性、財務状況などが審査ポイントとなります。企業全体での利用を前提としており、大きな与信枠が設定されることが多いため、事業規模が大きな企業におすすめです。また、コーポレートカードの中には、購買専用の「パーチェシングカード」も存在します。これは企業間取引の決済に特化した非発行型のおすすめクレジットカードで、部署名や科目名などの任意の名義を設定できる点がおすすめの特徴です。さらに、カードの利用先を制限することも可能な点もおすすめです。パーチェシングカードを活用することで、本社や拠点での費用支払いを効率化し、DX(デジタルトランスフォーメーション)やリモートワークの推進にも貢献します。

以下の記事では、ビジネスカードとコーポレートカードの違いをはじめ、法人カードのメリット・デメリットについて解説しています。法人カードの基本的な知識から知りたい方は、あわせて参考にしてみてください。

三井住友ビジネスカードは、経費精算業務を効率化するために、従業員にビジネスカードを持たせると便利でおすすめです。カード利用明細を経費精算システムと連携させることで、手作業での入力を減らし、経理部門の負担を軽減できます。また、出張時に利用することで、出張費の管理が容易になる点もおすすめで、空港ラウンジの利用や旅行傷害保険が付帯しているカードもあるため、出張の際に便利でおすすめです。そして、ビジネスカードの優待サービスを活用することで、従業員の福利厚生を充実させることもできます。

  • お役立ちコラム編集部

    例えば、レストランやホテルの優待、ショッピング保険などが提供され非常におすすめです。

三井住友ビジネスカードは、その高い信頼性とステータス性から、企業の経費管理や従業員の福利厚生、出張時の経費削減など、様々なシーンで活用できるおすすめのカードです。おすすめするビジネスカードとコーポレートカードのどちらを選ぶかは、企業の規模やニーズに応じて検討する必要があります。いずれのカードも、企業の成長を支える強力なツールとして非常におすすめです。次項では、三井住友ビジネスカードの種類について解説していきます。

三井住友ビジネスカードの種類

「三井住友ビジネスカード」は、三井住友カード株式会社が提供するおすすめの事業用クレジットカードのひとつです。しかし、同じ会社が提供するカードには似た名前のものがいくつか存在します。そのため、どれがどのカードなのか自分にとっておすすめなカードが分かりにくいと感じる方も多いかもしれません。ここでは、三井住友ビジネスカードの種類と三井住友ビジネスカードの特徴を詳しく解説します。

三井住友ビジネスカードの概要や種類については、以下のページもあわせて参考にチェックしましょう。

三井住友ビジネスカードは3種類

三井住友カード株式会社が提供するおすすめの事業用カード「三井住友ビジネスカード」には、以下の3種類があります。

1.三井住友ビジネスカード
2.三井住友カード ビジネスオーナーズ
3.三井住友ビジネスカード for Owners

これらおすすめの「三井住友ビジネスカード」は、それぞれ異なる特徴やおすすめとなるメリットを持ち、三井住友ビジネスカードの利用対象や特典、年会費などが異なります。また、各カードにはさらに三井住友ビジネスカードクラシック(一般)、三井住友ビジネスカードゴールド、三井住友ビジネスカードプラチナのランクが存在し、おすすめの三井住友ビジネスカードは、合計で8種類の事業用カードが提供されています。

  • お役立ちコラム編集部

    以下では、これらおすすめの「三井住友ビジネスカード」の特徴について詳しく見ていきます。

三井住友ビジネスカード

三井住友ビジネスカード1.
三井住友ビジネスカード クラシック(一般)

対象者:法人のみ(従業員20名以下)
年会費:1,375円(税込)、従業員カードは1枚につき440円(税込)
利用限度額:~500万円(1回払いでの利用)
ポイント還元率:通常0.1%
主な特典:請求書支払い代行サービス、福利厚生代行サービス、プラスEX会員、ビジネス用じゃらんnetホテル予約、エアライン&ホテルデスクなど
発行スピード:カード到着まで3週間程度

三井住友ビジネスカード2.
三井住友ビジネスカード ゴールド

対象者:法人のみ(従業員20名以下)
年会費
:11,000円(税込)、従業員カードは1枚につき2,200円(税込)
利用限度額
:~1,000万円(1回払いでの利用)
ポイント還元率
:通常0.1%
発行スピード
:カード到着まで3週間程度
主な特典:請求書支払い代行サービス、福利厚生代行サービス、プラスEX会員、空港ラウンジサービス(国内)、宿泊・航空券予約サービス「Expedia」、空港クローク優待(Visa:国際線/Mastercard:海外)など

三井住友ビジネスカード3.
三井住友ビジネスカード プラチナ

対象者:法人のみ(従業員20名以下、会社設立後3年以上)
年会費:55,000円(税込)、従業員カードは1枚につき5,500円(税込)
利用限度額:一律上限なし(1回払いでの利用)
ポイント還元率:通常0.1%
発行スピード:カード到着まで3週間程度
主な特典:請求書支払い代行サービス、福利厚生代行サービス、空港ラウンジサービス(国内外)、VisaプラチナWi-Fiレンタル、コンシェルジュデスク、プラチナホテルズ、国際線手荷物宅配優待サービスなど

「三井住友ビジネスカード」は、「三井住友ビジネスカード for Owners」とカード名やデザインが非常に似ています。このシリーズも三井住友ビジネスカードクラシック(一般)カード、三井住友ビジネスカードゴールドカード、三井住友ビジネスカードプラチナカードの3種類がラインナップされています。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

「三井住友ビジネスカード」と「三井住友ビジネスカード for Owners」の主な違いは、ポイントの貯まり方と、「三井住友ビジネスカード」は法人専用であり、個人事業主は利用できない点です。

  • お役立ちコラム編集部

    その他、年会費、細かなデザイン、支払い方法にも違いがあります。

三井住友カード ビジネスオーナーズ

三井住友カード ビジネスオーナーズ1.
三井住友カード ビジネスオーナーズ 一般

対象者:満20歳以上の法人代表者・個人事業主
年会費:永年無料
利用限度額:~500万円
ポイント還元率:最大1.5%(通常0.5%)
発行スピード:最短3営業日(カード到着まで約1週間)
主な特典:請求書支払い代行サービス、福利厚生代行サービス、プラスEX会員、ビジネス用じゃらんnetホテル予約、エアライン&ホテルデスクなど

三井住友カード ビジネスオーナーズの評判や審査の難易度、メリット・デメリットについては、以下のおすすめ記事でも解説しています。三井住友カード ビジネスオーナーズについて詳しく知りたい方は、参考にしてみてください。

三井住友カード ビジネスオーナーズ2.
三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド

対象者:満20歳以上の法人代表者・個人事業主
年会費:5,500円(税込)(年間100万円の利用で翌年以降の年会費が永年無料)
利用限度額:~500万円
ポイント還元率:最大1.5%(通常0.5%)
発行スピード:最短3営業日(カード到着まで約1週間)
主な特典:請求書支払い代行サービス、福利厚生代行サービス、プラスEX会員、空港ラウンジサービス(国内)、宿泊・航空券予約サービス「Expedia」、空港クローク優待(Visa:国際線/Mastercard:海外)など

最新型の「三井住友カード ビジネスオーナーズ」は、2021年11月29日にリリースされ、一般カードとゴールドカードの2種類が提供されています。

三井住友カード ビジネスオーナーズは、フラッグシップ法人カードとして、ナンバーレス化により最高水準のセキュリティ対策を実現し、年会費永年無料で利用可能な点がおすすめです。一般カードは、手軽に利用できるおすすめポイントの一方で、ゴールドカードはさらに高い付帯サービスや保険が充実しており、総利用枠も最大500万円(所定の審査あり)と、幅広いニーズに対応する最新鋭のビジネスカードとしておすすめです。

  • お役立ちコラム編集部

    三井住友カード ビジネスオーナーズゴールドについては、以下の記事も参考にしてみてください。

三井住友カード ビジネスオーナーズゴールドに関するおすすめ記事:
三井住友カード ビジネスオーナーズゴールドとは?特徴や違いについて解説します

三井住友ビジネスカード for Owners

三井住友ビジネスカード for Owners1.
三井住友ビジネスカード for Owners クラシック

対象者:満20歳以上の会社経営者(中小企業代表者もしくは個人事業者)
年会費:1,375円(税込)、従業員カードは1枚につき440円(税込)※インターネット入会で初年度年会費無料
利用限度額:~150万円
ポイント還元率:通常0.5%
発行スピード:最短3営業日(カード到着まで約1週間)
主な特典:請求書支払い代行サービス、福利厚生代行サービス、プラスEX会員、ビジネス用じゃらんnetホテル予約、エアライン&ホテルデスクなど

三井住友ビジネスカード for Owners2.
三井住友ビジネスカード for Owners ゴールド

対象者:満20歳以上の会社経営者(中小企業代表者もしくは個人事業者)
年会費:11,000円(税込)、従業員カードは1枚につき2,200円(税込)※インターネット入会で初年度年会費無料
利用限度額:~300万円
ポイント還元率:通常0.5%
発行スピード:最短3営業日(カード到着まで約1週間)
主な特典:請求書支払い代行サービス、福利厚生代行サービス、空港ラウンジサービス(国内)、宿泊・航空券予約サービス「Expedia」、空港クローク優待(Visa:国際線/Mastercard:海外)など

三井住友ビジネスカード for Owners3.
三井住友ビジネスカード for Owners プラチナ

対象者:満30歳以上の会社経営者(中小企業代表者もしくは個人事業者)
年会費:55,000円(税込)、従業員カードは1枚につき5,500円(税込)
利用限度額:200万円~
ポイント還元率:通常0.5%
発行スピード:最短3営業日(カード到着まで約1週間)
主な特典:請求書支払い代行サービス、福利厚生代行サービス、空港ラウンジサービス(国内外)、VisaプラチナWi-Fiレンタル、宿泊予約サービス Relux(リラックス)、コンシェルジュデスク、プラチナホテルズ、国際線手荷物宅配優待サービスなど

三井住友ビジネスカード for Ownersまとめ

カード名 三井住友ビジネスカード for Owners クラシック
三井住友ビジネスカード for Owners クラシック
三井住友ビジネスカード for Owners ゴールド
三井住友ビジネスカード for Owners ゴールド
三井住友ビジネスカード for Owners プラチナ
三井住友ビジネスカード for Owners プラチナ
対象者 満20歳以上の会社経営者
(中小企業代表者もしくは個人事業者)
満20歳以上の会社経営者
(中小企業代表者もしくは個人事業者)
満30歳以上の会社経営者
(中小企業代表者もしくは個人事業者)
年会費 1,375円(税込)
従業員カードは1枚につき440円(税込)
※インターネット入会で初年度年会費無料
11,000円(税込)
従業員カードは1枚につき2,200円(税込)
※インターネット入会で初年度年会費無料
55,000円(税込)
従業員カードは1枚につき5,500円(税込)
利用限度額 ~150万円 ~300万円 200万円~
ポイント還元率 通常0.5% 通常0.5% 通常0.5%
発行スピード 最短3営業日(カード到着まで約1週間) 最短3営業日(カード到着まで約1週間) 最短3営業日(カード到着まで約1週間)
主な特典 請求書支払い代行サービス
福利厚生代行サービス
プラスEX会員
ビジネス用じゃらんnetホテル予約
エアライン&ホテルデスクなど
請求書支払い代行サービス
福利厚生代行サービス
空港ラウンジサービス(国内)
宿泊・航空券予約サービス「Expedia」
空港クローク優待(Visa:国際線/Mastercard:海外)など
請求書支払い代行サービス
福利厚生代行サービス
空港ラウンジサービス(国内外)
VisaプラチナWi-Fiレンタル
宿泊予約サービス Relux(リラックス)
コンシェルジュデスク、プラチナホテルズ
国際線手荷物宅配優待サービスなど

画像引用:三井住友ビジネスカード for Owners(クラシック・ゴールド・プラチナ)比較

「三井住友ビジネスカード for Owners」は、三井住友カード ビジネスオーナーズが登場するまで、三井住友カードの主要な法人カードとして位置付けられていました。このシリーズは、三井住友ビジネスカード for Owners一般カード、三井住友ビジネスカード for Ownersゴールドカード、三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナカードの3つのグレードが用意されています。

各カードの詳細な仕様や「三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナカード」のラインナップが、三井住友カード ビジネスオーナーズではカバーしきれないニーズを補完するために、今でも発行が続けられています。「三井住友ビジネスカード for Owners」は、年会費や利用限度額ではビジネスオーナーズに劣る部分もありますが、保険や補償面ではビジネスオーナーズよりも優れた点があり、日本国内でもトップクラスの機能を備えたおすすめのカードです。

お役立ちコラム編集部

三井住友カードについて、もっと知りたい方は以下の記事もあわせて参考にしてみてください。
参考記事:三井住友カードおすすめ15選|人気の理由やメリット・デメリット

三井住友ビジネスカードは、企業の規模やニーズに応じた多様なおすすめの選択肢を提供しています。それぞれのカードには異なる特徴と特典があるため、自社の状況や用途に最適なカードを選ぶことをおすすめします。ポイント還元率や年会費、特典内容を比較検討し、自社に最適な三井住友ビジネスカードを選ぶことをおすすめします。これにより、経費管理がスムーズになり、ビジネスのさまざまな場面で大いに役立つことでしょう。次項では、三井住友ビジネスカード、三井住友カード ビジネスオーナーズ、三井住友ビジネスカード for Ownersのそれぞれのおすすめ特徴や詳細な基本情報、おすすめポイントや注意点も併せて詳細に解説していきたいと思います。

三井住友ビジネスカード-三井住友ビジネスカードの概要-

三井住友ビジネスカードの特徴

三井住友ビジネスカードは、法人向けに設計されたおすすめのクレジットカードであり、特定の条件を満たす中小規模の企業に最適でおすすめです。ここでは、その特徴、ラインナップ、おすすめの利用方法、おすすめの選び方について詳しく見ていきます。

三井住友ビジネスカードの特徴1.
中小企業向けの特化設計

三井住友ビジネスカードは法人向けに設計されたクレジットカードで、中小規模の法人に特におすすめのビジネスカードです。三井住友ビジネスカードの申し込み対象は「法人のみ、かつ従業員数は20名以下が目安」とされています。このことから、三井住友ビジネスカードは特に中小企業にとって利用しやすいおすすめのビジネスカードであることがわかります。個人事業主の方は利用できないため、その点には注意が必要です。

三井住友ビジネスカードの特徴2.
ビジネスサポートの充実

三井住友ビジネスカードのおすすめポイントであり、大きな特徴の一つは、追加料金なしで受けられる多彩なビジネスサポートです。三井住友ビジネスカードのビジネスサポートには、請求書支払い代行サービスや福利厚生代行サービスなどが含まれ、経営者の負担を軽減します。ビジネスにおいて必要な様々なサポートが揃っている点で、この三井住友ビジネスカードは非常におすすめです。

三井住友ビジネスカードの特徴3.
従業員カードとETCカード

三井住友ビジネスカードの特徴3.従業員カードとETCカード

三井住友ビジネスカードの従業員カードを発行する際には年会費がかかりますが、ETCカードの場合には初年度の年会費が無料であり、翌年以降も年に一度でも利用があれば無料となります。さらに、追加料金なしで便利なビジネスサポートが受けられるのも三井住友ビジネスカードの大きなおすすめメリットポイントです。

三井住友ビジネスカードの特徴4.
ポイント還元とポイントUPモール

三井住友ビジネスカードのポイント還元率は0.1%と低めですが、三井住友カードの「ポイントUPモール」を利用することで、楽天やAmazonなどのネットショップでの還元率が最大9.5%アップするので「ポイントUPモール」のご利用をおすすめします。これにより、ネットショッピングを多く利用する企業にとっては三井住友ビジネスカードは大きなメリットとなります。

三井住友ビジネスカードの特徴5.
支払い方法の選択肢

また三井住友ビジネスカードは、支払い方法が一括払いのみという点も特徴的でおすすめです。三井住友ビジネスカードは、分割払いができないため不便に感じる方もいるかもしれませんが、一括払いのみの支払い方法のため、リボ払いなどで手数料や未払いの経費がかさむのを防ぐことができることはおすすめポイントです。このように、三井住友ビジネスカードによって支払いをシンプルかつ明確にすることで、企業の経費管理がしやすくなります。

三井住友ビジネスカードのラインナップ

三井住友ビジネスカードのラインナップ

三井住友ビジネスカードには、クラシック(一般)、ゴールド、プラチナの3種類があり、それぞれおすすめの特徴とメリットが異なります。

三井住友ビジネスカードのラインナップ1.
三井住友ビジネスカード クラシック(一般)

対象者:法人のみ(従業員数は20名以下が目安)
年会費:1,375円(税込)
従業員カード:年会費:440円(税込)から
ETCカード発行:初年度無料(前年度に一度でもETC利用があれば翌年以降も無料)
利用限度額: ~500万円(1回払いでの利用)
ポイント還元:通常0.1%
支払い方法:一括払いのみ、支払い日は選択可能(15日締め翌月10日支払いまたは月末締め翌月26日支払い)
付帯保険:旅行傷害保険(海外:最高2,000万円)ショッピング補償(海外:年間100万円までの利用が対象)
会員保障制度:不正利用が発生した場合、紛失・盗難の届け出日から60日前までの損害を補償
発行スピード: 到着まで約3週間程度
優待サービス: 航空券チケットレス発券サービス、ビジネス用じゃらんnetホテル予約、空港ラウンジサービス(国内)

三井住友ビジネスカード クラシック(一般)のおすすめポイント

・海外旅行傷害補償が最高2,000万円と手厚い点は最大のおすすめポイント。
・年間100万円までのショッピング保険が付帯している点もおすすめポイント。
・エアライン&ホテルデスクなどのビジネスサポートサービスが充実している点もおすすめ。

三井住友ビジネスカード クラシック(一般)の注意点

・年会費無料などのキャンペーンが少ない。

三井住友ビジネスカードのクラシック(一般)カードは、法人向けカードの中でも比較的リーズナブルに利用できるのがおすすめの特徴です。年会費は1,375円(税込)で、従業員カードも1枚につき年会費440円(税込)とリーズナブルでおすすめです。

三井住友ビジネスカードのクラシック(一般)カードには、海外旅行傷害補償が最高2,000万円と手厚く、ショッピング保険も年間100万円まで付帯している点もおすすめです。ただし、これら三井住友ビジネスカードの補償は海外での利用に限られているため、国内での利用には別のカードを検討する必要があります。

また、三井住友ビジネスカードのクラシック(一般)カードは、ビジネスサポートサービスが充実しており、請求書支払い代行サービスや福利厚生代行サービスなどが利用できる点もおすすめです。

  • お役立ちコラム編集部

    これにより、企業の経費管理や従業員の福利厚生がスムーズに行えます。

三井住友ビジネスカードのラインナップ2.
住友ビジネスカード ゴールド

対象者:法人のみ(従業員数は20名以下が目安)
年会費:11,000円(税込)
従業員カード:年会費:2,200円(税込)から
ETCカード発行:初年度無料(前年度に一度でもETC利用があれば翌年以降も無料)
利用限度額:~1,000万円(1回払いでの利用)
ポイント還元:通常0.1%
支払い方法:一括払いのみ、支払い日は選択可能(15日締め翌月10日支払いまたは月末締め翌月26日支払い)
付帯保険:旅行傷害保険(国内・海外:最高5,000万円)ショッピング補償(国内・海外:年間300万円までの利用が対象)
会員保障制度:不正利用が発生した場合、紛失・盗難の届け出日から60日前までの損害を補償
発行スピード:到着まで約3週間程度
優待サービス:空港ラウンジサービス(国内)、空港クローク優待(Visa:国際線/Mastercard:海外)、国内外のホテル予約サービス、エアライン&ホテルデスク

住友ビジネスカード ゴールドのおすすめポイント

・海外・国内の旅行傷害保険が手厚いのはおすすめ。
・年間300万円までのショッピング保険が国内外で利用可能な点もおすすめ。
・空港ラウンジサービスなどの高級感ある優待サービスが充実している点もおすすめ。

住友ビジネスカード ゴールドの注意点

・年会費無料などのキャンペーンが少ない。

三井住友ビジネスカードのゴールドカードは、三井住友ビジネスカードのクラシックカードに比べてさらに充実した補償とサービスが提供されるのおすすめのカードです。年会費は11,000円(税込)で、従業員カードの年会費は2,200円(税込)です。

三井住友ビジネスカードのゴールドカードのおすすめ特徴として、海外だけでなく国内旅行傷害保険も付帯されており、補償額は最高5,000万円です。また、三井住友ビジネスカードのゴールドカードは、ショッピング補償も年間300万円までと手厚く、国内外での利用が対象となる点が非常におすすめです。

三井住友ビジネスカードのゴールドカードでは、空港ラウンジサービスや海外用携帯電話・Wi-Fiレンタルサービスの割引、ホテル代金の割引など、出張や旅行を快適にする多くの優待サービスが受けられる点もおすすめです。三井住友ビジネスカードのゴールドカードにより、出張時の経費を大幅に削減することが可能となります。

三井住友ビジネスカードのラインナップ3.
三井住友ビジネスカード プラチナ

対象者:法人のみ(従業員数は20名以下が目安)
年会費:55,000円(税込)
従業員カード:年会費:5,500円(税込)から
ETCカード発行:無料(前年度に一度でもETC利用があれば翌年以降も無料)
利用限度額:一律上限設定なし(1回払いでの利用)
ポイント還元:通常0.1%
支払い方法:一括払いのみ、支払い日は選択可能(15日締め翌月10日支払いまたは月末締め翌月26日支払い)
付帯保険:旅行傷害保険(国内・海外:最高1億円)ショッピング補償(国内・海外:年間500万円までの利用が対象)
会員保障制度:不正利用が発生した場合、紛失・盗難の届け出日から60日前までの損害を補償
発行スピード:到着まで約3週間程度
優待サービス:空港ラウンジサービス、国内外のホテル予約サービス、エアライン&ホテルデスク、空港クローク優待、VisaプラチナWi-Fiレンタル、宿泊予約サービス Relux(リラックス)

三井住友ビジネスカード プラチナのおすすめポイント

・最高1億円の旅行傷害保険と年間500万円までのショッピング保険が手厚い点がおすすめ。
・空港ラウンジサービスや国内外のホテル予約など、豪華なおすすめ優待サービスが充実。
・ビジネスパートナーをもてなすためのレジャーやグルメのおすすめ優待が多数。

三井住友ビジネスカード プラチナの注意点

・年会費が高額であるため、ランニングコストがかさむ。

三井住友ビジネスカードのプラチナカードは、三井住友ビジネスカードのゴールドカードから、さらに高い補償と多くの優待サービスがおすすめポイントとなっているところが特徴です。年会費は55,000円(税込)で、従業員カードの年会費は5,500円(税込)です。

三井住友ビジネスカードのプラチナカードの最大のおすすめポイントは、旅行傷害保険が最高1億円、ショッピング補償が年間500万円までと非常に手厚い補償が三井住友ビジネスカードのプラチナカードに付帯している点です。三井住友ビジネスカードのプラチナカードにより、海外出張や大きな買い物を安心して行うことができるので非常におすすめです。

また、三井住友ビジネスカードのプラチナカードならではの優待サービスとして、国内外の空港ラウンジ利用、24時間対応の旅行サポート、手荷物の無料配達(国際線利用時)などがあります。さらに、三井住友ビジネスカードのプラチナカードは、レジャーや芸術鑑賞、一流レストランの優待なども充実しており、ビジネスパートナーをもてなす際にも大いに役立つ点もおすすめです。

三井住友ビジネスカードは、法人向けに設計されたクレジットカードで、中小企業に特におすすめのビジネスカードです。三井住友ビジネスカードの種類は、三井住友ビジネスカードクラシック、三井住友ビジネスカードゴールド、三井住友ビジネスカードプラチナの3種類があり、三井住友ビジネスカード3種類それぞれに異なる特徴とおすすめとなるメリットがあります。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

企業の規模やニーズに合わせて最適なビジネスカードを選ぶことで、経費管理や福利厚生の充実、出張時のコスト削減など、多くのメリットを享受することができるので非常におすすめです。

特に三井住友ビジネスカードの「ポイントUPモール」を利用することで、楽天やAmazonなどのネットショップでのポイント還元率が最大9.5%アップする点もおすすめポイントです。日頃から、インターネットショッピングで事務用品や、備品などをたくさん購入される頻度が高い企業にとって、特に三井住友ビジネスカードはおすすめのビジネスカードです。また三井住友ビジネスカードは、一括払いのみというシンプルな支払い方法が一見デメリットに感じることと思いますが、リボ払いなどの手数料や未払い経費の発生を防ぐことができるメリットがあるため、結果的に経費管理がしやすくなる点もおすすめります。三井住友ビジネスカードにより、企業は安心してビジネスを展開することができるでしょう。

三井住友ビジネスカードおすすめの利用方法

三井住友ビジネスカードおすすめの利用方法を以下に解説してきます。三井住友ビジネスカードを効果的に活用するための参考にしてください。

1.ポイントUPモールの活用

ネットショッピングを多く利用する場合、ポイントUPモールを積極的に活用されることをおすすめします。ポイントUPモールにより、三井住友ビジネスカードの通常のポイント還元率よりも高い還元率を得ることができます。

2.ビジネスサポートサービスの活用

請求書支払い代行サービスや福利厚生代行サービスなど、三井住友ビジネスカードのビジネスサポートサービスを積極的に利用し、煩雑な経費管理や、従業員の福利厚生などリソースを削減していくことを強くおすすめします。三井住友ビジネスカードのビジネスサポートサービスにより、経費管理や従業員の福利厚生がスムーズに行えるためおすすめです。

3.海外旅行傷害保険の活用

海外出張が多い企業は、三井住友ビジネスカードの海外旅行傷害保険を大いに活用されることをおすすめします。三井住友ビジネスカードの海外旅行傷害保険により、万が一の事故や病気の際にも安心でおすすめです。

4.優待サービスの活用

空港ラウンジサービスやホテル代金の割引など、三井住友ビジネスカードの優待サービスを積極的に利用されることをおすすめします。三井住友ビジネスカードの優待サービスにより、出張時の経費を大幅に削減することができるので非常におすすめです。

三井住友ビジネスカードの選び方

三井住友ビジネスカードを選ぶ際には、以下おすすめする選び方のポイントを参考にして、自社に最適なカードを選びましょう。

三井住友ビジネスカードの選び方1.
企業の規模

従業員数や年間の三井住友ビジネスカード利用額に応じて、三井住友ビジネスカードクラシック、三井住友ビジネスカードゴールド、三井住友ビジネスカードプラチナのいずれかを選ぶことをおすすめします。中小企業であれば三井住友ビジネスカードクラシックカード、大企業や出張が多い企業であれば三井住友ビジネスカードゴールドや三井住友ビジネスカードプラチナカードが適しているためおすすめです。

三井住友ビジネスカードの選び方2.
必要な補償内容

三井住友ビジネスカードに付帯している旅行傷害保険やショッピング補償の金額や範囲を確認し、自社に必要な補償内容を持つカードを選ぶことをおすすめします。例えば、国内外の旅行が多い場合は、三井住友ビジネスカードゴールドや三井住友ビジネスカードプラチナカードがおすすめいたします。

三井住友ビジネスカードの選び方3.
優待サービスの内容

利用する頻度が高い優待サービスが三井住友ビジネスカードにあるかどうかを確認しましょう。空港ラウンジの利用やホテル代金の割引など、出張時に便利なサービスが充実しているカードを選ぶことをおすすめします。

三井住友ビジネスカードの選び方4.
年会費

年会費が自社の予算に三井住友ビジネスカードが合っているかを一度確認されることをおすすめします。しましょう。年会費の高さは三井住友ビジネスカードのおすすめとなるメリットに比例しますが、自社の利用頻度に見合ったカードを選ぶことを強くおすすめします。

三井住友ビジネスカードは、中小企業にとって非常に有用なクレジットカードです。三井住友ビジネスカードクラシック、三井住友ビジネスカードゴールド、三井住友ビジネスカードプラチナの各カードはそれぞれに特徴があり、企業のニーズに応じた選択が可能なためおすすめです。ポイント還元率や優待サービス、補償内容をしっかりと確認し、自社に最適なカードを選ぶことで、ビジネスをより効率的かつ効果的に進められるためおすすめです。

ぜひ、三井住友ビジネスカードのおすすめ特徴を理解し、自社に最適なカードを選んでみてください。これにより、経費管理がスムーズになり、ビジネスのさまざまな場面で大いに役立つことでしょう。

  • お役立ちコラム編集部

    次項では、三井住友ビジネスカードビジネスオーナーズの特徴について詳しく解説してきます。

三井住友ビジネスカード-三井住友カード ビジネスオーナーズの概要-

三井住友カード ビジネスオーナーズの特徴

三井住友カード ビジネスオーナーズは、法人および個人事業主を対象としたおすすめの事業用クレジットカードです。特に、フリーランスや副業を行っている方々も利用対象に含まれており、多様なビジネスシーンに対応している点がおすすめです。

  • お役立ちコラム編集部

    この三井住友カード ビジネスオーナーズのその特徴、ラインナップ、おすすめの利用方法、おすすめの選び方について詳しく見ていきます。

三井住友カード ビジネスオーナーズの特徴1.
年会費無料の利便性

三井住友カード ビジネスオーナーズのおすすめの魅力の一つは、年会費が無料であることです。一般カードは無条件で永年無料となっており、ゴールドカードも条件付きで年会費が無料となります。この点は、コストを抑えたい企業や個人事業主にとって非常に大きなメリットとなりおすすめです。

三井住友カード ビジネスオーナーズの特徴2.
高いポイント還元率

ポイント還元率も高く設定されている点がおすすめの特徴です。最大1.5%の還元率を誇り、事業用の買い物で効率的にポイントを貯めることができます。ただし、1.5%の還元を受けるためには、対象となる三井住友カードのクレジットカードをもう1枚所持する必要があります。通常の還元率は0.5%でも、十分に高い水準なのでおすすめです。

三井住友カード ビジネスオーナーズの特徴3.
広範な申込対象

三井住友カード ビジネスオーナーズは、法人代表者だけでなく、個人事業主、フリーランス、副業をしている方も申し込むことができる点もおすすめです。この柔軟な申込条件は、多様なビジネス形態に対応し、誰でも利用しやすいおすすめのカードとなっています。

三井住友カード ビジネスオーナーズの特徴4.
多彩な支払い方法と限度額

支払い方法も豊富点もおすすめで、1回払い、リボ払い、分割払い、2回払い、ボーナス一括払いなど、様々なニーズに応じた選択肢があります。また、利用限度額も最大500万円と大きく、ビジネスのスケールに応じた柔軟な利用が可能です。

お役立ちコラム編集部

三井住友ビジネスカードオーナーズについては、以下の記事も参考になると思います。気になる方は、あわせてご覧ください。
参考記事:三井住友ビジネスカードとビジネスオーナーズの違いをご紹介

三井住友カード ビジネスオーナーズの特徴5.
豊富な優待サービス

三井住友カード ビジネスオーナーズカード所有者は、請求書支払い代行サービス、福利厚生代行サービス、プラスEX会員、ビジネス用じゃらんnetホテル予約、エアライン&ホテルデスクなど、多彩な優待サービスを利用できる点もおすすめです。これにより、ビジネス運営が一層効率的になります。

三井住友カード ビジネスオーナーズの特徴6.
国際ブランドの選択肢

三井住友カード ビジネスオーナーズは、VisaとMastercardの二つの国際ブランドから選ぶことができます。これにより、国内外での利用が広がり、グローバルなビジネスシーンにも対応可能なおすすめのカードです。

三井住友カード ビジネスオーナーズのラインナップ

三井住友カード ビジネスオーナーズのラインナップ

三井住友カード ビジネスオーナーズには、「一般」と「ゴールド」の2種類が用意されています。ここでは、それぞれのカードの詳細と特徴について解説します。

三井住友カード ビジネスオーナーズのラインナップ1.
三井住友カード ビジネスオーナーズ(一般)

対象者:法人代表者、個人事業主
年会費:初年度無料、2年目以降1,375円(税込)※年1回の利用で無料
従業員カード:発行可、年会費:440円(税込)
ETCカード発行:初年度無料、翌年以降550円(税込)※年1回の利用で無料
利用限度額:10万円~300万円
ポイント還元:通常0.5%
支払い方法:一括払い、分割払い、リボ払い
付帯保険: ショッピング保険(年間100万円まで)
会員保障制度: 不正利用が発生した場合、紛失・盗難の届け出日から60日前までの損害を補償
発行スピード:到着まで1~2週間程度
優待サービス:ビジネスサポートサービス(福利厚生代行サービス、会計ソフト優待など)、ビジネスアシスト(弁護士紹介、税理士紹介など)

三井住友カード ビジネスオーナーズ(一般)のおすすめポイント

・年会費が永年無料で費用負担を気にせずに利用できる点はおすすめです。
・ポイント還元率が最大1.5%という点がおすすめ。事業用の買い物で多くのポイントを効率的に貯められます。
・フリーランスや副業の方も利用可能なため、多様なビジネス形態に対応している点もおすすめ。

三井住友カード ビジネスオーナーズ(一般)の注意点

・ショッピング補償が付帯しないので、購入商品の破損や盗難などの補償がありません。
・旅行傷害保険は海外のみ対象のため、国内旅行には適用されない点に注意が必要です。

三井住友カード ビジネスオーナーズのラインナップ2.
三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド

対象者:法人代表者、個人事業主
年会費:11,000円(税込)※年間100万円以上の利用で翌年度無料
従業員カード:発行可、年会費:2,200円(税込)
ETCカード発行:初年度無料、翌年以降550円(税込)※年1回の利用で無料
利用限度額:10万円~500万円
ポイント還元:通常0.5%
支払い方法:一括払い、分割払い、リボ払い
付帯保険:旅行傷害保険(海外・国内:最高5,000万円)ショッピング保険(国内:年間300万円まで)
会員保障制度:不正利用が発生した場合、紛失・盗難の届け出日から60日前までの損害を補償
発行スピード:到着まで1~2週間程度
優待サービス:空港ラウンジサービス(国内主要空港)、ビジネスサポートサービス(福利厚生代行サービス、会計ソフト優待など)、ビジネスアシスト(弁護士紹介、税理士紹介など)

三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドのおすすめポイント

税理士_依頼_おすすめのポイント

・条件付き永年年会費無料のカードです。年間100万円以上の利用があればでおすすめ。
・ポイント還元率が最大1.5%という一般カードと同様に高い還元率を誇る点もおすすめ。
・多彩な優待サービスがあり、空港ラウンジサービスや宿泊・航空券予約サービスなどが利用可能な点もおすすめ。

三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドの注意点

税理士_依頼_おすすめの注意点

ゴールドカードにしては補償額が少なめな点が注意点。他のゴールドカードと比較すると補償がやや少ない。

三井住友カード ビジネスオーナーズおすすめの利用方法

三井住友カード ビジネスオーナーズを効果的に活用するためのおすすめの利用方法を紹介します。特にポイント還元や優待サービスを最大限に活用するおすすめの方法について詳しく見ていきましょう。

1. 日常の経費支払いに活用

三井住友カード ビジネスオーナーズを日常の経費支払いに利用することで、効率的にポイントを貯めることができる点がおすすめです。例えば、オフィス用品の購入や出張費の支払い、通信費や光熱費の決済など、日常的な経費を三井住友カード ビジネスオーナーズで支払うことで、ポイント還元率1.5%の恩恵を受けることができます。

2. 福利厚生サービスの利用

三井住友カード ビジネスオーナーズ所有者は、福利厚生代行サービスを利用することができます。このサービスを活用することで、社員のモチベーション向上や福利厚生の充実を図ることが可能になりますのでぜひこのサービスを利用されることをおすすめします。例えば、社員旅行の手配や福利厚生施設の利用など、様々な場面で役立ちます。

3. 旅行時の活用

三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドは、旅行傷害保険が付帯しているため、出張や旅行の際に安心して利用することができる点が非常におすすめポイントです。特におすすめなのは、空港ラウンジサービスや海外用携帯電話・Wi-Fiレンタルサービスを活用することです。このサービスの活用により快適な旅行を実現できます。

4. Vポイントの活用

三井住友カード ビジネスオーナーズで貯まったVポイントは、店頭やネットショッピングで電子マネーのように利用することができる点もおすすめポイントです。また、ポイントを他の特典に交換することも可能です。例えば、航空マイルやホテルの宿泊券、ギフトカードなど、多様な交換先が用意されていて非常におすすめです。

5. 会員保障制度の利用

ビジネスカードの不正利用が発生した場合、会員保障制度により、紛失・盗難の届け出日から60日前までの損害を補償してもらえます。これにより、安心してカードを利用することができる点もおすすめポイントです。

三井住友カード ビジネスオーナーズ選び方

三井住友カード ビジネスオーナーズの選び方について解説します。どのカードを選ぶかは、企業の規模や利用目的、必要とするサービスによって異なります。ここでは、具体的な三井住友カード ビジネスオーナーズの選び方のポイントを紹介します。

三井住友カード ビジネスオーナーズ選び方1.
事業規模に応じた選択

事業規模に応じて、三井住友カード ビジネスオーナーズ一般カードか三井住友カード ビジネスオーナーズゴールドカードを選ぶことが重要です。小規模な事業やスタートアップ企業には、年会費が永年無料の三井住友カード ビジネスオーナーズ一般カードをおすすめします。一方で、一定の規模を持つ企業や頻繁に出張を行うビジネスマンには、充実したサービスと保険が付帯する三井住友カード ビジネスオーナーズゴールドカードが適していますので三井住友カード ビジネスオーナーズゴールドカードをおすすめします。

スタートアップにおすすめの法人カード(ビジネスカード)については、以下の記事でもおすすめのものを比較しながらご紹介しています。スタートアップ企業を経営されている方は、あわせて参考にしてみてください。

三井住友カード ビジネスオーナーズ選び方2.
利用頻度と年会費のバランス

ビジネスカードの利用頻度に応じて、三井住友カード ビジネスオーナーズの年会費の無料条件をクリアできるかを考慮されることをおすすめします。例えば、年間100万円の利用が見込める場合は、三井住友カード ビジネスオーナーズゴールドカードの年会費が無料になるため、より充実したサービスを受けることができるためおすすめです。利用頻度が少ない場合は、無条件で年会費が無料の三井住友カード ビジネスオーナーズ一般カードを選ぶことをおすすめします。

三井住友カード ビジネスオーナーズ選び方3.
ポイント還元率の確認

ビジネスカードのポイント還元率も重要な要素です。高い還元率を誇る三井住友カード ビジネスオーナーズは、日常的な経費を効率よくポイントに変えることができる点が大きなおすすめポイントです。特に、対象の三井住友カードのクレジットカードと併せて所持することで、最大1.5%の還元率を実現できる点もおすすめです。

三井住友カード ビジネスオーナーズ選び方4.
付帯サービスと保険の確認

三井住友カード ビジネスオーナーズに付帯するサービスと保険の内容も重要な選択基準です。例えば、三井住友カード ビジネスオーナーズゴールドカードには空港ラウンジサービスやショッピング補償、国内外の旅行傷害保険が付帯しています。これら三井住友カード ビジネスオーナーズに付帯するサービスと保険の内容を確認し、付帯サービスがどこまで必要かどうかを考慮し、自分に合ったカードを選ぶことをおすすめします

三井住友カード ビジネスオーナーズ選び方5.
発行スピードの確認

急いでカードが必要な場合は、三井住友カード ビジネスオーナーズの発行スピードも重要なおすすめポイントです。三井住友カード ビジネスオーナーズは、最短3営業日で発行が可能であり、カード到着まで約1週間と迅速に対応してくれます。スピードが求められる場合には、この点を確認して選ぶこともおすすめのポイントです。

三井住友カード ビジネスオーナーズは、企業の規模やニーズに応じて多様な選択肢を提供しています。年会費が無料でポイント還元率も高く、フリーランスや副業の方も利用できるため、幅広いビジネスパーソンにとって魅力的なカードです。三井住友カード ビジネスオーナーズの各ラインナップの特徴やメリット、デメリットを把握し、自分のビジネススタイルに最適な三井住友カード ビジネスオーナーズを選ぶことをおすすめします。三井住友カード ビジネスオーナーズにより、経費管理がスムーズになり、ビジネスのさまざまな場面で大いに役立つため三井住友カード ビジネスオーナーズも非常におすすめです。

  • お役立ちコラム編集部

    次項では、三井住友ビジネスカード for Ownersの概要について詳細に解説してきます。

三井住友ビジネスカードおすすめ関連記事:
【専門家監修】三井住友カード ビジネスオーナーズのメリット・デメリット 利用者30名にアンケート

三井住友ビジネスカード-三井住友ビジネスカード for Ownersの概要-

三井住友ビジネスカード for Ownersの特徴

三井住友ビジネスカード for Ownersは、法人および個人事業主を問わず利用可能なおすすめの事業用クレジットカードです。この三井住友ビジネスカード for Ownersの魅力は、利用者のビジネスニーズに応じた柔軟なサービスと高い利便性が魅力であり、おすすめのポイントです。

  • お役立ちコラム編集部

    ここでは、三井住友ビジネスカード for Ownersのその特徴、ラインナップ、おすすめの利用方法、おすすめの選び方について詳しく見ていきましょう。

三井住友ビジネスカード for Ownersの特徴1.
多様な利用者に対応

三井住友ビジネスカード for Ownersは、法人経営者だけでなく個人事業主やフリーランスの方にも利用可能です。これにより、あらゆるビジネス形態の方々が利用できるため、三井住友ビジネスカード for Ownersは非常に汎用性が高いカードとしてとてもおすすめです。

三井住友ビジネスカード for Ownersの特徴2.
従業員カードの発行が可能

この三井住友ビジネスカード for Ownersは従業員カードを発行することができます。三井住友ビジネスカード for Ownersの従業員カードには年会費がかかりますが、経費管理が容易になり、業務効率が向上するためおすすめです。また、三井住友ビジネスカード for OwnersのETCカードの年会費は初年度無料で、翌年以降も年に一度でも利用があれば無料となるため、経費削減にも寄与する点はおすすめポイントです。

三井住友ビジネスカード for Ownersの特徴3.
還元率と特典

三井住友ビジネスカード for Ownersのポイント還元率は0.5%と標準的ですが、三井住友カードの「ポイントUPモール」を利用することで、楽天やAmazonなどのネットショッピングでの還元率が最大9.5%にアップします。三井住友ビジネスカード for Ownersで貯まったポイントは「Vポイント」として、店頭やネットショッピングで電子マネーのように利用できるため、非常に便利でおすすめです。

三井住友ビジネスカード for Ownersの特徴4.
充実した補償とサービス

三井住友ビジネスカード for Ownersは、旅行やショッピングの補償が充実しています。例えば、海外旅行傷害保険やショッピング補償など、ビジネス上のリスクを軽減するための保険が三井住友ビジネスカード for Ownersに付帯しています。また、三井住友ビジネスカード for Ownersはビジネスサポートサービスも充実しており、追加料金なしで利用できる点も大きなおすすめの魅力です。

三井住友ビジネスカード for Ownersの特徴5.
経費管理の利便性

三井住友ビジネスカード for Ownersにより、経費管理がしやすくなる点も大きなおすすめとなるメリットポイントです。法人名義や個人名義の口座から決済が可能であり、支払い方法も多様であるため、キャッシュフローの管理が容易になる点も非常におすすめです。三井住友ビジネスカード for Ownersにより、ビジネスの運営がスムーズになります。

三井住友ビジネスカード for Ownersのラインナップ

三井住友ビジネスカード for Ownersには、三井住友ビジネスカード for Ownersクラシック、三井住友ビジネスカード for Ownersゴールド、三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナの3つのグレードがあります。それぞれのカードには異なる特徴とおすすめとなるメリットポイントがあり、利用者のビジネススタイルやニーズに応じて選ぶことができるので非常におすすめです。

  • お役立ちコラム編集部

    ここでは、それぞれのカードの特徴について詳しく解説します。

三井住友ビジネスカード for Ownersのラインナップ1.
三井住友ビジネスカード for Owners クラシック

対象者:満20歳以上の会社経営者(中小企業代表者もしくは個人事業者)
年会費:1,375円(初年度無料、翌年度以降も条件達成で無料)
従業員カード:年会費440円(インターネット入会で初年度年会費無料)枚数の上限18枚
ETCカード発行:初年度無料(前年度に一度でもETC利用があれば翌年以降も無料)
利用限度額:~150万円
ポイント還元:通常0.5%
支払い方法:1回払い・リボ払い・分割払い・2回払い・ボーナス一括払い
付帯保険:最高2,000万円の海外旅行傷害保険、ショッピング補償(海外:年間100万円までの利用が対象)
会員保障制度:不正利用が発生した場合、紛失・盗難の届け出日から60日前までの損害を補償
発行スピード:最短3営業日(カード到着まで約1週間)

クラシックカードは、年会費が1,375円(税込)と比較的安価で、補償内容も充実しています。特に海外での利用に対する補償が手厚いため、海外出張が多い方にはおすすめです。

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックのおすすめポイント

・クラシックカードの中では補償額が大きい点がおすすめ。
・年会費無料キャンペーンが豊富な点もおすすめ。
・個人事業主も利用可能な点もおすすめ。

三井住友ビジネスカード for Owners クラシックの注意点

・各補償は海外利用のみ対象

三井住友ビジネスカード for Ownersのラインナップ2.
三井住友ビジネスカード for Owners ゴールド

対象者:満20歳以上の会社経営者(中小企業代表者もしくは個人事業者)
年会費:11,000円(初年度無料、翌年以降も条件達成で無料)
従業員カード:年会費2,200円(インターネット入会で初年度年会費無料)枚数の上限18枚
ETCカード発行:初年度無料(前年度に一度でもETC利用があれば翌年以降も無料)
利用限度額:~300万円
ポイント還元:通常0.5%
支払い方法:1回払い・リボ払い・分割払い・2回払い・ボーナス一括払い
付帯保険:旅行傷害保険(海外:最高5,000万円)ショッピング補償(国内・海外:年間300万円までの利用が対象)
会員保障制度:不正利用が発生した場合、紛失・盗難の届け出日から60日前までの損害を補償
発行スピード:最短3営業日(カード到着まで約1週間)
優待サービス:空港ラウンジサービス(国内)、海外用携帯電話・Wi-Fiレンタルサービス、宿泊・航空券予約サービス「Expedia」、空港クローク優待(Visa:国際線/Mastercard:海外)など

三井住友ビジネスカード for Owners ゴールドのおすすめポイント

税理士_依頼_おすすめのポイント

・海外旅行傷害保険が付帯されている点がおすすめ
・ショッピング補償が国内利用も対象かつ年間300万円までと手厚いのもおすすめ。

三井住友ビジネスカード for Owners ゴールドの注意点

税理士_依頼_おすすめの注意点

・ポイント還元率があまり高くない

三井住友ビジネスカード for Ownersゴールドカードは、海外旅行傷害保険補償が最高5,000万円と非常に手厚く、優待サービスも充実していておすすめです。例えば、おすすめの1つとして、海外用携帯電話・Wi-Fiレンタルサービスの割引やホテル代金の大幅な割引などがあります。出張や旅行が多いビジネスパーソンには特におすすめです。

三井住友ビジネスカード for Ownersのラインナップ3.
三井住友ビジネスカード for Owners プラチナ

対象者:満30歳以上の会社経営者(中小企業代表者もしくは個人事業者)
年会費:55,000円
従業員カード:年会費5,500円
ETCカード発行:無料
利用限度額:200万円~
ポイント還元:通常0.5%
支払い方法:1回払い・リボ払い・分割払い・2回払い・ボーナス一括払い
付帯保険:旅行傷害保険(国内・海外最高1億円)ショッピング補償(国内・海外:年間最高500万円までの利用が対象)
会員保障制度:不正利用が発生した場合、紛失・盗難の届け出日から60日前までの損害を補償
発行スピード:最短3営業日(カード到着まで約1週間)
優待サービス:空港ラウンジサービス(国内外)、VisaプラチナWi-Fiレンタル、宿泊予約サービス Relux(リラックス)、コンシェルジュデスク、プラチナホテルズ、国際線手荷物宅配優待サービス、プラチナオファー、プラチナグルメクーポンなど

三井住友ビジネスカード for Owners プラチナのおすすめポイント

・旅行傷害保険最高1億円、ショッピング補償年間500万円までと補償が手厚い点がおすすめ。
・旅行、グルメ、レジャーなどのさまざまなジャンルで優待が受けられる点もおすすめ。

三井住友ビジネスカード for Owners プラチナの注意点

・年会費無料などのキャンペーンの対象外であることが多い

三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナカードは、非常に手厚い補償内容と充実した優待サービスがおすすめの特徴です。三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナカードは、最高1億円の旅行傷害保険や年間500万円までのショッピング補償が付帯しており、ビジネスでの利用が多い方や高額な取引が多い方に特に三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナカードはおすすめです。また、コンシェルジュデスクや国内外の空港ラウンジサービスなど、三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナカードは、ステータス性も高いおすすめのカードです。

三井住友ビジネスカード for Ownersは、法人経営者や個人事業主にとって非常に便利でメリットの多いおすすめのクレジットカードです。三井住友ビジネスカード for Ownersクラシック、三井住友ビジネスカード for Ownersゴールド、三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナの3つのグレードがあり、それぞれの特徴や利便性を考慮しながら、ビジネススタイルやニーズに合わせて最適なカードを選ぶことができる点がおすすめです。特に、海外出張が多い方や多くの従業員を抱える企業には、三井住友ビジネスカード for Ownersゴールドや三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナカードの利用に価値があるため検討することをおすすめします。

三井住友ビジネスカード for Ownersのおすすめ利用方法

三井住友ビジネスカード for Ownersのおすすめ利用方法

三井住友ビジネスカード for Ownersを最大限に活用するためには、その機能や特典を効果的に利用することが重要です。以下に、ビジネスカードのおすすめの利用方法をいくつか紹介します。

1. 経費の一元管理

経費を一元管理するために、すべてのビジネス関連支出をビジネスカードで行うことをおすすめします。これにより、毎月の請求書で支出の詳細を確認でき、経費管理が効率化されます。また、従業員カードを発行することで、各従業員の支出を個別に管理しやすくなります。

2. ポイントの有効活用

三井住友ビジネスカード for Ownersの利用で貯まるVポイントを、ビジネスに関連する商品やサービスの購入に活用されることをおすすめします。ポイントUPモールを利用することで、楽天やAmazonなどのネットショッピングでの還元率が最大9.5%にアップします。三井住友ビジネスカード for Ownersで貯まったポイントはオフィス用品の購入や出張費用の支払いに充てると、実質的なコスト削減が可能となりおすすめです。

3. 旅行傷害保険の利用

海外出張が多い場合、カード付帯の旅行傷害保険を有効活用しましょう。三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックカードでも最大2,000万円、三井住友ビジネスカード for Ownersゴールドカードでは最大5,000万円、三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナカードでは最大1億円の補償が受けられます。これにより、出張中のトラブルに対する安心感が得られるのでおすすめです。

4. 空港ラウンジサービスの利用

三井住友ビジネスカード for Ownersゴールドカードおよび三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナカードの会員は、国内外の空港ラウンジを無料で利用できる点もおすすめです。出張時の待ち時間を快適に過ごすために、ぜひこの三井住友ビジネスカード for Ownersのサービスを利用しましょう。特に三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナカードでは、国際線手荷物宅配優待サービスも提供されているため、出張のストレスを軽減できる点がおすすめです。

5. ショッピング補償の活用

三井住友ビジネスカード for Ownersで、ビジネスに必要な高額な機器や商品を購入する際、三井住友ビジネスカード for Owners付帯のショッピング補償を利用すると安心でおすすめです。三井住友ビジネスカード for Ownersゴールドカードでは年間300万円、三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナカードでは年間500万円までの補償があり、ショッピングでの万が一のトラブル時にも安心です。

三井住友ビジネスカード for Ownersの選び方

三井住友ビジネスカード for Ownersは、三井住友ビジネスカード for Ownersクラシック、三井住友ビジネスカード for Ownersゴールド、三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナの3つのグレードがあり、それぞれの特徴やメリットが異なります。以下のポイントを考慮して、最適なカードを選びましょう。

三井住友ビジネスカード for Ownersの選び方1.
ビジネスの規模とニーズに合わせて選ぶ

小規模ビジネスや個人事業主には、三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックカードが最適です。年会費が低く、基本的な補償が充実しているため、初めてビジネスカードを利用する方におすすめです。また、中規模ビジネスで海外出張が多い場合は、三井住友ビジネスカード for Ownersゴールドカードをおすすめします。補償内容が充実しており、空港ラウンジサービスやショッピング補償も手厚いため、出張時の利便性が高まります。大規模ビジネスや高額取引が多い企業には、三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナカードが理想的でおすすめです。最高1億円の旅行傷害保険や年間500万円のショッピング補償が付帯し、ステータス性も高いため、ビジネスパートナーに対する信頼性も向上する点もおすすめのポイントです。

三井住友ビジネスカード for Ownersの選び方2.
年会費とコストパフォーマンスを比較する

三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックカードは、年会費が1,375円(条件達成で無料)と最も安価で、基本的な機能や補償が備わっているため、コストパフォーマンスが高いため非常におすすめの選択肢です。つづいて、三井住友ビジネスカード for Ownersゴールドカードは、年会費11,000円(条件達成で無料)ですが、充実した補償とサービスを考えると、出張が多い方にとってはコストに見合う価値があります。三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナカードについては、年会費55,000円と高額ですが、豊富な特典と補償内容を考慮すると、大規模ビジネスにはおすすめの適した選択です。三井住友ビジネスカード for Ownersそれぞれ、自身の利用目的に沿った費用対効果を検証して慎重に選択されることをおすすめします。

三井住友ビジネスカード for Ownersの選び方3.
利用限度額を確認する

三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックカードの利用限度額は最大150万円です。小規模ビジネスや個人事業主には十分な限度額ですが、高額な取引が多い場合は物足りないかもしれません。つづいて、三井住友ビジネスカード for Ownersゴールドカードの利用限度額は最大300万円です。中規模ビジネスには十分な限度額で、出張や大口取引にも対応できるのでおすすめします。三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナカードの利用限度額は200万円以上と大きな枠がありおすすめです。高額な取引が頻繁に発生する大規模ビジネスには非常におすすめの最適な選択肢です。こちらも、自身の毎月の利用額を検証して、最適なカードを選択されることをおすすめします。

三井住友ビジネスカード for Ownersの選び方4.
優待サービスの活用を考える

三井住友ビジネスカード for Ownersゴールドカードおよび三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナカードの会員には、空港ラウンジサービスやコンシェルジュサービスなど、ビジネスに役立つ優待が多数提供されます。これらのサービスを頻繁に利用する予定がある場合は、三井住友ビジネスカード for Ownersゴールドカード以上の選択が賢明であり、おすすめです。

三井住友ビジネスカード for Ownersを選ぶ際は、ビジネスの規模やニーズ、年会費とコストパフォーマンス、利用限度額、優待サービスなどを総合的に考慮することが重要です。それぞれのカードの特徴を理解し、自社のビジネススタイルに最も適したカードを選ぶことで、経費管理の効率化やビジネスの円滑な運営を実現することができます。次項では、三井住友ビジネスカードを選ぶ際、自社にとって最適なカードを選ぶポイントについて詳しく解説していきます。

三井住友ビジネスカード-自社に最適なカードを選ぶポイント-

三井住友ビジネスカードの数ある種類の中から、自社にとって最適なカードを選ぶ際、重視するポイントは、事業規模や、事業内容によってそれぞれ異なります。例えば、「出張が多いので旅行保険が充実しているものが良い」「個人事業主でも利用できるか」「お得に利用したいからポイントの還元率も見逃せない」など、さまざまな観点があります。三井住友ビジネスカードで事業用クレジットカードを作る際に重視したいポイントを比較してみると、自分や会社に合うカードを見つけやすくなります。

そこでここでは、以下の9つのおすすめ比較ポイントから「三井住友ビジネスカード」「三井住友カード ビジネスオーナーズ」「三井住友ビジネスカード for Owners」を徹底比較します。

三井住友ビジネスカード3種類のおすすめ比較ポイント

三井住友ビジネスカードおすすめ比較①
対象者

三井住友ビジネスカードおすすめ比較1つ目は、対象者の比較です。クレジットカードはおおむね、申込対象者や対象企業に制限を設けています。いくら良いと思ったカードがあっても、そのカードの対象者でなければ申し込めません。「法人のみ」「◯歳以上である」「従業員数が◯名以下である」など、カードにより設けられている制限はさまざまです。三井住友カードの事業用カードも、それぞれ対象者が異なります。

三井住友カードの各事業用カードの対象者

種類ランク対象者
三井住友ビジネスカードクラシック・法人のみ
・従業員(カード使用者)20名以下が目安
三井住友ビジネスカードゴールド・法人のみ
・従業員(カード使用者)20名以下が目安
・会社設立後3年以上経過
三井住友ビジネスカードプラチナ・法人のみ
・従業員(カード使用者)20名以下が目安
・会社設立後3年以上経過
三井住友カード ビジネスオーナーズ一般・満20歳以上の法人代表者・個人事業主
三井住友カード ビジネスオーナーズゴールド・満20歳以上の法人代表者・個人事業主
三井住友ビジネスカード for Ownersクラシック・満20歳以上の会社経営者(中小企業代表者もしくは個人事業者)
三井住友ビジネスカード for Ownersゴールド・満20歳以上の会社経営者(中小企業代表者もしくは個人事業者)
三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナ・満30歳以上の会社経営者(中小企業代表者もしくは個人事業者)

三井住友ビジネスカードは法人のみを対象としていますが、三井住友カード ビジネスオーナーズと三井住友ビジネスカード for Ownersの2種は法人・個人事業主を問わず利用できる点がおすすめポイントです。

個人事業主なら三井住友カード ビジネスオーナーズもしくはビジネスカード for Ownersのどちらかを選ぶことをおすすめします。注意点として、三井住友ビジネスカードは個人事業主では利用できません。また、三井住友ビジネスカードは従業員20名以下を目安としているので、三井住友ビジネスカードは中小規模法人向けとしておすすめです。三井住友ビジネスカード プラチナはさらに「会社設立後3年以上経過」という制限がありますので、起業して間もない企業は申し込めないためおすすめできません。

三井住友ビジネスカード for Ownersの場合、プラチナカードは年齢条件が異なり、満30歳以上が対象となります。ただし、従業員カードは満20歳以上で役職員の方も申し込めます。

三井住友ビジネスカードおすすめ比較②
年会費

三井住友ビジネスカードおすすめ比較2つ目は、年会費です。年会費にあまり経費をかけられない場合、年会費が安いカードや無料のものをおすすめします。起業したてで資金に余裕がない方や、出費を最低限に抑えたい方などは、特にカードの年会費が気になるところなため、比較のおすすめポイントとして紹介します。

三井住友カードの各事業用カードの年会費

種類ランク年会費(税込)従業員カード年会費ETCカード年会費
三井住友ビジネスカードクラシック1,375円440円・初年度無料
・翌年以降は年会費550円(税込)
(※前年度に一度でもETC利用があれば無料)
三井住友ビジネスカードゴールド11,000円2,200円同上
三井住友ビジネスカードプラチナ55,000円5,500円無料
三井住友カード ビジネスオーナーズ一般永年無料永年無料・初年度無料
・翌年以降は年会費550円(税込)
(※前年度に一度でもETC利用があれば翌年以降も無料)
三井住友カード ビジネスオーナーズゴールド5,500円
(※年間100万円の利用で翌年以降の年会費永年無料)
同上同上
三井住友ビジネスカード for Ownersクラシック初年度無料
(インターネット入会のみ)
通常:1,375円
初年度無料
(インターネット入会のみ)
通常:440円
同上
三井住友ビジネスカード for Ownersゴールド初年度無料
(インターネット入会のみ)
通常:11,000円
初年度無料
(インターネット入会のみ)
通常:2,200円
同上
三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナ55,000円5,500円無料

この表から、基本的な年会費は三井住友カード ビジネスオーナーズが一番安価でおすすめです。年会費が無条件で無料であり、従業員カード・ETCカードも無料で利用できる点がおすすめの魅力です。

三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドは、入会後の年会費が「年間100万円の利用」で永年無料になるためおすすめです。三井住友ビジネスカード for Ownersも、クラシック・ゴールドはインターネットから入会すると初年度年会費が無料になるのでその点は同じおすすめポイントですが、入会後翌年からは年会費が発生するため、しっかり管理しておくことをおすすめします。どのカードを選んでもETCカードは基本的に永年無料で利用できるのでおすすめですが、前年度にETCカードの利用があれば翌年のETCカード年会費が無料、利用がなかった場合のみ年会費550円(税込)がかかります。三井住友ビジネスカード プラチナと三井住友ビジネスカード for Owners プラチナは、利用実績にかかわらずETCカードの年会費が無料なためおすすめです。

三井住友ビジネスカードおすすめ比較③
利用限度額

三井住友ビジネスカードおすすめ比較3つ目は、利用限度額のポイントです。事業用のクレジットカードでは、個人カードよりも大きな金額を利用することも多いでしょう。そこでおすすめの比較として気になるのが利用限度額です。以下の表に記載された上限金額は必ず利用できるわけではなく、審査によって利用限度額が決まる点を念頭に置いてください。

三井住友カードの各事業用カードの利用限度額

種類ランク利用限度額
三井住友ビジネスカードクラシック20万~150万円
三井住友ビジネスカードゴールド20万~300万円
三井住友ビジネスカードプラチナ20万~500万円
三井住友カード ビジネスオーナーズ一般10万~100万円
三井住友カード ビジネスオーナーズゴールド50万~300万円
三井住友ビジネスカード for Ownersクラシック10万~150万円
三井住友ビジネスカード for Ownersゴールド50万~300万円
三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナ100万~500万円

特に限度額が高いのは、プラチナカードの三井住友ビジネスカード プラチナと三井住友ビジネスカード for Owners プラチナです。利用限度額が500万円までと、他のランクのカードよりも利用限度額が高く設定されてておすすめです。大きな出費が予想される方は、プラチナカードの方が安心でおすすめです。

逆に利用限度額が低いのは、三井住友カード ビジネスオーナーズの一般カードです。利用限度額は最大100万円までなので、利用限度額が100万円以下で十分である場合に選択することをおすすめします。

三井住友ビジネスカードおすすめ比較④
ポイント還元率

三井住友ビジネスカードおすすめ比較4つ目としては、ポイント還元率に着目した比較です。利用金額に応じてポイントが貯まり、さまざまな商品やサービスに交換できるのがクレジットカードのおすすめの魅力の一つです。事業用クレジットカードも、利用額が大きくなりやすいため、ポイント還元率が高いほどお得でおすすめです。以下に三井住友カードの事業用カードのポイント還元率を示します。

三井住友カードの各事業用カードのポイント還元率

種類ランクポイント還元率ポイントプログラム名
三井住友ビジネスカードクラシック0.5%Vポイント
三井住友ビジネスカードゴールド0.5%Vポイント
三井住友ビジネスカードプラチナ0.5%Vポイント
三井住友カード ビジネスオーナーズ一般0.5%Vポイント
三井住友カード ビジネスオーナーズゴールド0.5%Vポイント
三井住友ビジネスカード for Ownersクラシック0.5%Vポイント
三井住友ビジネスカード for Ownersゴールド0.5%Vポイント
三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナ0.5%Vポイント

すべての三井住友ビジネスカードのポイント還元率は0.5%で、三井住友ビジネスカードの利用金額の0.5%分のポイントが貯まります。この三井住友ビジネスカードの還元率は標準的なものであり、特に優れた還元率ではないものの、三井住友ビジネスカードを事業用カードとして利用する上では十分と言えるおすすめのカードです。

三井住友ビジネスカード比較⑤
海外旅行保険

三井住友ビジネスカードおすすめ比較5つ目は、海外旅行保険についての比較です。ビジネスカードを持つことで、旅行先での万が一の事故や病気に備えることができる点はおすすめの要素です。特に、出張が多い方にとって、海外旅行保険が充実しているカードは非常におすすめで魅力的です。以下に、三井住友ビジネスカードの海外旅行保険の内容を比較します。

三井住友カードの各事業用カードの海外旅行保険

種類ランク傷害死亡・後遺障害保険金傷害・疾病治療費用保険金賠償責任保険金携行品損害保険金救援者費用保険金
三井住友ビジネスカードクラシック最高2,000万円最高200万円最高3,000万円最高100万円最高200万円
三井住友ビジネスカードゴールド最高5,000万円最高300万円最高5,000万円最高200万円最高300万円
三井住友ビジネスカードプラチナ最高1億円最高500万円最高1億円最高500万円最高500万円
三井住友カード ビジネスオーナーズ一般最高2,000万円最高200万円最高3,000万円最高100万円最高200万円
三井住友カード ビジネスオーナーズゴールド最高5,000万円最高300万円最高5,000万円最高200万円最高300万円
三井住友ビジネスカード for Ownersクラシック最高2,000万円最高200万円最高3,000万円最高100万円最高200万円
三井住友ビジネスカード for Ownersゴールド最高5,000万円最高300万円最高5,000万円最高200万円最高300万円
三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナ最高1億円最高500万円最高1億円最高500万円最高500万円

三井住友ビジネスカードのプラチナカードは、最も充実した海外旅行保険が付帯しており、傷害死亡・後遺障害保険金が最高1億円、傷害・疾病治療費用保険金が最高500万円など、三井住友ビジネスカードのプラチナカードは、他のランクよりも高額な補償が受けられるのでおすすめです。海外出張が頻繁にある方は、プラチナカードを選ぶことをおすすめします。

一方で、三井住友カード ビジネスオーナーズや三井住友ビジネスカード for Ownersの一般・クラシックカードでも、基本的な補償内容は整っており、利用頻度が少ない場合でも安心して利用できるのでおすすめです。

三井住友ビジネスカード比較⑥
国内旅行保険

三井住友ビジネスカードおすすめ比較6つ目は、国内旅行保険に着目した比較です。国内旅行保険も、事業用クレジットカードの重要なおすすめ要素です。出張や国内旅行の際に、万が一の事故や病気に備えることができるため重要なポイントです。以下に、おすすめする三井住友ビジネスカードの国内旅行保険の内容を比較します。

三井住友カードの各事業用カードの国内旅行保険

種類ランク傷害死亡・後遺障害保険金入院保険金通院保険金手術保険金
三井住友ビジネスカードクラシック最高1,000万円なしなしなし
三井住友ビジネスカードゴールド最高5,000万円5,000円3,000円なし
三井住友ビジネスカードプラチナ最高1億円10,000円6,000円なし
三井住友カード ビジネスオーナーズ一般最高1,000万円なしなしなし
三井住友カード ビジネスオーナーズゴールド最高5,000万円5,000円3,000円なし
三井住友ビジネスカード for Ownersクラシック最高1,000万円なしなしなし
三井住友ビジネスカード for Ownersゴールド最高5,000万円5,000円3,000円なし
三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナ最高1億円10,000円 6,000円 なし

国内旅行保険についても、三井住友ビジネスカードのプラチナカードが最も充実しており、傷害死亡・後遺障害保険金が最高1億円、入院保険金が1日あたり10,000円、通院保険金が1日あたり6,000円と、他のランクよりも高額な補償が受けられおすすめです。

三井住友ビジネスカードのゴールドカードも、傷害死亡・後遺障害保険金が最高5,000万円、入院保険金が1日あたり5,000円、通院保険金が1日あたり3,000円と、三井住友ビジネスカードのゴールドカードも十分な補償内容がありおすすめです。

一般・クラシックカードには入院・通院保険金の補償がないため、国内旅行保険が充実しているカードを希望する場合は、ゴールドカード以上を選ぶことをおすすめします。

三井住友ビジネスカードは、各種ランクに応じて年会費、利用限度額、ポイント還元率、海外旅行保険、国内旅行保険の内容が異なります。自身の事業規模や利用目的に応じて、おすすめの三井住友ビジネスカードの中から適切なカードを選ぶことをおすすめします。

もし、出張や大きな出費が多い場合は、プラチナカードを選ぶことをおすすめします。プラチナカードは充実した保険や高い利用限度額が利用できます。一方で、利用頻度が少ない場合や小規模な事業の場合は、一般カードでも十分に対応可能できるので一般カードをおすすめします。

  • お役立ちコラム編集部

    自分の事業に最もフィットしたカードを選び、効率的かつ安全に事業を運営することを強くおすすめします。

三井住友ビジネスカード比較⑦
支払方法

三井住友ビジネスカード比較7つ目として重要な比較ポイントは、支払い方法です。クレジットカードには、一括払い、2回払い、分割払いなどさまざまな支払方法がありますが、カードごとに対応する支払方法が異なります。事前に確認しておきましょう。

三井住友カードの各事業用カードの支払方法

種類支払方法
三井住友ビジネスカード1回払いのみ
三井住友カード ビジネスオーナーズ1回払い、リボ払い、分割払い、2回払い、ボーナス一括払い
三井住友ビジネスカード for Owners1回払い、リボ払い、分割払い、2回払い、ボーナス一括払い

三井住友カード ビジネスオーナーズと三井住友ビジネスカード for Ownersは、2回払い、分割払い、ボーナス一括払いなど多くの支払方法に対応している点がおすすめです。一方、三井住友ビジネスカードは一括払いのみとなっています。

大きな買い物や先行投資が必要な場合、支払いを分割したい場合には、三井住友カード ビジネスオーナーズまたは三井住友ビジネスカード for Ownersを選ぶことをおすすめします。

三井住友ビジネスカード比較⑧
ビジネスサポート

三井住友ビジネスカード比較8つ目として重要な比較ポイントは、ビジネスサポートの点での比較です。三井住友ビジネスカードは「ビジネスサポート」と呼ばれる、ビジネスにおいて便利・有利になるサービスが付帯しています。そもそもビジネスカードを持つ大きな意味でもあるため、比較ポイントとしておすすめです。三井住友ビジネスカードのおすすめの中から選ぶ際には、必ず確認しておきたいポイントです。

三井住友ビジネスカード、三井住友カード ビジネスオーナーズ、三井住友ビジネスカード for Ownersの3種類のカードで提供されるビジネスサポートは同じ内容で、ランクに関係なく利用できおすすめです。

三井住友カードの事業用クレジットカードのビジネスサポート詳細

サービス概要
アスクルサービス事業者向け通販サイト「アスクル」が利用できる。
日産レンタカー/タイムズカーレンタルお得な価格で営業車をレンタルできる。
アート引越センター/サカイ引越センター/ラク越・引越革命国内での転勤時、該当の引っ越しサービスの利用価格が割り引かれる(25~30%引き)。
GVA 法人登記サービスオンラインで法人登記ができるサービス。全ての変更登記が2,000円割引き。
SMBCクラウドサイン 電子契約サービス電子契約サービスが利用できる。
Custella Trend 無料レポートサービス最新消費トレンドの情報が毎月届く無料レポートサービス。

三井住友ビジネスカード比較⑨
発行の手間

三井住友ビジネスカード比較9つ目として重要な比較ポイントは、発行の手間についてです。通常、クレジットカードの発行には日数がかかり、おすすめする事業用のクレジットカードの場合、個人カードよりも多くの書類が必要となることが多い点がデメリットです。そのため、発行にはある程度の手間と時間がかかります。しかし、なるべく早くカードを手元に届かせたい場合や手続きが簡単であることを重視する方も多いでしょう。

三井住友ビジネスカードには、最短約1週間で手元に届くものや、提出書類が少なくて済むもの、発行手続きがWeb上で完結するおすすめのカードもあります。発行までの日数や手間も考慮して、自分の条件に合うカードを選ぶことをおすすめします。

三井住友カードの各事業用カードの発行に要する日数など

カードランク申し込み~到着の日数必要書類手続き方法
三井住友ビジネスカードクラシック最短10営業日・登記簿謄本または抄本
・法人代表者の本人確認資料(審査により決算書類が必要な場合有り)
・Web上で全ての手続きが完了。カードのみ郵送(条件有り)
・(上記が不可の場合)Web上で申込手続き後、必要書類の提出など郵送での手続きを行う。
三井住友ビジネスカードゴールド最短10営業日・登記簿謄本または抄本
・法人代表者の本人確認資料
・決算書類
・Web上で全ての手続きが完了。カードのみ郵送(条件有り)
・(上記が不可の場合)Web上で申込手続き後、必要書類の提出など郵送での手続きを行う。
三井住友ビジネスカードプラチナ最短10営業日・登記簿謄本または抄本
・法人代表者の本人確認資料
・決算書類
・Web上で全ての手続きが完了。カードのみ郵送(条件有り)
・(上記が不可の場合)Web上で申込手続き後、必要書類の提出など郵送での手続きを行う。
三井住友カード ビジネスオーナーズ一般約1週間・法人代表者の本人確認資料Web上で全ての手続きが完了。カードのみ郵送。
三井住友カード ビジネスオーナーズゴールド約1週間・法人代表者の本人確認資料Web上で全ての手続きが完了。カードのみ郵送。
三井住友ビジネスカード for Ownersクラシック約1週間・法人代表者の本人確認資料Web上で全ての手続きが完了。カードのみ郵送。
三井住友ビジネスカード for Ownersゴールド約1週間・法人代表者の本人確認資料Web上で全ての手続きが完了。カードのみ郵送。
三井住友ビジネスカード for Ownersプラチナ約1週間・法人代表者の本人確認資料Web上で全ての手続きが完了。カードのみ郵送。

発行にかかる日数や必要書類の数、またWeb上で手続きが完結するという面から、比較的発行に手間がかからないおすすめの三井住友ビジネスカードは三井住友カード ビジネスオーナーズおよび三井住友ビジネスカード for Ownersがおすすめです。

以上、おすすめの比較ポイントから自分の事業に合った三井住友ビジネスカードを選ぶことをおすすめします。この比較ポイントを事業と照らし合わせて検討すれば、あなたのビジネスに最適な三井住友ビジネスカードがきっと見つかります。三井住友ビジネスカードでビジネスを加速させましょう。次項では、三井住友ビジネスカードについてよくある質問に対する回答を紹介していきます。

三井住友ビジネスカードおすすめ関連記事:
三井住友ビジネスカード for Ownersは追加カードがとにかく豊富!経費の一元化に強い法人クレジットカード

三井住友ビジネスカード-Q&A-

三井住友ビジネスカードは、中小法人や個人事業主にとって非常に便利で信頼性の高いおすすめのクレジットカードです。ここでは、三井住友ビジネスカードに関するよくある質問をQ&A形式で、そのメリットや三井住友ビジネスカードの利用方法を詳しく解説します。

Q: 三井住友ビジネスカードとは何ですか?

A: 三井住友ビジネスカードは、株式会社や合同会社、有限会社などの中小法人企業、さらにフリーランスや個人事業主向けに設計されたおすすめの法人向けクレジットカードです。大企業におすすめとしては「三井住友コーポレートカード」が提供されており、異なるニーズに応じたカードがラインナップされています。また、中小企業におすすめの三井住友ビジネスカードには以下の3種類が存在します。

三井住友ビジネスカード
三井住友カード ビジネスオーナーズ
三井住友ビジネスカード for Owners

Q: 「三井住友カード ビジネスオーナーズ」と「三井住友ビジネスカード for Owners」の違いは何ですか?

A: 「三井住友カード ビジネスオーナーズ」と「三井住友ビジネスカード for Owners」の主な違いは以下の3点です。

①カードデザイン:外観が異なります。
②プラチナカードの有無:「三井住友カード ビジネスオーナーズ」にはプラチナカードがありません。
③ナンバーレスカード:「三井住友ビジネスカード for Owners」はナンバーレスカードではありません。

Q: 「三井住友ビジネスカード」と「三井住友ビジネスカード for Owners」の違いは何ですか?

A: 「三井住友ビジネスカード for Owners」と「三井住友ビジネスカード」は非常に似たおすすめの特徴を持っていますが、デザインや保険の内容、申し込み条件、ポイントサービスにいくつかの違いがあります。例えば、保険の種類や内容、ポイントの貯まり方、そして利用可能なおすすめ特典に若干の差異がありますので、それぞれこの記事で紹介したカードの概要を参考にされることをおすすめします。

Q: 三井住友ビジネスカードを利用するメリットは?

A: 三井住友ビジネスカードを利用することで得られる主なメリットは以下の通りです。

法人名義の口座から引き落とし可能

法人名義の銀行口座や個人事業主名義の屋号口座からの引き落としが可能な点がおすすめです。これにより、経費精算の手間を大幅に削減できます。

高い利用限度額

法人カードは個人カードよりも利用限度額が高く設定されていておすすめです。これにより、ビジネスのスムーズな運営を支援します。

経費管理の効率化

経費の一元管理が可能となり、経理処理や税務申告が楽になるのでおすすめです。

業務に役立つ特典やサービス

ビジネスに役立つ各種おすすめ特典やサービスが提供されています。おすすめとしては、ビジネス関連の保険や優待サービスなどがあります。

経費計上が可能

カードの年会費や利用料を経費として計上できるため、節税効果も期待できる点もおすすめです。

おすすめ記事:三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドの特徴・メリット|お得なゴールド法人カード

Q: 三井住友ビジネスカードの審査に必要な書類は?

A: 三井住友ビジネスカードの審査には、以下の書類が必要ですので事前に確認されることをおすすめします。

三井住友ビジネスカード:会社の登記簿謄本と代表者個人の本人確認書。
三井住友ビジネスカード for Owners:代表者個人の本人確認書のみ。
三井住友カード ビジネスオーナーズ:特に必要な書類はありません。
また、すべてのカードの申し込みには決算書の提出が不要な点もおすすめです。

Q: 会社を設立したばかりですが、三井住友ビジネスカードに申し込めますか?

A: はい、「三井住友ビジネスカード」「三井住友ビジネスカード for Owners」「三井住友カード ビジネスオーナーズ」は、会社の設立期間に関する条件がありません。決算書も不要であるため、設立直後でも申し込むことができ、おすすめです。

Q: 会社(個人事業)を立ち上げましたがまだ売上が少ないです、三井住友ビジネスカードに申し込めますか?

A: はい、売上が少なくても「三井住友ビジネスカード」「三井住友ビジネスカード for Owners」「三井住友カード ビジネスオーナーズ」に申し込むことができるのでおすすめです。会社の売上に関する条件はなく、決算書や口座の明細など、業績に関わる書類の提出も不要です。

Q: 会社(個人事業)を立ち上げてまだ赤字の状態です、ビジネスカードに申し込めますか?

A: はい、赤字でも「三井住友ビジネスカード」「三井住友ビジネスカード for Owners」「三井住友カード ビジネスオーナーズ」に申し込むことができます。こちらも売上に関する条件はなく、業績に関わる書類の提出は不要なため、赤字の状態でお悩みであればぜひお申込みをおすすめします。

Q: 三井住友ビジネスカードでキャッシングはできますか?

A: 三井住友ビジネスカードを利用してキャッシングを行う場合、カードの種類によって対応が異なります。

・三井住友ビジネスカード国内でキャッシングが可能(国内利用が多い方におすすめ)
三井住友ビジネスカード for Owners国内および海外でキャッシングが可能(国内外利用が多い方におすすめ)
三井住友カード ビジネスオーナーズ国内および海外でキャッシングが可能(国内外利用が多い方におすすめ)

Q: 三井住友ビジネスカードでリボ払いはできますか?

A: リボ払いの利用についてもカードの種類によって対応が異なります。

三井住友ビジネスカードリボ払いは利用できません。
三井住友ビジネスカード for Owners:リボ払いが可能です。
三井住友カード ビジネスオーナーズ:リボ払いが可能です。

三井住友ビジネスカードは、中小企業や個人事業主にとって非常に便利で信頼性の高いおすすめの法人クレジットカードです。法人名義の口座からの引き落とし、高い利用限度額、経費管理の効率化、業務に役立つ特典やサービスなど、多くのおすすめとなるメリットがあります。三井住友ビジネスカードの審査に必要な書類も簡素化されており、設立直後や売上が少ない、赤字の状態でも申し込み可能な点もおすすめポイントです。さらに、三井住友ビジネスカードは、キャッシングやリボ払いの利用についても、三井住友ビジネスカードの種類によって対応が異なるため、自社のニーズに合わせて最適な三井住友ビジネスカードを選ぶことを強くおすすめします。

三井住友ビジネスカードは、企業の成長を支えるおすすめの強力ツールとなるでしょう。ビジネスの効率化や経費管理の最適化を目指す企業にとって、おすすめの選択肢と言えます。

三井住友ビジネスカードおすすめ関連記事:
法人カード(ビジネスカード・コーポレートカード)とは?種類や選び方を解説

まとめ

今回は、「三井住友ビジネスカード」について種類や、それぞれのおすすめポイント、選ぶ際のおすすめ比較ポイントなど徹底解説しましたが、いかがでしたでしょうか。

三井住友ビジネスカードは、多彩な種類から自社に最適なカードを選ぶことをおすすめします。各カードは事業規模や用途に応じた特徴があり、おすすめポイントも異なります。まず、法人専用の「三井住友ビジネスカード」は、中小規模法人に向いており、「三井住友カード ビジネスオーナーズ」と「三井住友ビジネスカード for Owners」は個人事業主も利用可能でおすすめです。

次に、年会費や利用限度額を考慮すると、「三井住友カード ビジネスオーナーズ」がコスト面で優れているため非常におすすめです。特に、年間100万円の利用でゴールドカードの年会費が永年無料になる点が魅力的でおすすめです。利用限度額を重視するなら、「三井住友ビジネスカード プラチナ」と「三井住友ビジネスカード for Owners プラチナ」が最大500万円まで対応しており、大きな出費にも対応できるのでおすすめです。

ポイント還元率は全カード共通で0.5%ですが、利用額が多いほどお得になります。また、海外旅行保険や国内旅行保険も充実しており、特にプラチナカードは高額な補償が受けられるため、出張の多い方におすすめです。

さらに、支払い方法の柔軟さも重要です。「三井住友カード ビジネスオーナーズ」と「三井住友ビジネスカード for Owners」は多様な支払方法に対応しており、支払いを分割したい場合におすすめです。

発行の手間やビジネスサポートも重要な要素であり、これらのポイントを総合的に考慮して、自分の事業に最適な「三井住友ビジネスカード」を選ぶことをおすすめします。三井住友ビジネスカードの豊富な選択肢と充実したサービスは、ビジネスの成長を強力にサポートします。これからビジネスカードを選ぶ際には、ぜひ三井住友ビジネスカードを検討してみてください。

三井住友ビジネスカードおすすめ関連記事:
三井住友ビジネスカード for Ownersの違いやメリットを比較しておすすめをご紹介

今すぐコスト削減
資料請求はこちら
right
株式会社SoVa
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町3-9-7 ARC CUBE日本橋本町3階
TEL:03-6821-1935