アメックスビジネスプラチナの特典を徹底解説!最強法人カードの理由

更新日:2024年6月19日
お役立ちコラム編集部
監修:お役立ちコラム編集部

おすすめ法人カード4選

カード名 UPSIDER
UPSIDER
freeeカード Unlimited
freeeカード Unlimited
アメックスビジネスプラチナ
アメックスビジネスプラチナ
セゾンプラチナビジネスアメックス
セゾンプラチナビジネスアメックス
年会費 無料 永年無料 165,000円 初年度無料(2年目以降は22,000円)
ポイント還元率 1.0~1.5% 0.3~0.5% 1.00% 基本0.5%(最大1.0%)
国際ブランド Visa Visa アメリカン・エキスプレス アメリカン・エキスプレス
発行スピード 最短即日 約1週間 約5週間 最短3営業日
公式サイト 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

アメックスビジネスプラチナとは

アメックスビジネスプラチナとは、American Expressが発行する法人カードの中でも、最高級のステータスを誇るカードです。このアメックスビジネスプラチナの年会費は165,000円ですが、それを上回る特典が豊富に用意されています。特にすばらしい特典は、アメックスビジネスプラチナ入会特典として最大13万ポイントを獲得でき、これだけで年会費をカバーすることが可能です。

また、現在のアメックスビジネスプラチナ入会キャンペーン特典では、初年度に最大195,000ポイントを獲得でき、年会費以上のリターンが確約されています。195,000ポイントをマイルに交換すると、東京〜ハワイを5往復、日本〜ハワイをビジネスクラスで3往復することができます。

アメックスビジネスプラチナは、特典が豊富なだけでなく、金属製のカードを持つことによる優越感も魅力の一つです。

  • お役立ちコラム編集部

    このカードの主な特典としては、以下の6つの特典が挙げられます。

特典①入会特典で最大195,000ポイント付与(ハワイ2往復半分に相当)
特典②24時間365日対応のプラチナコンシェルジュサービス
特典③プライオリティ・パスが無料で付帯(年間約46,000円相当)
特典④高級ホテルに泊まれる無料宿泊券が毎年付与(1泊6万円を超える場合も)
特典⑤高級ホテルグループ4社の上級会員資格が自動付帯
特典⑥金属製のカードでステータス性が抜群

アメックスビジネスプラチナは、特典が豊富で最強の法人カードといわれておりますが、誰にとっても最強というわけではありません。アメックスビジネスプラチナの特典を最大限に活用できないと、年会費の元を取れないこともあります。

この記事では、アメックスビジネスプラチナのスペックや特典を詳しく解説し、どのような人にこのカードが向いているか、そしてどのような人には向いていないかを整理して紹介します。特典を最大限に享受できるかどうかを見極め、自分にとって最適なカードを選びましょう。

アメックスビジネスプラチナの基本スペック

アメックスビジネスプラチナは特典が豊富で、法人向けクレジットカードの中でも特に人気の高いカードです。その理由は数多くの特典にあります。以下では、アメックスビジネスプラチナの基本スペックを詳しく見ていきましょう。

アメックスビジネスプラチナの特徴①
年会費は165,000円

まず、アメックスビジネスプラチナの年会費についてです。このカードの年会費は165,000円と高額ですが、その分、多彩な特典が用意されています。また、法人カードであるため、年会費は経費として計上可能です。法人税率が23%の場合、実質的には約13万円で保有できる計算になります。勘定科目としては、支払い手数料、諸経費、雑費などに分類されます。

アメックスビジネスプラチナの特徴②
追加カードは4枚まで無料

アメックスビジネスプラチナでは、従業員用の追加カードが4枚まで無料(限度額を設定可能)で発行可能です。多くの法人カードでは追加カードに料金がかかることが一般的ですが、このカードでは無料で発行できる点が魅力です。また、各追加カードには個別に利用限度額を設定できるため、不正使用のリスクを軽減できます。

アメックスビジネスプラチナの特徴③
ETCカード年会費は有料

ETCカードについては、年会費が550円かかりますが、発行手数料は無料です。最大で20枚まで発行できるため、従業員用としても利用可能です。ビジネスの移動が多い法人にとっては便利な特典です。

アメックスビジネスプラチナの特徴④
ポイント還元率は1.0%

アメックスビジネスプラチナのポイント還元率は1.0%と高還元率です。100円の利用ごとに1メンバーシップ・リワード・ポイントが貯まります。一般的に1.0%以上の還元率は高いとされていますが、このカードの年会費を考慮すると同等の還元率に不満を感じる方もいるかもしれません。しかし、特定の店舗や海外での利用では還元率が3.0%になる点は大きな魅力です。

例えば、以下の店舗での利用ではポイント還元率が3.0%になります:

●Amazon
●Yahoo! JAPAN
●iTunes Store/App Store
●Uber Eats
●ヨドバシカメラ
●JAL公式ウェブサイト
●一休.com
●HISの公式ウェブサイト
●アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン

これにより、例えばAmazonで20,000円分の買い物をすれば、600ポイントが貯まります。

アメックスビジネスプラチナの特徴⑤
電子マネーチャージはポイント付与対象外

アメックスビジネスプラチナでは、多くの支払いでポイントを貯められますが、一部の電子マネーへのチャージはポイント加算の対象外です。対象外の支払いには以下が含まれます。

●楽天Edy
●モバイルSuica
●SMART ICOCA
●モバイルICOCA
●nanaco
●Apple Pay
●モバイルPASMO
●WAONチャージ

アメックスビジネスプラチナの特徴⑥
貯めたポイントの豊富な使い道

アメックスビジネスプラチナで貯めたポイントは、多彩な交換先があります。利用代金への充当、カード年会費への充当、航空会社のマイル、提携ホテルのポイント、楽天ポイント、Amazonギフト券、商品券、そしてAMEX限定アイテムなど、使い道に困ることはありません。

また、通常3,300円の年会費がかかる「メンバーシップ・リワード・プラス」に無料で登録できる特典があるため、ポイント交換のレートもアップします。特におすすめのポイント交換先はANAマイルで、10,000ポイント=10,000マイルの交換レートで損しません。

アメックスビジネスプラチナの特徴⑦
券面はメタルデザイン

アメックスビジネスプラチナの券面は金属製のメタルカードです。通常のプラスチック製カードが約5gなのに対して、アメックスビジネスプラチナは約15gと重厚感があります。プラスチック製も可能ですが、メタルカード特有の存在感は、持つだけでテンションが上がるという声も多いです。

ただし、一部の店舗ではメタルカードの利用が難しい場合がありますが、その場合はACカードと呼ばれるプラスチック製カードも無料で発行できます。

アメックスビジネスプラチナは、その高い年会費に見合う豊富な特典が用意された法人カードです。多彩なポイントプログラムや従業員向けの追加カード、さらにビジネスに役立つ多くのサービスが、ビジネスシーンでの利便性を大いに向上させてくれます。年会費を経費として計上できる点も、大きなメリットです。

アメックスビジネスプラチナを利用することで、ビジネスの効率化だけでなく、個々の従業員の満足度も向上させることができるでしょう。これから法人カードを検討する方は、ぜひアメックスビジネスプラチナの特典を活用してみてください。

  • お役立ちコラム編集部

    では、アメックスビジネスプラチナの特典について詳細に解説していきます。

アメックスビジネスプラチナの魅力的な特典

アメックスビジネスプラチナは、多岐にわたる特典でビジネスユーザーの支持を集めています。ここでは、特に魅力的な特典を以下のカテゴリに分けて詳しく解説します。

1.ビジネス系の特典
2.ホテル系の特典
3.グルメ系の特典
4.各種補償の特典

【アメックスビジネスプラチナ特典】
1.ビジネス系の特典

プラチナ・セクレタリー・サービス

アメックスビジネスプラチナの特典の中でも特に注目すべきは、プラチナ・コンシェルジュ・デスクの特典です。この専用デスクは、24時間365日対応しており、カードの利用に関する問い合わせから、旅行やレストランの手配まで、あらゆるサポートを提供してくれます。例えば、予約が困難なレストランの手配やイベントのチケット確保、さらには海外の特殊なアイテムの取り寄せまで可能です。時間を効率的に使いたいビジネスユーザーにとって、非常に重宝する特典です。

空港ラウンジ

アメックスビジネスプラチナを持っていると、世界中の空港ラウンジを利用できる特典です。以下の4つの主要なラウンジ特典があります。

プライオリティ・パス: 世界1,300ヶ所以上のVIP空港ラウンジにアクセス可能。
アメックスグローバルラウンジ: 世界1,200ヶ所以上のアメックス専用ラウンジを利用可能。
センチュリオンラウンジ: アメリカや香港の主要空港内のラウンジ。
デルタ・スカイクラブ: デルタ航空専用ラウンジを無料で利用。

これにより、空港での待ち時間を快適に過ごすことができ、充電スペースや電話スペース、飲料サービスも充実しています。特にセンチュリオンラウンジは、アメックスビジネスプラチナ以上のカード保有者しか利用できないVIPラウンジで、特別感が一層高まる特典です。

OFFICE PASS

アメックスビジネスプラチナを持つことで、全国300ヶ所以上のシェアオフィスやコワーキングスペースの自由席を利用できる特典です。出張先や移動中、リモートワーク中に静かに仕事をしたい時に非常に便利です。通常月額料金が15,258円ですが、アメックスビジネスプラチナ保有者特典として10%オフで利用できます。

【アメックスビジネスプラチナ特典】
2.ホテル系の特典

フリー・ステイ・ギフト

毎年カードを更新すると、国内の対象ホテルで1泊2名分の無料宿泊が特典としてもらえます。北海道から沖縄まで、さまざまな高級ホテルが特典の対象です。特典の対象となる高級ホテル以下はその一例です。

・マリオットボンヴォイ
・ヒルトン
・プリンスホテルズ&リゾーツ
・ニューオータニホテルズ
・ハイアット
・オークラ など

この特典により、1泊6万円を超えるホテルにも無料で宿泊でき、非常にお得な特典です。

ホテル・メンバーシップ

アメックスビジネスプラチナを持っていると、以下の高級ホテルの上級会員資格が付与される特典があります。

・マリオットボンヴォイ ゴールドエリート
・ヒルトンオナーズ ゴールド
・ラディソン リワード プラチナ

客室の無料アップグレードの特典や朝食無料サービスの特典など、特別な待遇が特典として受けられます。

アメリカン・エキスプレス・トラベル オンライン

毎年のカード更新時に、ホテル予約に利用できる2万円分のクレジットが付与される特典があります。このアメックスビジネスプラチナの特典を利用して、アメックス提携のホテルをお得に予約できます。

FHR(ファイン・ホテル・アンド・リゾート)

世界1,200ヶ所以上の厳選されたホテルやリゾート地で、上級会員並の優待が受けられる特典です。FHRを利用すると、以下のような特典が受けられます。

・アーリーチェックイン(12時より可)
・客室の無料アップグレード
・滞在中の朝食が2名まで無料
・レイトチェックアウト(16時まで可)
・客室の無料Wi-Fi
・100米ドル相当のホテルクレジット

  • お役立ちコラム編集部

    これらの特典により、初めての宿泊でも上級会員並の待遇が受けられます。

【アメックスビジネスプラチナ特典】
3.グルメ系の特典

ビジネス・ダイニング・コレクション by グルメクーポン

全国から厳選された約200店舗のレストランにて、所定のコース料理を2名以上で利用すると、1名分のコース料金が無料になる特典です。接待や記念日などに使えるため、出費を抑えることができます。

ゴールドワインクラブ

ワインの専門知識を持つスタッフが、ワイン選びの相談や購入のサポートをしてくれる特典です。入手困難な希少なワインの紹介や、季節のおすすめワインの提案など、ワイン好きにはたまらない特典です。また、ゴールドワインクラブ経由で購入した場合、無料のギフトボックスや、一定額以上の購入で送料無料のサービス特典もあります。

【アメックスビジネスプラチナ特典】
4.各種補償の特典

旅行保険

アメックスビジネスプラチナには、国内外問わず最高5,000万円の旅行保険が自動付帯される特典があります。特に、傷害治療費用や疾病治療費用も最高1,000万円まで補償されるため、海外旅行中の万一のトラブルにも安心です。

ゴルフ保険

接待や趣味でゴルフをする際にも安心の保険が特典として付帯されています。人を傷つけたり、物を壊してしまった場合でも、1事故につき最高5,000万円まで補償されます。

プロテクション

アメックスビジネスプラチナには、さまざまなプロテクションが特典として付帯されています。

・カー・ピッキング・プロテクション: 車両の盗難や破損に対する補償。
・キャンセル・プロテクション: 旅行やイベントのキャンセル費用を補償。
・オンライン・プロテクション: インターネット上での不正使用に対する補償。
・リターン・プロテクション: 購入した商品の返品をサポート。
・ショッピング・プロテクション: 購入品の破損や盗難に対する補償。

ビジネス・ワランティ・プラス

ビジネス用途で購入した商品の自然故障や偶発的な事故に対する補償を提供するサービス特典です。

・オフィス・ワランティ: 購入日から3年間のメーカー保証延長。
・オフィス・ウェア・プロテクション: 火災や破損、水漏れ、盗難などに対する補償。

アメックスビジネスプラチナは、豊富な特典が満載のカードです。グルメ、ホテル、ビジネス、旅行の各方面で、その特典を最大限に活用することができます。特にビジネスユーザーにとって、時間の効率化やコスト削減に大いに役立つ特典が多い点が魅力です。これらの特典を活用することで、日常のビジネス活動やプライベートの充実度が格段にアップします。

上記で解説した特典の他、アメックスビジネスプラチナは、経営者やビジネスオーナーにとって非常に便利なビジネスサポートサービスも特典として提供しています。例えば、ビジネスコンサルティングサービスや、マーケティングや広告に関するアドバイスなど、ビジネスの成長を支援するための多岐にわたるサポート特典を受けることができます。これらのサービス特典を利用することで、ビジネスの競争力を高め、持続的な成長を実現することができます。

以上、アメックスビジネスプラチナの特に魅力的な特典について解説しました。もっと詳しく知りたい方は、ぜひアメックスビジネスプラチナの公式サイトから詳細な情報を確認してみてください。アメックスビジネスプラチナの最強特典を最大限に活用してみてください。

アメックスビジネスプラチナの申込条件と審査

アメックスビジネスプラチナは、その魅力的な特典とステータス性からビジネスカードの中でも特に人気がありますが、審査基準について気になる方も多いでしょう。ここでは、アメックスビジネスプラチナの申し込み条件と審査基準について詳しく解説します。

アメックスビジネスプラチナ
-審査と年収ハードル-

クレジットカードの審査や年収ハードルは多くの人にとって謎の部分が多いですが、アメックスビジネスプラチナの審査は比較的厳しいと言われています。個人向けのアメックスカードは比較的挑戦しやすい印象ですが、アメックスビジネスプラチナはそのステータス性を保つためにしっかりと審査が行われるようです。このアメックスビジネスプラチナはビジネスカードの中でも最高クラスのステータスを誇るため、誰でも簡単に審査を通過できるわけではありません。ステータス性を保つためには、厳しい審査基準が設けられているのは当然と言えるでしょう。

アメックスビジネスプラチナ
-申込条件-

アメックスビジネスプラチナの申し込みに関して、特に明確な条件は設けられていません。そのため、基本的には誰でも申し込みが可能です。設立・開業1年目の方でも発行できる可能性があり、申し込み時に決算書や確定申告書の提出が不要である点も魅力の一つです。アメックスビジネスプラチナには以下の3種類があるため、自分のビジネス形態に合わせて適切なカードを選ぶことが重要です。

●法人向け
●個人事業主向け
●コーポレート向け

アメックスビジネスプラチナ
-予測される審査基準-

アメックスビジネスプラチナの具体的な審査基準は公表されていませんが、一般的な法人カードの審査基準に基づいて推測することができます。以下の3つの要素が重要視されることが多いと予測されます。

1.経営実績

企業の安定した経営実績があるかどうかが審査の際にチェックされます。新興企業よりも、長期間にわたり安定して経営している企業が有利です。

2.財務状況

企業の財務状況も審査の重要なポイントです。利益を上げているか、負債が適切に管理されているかなどが見られます。

3.経営者の信用情報

経営者の個人的な信用情報も審査に影響します。過去のクレジットヒストリーやローンの返済状況などがチェックされ、信用に傷がある場合は審査に通過しにくくなります。

アメックスビジネスプラチナは、審査が厳しいものの、その特典の多さとステータス性から非常に魅力的なビジネスカードです。申し込み条件は比較的緩やかですが、審査では経営実績、財務状況、経営者の信用情報が重要視されます。このアメックスビジネスプラチナを手に入れることで、旅行やホテル、グルメ、ビジネス関連の特典を最大限に活用でき、ビジネスライフをさらに充実させることができます。アメックスビジネスプラチナの特典を活用するためには、まず審査に通過することが必要なため、しっかりとした準備と計画が重要です。

アメックスビジネスプラチナの審査基準に対する理解を深めることで、申請プロセスをスムーズに進めることができます。まず、経営実績をしっかりとアピールし、安定した財務状況を示すことが重要です。また、個人の信用情報も大切な要素であり、過去のクレジットヒストリーやローンの返済状況が良好であることが望まれます。これらのポイントを押さえておくことで、審査通過の可能性を高めることができます。

アメックスビジネスプラチナは、特典の豊富さとステータス性から、ビジネスパーソンにとって非常に魅力的なカードです。審査に通過するためには、経営実績、財務状況、個人の信用情報など、さまざまな要素を考慮する必要がありますが、その価値は十分にあります。アメックスビジネスプラチナの特典を最大限に活用し、ビジネスの成功をさらに加速させてください。次項では、アメックスビジネスプラチナのメリットについて詳しく解説していきます。

アメックスビジネスプラチナの特典に関連する記事:
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カードの利用限度額は一律制限なし!

アメックスビジネスプラチナのメリット

アメックスビジネスプラチナは、その特典の豊富さとステータス性から、ビジネスカードの中でも非常に人気があります。ここでは、アメックスビジネスプラチナのメリットを詳しくご紹介します。

アメックスビジネスプラチナのメリット1.
追加カードを無料で作成可能

アメックスビジネスプラチナの大きなメリットの一つは、従業員向けの追加カードが4枚まで無料で作成できることです。5枚目以降は1枚につき13,200円の年会費がかかりますが、ビジネスゴールドカードとして追加発行が可能です。従業員にもアメックスビジネスプラチナの特典を利用してもらえるため、ビジネス全体の効率を高めることができます。さらに、カードごとに利用限度額を設定できるため、従業員の使いすぎを防ぐことができます。

アメックスビジネスプラチナのメリット2.
ポイントを支払い充当やマイルに交換可能

アメックスビジネスプラチナで貯めたポイントは、支払いに充当したり、マイルに交換したりできます。特に注目すべきは、ANAマイルへの交換レートが1ポイント=1マイルという高い交換率です。多くの法人カードが交換レート0.5%である中、アメックスビジネスプラチナは非常にお得です。また、初年度の入会キャンペーンでは195,000ポイントを獲得できる特典があり、これをマイルに交換すれば東京〜ハワイをビジネスクラスで3往復することが可能です。

アメックスビジネスプラチナのメリット3.
ステータス性(社会的信用)の向上

アメックスビジネスプラチナは、そのステータス性から持つだけで社会的信用を示すことができます。特に自営業者や経営者にとって、ステータスの高いカードを持つことは、会食や商談の場での第一印象を良くする効果があります。ステータス性の高いアメックスビジネスプラチナを持っているということは、厳格な審査を通過した「社会的に認められた人」として見なされるため、ビジネスシーンで有利に働くことがあります。

アメックスビジネスプラチナのメリット4.
コンシェルジュサービスでの各種手配が簡単

アメックスビジネスプラチナには、24時間365日対応の「プラチナ・セクレタリー・サービス」というコンシェルジュ特典が付帯されています。出張や接待の手配、ホテルやレストランの予約、航空券の手配、入手困難なチケットの取得、日本で手に入らないアイテムの取り寄せなど、さまざまな要望に対応してくれます。

  • お役立ちコラム編集部

    秘書を雇うことを考えると、コンシェルジュサービスの利用はコストパフォーマンスに優れた選択肢となります。

アメックスビジネスプラチナのメリット5.
オフィス用品やゴルフ中のプレーなどの補償

アメックスビジネスプラチナは、経営者に嬉しい特典も豊富です。例えば、DELL Technologiesのオンラインショップでオフィス用品を購入すると、期間中最大7,000円のキャッシュバックが受けられます。また、ゴルフ保険も付帯しており、プレー中や練習中のケガや用具の破損、ホールインワンやアルバトロスの費用、第三者への賠償責任などを補償します。これにより、安心してビジネス活動を続けることができます。

アメックスビジネスプラチナのメリット6.
実質無限のカード枠

アメックスビジネスプラチナには一律の利用限度額が設定されていません。限度額は個々の信用情報や過去の利用状況に基づいて決定されます。同じアメックスビジネスプラチナを持っていても、利用限度額は500万円の方もいれば、2,000万円を超える方もいます。しかし、納税などで限度額をオーバーしそうな場合は、事前入金を行うことで増枠が可能です。これにより、実質的に利用限度額は無限となり、ポイント獲得の機会を無駄にしません。

アメックスビジネスプラチナのメリット7.
海外や加盟店でポイント還元率3.0%

アメックスビジネスプラチナは、海外と一部加盟店でポイント還元率が3.0%という高還元率を誇ります。年会費無料のメンバーシップ・リワード・プラス(通常は年会費3,300円)に登録することで、海外や特約店でのポイントが3倍になります。これにより、海外旅行や出張が多い方にとって非常にメリットがあります。アメリカン・エキスプレス・トラベルオンラインを利用すれば、旅行やホテルステイの際にザクザクとポイントが貯まります。航空系の予約だけでなく、ホテルもAMEX会員限定価格で予約できるため、大変重宝します。

アメックスビジネスプラチナのメリットは、多岐にわたります。追加カードが無料で作成できることから始まり、貯めたポイントを支払いに充当したりマイルに交換したりできる点、ステータス性が高いこと、24時間対応のコンシェルジュサービスが利用できること、オフィス用品やゴルフ保険の補償が充実していること、実質無限のカード枠があること、そして海外や加盟店でのポイント還元率が高いことなど、数えきれないほどのメリットがあります。

アメックスビジネスプラチナの特典に関するポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

アメックスビジネスプラチナを持つことで、ビジネスの効率を上げるだけでなく、ステータスを向上させることができるため、ビジネスパーソンにとって非常に魅力的なカードです。特典を最大限に活用し、ビジネスの成功をさらに加速させてください。

アメックスビジネスプラチナのデメリット

アメックスビジネスプラチナは、多くの特典やステータス性を持つ一方で、いくつかのデメリットも存在します。この記事では、アメックスビジネスプラチナのデメリットについて詳しく解説します。

アメックスビジネスプラチナのデメリット1.
メタルカードが使えない店舗がある

アメックスビジネスプラチナはメタルカードのため、特定の店舗や決済機で利用できない場合があります。特に古い決済機を使用している店舗や駐車場、自動支払機、セルフのガソリンスタンドなどで「金属製カードは利用できません」と明示されていることがあります。事業用のメインカードとして利用する場合、この点が不便に感じるかもしれません。しかし、実際には多くの場所で問題なく使用できるため、経験上大きな障害にはならないことが多いです。

アメックスビジネスプラチナのデメリット2.
税金の支払いでポイント還元率が下がる

アメックスビジネスプラチナでは税金の支払いも可能ですが、通常のポイント還元率よりも低くなります。通常の利用では100円につき1ポイント(1.0%還元)ですが、税金の支払いでは200円につき1ポイント(0.5%還元)となります。具体的には、国税、地方税、国民年金保険料などの支払いが対象です。電気、ガス、水道料金の支払いでも同様に0.5%の還元率となるため、納税や公共料金の支払いを主な目的としてカードを利用する場合、他の選択肢を検討する必要があるかもしれません。

アメックスビジネスプラチナのデメリット3.
ETCカードの年会費が有料

アメックスビジネスプラチナのETCカードには、1枚あたり年会費が550円かかります。この点は、個人向けのアメックスプラチナカードのETCカードが年会費無料であることと比較して、デメリットと感じる方もいるでしょう。しかし、個人向けカードには発行手数料として935円が必要ですので、アメックスビジネスプラチナだけが特別に使い勝手が悪いというわけではありません。それでも、ETCカードの利用頻度が高い場合、年会費がかかる点は注意が必要です。

アメックスビジネスプラチナのデメリット4.
ANAマイルの移行に上限がある

アメックスビジネスプラチナで貯めたポイントをANAマイルに移行する際、年間で移行できるマイルの上限が40,000マイルと設定されています(1月から12月の間)。高い交換レート(1ポイント=1マイル)での交換が魅力ですが、マイル移行を主な目的とする場合、この上限がデメリットとなります。ANA以外にもJALやその他40社以上の航空会社のマイルに交換できますが、その場合の交換レートは0.8%程度です。これにより、全てのポイントをANAマイルに移行したいと考えている方にとっては、不便を感じるかもしれません。

アメックスビジネスプラチナは、その特典の豊富さやステータス性から非常に魅力的なビジネスカードです。しかし、いくつかのデメリットも存在します。メタルカードが利用できない店舗がある点、税金の支払い時のポイント還元率の低下、ETCカードの年会費がかかること、ANAマイルの移行に上限がある点などがその一例です。これらのデメリットを理解した上で、アメックスビジネスプラチナの特典を最大限に活用することが重要です。

アメックスビジネスプラチナの特典に関するポイント

税理士_依頼_おすすめのポイント

アメックスビジネスプラチナを検討する際には、これらのデメリットと特典を比較し、自身のビジネススタイルに最適な選択をすることが求められます。アメックスビジネスプラチナの特典を活かしながら、賢くビジネスを進めていきましょう。

 

  • お役立ちコラム編集部

    アメックスビジネスプラチナの特典に関しては以下の記事もおすすめです。

アメックスビジネスプラチナの特典に関連する記事
アメックス・ビジネス・プラチナカードの特典や審査・ポイント・メタルカードの高級感など徹底解説!

アメックスビジネスプラチナとアメックスプラチナの違い

アメックスビジネスプラチナと個人向けのアメックスプラチナにはいくつかの重要な違いがあります。名前や見た目も似ていますが、カードの内容や特典に違いがありますので、ここで詳しく説明します。

アメックスビジネスプラチナとアメックスプラチナの違い1.
申込み対象・名義・引き落とし口座

まず、アメックスビジネスプラチナと個人向けのアメックスプラチナでは、申し込み対象や引き落とし口座に違いがあります。アメックスビジネスプラチナは、法人カードとしての側面を持ちながら、会社員でも副業用に申し込むことが可能です。審査は主に個人の信用情報を基に行われますが、引き落とし口座は法人口座に紐づけられます。一方、個人事業主の場合は、個人名義の口座か屋号入りの口座が使用できます。

個人向けのアメックスプラチナは、純粋に個人名義のカードとして発行され、引き落とし口座も個人のものになります。この違いにより、利用シーンや用途に応じて選択する必要があります。

  • お役立ちコラム編集部

    アメックスビジネスプラチナの特典やメリットについては以下の記事でも紹介されています。

おすすめ記事:【特別紹介】アメックスビジネスプラチナの入会キャンペーンメリットや特典は?

アメックスビジネスプラチナとアメックスプラチナの違い2.
追加発行できるカード

次に、追加発行できるカードの条件にも違いがあります。アメックスビジネスプラチナは、従業員カードを4枚まで無料で発行でき、5枚目以降は1枚あたり13,200円の年会費がかかります。また、ETCカードは最大20枚まで発行可能で、1枚あたり550円の年会費が必要です。

一方、個人向けのアメックスプラチナは、家族カードを4枚まで無料で発行でき、5枚目以降の発行はできません。ETCカードについては年会費が無料ですが、発行手数料として935円がかかります。このように、追加カードの発行条件やコストにも違いがあります。

アメックスビジネスプラチナとアメックスプラチナの違い3.
特 典

アメックスビジネスプラチナと個人向けのアメックスプラチナは、それぞれ特典内容に違いがあります。

≪アメックスビジネスプラチナの特典≫

・荷物ホテル当日宅配サービスの特典
・アメリカン・エキスプレス JALオンラインの特典
・ビジネスカード限定各種サービスの特典
・ビジネス・ワランティ・プラスの特典
・カー・ピッキング・プロテクションの特典
・ゴルフ保険の第三者賠償保険(4050万円の補償)の特典

≪個人向けアメックスプラチナの特典≫

・誕生日プレゼントの特典
・プリンスホテルズ&リゾーツの上級会員資格の特典
・プラチナ・カード限定イベントの特典
・ホームウェア・プロテクションの特典
・個人賠償責任保険の特典

これらの特典の違いにより、ビジネスニーズに応じたサービス特典や、個人のライフスタイルに合ったサービス特典を選びましょう。

アメックスビジネスプラチナとアメックスプラチナの違い4.
センチュリオンへの道

最後に、アメックスビジネスプラチナと個人向けアメックスプラチナの最大の違いの一つが、センチュリオン・カードへの昇格可能性です。センチュリオン・カード、いわゆるアメックスのブラックカードは、個人向けのアメックスプラチナからしか昇格できません。アメックスビジネスプラチナをいくら多額に利用しても、センチュリオン・カードのインビテーションは届きません。

さらに、個人向けカードを事業経費に使用すると、アメックス側に見つかった場合、センチュリオン・カードへのインビテーションが断たれる可能性があるという噂もあります。そのため、将来的にセンチュリオン・カードを目指している場合は、アメックスビジネスプラチナと個人向けアメックスプラチナを2枚持ちする必要があります。

アメックスビジネスプラチナと個人向けアメックスプラチナは、どちらも魅力的なカードですが、それぞれ異なる特典や条件があります。ビジネス用として使うならアメックスビジネスプラチナが適しており、個人のステータスや特典を重視するなら個人向けアメックスプラチナが良いでしょう。自分の利用シーンや将来の目標に応じて、最適なカードを選択することが重要です。

アメックスビジネスプラチナ最強法人カードの理由

アメックスビジネスプラチナは、多くの豪華特典が付帯している最強の法人カードとして、ビジネスオーナーや起業家に非常に人気があります。その最強の理由を以下にまとめてみました。

アメックスビジネスプラチナ最強法人カードの理由1.
豪華な特典の数々

まず、アメックスビジネスプラチナには数多くの特典が付帯しています。24時間365日対応のコンシェルジュサービスは、その代表例です。このコンシェルジュサービスでは、出張の手配やレストランの予約、緊急時のサポートまで幅広く、まるで秘書のように対応してくれる特典です。

さらに、プライオリティ・パスが無料で付帯している特典も見逃せません。通常、プライオリティ・パスの年会費は4.6万円相当ですが、アメックスビジネスプラチナの特典として無料で利用できます。

  • お役立ちコラム編集部

    この特典により、世界中の空港ラウンジを利用でき、出張の際の快適さが格段に向上します。

アメックスビジネスプラチナ最強法人カードの理由2.
高級ホテルの優待

アメックスビジネスプラチナの特典には、高級ホテルグループの上級会員資格が含まれています。これにより、宿泊時にさまざまな特典が受けられるだけでなく、毎年1泊6万円超えの高級ホテルに無料で宿泊できる特典も付いています。これだけで年会費の元を取ることができる特典といえるでしょう。

おすすめ記事:アメックスビジネスプラチナの追加カードを作るメリット!

アメックスビジネスプラチナ最強法人カードの理由3.
レストラン優待

アメックスビジネスプラチナを持っている特典として、年会費3.3万円相当のレストラン優待を特典として利用できます。これは、ビジネスランチやディナーで利用する際に非常に便利です。接待や打ち合わせの際に、格調高いレストランを割引価格で利用できるのは、大きなメリットになる特典です。

アメックスビジネスプラチナ最強法人カードの理由4.
経営者向けのサービス

アメックスビジネスプラチナは、経営者に特化したサービスも特典として提供しています。例えば、ビジネス・ワランティ・プラスでは、購入したビジネス用品の保証期間を延長することができます。また、カー・ピッキング・プロテクションやゴルフ保険など、経営者にとって嬉しい特典も充実しています。

アメックスビジネスプラチナ最強法人カードの理由5.
高いステータス性

アメックスビジネスプラチナは、そのステータス性の高さも魅力の一つです。ビジネスの場でこのカードを使用することで、相手に対する信頼性や信用力を示すことができます。高級ホテルやレストランでの特典も、ビジネスパートナーとの関係を深めるのに役立ちます。

アメックスビジネスプラチナ最強法人カードの理由6.
豊富なポイントプログラム

アメックスビジネスプラチナは、ポイントプログラムも非常に充実しています。貯めたポイントは、さまざまな商品やマイルに交換できるため、ビジネスやプライベートでの活用範囲が広がります。特に、ANAマイルへの交換レートが高いのは魅力的です。

アメックスビジネスプラチナは、その豪華な特典と豊富なサービスがビジネスに役立つものが多いため、最強の法人カードと言われ、注目を浴びています。年会費は14.3万円と高額ですが、豪華な特典がそれ以上のビジネスにおける価値を提供してくれます。特典を最大限に活用することで、ビジネスの効率化やコスト削減、さらにはステータスの向上にもつながります。

もし、あなたがビジネスを成功させるための強力なパートナーを探しているなら、アメックスビジネスプラチナは間違いなくその一つです。

  • お役立ちコラム編集部

    このアメックスビジネスプラチナを活用して、ビジネスのさらなる発展を目指しましょう。


まとめ

今回は、アメックスビジネスプラチナの特典を徹底解説し、最強法人カードの理由まで解説してきました。アメックスビジネスプラチナは、American Expressが提供する法人カードの中でも、最高級のステータスと特典を誇る最強の法人カードです。

アメックスビジネスプラチナが最強の法人カードと言われる理由の最大のポイントである「魅力的な特典」は、ビジネスの成功をサポートするために設計されています。国内外の高級ホテルでの無料宿泊や部屋のアップグレード、空港ラウンジの無料利用といった旅行関連の特典が豊富に揃っています。さらに、高級レストランでの優待特典は、重要な会食や接待の際に大いに役立ちます。これらの特典を活用することで、ビジネスパートナーとの関係を強化し、信頼を築くことができます。

ただし、アメックスビジネスプラチナにはいくつかのデメリットも存在します。例えば、メタルカードが利用できない店舗がある点、税金の支払い時のポイント還元率が通常より低くなる点、ETCカードの年会費がかかる点、ANAマイルの移行に上限がある点などです。これらのデメリットを理解した上で、アメックスビジネスプラチナの特典を最大限に活用することが重要です。

アメックスビジネスプラチナは、その特典の多さとステータス性から、ビジネスパーソンにとって非常に魅力的なカードです。確かに審査は厳しいものの、しっかりとした準備を行えば、申請に成功する可能性は十分にあります。このカードを手に入れることで、ビジネスライフをさらに充実させ、さまざまな特典を享受することができるでしょう。

アメックスビジネスプラチナの特典を最大限に活用することで、ビジネスシーンでの活躍をさらに広げることができます。この最強の法人カード「アメックスビジネスプラチナ」は、ビジネスパーソンにとって強力なパートナーとなり得るでしょう。年会費以上の価値を感じられる特典が豊富に揃っているので、ぜひアメックスビジネスプラチナの公式サイトから詳細な情報を確認してみてください。アメックスビジネスプラチナを活用して、ビジネスのさらなる発展を目指しましょう。

アメックスビジネスプラチナの特典に関連する記事:
アメックス プラチナ ビジネスの違いを年会費や特典で比較

今すぐコスト削減
資料請求はこちら
right
株式会社SoVa
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町3-9-7 ARC CUBE日本橋本町3階
TEL:03-6821-1935