年会費無料の法人カード徹底解説!設立1年未満におすすめの年会費無料法人カードは?

更新日:2024年6月19日
お役立ちコラム編集部
監修:お役立ちコラム編集部

年会費無料の法人カードは、設立1年未満の新しい企業や個人事業主にとって非常に魅力的な選択肢です。ですが、かつて法人カードは、個人カードと異なり年会費がかかるのが一般的でした。年会費が永年無料の法人カードは少なく、一部の地味なカード会社がひっそりと発行している程度でした。しかし、2021年11月29日に「三井住友カード ビジネスオーナーズ」が登場して以来、その状況は一変しました。現在では、年会費が永年無料の法人カードも数多く存在し、経営者にとって選択肢が増えています。選択肢が増えると同時に、なにかと多忙を極める経営者にとって、一体どの法人カードが自分にとって最適な一枚になるのか、、悩む方も少なくないと思います。

今回は、その法人カードの基礎から年会費無料の法人カードの選び方や、年会費無料の法人カードおすすめ12選、設立1年未満の企業におすすめな年会費無料の法人カード、年会費無料の法人カードのメリットデメリットまで徹底解説していきます。

  • お役立ちコラム編集部

    ぜひ法人カードでも年会費無料の法人カードをご検討中の方は、この記事を参考にしてみてください。

おすすめ法人カード4選

カード名 UPSIDER
UPSIDER
freeeカード Unlimited
freeeカード Unlimited
アメックスビジネスプラチナ
アメックスビジネスプラチナ
セゾンプラチナビジネスアメックス
セゾンプラチナビジネスアメックス
年会費 無料 永年無料 165,000円 初年度無料(2年目以降は22,000円)
ポイント還元率 1.0~1.5% 0.3~0.5% 1.00% 基本0.5%(最大1.0%)
国際ブランド Visa Visa アメリカン・エキスプレス アメリカン・エキスプレス
発行スピード 最短即日 約1週間 約5週間 最短3営業日
公式サイト 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

法人カードとは

法人カードとは、企業や個人事業主を対象に発行されるクレジットカードです。法人カードの利用限度額は個人向けのクレジットカードよりも大きい場合が多く、ビジネス用途に合わせた便利な機能が多く備わっています。例えば、従業員用に追加で法人カードを発行できる機能があり、経費の管理が一元化しやすくなるため、経理業務の効率化に大いに役立ちます。また、多くの法人カードは、支払い口座として会社名義の法人口座を指定できる点も特徴です。

法人カードのランクと年会費

法人カードには、一般カードと同様にランクが設けられており、ゴールドカードやプラチナカードといったハイステータスカードも法人カードには存在します。これらの法人カードは、ランクが上がるごとに年会費が高くなる傾向がありますが、その分だけ付帯するサービスや特典も充実しています。たとえば、ビジネスに役立つ空港ラウンジの利用や、出張時の旅行保険などが含まれることがあります。

年会費無料の法人カード選びのここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

法人カードを選ぶ際には、自社のニーズに合ったサービス内容と年会費をしっかりと比較検討することが重要です。

法人カードの種類

法人カードは大きく分けて「ビジネスカード」と「コーポレートカード」の2種類に分類されます。ビジネスカードは中小企業や個人事業主向け、コーポレートカードは大企業向けに発行されることが一般的です。ただし、カードの基本的な機能に大きな違いはなく、どちらも経費管理やキャッシュフローの改善に役立ちます。

ビジネスカード

ビジネスカードは、従業員が20名以下の小規模企業や個人事業主に向けて発行されることが多いです。このタイプの法人カードは、企業の信用情報を基に審査され、支払い口座も法人口座に設定されます。ただし、起業して間もない企業や個人事業主の場合、代表者個人の信用情報を基に審査される「個人与信」のビジネスカードを選ぶことも可能です。個人与信のビジネスカードは、法人としての信用がまだ確立されていない場合でも比較的取得しやすいという利点があります。

コーポレートカード

一方、コーポレートカードは従業員が多い大企業向けに発行されることが一般的です。コーポレートカードの主な利点は、多数の追加カードを発行できる点にあります。これにより、各従業員が業務に必要な経費をそれぞれのカードで支払うことができ、経費の詳細な管理が可能となります。また、コーポレートカードには、企業全体の利用状況を一元管理できるシステムが備わっていることが多く、大企業の複雑な経費管理をサポートします。

法人カードの選び方

法人カードを選ぶ際には、年会費無料のカードを検討することをおすすめします。年会費無料の法人カードでも、ビジネスに役立つ多くの特典が付帯している場合があります。特に、起業したばかりの企業や個人事業主にとって、初期費用を抑えるために年会費無料の法人カードは非常に有用です。また、年会費無料の法人カードを選ぶことで、経費管理を効率化しつつコストを抑えることができます。

法人カードの選択にあたっては、自社の規模や利用目的、必要な機能を明確にし、最適なカードを選ぶことが重要です。年会費無料の法人カードも多くの選択肢があり、それぞれの特徴やサービス内容をしっかりと比較検討することで、ビジネスに最適な一枚を見つけることができるでしょう。

次項では、起業したばかりの企業や個人事業主におすすめの、年会費無料のカードについて解説していきます。

年会費無料の法人カードとは

法人カードを選ぶ際には、コスト面の考慮が重要です。特に、年会費無料の法人カードは経費削減に大いに役立ちます。法人カードには個人カードと同様に、年会費無料の法人カードが存在します。

  • お役立ちコラム編集部

    以下では、年会費無料の法人カードの種類と年会費無料の法人カードの特徴について詳しく解説します。

年会費無料の法人カードの種類

年会費無料の法人カードには、いくつかの種類があります。それぞれの特徴を理解し、自社のニーズに最も適した法人カードを選ぶことが重要です。以下に、代表的な4つの年会費無料の法人カードの種類を紹介します。

年会費無料の法人カード1.
永年年会費無料

永年年会費無料の法人カードは、発行された初年度だけでなく、2年目以降もずっと年会費がかかりません。このタイプの法人カードは、追加の法人カードも永年年会費無料になることが多く、複数の従業員にカードを持たせる場合でもコストを抑えられるのが魅力です。例えば、「三井住友カード ビジネスオーナーズ」の一般カードは、本会員だけでなくパートナー会員も永年年会費無料です。これは、経費削減を図りたい中小企業や個人事業主にとって非常に魅力的な選択肢となります。

年会費無料の法人カード2.
条件付き年会費無料

条件付き年会費無料の法人カードは、特定の条件を満たすことで翌年以降の年会費が無料になるタイプです。例えば、「年間利用金額が〇円以上」などの条件があります。これにより、一定の利用を続けることで実質的に年会費無料で法人カードを利用することができます。例えば、「三井住友カード ビジネスオーナーズ」のゴールドカードは、本会員の年会費が5,500円(税込)ですが、年間の利用金額が100万円を超えると翌年からの年会費が永年年会費無料になります。これは、一定の利用を予定している企業にとって非常にお得な選択肢です。

永年年会費無料の法人カードや条件付き年会費無料の法人カードについては、以下の記事でも紹介されています。本記事とあわせてご覧いただくことで、年会費無料の法人カードへの理解が深まるでしょう。参考にしてみてください。

年会費無料の法人カード3.
初年度年会費無料

初年度年会費無料の法人カードは、発行された最初の1年間は年会費無料となり、2年目以降は通常の年会費が発生します。しかし、このタイプの法人カードには「年に1回以上利用する」「年間利用金額が〇円以上」といった条件を満たすことで翌年度も年会費無料になるものもあります。これにより、継続して法人カードを利用することで、実質的に長期間年会費無料で利用できる可能性があります。

年会費無料の法人カード4.
キャンペーンで年会費無料

多くのカード会社は、新規会員を対象にしたさまざまなキャンペーンを実施しています。これらのキャンペーンには、ポイントやギフトカードのプレゼント、初年度年会費無料、さらには年会費の割引などがあります。例えば、「一定期間内に1回以上利用する」「特定のサービスやオプションに申し込む」といった条件を満たすことで、キャンペーン特典として年会費無料になる場合があります。このタイプの法人カードは、キャンペーン情報を随時チェックしておくことで、お得に利用できるチャンスがあります。

以上、代表的な4つの年会費無料の法人カードの種類を紹介しました。年会費無料の法人カードを選ぶことで、経費を抑えつつビジネスに必要な支払いを効率よく管理することができます。特に中小企業や個人事業主にとって年会費無料の法人カードは、初期コストを抑えられる点が大きなメリットです。また、従業員用の追加カードも年会費無料で発行できる場合が多いため、全社的な経費管理がしやすくなります。さらに、年会費無料の法人カードでも、ビジネスに役立つ各種サービスや特典が付帯していることが多く、コストパフォーマンスに優れた選択となるでしょう。

法人カードを選ぶ際には、年会費無料の法人カードタイプを中心に比較検討することをおすすめします。自社の利用状況や経費管理のニーズに合わせて、最適な法人カードを選ぶことが重要です。また、年会費無料の法人カードの中には、特定の条件を満たすことでさらにお得に利用できるものも多いため、利用条件をしっかり確認し、自社に最適な一枚を見つけることが成功の鍵となります。

  • お役立ちコラム編集部

    次項では、年会費無料の法人カードと年会費有料の法人カードの違いについて解説していきます。

年会費無料の法人カード関連記事:
年会費無料の法人カードはある?メリットとデメリットを解説

【年会費無料の法人カード】無料と有料の違い

法人カードには年会費無料のものと有料のものがあり、それぞれに特徴や利点があります。どちらのタイプを選ぶべきかは、企業の規模や利用目的に応じて異なります。

  • お役立ちコラム編集部

    ただし、一般的に年会費無料の法人カードのほうが発行スピードが速いことが多く、急ぎで法人カードが必要な場合には年会費無料の法人カードを選ぶと良いでしょう。

【年会費無料の法人カード】無料と有料の違い①
 審査の通りやすさ

年会費無料の法人カードと年会費有料の法人カードの違い1つ目は、審査の通りやすさに違いがあります。年会費無料の法人カード、年会費有料の法人カードに関係なく、法人カードの審査は基本的に同様に行われます。法人カードの審査対象は、法人自体、法人の代表者、または個人事業主本人のいずれかです。たとえば、代表者個人の信用情報を基に審査が行われる場合、設立して間もない法人でも個人の信用情報が良好であれば法人カードの審査に通りやすくなります。そのため、法人カードの審査の通りやすさは年会費無料であること、年会費有料であることよりも、法人カード審査対象の信用情報に大きく依存します。

年会費無料の法人カードに関する注意点

税理士_依頼_おすすめの注意点

ただし、一般的に年会費無料の法人カードのほうが発行スピードが速いことが多く、急ぎで法人カードが必要な場合には年会費無料の法人カードを選ぶと良いでしょう。

【年会費無料の法人カード】無料と有料の違い②
 付帯サービス

年会費無料の法人カードと年会費有料の法人カードの違い2つ目は、年会費無料の法人カードと比べ、年会費有料の法人カードは、一般的に付帯サービスが充実している点です。年会費有料の法人カードの具体的な付帯サービスとしては、以下のようなものがあります。

空港ラウンジの無料利用

ビジネス出張の際に空港ラウンジを無料で利用できるため、移動中も快適に過ごせます。

国内・海外旅行の傷害保険

出張時の事故や病気に備えた保険が付帯していることが多く、安心してビジネスに専念できます。

ポイントやマイルの還元率

ポイント還元率が高く設定されていることが多く、ビジネス支出の一部をポイントで還元できます。

一方で、年会費無料の法人カードでも付帯サービスが全くないわけではありません。基本的なクレジットカードの機能は備わっており、必要最低限のサービスが提供されています。年会費無料の法人カードにするか否かの選択の際には、自社のニーズに応じてどの付帯サービスが必要かを考えることが重要です。年会費無料の法人カードでも満足できるかどうかを判断して選択しましょう。

【年会費無料の法人カード】無料と有料の違い③
 ポイントの還元率

年会費無料の法人カードと年会費有料の法人カードの違い3つ目は、ポイントの還元率の違いです。しかし、年会費無料の法人カード、年会費有料の法人カードに関わらず、ポイント還元率はカードによって異なります。年会費無料の法人カードでも高い還元率を誇るものがあり、有料のカードでも還元率が低い場合がありますが、一般的には年会費無料の法人カードより年会費有料の法人カードのほうが還元率が高い傾向にあります。

法人カードのポイント還元率を重視する場合は、法人カードの年間利用額を考慮することが重要です。例えば、法人カードで頻繁に高額な取引を行う企業であれば、年会費無料の法人カードより高い還元率の年会費有料の法人カードを選ぶことで、法人カードの年会費を上回るポイント還元を受けることができます。

  • お役立ちコラム編集部

    一方、法人カードの利用頻度が少ない企業であれば、年会費無料の法人カードで十分です。

【年会費無料の法人カード】無料と有料の違い④
 利用限度額

年会費無料の法人カードと年会費有料の法人カードの違い4つ目は、利用限度額の違いです。年会費有料の法人カードは、年会費無料の法人カードに比べ、一般的に利用限度額が高く設定されています。多くの場合、年会費無料の法人カードの限度額は低めであり、たとえ限度額が高く設定されていても、実際の利用限度額は審査により低く抑えられることがあります。例えば、年会費無料の法人カードの利用限度額が300万円から500万円と設定されていても、年会費無料の法人カードの審査結果によっては100万円程度に制限されることもあります。

仕入れなどで多額の資金が必要な企業にとっては、年会費無料の法人カードより高い利用限度額が魅力的な年会費有料の法人カードを選ぶのが賢明です。これにより、大きな取引を円滑に行うことができ、ビジネスのスムーズな運営が可能となります。

【年会費無料の法人カード】無料と有料の違い⑤
 法人カード追加発行の上限枚数

年会費無料の法人カードと年会費有料の法人カードの違い5つ目は、法人カード追加発行の上限枚数の違いです。法人カード追加発行の上限枚数も、年会費無料の法人カードより、年会費有料の法人カードのほうが有利です。年会費無料の法人カードは、追加カードの発行枚数が限られていることが多く、従業員数が多い企業では不便を感じることがあるでしょう。一方、年会費有料の法人カードは追加カードの枚数制限が緩く、場合によっては無制限で追加の法人カードを発行できることもあります。

複数の従業員に法人カードを持たせる必要がある場合、年会費無料の法人カード、年会費有料の法人カードの利用条件で、追加法人カードの発行上限を確認してから法人カードを選ぶことが大切です。これにより、各従業員が経費を法人カードで支払い、一元管理することが可能となり、経費管理の効率化が図れます。

年会費無料の法人カード、年会費有料の法人カードいずれも信用情報が審査の鍵となりますが、年会費無料の法人カードと年会費有料の法人カードには、それぞれ異なるメリットとデメリットが存在しています。

自社のニーズに最適なカードを選ぶためには、年会費無料の法人カード、年会費有料の法人カードの年会費に着目するだけでなく、発行のスピードにもかかわる審査の通りやすさや、年会費無料の法人カードの提供する付帯サービスで十分なのか、年会費有料の法人カードの付帯サービスまで必要なのか、自社に必要な付帯サービスを検討する必要があります。また、法人カードの年間の利用額を見積もり、ポイント還元率について、年会費有料の法人カードが得か、年会費無料の法人カードで十分か、自社の取引額から、利用限度額が年会費無料の法人カードで問題ないか、年会費有料の法人カードの利用限度枠が安心かの判断が必要です。さらに多くの従業員に法人カードを持たせる必要がある場合は、従業員数に応じた追加の法人カード発行上限を確認することも重要です。

これらのポイントを踏まえて、自社に最も適した法人カードを選ぶことで、経費管理の効率化やビジネスのスムーズな運営が実現します。年会費無料の法人カードと年会費有料の法人カードの違いを理解し、最適な選択をすることが、企業の成長と発展につながるでしょう。次項より、さらに年会費無料の法人カードについて詳細に解説していきます。まずは、年会費無料の法人カードの選び方のポイントについて解説します。

参考:年会費無料の法人カードを選ぶべき?有料のものとの違いは?

【年会費無料の法人カード】選び方のポイント

年会費無料の法人カードは、近年種類が増え、どの年会費無料の法人カードを選ぶべきか悩む方も多いでしょう。そのためここでは、年会費無料の法人カードを選ぶ際のポイントについて解説していきたいと思います。

【年会費無料の法人カード】選び方のポイント①
 年会費

年会費無料の法人カード選び方のポイント1つ目は、年会費です。年会費無料の法人カードの年会費には「初年度無料」「条件付き無料」「永年無料」の3つのパターンがあります。最も経済的なのは「永年年会費無料」ですが、「初年度年会費無料」や「条件付き年会費無料」のカードも検討する価値があります。これら年会費無料の法人カードは、より高いグレードや付帯条件が良いことが多いからです。

  • お役立ちコラム編集部

    例えば、一定の利用額を達成すれば翌年度も年会費が無料にな年会費無料の法人カードは、実質的に無料で高品質なサービスを受けられる可能性があります。

【年会費無料の法人カード】選び方のポイント②
 ポイント還元率

年会費無料の法人カード選び方のポイント2つ目は、ポイント還元率です。法人カードのポイント還元率の相場は0.5%程度です。これは、10,000円利用すると500円分のポイントが貯まる計算です。年会費無料の法人カードの中には、ポイント還元がないものもありますが、それでは少しもったいないです。できれば、ポイント還元率が0.5%以上の年会費無料の法人カードを選ぶと良いでしょう。ポイント還元が高い年会費無料の法人カードは、日々の経費を効率よく管理するのにも役立ちます。

年会費無料の法人カードの選び方のポイントについては、以下の記事でも解説されています。年会費無料の法人カードについて、より詳しく知りたい方は参考にしてみましょう。

【年会費無料の法人カード】選び方のポイント③
 利用限度額

年会費無料の法人カード選び方のポイント3つ目は、利用限度額です。法人カードの利用限度額(利用枠)とは、法人カードの使用可能金額の上限のことです。年会費無料の法人カードの利用限度額は、一般的に50万円から100万円程度のものが多いですが、中には三井住友カード ビジネスオーナーズのように、500万円という大きな枠を持つ年会費無料の法人カードもあります。利用頻度や金額が高い場合は、高い利用限度額を持つ年会費無料の法人カードを選ぶと良いでしょう。

【年会費無料の法人カード】選び方のポイント④
 発行スピード

年会費無料の法人カード選び方のポイント4つ目は、法人カードの発行スピードです。年会費無料の法人カードの発行スピードはとても重要なポイントです。通常、年会費無料の法人カードの発行には1週間程度かかりますが、急ぎの場合には最短3営業日で発行可能な年会費無料の法人カードもあります。特にビジネスの立ち上げ時や急な経費の発生時には、迅速に年会費無料の法人カードが手に入ると非常に便利です。

  • お役立ちコラム編集部

    三井住友カード ビジネスオーナーズなどは発行スピードが速く、急ぎの方におすすめです。

【年会費無料の法人カード】選び方のポイント⑤
 ビジネス特典

年会費無料の法人カード選び方のポイント5つ目は、法人カードのビジネス特典ポイントです。年会費無料の法人クレジットカードにも、ビジネス用の特典が付帯しているものがあります。例えば、「AWS(Amazonのサーバー)利用でポイントが○倍」や「Yahoo!広告でのポイントが○倍」などの特典です。これら年会費無料の法人カードの特典は、特定のサービスを多用する場合には大いにメリットがありますが、特典内容が自社のビジネスに合うかどうかを確認することが重要です。

【年会費無料の法人カード】選び方のポイント⑥
 デザインやステータス

年会費無料の法人カード選び方のポイント6つ目は、年会費無料の法人カードのデザインやステータスポイントです。意外と見逃せないのが年会費無料の法人カードのデザインやステータスです。接待や会食などの場面で使用することも多いため、見た目がしっかりしている法人カードは信頼感を与えます。年会費無料の法人カードのブランドやデザインは、ビジネスのシーンでの第一印象にも影響するため、機能だけでなくデザインも選ぶ際の基準にするのも一つの方法です。

年会費無料の法人カードを選ぶ際には、いくつかの重要なポイントを考慮することが大切です。まず、年会費についてですが、永年年会費無料、初年度年会費無料、条件付き年会費無料のどれが自社にとって最適かを判断する必要があります。また、ポイント還元率も重要で、還元率が0.5%以上の年会費無料の法人カードを選ぶことで経費管理が効率的になります。次に、利用限度額については、自社の利用頻度や金額に応じて適切な限度額の年会費無料の法人カードを選ぶことが求められます。

さらに、年会費無料の法人カードの発行スピードも重要な要素です。急ぎの場面に対応できる年会費無料の法人カードを選ぶと、ビジネスがスムーズに進行します。年会費無料の法人カードのビジネス特典についても、自社のビジネスに役立つ特典が付いている年会費無料の法人カードを選ぶことで、さらなるメリットが得られます。また、年会費無料の法人カードのデザインやステータスも見逃せないポイントで、見た目やブランドイメージを考慮し、ビジネスシーンで信頼感を与える年会費無料の法人カードを選ぶことが望ましいです。

年会費無料の法人カードに関するポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

これらのポイントを総合的に考慮して年会費無料の法人カードを選ぶことで、経費管理の効率化やビジネスの円滑な運営が実現します。自社のニーズに最適な年会費無料の法人カードを見つけることで、ビジネスの成功に大いに役立てることができるでしょう。

年会費無料の法人カード関連記事:
年会費無料のおすすめ法人カード8選!保有するメリットやデメリットを解説

【年会費無料の法人カード】おすすめ12選

年会費無料の法人カードを選ぶ際に重要なポイントとして「年会費無料」「ポイント還元率」「ビジネスサポート機能」があります。これら年会費無料の法人カードの基準に基づいて、特におすすめの年会費無料の法人カードを12選を解説していきたいと思います。以下、年会費無料の法人カードの中から最適な一枚を見つける参考にしてください。

【年会費無料の法人カード】おすすめ1.
 三井住友カード ビジネスオーナーズ

年会費:永年年会費無料
ポイント還元率:最大1.5%
発行スピード:最短3営業日(カード到着は約1週間)
利用可能枠:最大500万円(所定の審査あり)

年会費無料の法人カードのおすすめ1選目は、三井住友カード ビジネスオーナーズという法人カードです。三井住友カード ビジネスオーナーズという法人カードは、永年年会費無料でありながら、高い還元率と利用限度額を誇る年会費無料の法人カードです。法人だけでなく、個人事業主も申し込める点が特徴的な年会費無料の法人カードで、経営者全般におすすめできる年会費無料の法人カードです。法人カードの申し込みもネットで完結し、スピーディーかつ迅速な発行が可能な年会費無料の法人カードです。

【年会費無料の法人カード】おすすめ2.
 ライフカードビジネスライトプラス

年会費:永年年会費無料
ポイント還元率:0.5%
発行スピード:最短4営業日

年会費無料の法人カードのおすすめ2選目は、ライフカードビジネスライトプラスという法人カードです。ライフカードビジネスライトプラスという法人カードは、永年年会費無料で、登記簿謄本や決算書不要で申し込める手軽さが魅力の年会費無料の法人カードです。追加カードやETCカードも年会費無料で、スピーディーに発行されるため、設立間もない法人や個人事業主に最適な年会費無料の法人カードです。

  • お役立ちコラム編集部

    テキストテキスト年会費無料の法人カードは、以下の記事でも分かりやすく解説されています。年会費無料の法人カードの詳しい特徴などもあわせて確認しておきたい方は、以下の記事もあわせて確認しておきましょう。

    おすすめ記事:年会費無料で利用できるおすすめの法人カード

【年会費無料の法人カード】おすすめ3.
 JCB法人カード

年会費:初年度年会費無料、2年目以降1,375円
ポイント還元率:0.5%(利用額に応じて最大1.5倍)
ETCカード:無料

年会費無料の法人カードのおすすめ3選目は、JCB法人カードという法人カードです。JCB法人カードという法人カードは、初年度年会費無料で、2年目以降もリーズナブルな年会費が特徴の年会費無料の法人カードです。JCBの充実したビジネス特典やポイント還元率の高さが魅力で、経理ソフトとの連携や接待・出張サポートも充実しているため非常にバランスの取れた年会費無料の法人カードです。

【年会費無料の法人カード】おすすめ4.
 オリコEX Gold for Biz

年会費:初年度年会費無料、2年目以降2,200円
ポイント還元率:0.6%
特典:空港ラウンジサービス無料、福利厚生サービス、追加カード年会費無料

年会費無料の法人カードのおすすめ4選目は、オリコEX Gold for Bizという法人カードです。オリコEX Gold for Bizという法人カードは、初年度年会費無料でゴールドカードとしての高い特典がありながら、次年度以降の年会費が非常に安い点が特徴の年会費無料の法人カードです。法人カードならではのビジネス特典が充実しており、出張や経費の効率化を図る法人代表者や個人事業主におすすめな年会費無料の法人カードです。

【年会費無料の法人カード】おすすめ5.
 セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費:永年年会費無料
ポイント還元率:0.5%(一部サービスで最大2.0%)
発行スピード:最短3営業日
利用限度額:最大500万円

年会費無料の法人カードのおすすめ5選目は、セゾンコバルト・ビジネス・アメックスという法人カードです。セゾンコバルト・ビジネス・アメックスという法人カードは、年会費が永年年会費無料でありながら、アメックスの優待が付帯する高品質年会費無料の法人カードです。ネット完結でスピーディーに発行され、追加カードやETCカードも無料で利用できるため、非常にコストパフォーマンスに優れた年会費無料のおすすめ法人カードです。

【年会費無料の法人カード】おすすめ6.
 バクラクカード

年会費:永年年会費無料
ポイント還元率:1.0%、最大2.0%
利用限度額:最大1億円
特徴:インボイス制度と電子帳簿保存法に対応

年会費無料の法人カードのおすすめ6選目は、バクラクカードという法人カードです。バクラクカードという法人カードは、バクラク、LayerXが発行する年会費無料の法人カードで、ポイント還元率と利用限度額が非常に高い点に魅力がある年会費無料の法人カードです。請求書経理関連のサービスも充実しており、経理業務の効率化を図りたい法人におすすめな年会費無料の法人カードです。

【年会費無料の法人カード】おすすめ7.
 P-one Business Mastercard

年会費:初年度年会費無料、2年目以降2,200円(前年度利用で次年度年会費無料)
ポイント還元率:0.6%
特典:ゴールドカードの特典が充実

年会費無料の法人カードのおすすめ7選目は、P-one Business Mastercardという法人カードです。P-one Business Mastercardという法人カードは、初年度年会費無料で、2年目以降も前年度に一度でも法人カード利用があれば次年度も年会費無料となる年会費無料の法人カードです。ポイント還元率が0.6%と相場より高めに設定されており、コストパフォーマンスが非常に良いおすすめな年会費無料の法人カードです。

【年会費無料の法人カード】おすすめ8.
 ライフカードビジネスライト ゴールドカード

年会費:初年度年会費無料、2年目以降2,200円
ポイント還元率:0.5%
発行スピード:最短4営業日

年会費無料の法人カードのおすすめ8選目は、ライフカードビジネスライト ゴールドカードという法人カードです。ライフカードビジネスライト ゴールドカードという法人カードは、初年度年会費無料で、次年度の年会費についてもゴールドカードなのにもかかわらず、2,200円と年会費が非常に安い点が特徴の年会費無料の法人カードです。空港ラウンジなどのビジネス特典も付帯しており、スピード感や年会費の安さを重視する法人に最適な年会費無料の法人カードです。

【年会費無料の法人カード】おすすめ9.
 テックビズカード

年会費:初年度年会費無料、2年目以降2,200円
ポイント還元率:0.3%
特典:Mastercardの出張サービス、ダイニング by 招待日和

年会費無料の法人カードのおすすめ9選目は、テックビズカードという法人カードです。テックビズカードという法人カードは、ITエンジニアやフリーランス向けの年会費無料の法人カードで、特定のビジネスニーズに対応した付帯サービスが充実しています。初年度年会費無料の法人カードですが、次年度も年会費が安く、ポイント還元率については、やや低めな還元率ですが、特定のサービスを利用する方におすすめな年会費無料の法人カードです。

【年会費無料の法人カード】おすすめ10.
 UPSIDERカード

年会費:永年年会費無料
ポイント還元率:1.0%〜1.5%
利用限度額:最大10億円
発行スピード:最短当日

年会費無料の法人カードのおすすめ10選目は、UPSIDER(アップサイダー)カードという法人カードです。UPSIDERカードという法人カードは、起業したての法人やスタートアップに人気の年会費無料の法人カードです。年会費も永年年会費無料で、年会費無料の法人カードでありながら利用限度額が非常に高く、ポイント還元率も高水準です。特に成長企業におすすめの年会費無料の法人カードですが、小規模な会社には向かない場合がありますので、他の年会費無料の法人カードと併せ、慎重な比較検討が必要です。

【年会費無料の法人カード】おすすめ11.
 三井住友ビジネスカード for Owners

年会費:初年度年会費無料、2年目以降1,375円
ポイント還元率:0.5%
発行スピード:最短3営業日

年会費無料の法人カードのおすすめ11選目は、三井住友ビジネスカード for Ownersという法人カードです。三井住友ビジネスカード for Ownersという法人カードは、歴史と格式のある三井住友ブランドの年会費無料の法人カードです。初年度年会費無料で、発行もスピーディーかつ迅速です。書類提出も本人確認だけで済むため、手軽に高機能な年会費無料の法人カードを利用したい法人企業におすすめな年会費無料の法人カードです。

【年会費無料の法人カード】おすすめ12.
 三井住友ビジネスゴールドカード for Owners

・年会費:初年度年会費無料、2年目以降11,000円
ポイント還元率:0.5%
特典:空港ラウンジサービス、旅行保険、ショッピング補償

年会費無料の法人カードのおすすめ12選目は、三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersという法人カードです。三井住友ビジネスゴールドカード for Ownersという法人カードは、ステータスの高い年会費無料の法人カードのゴールドカードです。ネットで申し込むと初年度年会費無料となり、空港ラウンジや旅行保険、ショッピング補償などの充実した特典が付帯しています。特に出張や接待が多い法人におすすめの年会費無料の法人カードです。

年会費無料の法人カードは、コストパフォーマンスに優れたカードが多く、ビジネスの効率化や経費管理に役立ちます。ポイント還元率やビジネス特典、発行スピードなど、自社のニーズに合ったカードを選ぶことで、経営をサポートする一助となるでしょう。ここで紹介した12選の年会費無料の法人カードは、いずれも年会費無料やリーズナブルな年会費で利用できるため、設立まもない企業や個人事業主にとって、とても有益な法人カードです。ぜひ年会費無料の法人カードをご検討中の方は、法人カード選びの参考に「年会費無料の法人カードおすすめ12選」をご覧いただければと思います。

  • お役立ちコラム編集部

    次項では、設立1年未満の経営者におすすめな年会費無料の法人カードを紹介していきたいと思います。

年会費無料の法人カード関連記事:
法人カード・ビジネスカード|メリット・サービスを比較【2024年6月】-価格.com

【年会費無料の法人カード】設立1年未満におすすめ

年会費無料の法人カードは設立1年未満の企業や個人事業主・フリーランスの経営者にとって非常に有用であることは前項でも紹介しました。特に設立1年未満であればコスト意識も非常に強くなります。経営者ににとって、法人カードの年会費を削減することは重要なポイントです。

  • お役立ちコラム編集部

    ここでは、永年年会費無料となる法人カードで設立1年未満の企業や個人事業主・フリーランスの経営者におすすめの法人カードについて詳しく解説していきたいと思います。

目的別おすすめ永年年会費無料の法人カード

設立1年未満の企業や個人事業主の方々は、忙しい中で最適な永年年会費無料の法人カードを選ぶのが難しいと感じると思われます。以下の記事では、永年年会費無料の法人カードを、目的別に分類してご紹介していきます。特に、設立1年未満の法人カードとして、法人カード審査が比較的容易な永年年会費無料の法人カードを中心に選んでいますので、ぜひ法人カード選びの参考にしていただければ幸いです。

年会費が永年無料の法人カードに関するおすすめ記事

税理士_依頼_おすすめのポイント

以下の記事では、年会費が永年無料の法人カードをはじめ、年会費無料の法人カードが紹介されています。本記事とあわせてご覧いただくことで、自社に合った法人カードを見つけることができるでしょう。

おすすめ記事:おすすめの年会費無料の法人カード・ビジネスカード12選

永年年会費無料の法人カード おすすめ3選

条件付きの永年年会費無料法人カードも含め、おすすめの3枚をピックアップしました。

永年年会費無料の法人カード おすすめ1.
三井住友カード ビジネスオーナーズ

画像引用:三井住友カード ビジネスオーナーズ公式サイト

三井住友カード ビジネスオーナーズは、創業期に最適な万能カードです。このカードは、申し込み件数が最も多い代表的な永年年会費無料の法人カードです。

おすすめポイント

入会費無料・永年年会費無料:カードを作る際の費用が全くかかりません。
審査書類の提出不要:ネット完結で申し込み手続きが楽。
実績不問:売上や継続年数などの実績がなくても設立直後でも作れる。
限度額が比較的高額:ビジネスに必要な資金を確保しやすい。
ポイント還元率1.5%:高い還元率で利用価値が高い。
完全ナンバーレス:飲食店のテーブル会計でも安心。
タッチ決済、Apple Pay、Google Pay対応:最新の決済方法にも対応。
三井住友&Visaブランド:どこでも使える信頼性の高いカード。

三井住友カード ビジネスオーナーズは、設立直後の法人や個人事業主にとって最も安心できる永年年会費無料の法人カードです。

永年年会費無料の法人カード おすすめ2.
UPSIDER(アップサイダー)

UPSIDER(アップサイダー)は、限度額1億円という高額な利用枠を誇る法人専用の永年年会費無料の法人カードです。特に、事業を拡大したいスタートアップに向いている永年年会費無料の法人カードです。

おすすめポイント

入会費無料・永年年会費無料:コストを気にせず利用可能。
最短即日発行:急な資金需要にも対応。
設立直後でも作れる:実績がなくても申し込み可能。
限度額最大10億円:大規模な事業展開にも対応可能。
追加カード発行枚数無制限:従業員にもカードを配布できる。
ポイント還元率1.0%~1.5%:高い還元率。
無料クラウドサービス:企業のガバナンス強化が可能。
インボイス制度や電子帳簿保存法対応:最新の法制度にも対応。

UPSIDER(アップサイダー)は、大企業向けのコーポレートカードのような高い信用枠が特徴の永年年会費無料の法人カードで、資金需要が旺盛なスタートアップに最適な選択といえる永年年会費無料の法人カードです。

永年年会費無料の法人カード おすすめ3.
三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド

三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドカードは、1年間に100万円以上利用する予定がある場合に最もお得な条件付き永年年会費無料の法人カードです。

おすすめポイント

入会費無料、条件付きで永年年会費無料:条件を満たせば年会費が永年年会費無料に。
初年度年会費5,500円も回収可能:キャンペーン利用で実質無料に。
ゴールドカードの特典付き:空港ラウンジや各種保険が利用可能。
審査書類の提出不要:ネット完結で申し込み手続きが楽。
設立直後でも作れる:売上や継続年数の実績が不問。
限度額が比較的高額:ビジネスに必要な資金を確保しやすい。
ポイント還元率1.5%:高い還元率で利用価値が高い。
完全ナンバーレス:飲食店のテーブル会計でも安心。
タッチ決済、Apple Pay、Google Pay対応:最新の決済方法にも対応。

三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドは、1年間に100万円以上のカード利用が見込める法人にとって非常に魅力的な条件付き永年年会費無料の法人カードです。

  • お役立ちコラム編集部

    テキストテキスト三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドの概要や特徴などは、以下の記事でも解説されています。三井住友カード ビジネスオーナーズとの違いについても分かりやすく解説しているので、興味のある方はあわせて参考にしてみてください。

    おすすめ記事:三井住友カード ビジネスオーナーズゴールドとは?特徴や違いを解説

以上、設立1年未満の法人や個人事業主におすすめな永年年会費無料の法人カードおすすめ3選でした。次に創業時とりあえず作る永年年会費無料の法人カードおすすめ3選について紹介ししていきます。

創業時にとりあえず作る永年年会費無料の法人カード3選

新しい会社を立ち上げる際、シェアオフィスの契約、銀行口座の開設、印鑑や名刺の作成、ドメイン取得、クラウドサービスの申し込みなど、多くの手続きや準備が必要です。このような状況で、法人カードがあると非常に便利です。以下では、創業時にとりあえず作るおすすめの永年年会費無料の法人カードを3つご紹介します。

創業時にとりあえず作る永年年会費無料の法人カード1.
三井住友カード ビジネスオーナーズ

創業時にとりあえず作る永年年会費無料の法人カード一つ目は、三井住友カード ビジネスオーナーズという永年年会費無料の法人カードです。三井住友カード ビジネスオーナーズは、全体的に最も申し込み件数が多く、高スペックな年会費永年無料の法人カードです。審査書類が不要で、ネット完結で簡単に申し込みできる点が創業間もない忙しい経営者に向いています。永年年会費無料の法人カードでは珍しい完全ナンバーレスタイプも魅力ポイントである永年年会費無料の法人カードです。

創業時にとりあえず作る永年年会費無料の法人カード2.
ライフカードビジネスライトプラス

創業時にとりあえず作る永年年会費無料の法人カード2つ目は、ライフカードビジネスライトプラスという永年年会費無料の法人カードです。ライフカードビジネスライトプラスは、三井住友カードほどのスペックはないものの、審査が不安な経営者にはおすすめです。簡単に作成できるため、初めて法人カードを作る場合に適した永年年会費無料の法人カードです。

ライフカードビジネスライトプラスについては、こちらのページ(ライフカード ビジネスライトプラス公式サイト)もあわせてご覧ください。

創業時にとりあえず作る永年年会費無料の法人カード3.
マネーフォワードビジネスカード

創業時にとりあえず作る永年年会費無料の法人カード3つ目は、マネーフォワードビジネスカードという永年年会費無料の法人カードです。マネーフォワードビジネスカードは、審査がない法人プリペイドカードで、確実に作成することができる永年年会費無料の法人カードです。後払いができるクレジットカードに後から切り替えることも可能で、設立直後の経営者に適した永年年会費無料の法人カードといえます。

設立1年未満の法人や個人事業主にとって、永年年会費無料の法人カードは非常に有用です。特に、設立直後で実績が不問であり、審査が比較的容易なカードを選ぶことで、経営に集中することができます。ここで紹介した永年年会費無料の法人カードや、条件付き永年年会費無料の法人カードの中から、それぞれの特徴や目的を加味した上で、自社にとって最適なカードを選んでください。どの永年年会費無料の法人カード、条件付き永年年会費無料の法人カードも、初期費用を抑えつつ、ビジネスをスムーズに進めるための強力なツールとなるおすすめの法人カードです。

次項では、年会費無料の法人カードのメリットについて解説していきたいと思います。ぜひ参考になさってください。

【年会費無料の法人カード】メリット

次に年会費無料の法人カードを持つメリットについてはいかがでしょうか。法人カードのメリット面はあるだろうなという認識はお持ちの方が多いとは思いますが、改めて年会費無料の法人カードのメリットについて詳細に紹介していきたいと思います。年会費無料の法人カードを持つことには多くのメリットがあります。以下、詳しくご紹介していきたいと思います。

【年会費無料の法人カード】メリット①
 保有コストがかからない

年会費無料の法人カードを持つ1つ目のメリットとしては、年会費無料の法人カードの最大のメリットは、その名の通り保有コストがかからないことです。通常、年会費有料の法人カードを所持していると、毎年一定のコストが発生します。しかし、年会費無料の法人カードなら、このコストを完全に回避できます。特に、スタートアップ企業や個人事業主のように「とにかく経費を抑えたい」と考える方々にとって、年会費無料の法人カードは非常に魅力的です。基本的なサービスをコストゼロで利用できる点は、経費削減の観点から年会費無料の法人カードの持つ大きなメリットとなります。

【年会費無料の法人カード】メリット②
 予備のサブカードとして役立つ

年会費無料の法人カードを持つ2つ目のメリットは、年会費有料の法人カードをメインの法人カードとして持っている場合でも、年会費無料の法人カードをサブの法人カードとして持つことは非常に有用です。メインの法人カードが利用できない場合や、紛失・破損した場合でも、サブの年会費無料法人カードがあれば安心です。また、メインの法人カードと異なる国際ブランドのサブの年会費無料法人カードを選ぶことで、利用可能な店舗やサービスの幅が広がり、利便性が向上します。例えば、VISAのメイン法人カードとMasterCardの年会費無料サブ法人カードを持つことで、どちらか一方のブランドしか使えない店舗でも対応できます。

【年会費無料の法人カード】メリット③
 年会費無料でも付帯サービスや特典がある

年会費無料の法人カードを持つ3つ目のメリットは、年会費無料の法人カードであっても、旅行傷害保険やショッピング補償といった付帯サービスや特典が提供されることが多いです。これにより、コストをかけずにさまざまなメリットを年会費無料の法人カードから享受できます。特に、サブカードとして年会費無料の法人カードを利用する場合は、メインカードと異なる特典を選ぶことで、重複しない年会費無料の法人カードの特典を最大限に活用できます。事前に付帯サービスや特典の内容を確認し、必要なものを選択することで、年会費無料の法人カードの利用価値をさらに高めることができます。

【年会費無料の法人カード】メリット④
 年会費の会計処理が不要

年会費無料の法人カードを持つ4つ目のメリットは、年会費有料の法人カードを持っている場合、その法人カードの年会費は「諸会費もしくは支払手数料」として経費計上し、会計処理を行う必要があります。しかし、年会費無料の法人カードなら、この煩雑な会計処理を省くことができます。これは特に、小規模な企業や個人事業主にとって大きなメリットです。経理作業の手間が減り、本来のビジネス活動に集中できる時間が増えることも年会費無料の法人カードを持つメリットでしょう。

年会費無料の法人カードは、設立間もない企業や個人事業主にとって多くのメリットを提供します。保有コストがかからず、サブの法人カードとしても役立ち、年会費無料の法人カード付帯サービスや特典も利用できるうえに、年会費無料の法人カードは会計処理の手間も省けます。これら年会費無料の法人カードのメリットを活かして、ビジネスをよりスムーズに進めることが可能になります。年会費無料の法人カードを選ぶことで、コスト削減と利便性の向上を同時に実現することができるでしょう。

  • お役立ちコラム編集部

    次項では、年会費無料の法人カードのデメリットについて触れていきます。

年会費無料の法人カード関連記事:
年会費無料の法人クレジットカードおすすめ10選|永年無料のビジネスカード

【年会費無料の法人カード】デメリット

年会費無料の法人カードには、コストがかからないという大きなメリットがある一方で、いくつかのデメリットも年会費無料の法人カードには存在します。ここでは、その年会費無料の法人カードのデメリットについて詳しく解説していきたいと思います。

【年会費無料の法人カード】デメリット①
 付帯サービスが少ない

年会費無料の法人カードのデメリット1つ目は、年会費無料の法人カードは、年会費有料のカードと比較して、年会費無料の法人カードには付帯サービスの内容が限られている場合があります。例えば、旅行傷害保険やショッピング補償、空港ラウンジの利用といったサービスが少ないことが年会費無料の法人カードでは一般的です。ビジネスの出張や海外旅行が多い企業にとっては、これら年会費無料の法人カードの付帯サービスが少ないことが不便に感じられるかもしれません。ポイント特典も有料カードに比べて少ない傾向があります。

  • お役立ちコラム編集部

    年会費無料の法人カードのデメリットの1つである「付帯サービスが少ない」について気になる方は、年会費無料の法人カードにこだわらず、年会費が有料の法人カードを検討してみてもよいかもしれません。付帯サービスによっては、支払う年会費よりも価値を感じることができるケースもあります。

【年会費無料の法人カード】デメリット②
 利用限度額や追加カードの発行枚数に制限がある

年会費無料の法人カードのデメリット2つ目は、法人カードは、会社関連の出費を賄うため、個人カードよりも高額な利用が求められることが多いです。しかし、年会費無料の法人カードは、利用限度額が低めに設定されていることが一般的です。このため、大きな支出を伴う場合には年会費無料の法人カードでは不便さを感じることがあるかもしれません。また、年会費無料の法人カードでは追加カードの発行枚数に制限があることも少なくありません。

年会費無料の法人カードに関する注意点

税理士_依頼_おすすめの注意点

複数の従業員にカードを持たせたい場合には、この年会費無料の法人カードの追加カード発行枚数の制限が障害になることがあります。

【年会費無料の法人カード】デメリット③
 サービスの手数料や制限

年会費無料の法人カードのデメリット3つ目は、年会費無料の法人カードには、付帯サービスに関して手数料がかかる場合があります。例えば、年会費無料の法人カードでは、ETCカードの発行に手数料が必要だったり、キャッシング機能が利用できなかったりすることがあります。これら年会費無料の法人カードによって制限や手数料の発生があると、ビジネスの柔軟性が損なわれる可能性があります。

年会費無料の法人カードは、コストを抑えたい企業や個人事業主にとって大変魅力的ですが、年会費無料の法人カードは付帯サービスの少なさや利用限度額の低さ、追加カード発行の制限など、いくつかのデメリットも存在します。法人カードを選ぶ際には、自社のニーズや利用状況に応じて、これら年会費無料の法人カードのデメリットをしっかりと確認し、適切な年会費無料の法人カードの活用を検討することが重要です。

年会費無料の法人カード関連記事:
追加カードが年会費無料の法人カード7選!選び方やメリット

【年会費無料の法人カード】注意点

年会費無料の法人カードは、コストを抑えたい企業や個人事業主にとって非常に魅力的な選択肢です。しかし、その年会費無料の法人カードのメリットに加えて、注意しなければならない点も年会費無料の法人カードにはいくつか存在します。以下では、年会費無料の法人カードを利用する際の注意点について詳しく説明します。

【年会費無料の法人カード】注意点①
 信頼性のアピール

年会費無料の法人カードの注意点1つ目は、信頼性のアピールを重視するかどうかという点です。一般的に法人カードは、企業の信用度を示すものとして、取引先やビジネスパートナーとの関係において重要な役割を果たすことがあります。特に、ビジネスの場で法人カードを使用する機会が多い場合、カードのステータスは無視できない要素です。年会費無料の法人カードは、一般的にゴールドカードやプラチナカードといった高ステータスのカードに比べて、見た目のインパクトや信頼性のアピール力が低くなります。そのため、対外的なイメージを重視する場合には、年会費無料の法人カードではなく、年会費有料の高ステータスの法人カードを検討することも一つのおすすめな方法です。

【年会費無料の法人カード】注意点②
 法人カードの利用人数

年会費無料の法人カードの注意点2つ目としては、年会費無料の法人カードの利用人数です。年会費無料の法人カードは、経費削減に寄与しますが、年会費無料の法人カードのデメリットでも紹介したとおり、法人カードの追加発行枚数に制限がある場合があります。法人カードは社員に配布して利用させることで、経費管理を一元化できるメリットがありますが、年会費無料の法人カードでは追加カードの枚数が限られている場合も多いため、多くの社員がいる企業にとっては不便です。この制限があることで、法人カードの活用範囲が狭まり、経費管理の効率性が低下する可能性があります。多くの追加カードが必要な場合には、事前に発行枚数の制限を確認し、必要に応じて年会費無料の法人カードではなく別の法人カードを検討することが重要です。

  • お役立ちコラム編集部

    一人法人であれば問題ないかもしれませんが、従業員の経費精算を楽にしたいなど、会社として法人カードを効率的に利用したい場合は、法人カードの利用人数についても気をつけておきましょう。

【年会費無料の法人カード】注意点③
 必要な付帯サービス

年会費無料の法人カードの注意点3つ目としては、自社にとって必要な付帯サービスの確認です。年会費無料の法人カードは、付帯サービスや特典が年会費有料のカードと比べて少ない傾向があります。ビジネスにおいては、旅行傷害保険やショッピング補償、空港ラウンジの利用といった付帯サービスが役立つ場合が多いです。これら年会費無料の法人カードの付帯サービスは年会費有料と比べると少ないため、法人カード利用の際の利便性や安心感が低下する可能性があります。自社のビジネスシーンで利用機会多い付帯サービスを重点的に確認した上で、年会費無料の法人カードではなく、年会費有料のカードを検討することも選択肢の一つです。

【年会費無料の法人カード】注意点④
 法人カードの利用目的

年会費無料の法人カードの注意点4つ目は、年会費無料の法人カードの利用目的です。年会費無料の法人カードを選ぶ際には、その利用目的を明確にすることが重要と言われています。オンラインでの事務用品の購入や、少額の経費精算を主な目的とする場合には、年会費無料のカードでも十分かもしれません。しかし、大口の取引や出張が多い企業では、年会費無料の法人カードの利用限度額では不十分で、年会費有料のカードの方が適している場合があります。自社のビジネススタイルに合わせて、必要な機能やサービスが揃っているかを入念に確認しましょう。

年会費無料の法人カードは、コストを抑えつつ基本的なカード機能を利用できるため、多くの企業や個人事業主にとって魅力的な選択肢です。しかし、その一方で、信頼性に直結するステータス性や付帯サービス、追加カードの発行枚数などに制約がある点には注意が必要です。年会費無料の法人カード選びの際には、自社のビジネスニーズに活用できる最も適した法人カードを見極め、長期的な視点でメリットとデメリットを比較検討することが大切です。年会費無料の法人カードを上手に活用し、ビジネスの効率化とコスト削減を実現しましょう。

年会費無料の法人カード関連記事:
年会費無料の法人カードについて解説!メリットや注意点・おすすめカードも紹介

【年会費無料の法人カード】Q&A

年会費無料の法人カードは、コストを抑えたい企業や個人事業主にとって非常に魅力的な選択肢です。しかし、選択肢が多いため、具体的な疑問や不安を持つ方も多いでしょう。ここでは、年会費無料の法人カードに関するよくある質問を取り上げ、それぞれに詳しくお答えします。

Q1.年会費無料の法人カード、どれがおすすめですか?

年会費無料の法人カードの中でどれを選ぶかは、企業のニーズや用途に応じて変わります。年会費を抑えたい場合には、「年会費が永年年会費無料」の法人カードがおすすめです。年会費無料の法人カードでありながら、高スペックなカードも存在していますので、ぜひこの記事を参考にしていただければ幸いです。

Q2.年会費無料の法人カードの質は低い?

年会費無料の法人カードだからといって、その質が低いわけではありません。クレジットカード会社は年会費以外にも、店舗側からの手数料で利益を得ているため、年会費無料でも質の高いサービスを提供できます。特に、起業したての方や個人事業主、中小企業の経営者に人気の高い、スペックの高いカードも多く存在します。

Q3.なぜ年会費を無料にできるの?他に費用がかかる?

クレジットカード会社は、利用者からの年会費だけでなく、加盟店からの手数料を主要な収益源としています。そのため、年会費無料にしてもビジネスモデルとして成り立ちます。年会費無料の法人カードを選んでも、入会金や月会費がかかることはありませんので、安心して利用できます。

Q4.年会費無料であることのデメリットはある?

年会費が数万円かかるゴールドカードやプラチナカードに比べると、年会費無料の法人カードは利用限度額が低めに設定されていることや、旅行保険やコンシェルジュサービスなどの付帯サービスが少ないことがあります。しかし、必要な機能だけが揃っているとも言えます。このため、年会費無料のカードが適しているかどうかは、利用目的やビジネスニーズ次第です。

Q5.年会費無料の法人カードは個人事業主も利用できる?

もちろんです。年会費無料の法人カードは、個人事業主でも利用できます。カード会社は個人事業主にも広く利用してもらいたいと考えているため、特に制限は設けていません。自営業の方でも問題なく申し込めるので、自身のビジネスに役立つ法人カードを選びましょう。

Q6.法人カードの年会費、勘定科目は何に該当する?

法人カードの年会費は、経費として計上する際には「支払手数料」、「諸会費」、「雑費」として仕訳するのが一般的です。会計処理において適切な勘定科目を選ぶことで、経理業務がスムーズに進むでしょう。

Q7.法人カードの年会費に消費税は課税される?

年会費有料の法人カードの年会費には、消費税が含まれています。したがって、法人カードの年会費は課税対象となります。年会費無料の法人カードであればこの点は気にする必要はありません。

Q8.ゴールドやプラチナの年会費無料の法人カードはある?

ゴールドの法人カードで、初年度年会費無料のものは存在します。例えば、テックビズゴールドカード、オリコEX Gold for Biz、JCB CARD Bizゴールドなどが初年度年会費無料の法人カードとして該当します。また、条件を満たすと2年目以降も年会費無料になる法人カードには、P-one Business Mastercardなどがあります。ただし、プラチナの年会費無料の法人カードは現在存在していません。

Q9.ETCカードが無料で持てる年会費無料の法人カードはある?

ETCカードを無料で持てる年会費無料の法人カードもあります。例えば、ライフカードビジネスライトプラスやテックビズゴールドカードがその例です。これらのカードは、ETCカードも無料で発行できるため、高速道路の利用が多い企業にとっては便利です。

  • お役立ちコラム編集部

    テキストテキスト年会費が無料の法人カードの中で、ETCカードも無料で作ることができるカードについては、以下の記事でも解説されています。仕事柄車での移動が多い会社などは、以下の記事も参考にしてみてください。年会費無料の法人カードでETCカードも無料で作りたい方にとっておすすめの記事です。

    おすすめ記事:おすすめの年会費無料の法人カード。ETCカードが無料で作れるカードも紹介

Q10.年会費無料の法人カードでは必ずポイント還元はある?

年会費無料の法人カードでも、必ずしもポイント還元があるわけではありません。法人カードによってポイント還元の有無や還元率が異なるため、ポイント還元を重視する場合は事前に確認することが重要です。ポイント還元がある法人カードを選ぶことで、日々の経費を効率的に活用できます。

年会費無料の法人カードは、経費を抑えつつ基本的な機能を利用できるため、多くの企業や個人事業主にとって魅力的な選択肢です。しかし、年会費無料の法人カード選びにはいくつかの注意点があり、ビジネスのニーズに合わせて最適な年会費無料の法人カードを選ぶことが重要です。この記事を参考にして、自身のビジネスに最も適した年会費無料の法人カードを見つけてください。

年会費無料の法人カード関連記事:
法人カード 年会費無料のおすすめ 特集【2024年最新版】専門家が選ぶコスパ最強ビジネスカードはこれだ!

まとめ

今回は、年会費無料の法人カードの基礎から、年会費無料の法人カードのおすすめ12選から設立一年未満の企業におすすめな年会費無料の法人カード、年会費無料の法人カードのメリットデメリットまで徹底解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

年会費無料の法人カードは、設立1年未満の新しい企業や個人事業主にとって非常に魅力的な選択肢です。経費を抑えながら、法人カードの基本的なサービスを利用できるため、資金管理が重要なスタートアップや小規模ビジネスには最適です。また、年会費無料の法人カードは、年会費無料でありながらも、多くの便利な付帯サービスを提供しており、ビジネス運営をサポートしてくれます。

例えば、従業員用の追加カードを発行することで、経費の一元管理が可能となります。ただし、追加カードの発行枚数に制限がある場合があるため、事前に確認が必要です。また、付帯サービスや特典についても、年会費有料の法人カードと比較するとやや少ないことがありますが、基本的な保険や補償はカバーされています。

ステータス性を求める場合、ゴールドカードやプラチナカードには劣ることがありますが、日常的なビジネスシーンで利用する分には十分な機能を備えています。特に、オンラインでの事務用品の購入や交通費の支払いなど、頻繁に利用する場面では、コストパフォーマンスの高い選択肢と言えるでしょう。

設立間もない企業や個人事業主にとって、初年度年会費無料や永年年会費無料の法人カードは、初期費用を抑えつつ信用力を高める手段としても有効です。法人カードの利用履歴を積み重ねることで、将来的に信用枠の拡大や、さらに充実したカードへの切り替えも期待できます。

年会費無料の法人カードは、多岐にわたるビジネスニーズに対応できるため、初めて法人カードを導入する企業に特におすすめです。適切なカードを選び、賢く活用することで、ビジネスの効率化と経費削減を同時に達成しましょう。

年会費無料の法人カード関連記事:
年会費無料 法人ビジネスクレジットカード 比較

今すぐコスト削減
資料請求はこちら
right
株式会社SoVa
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町3-9-7 ARC CUBE日本橋本町3階
TEL:03-6821-1935