ポイント高還元法人カードのおすすめは?ポイント還元率重視の法人カード徹底解説!

更新日:2024年7月19日
お役立ちコラム編集部
監修:お役立ちコラム編集部

ビジネスの決済であらゆるメリットを享受できるおすすめの法人カード。その法人カードを選ぶ際の重要な選択ポイントの1つとして「ポイント還元率」が挙げられます。

企業活動の中での出張費や、接待交際費などの経費を法人カードで決済しながら、法人カードの利用で貯まるポイント。法人カードの決済額は基本的に大きな額になるため、法人カードとして選ぶカード次第で貯まるポイントに大きな差が出てしまいます。

「ポイントの還元率」は、数ある法人カードの中でもポイント還元率はさまざまです。法人カードの平均的なポイント還元率は0.5%程度で、一般的に0.5%以上の法人カードはポイント還元率が高いと言われおり非常におすすめです。

この記事では、ポイント還元率を特に重視したおすすめの法人カードについて徹底解説していきます。

  • お役立ちコラム編集部

    法人カードを検討されている方はぜひこの記事を参考にしていただき、おすすめの中から最適な法人カードの選びの一助になれば幸いです。

おすすめ法人カード4選

カード名 UPSIDER
UPSIDER
freeeカード Unlimited
freeeカード Unlimited
アメックスビジネスプラチナ
アメックスビジネスプラチナ
セゾンプラチナビジネスアメックス
セゾンプラチナビジネスアメックス
年会費 無料 永年無料 165,000円 初年度無料(2年目以降は22,000円)
ポイント還元率 1.0~1.5% 0.3~0.5% 1.00% 基本0.5%(最大1.0%)
国際ブランド Visa Visa アメリカン・エキスプレス アメリカン・エキスプレス
発行スピード 最短即日 約1週間 約5週間 最短3営業日
公式サイト 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る 詳細を見る

法人カードのポイント還元率

法人カードを選ぶ際にポイント還元率を重視することは、経費の支払いに応じてポイントが貯まり、経費節約に繋がるメリットがあるため非常におすすめです。法人カードのポイントプログラムを上手に活用することで、貯まったポイントをオフィスの備品やその他必要なものの購入に当てることができるのです。おすすめの法人カードを紹介する前に、ここではまず、法人カードのポイント還元率について詳しく解説します。

ポイント還元率とは?

法人カードのポイント還元率は、法人カードの利用金額に対してどれくらいのポイントが還元されるかを示す割合です。一般的な法人カードのポイント還元率は0.5%から1%の範囲が多いです。この還元率は、たとえば1,000円の支払いを行った場合にどれだけのポイントが付与されるかを意味しています。

例えば、ポイント還元率が1%の法人カードで1,000円の商品を購入すると、10ポイントが付与されます。これに対し、還元率が0.5%の場合、同じ1,000円の支払いに対して付与されるポイントは5ポイントになります。ポイント還元率が高いほど、同じ支出でも多くのポイントを獲得できるため、経費削減に効果を発揮できるため、法人カード選びでの「ポイント還元率」は注力したいおすすめのポイントです。

ポイント還元率の違いがもたらす影響

法人カードの利用で年間の経費支出が大きい法人ほど、ポイント還元率の違いは無視できない差となります。たとえば、年間で300万円を法人カードで支払った場合、ポイント還元率の違いによって獲得できるポイントは大きく変わります。

・還元率0.5%の場合:300万円 × 0.5% = 15,000ポイント
・還元率1%の場合:300万円 × 1% = 30,000ポイント

わずか0.5%のポイント還元率の差であっても、年間ではこれだけのポイント差が生じます。

  • お役立ちコラム編集部

    高ポイント還元率の法人カードを選ぶことで、効率的にポイントを貯め、会社の経費削減に貢献することができます

法人カード選び その他ポイント

法人カードを選ぶ際には、ポイント還元率だけでなく、他の特典やサービスも考慮することが重要であり、おすすめポイントです。例えば、法人カードとして選ぶカードによっては特定のカテゴリーでの支払いに対して特別なボーナスポイントが付与されるものや、旅行保険や空港ラウンジの利用などの特典が含まれるものもあります。これら法人カードとして選ぶカードの付帯サービスを総合的に評価し、自社のニーズに最も適した法人カードを選ぶことをおすすめいたします。

また、一部の法人カードはポイント還元がないものも存在するため、事前にしっかりとポイント還元率についての確認することをおすすめいたします。法人カードの選定においては、ポイント還元率の高さを重視しつつ、トータルでのメリットを見逃さないようにすることが、おすすめの賢い選び方と言えるでしょう。

以上のポイントを踏まえて、自社にとって最適な法人カードを選び、効率的にポイントを貯めることで、経費節約を実現されることをおすすすめします。法人カードのポイント還元率に注目し、おすすめのカードを見つけるための参考にしていただければ幸いです。次項では、ポイント還元率が高い法人カードの選び方のおすすめについて解説していきます。

本記事では、ポイント還元率にフォーカスして法人カードをご紹介していきますが、法人カードを選ぶ際には様々な観点から検討することが重要です。以下の記事では、法人カードを選ぶ際のポイントをはじめ、そもそも法人カードをおすすめする理由などを解説しています。

もちろんポイントやマイルの還元を考慮する法人カードの選び方についても触れているので、様々な視点から法人カードを比較して検討したいという方は、ぜひ以下の記事もあわせてお読みください。

ポイント高還元の法人カードを選ぶ!おすすめポイント

法人カードを選ぶ際、特にポイント還元率に注目することで、経費の支払いによって効率的にポイントを貯めることができます。しかし、ポイント還元率だけでなく、年会費やポイントの使い道、有効期限など、さまざまな要素を総合的に考慮されることをおすすすめします。ここでは、高還元の法人カードを選ぶ際のポイントや、法人カードとしておすすめのカードについて詳しく解説します。

ポイント高還元の法人カードを選ぶ!おすすめポイント①
ポイント還元率と年会費のバランス

高還元の法人カードを選ぶ際のおすすめポイント1つ目は、ポイント還元率が高い法人カードを選ぶ際には、まず年会費とのバランスを確認することが重要です。法人カードの還元率は一般的に0.5%から1%程度が多いですが、中には1%以上の高いポイント還元率を誇る法人カードとしておすすめのカードもあります。高いポイント還元率の法人カードは魅力的ですが、年会費が高額だとその分だけ多くのポイントを貯めないと元が取れません。

具体例を挙げると、法人カードとして年会費が1万円のカードであれば、還元率0.5%の場合は年間200万円の利用で元が取れます。一方、還元率1%の場合は法人カードの年間利用額が100万円で年会費の元が取れる計算になります。

年会費の元を取るための年間利用金額
年会費0.5%還元1%還元
1万円200万円100万円
3万円600万円300万円
5万円1000万円500万円

法人カードの年会費とポイント還元率のバランスを考えつつ、法人カードに付帯するビジネスサポートや旅行傷害保険、空港ラウンジサービスなどの付帯サービスの利用価値も考慮に入れて選ぶことを強くおすすめします。

年会費無料の法人カードについては、以下の記事でもご紹介しているので、法人カードを作る際になるべくコストを抑えたいという方は、ぜひ以下の記事もあわせて参考にしてみてください。

ポイント高還元の法人カードを選ぶ!おすすめポイント②
ポイントの使い道と交換レート

ポイント高還元の法人カードを選ぶ!おすすめポイント②ポイントの使い道と交換レート

高ポイント還元の法人カードを選ぶ際のおすすめポイント2つ目は、法人カードで貯まるポイントは、様々な商品やサービスにポイント交換できるため、そのポイントの使い道を事前に確認することを最重要視されることをおすすめします。ポイントの交換先としては、キャッシュバック、マイル、ギフト券、共通ポイントなどが一般的なポイント交換です。それぞれのポイント交換先によって価値が異なるため、どのポイント交換先が最もお得かをチェックしておくこともおすすめします。

例えば、ある法人カードでは1ポイント=1円相当としてキャッシュバックできる一方、他の法人カードでは1ポイント=0.8円相当のマイルに交換できるなど、法人カードとして選ぶカードによって交換レートが異なります。これを見極めて、自社にとって最も有利な交換先を選ぶことがポイントを最大限に活用するコツとなるおすすめポイントです。

さらに、ポイントの価値自体も法人カードとして選ぶカードごとに異なることがあります。例えば、JCBカードのOki Dokiポイントは1ポイント=5円相当として利用できる場合があります。複数の法人カードを比較する際には、交換に必要なポイント数だけでなく、実際の交換レートも考慮することが高還元の法人カードを選ぶおすすめのポイントです。

ポイント高還元の法人カードを選ぶ!おすすめポイント③
ポイントの有効期限

高ポイント還元の法人カードを選ぶ際のおすすめポイント3つ目は、法人カードとして選ぶカードのポイントには有効期限があります。法人カードのポイントの有効期限を過ぎてしまうとポイントが失効してしまうため、定期的に法人カードのポイントを確認することをおすすめします。法人カードによっては、ポイントの有効期限が短いものもありますが、一方で法人カードのポイントが無期限のものもあります。

法人カードとして選ぶ、代表的なカードのポイントと有効期限を以下に示します。

カードポイント名有効期限
JCBカードOki Dokiポイント2〜5年間
三井住友カードVポイント、ワールドプレゼント2〜4年間
セゾンカード永久不滅ポイント無期限
ラグジュアリーカードラグジュアリー・リワード5年間
アメリカン・エキスプレスメンバーシップ・リワード最長3年・無期限
ダイナースクラブカードダイナースクラブリワードポイント無期限

例えば、アメリカン・エキスプレスのメンバーシップ・リワードのポイントは、最長3年の有効期限ですが、ポイント交換を一度でも行うか、メンバーシップ・リワード・プラス(年間参加費3,300円税込)に登録することで有効期限が無期限になります。

法人カードのポイントの有効期限が気になる方には、ポイントが無期限で貯まる法人カードや、自動的にキャッシュバックされる法人カードがおすすめです。

ポイント還元率が高い法人カードを選ぶ際には、年会費とのバランス、ポイントの使い道と交換レート、有効期限など、さまざまな要素を総合的に考慮することを強くおすすめします。高いポイント還元率の法人カードを選ぶことで、効率的にポイントを貯めて経費削減に役立てることができます。上記のポイント高還元の法人カードを選ぶおすすめのポイントを参考に、自社に最適なおすすめ法人カードを見つけてください。法人カードの選定は慎重に行い、最大限のメリットを享受しましょう。

  • お役立ちコラム編集部

    次項では、ポイント還元率が高いおすすめの法人カードを解説していきます。

ポイント高還元おすすめ法人カード
-おすすめ10選-

経営者や個人事業主にとって、法人カードの利用はビジネス経費の管理をスムーズにするだけでなく、ポイント還元を通じて経費削減にも役立ちます。特にポイント還元率が高い法人カードは、そのメリットが一層大きく、おすすめです。本章では、ポイント還元率が高く、総合的におすすめできる法人カードを厳選して紹介します。ポイント還元率はもちろん、年会費や付帯特典も考慮して評価しました。

ポイント高還元おすすめ法人カード1.
三井住友カード ビジネスオーナーズ

ポイント還元率

0.5%〜最大1.5%

ポイント還元率詳細

ポイント高還元おすすめ法人カード1つ目は、三井住友カード ビジネスオーナーズです。三井住友カード ビジネスオーナーズは、通常0.5%の還元率ですが、個人用クレジットカードとの併用で対象加盟店やETC利用時に1.5%まで還元率が上がります。年間100万円以上の利用がある場合はゴールドカードも法人カードとしておすすめです。

ポイント高還元おすすめ法人カード2.
セゾンプラチナビジネスアメックス

ポイント高還元おすすめ法人カード2.セゾンプラチナビジネスアメックス

ポイント還元率

0.5%~1.125%(JALマイル)

ポイント還元率詳細

ポイント高還元おすすめ法人カード2つ目は、セゾンプラチナビジネスアメックスです。セゾンプラチナビジネスアメックスは、「SAISON MILE CLUB」に加入すると、JALマイルと永久不滅ポイントが同時に貯まり、永久不滅ポイントをJALマイルに交換することで最大1.125%の還元率が得られることがおすすめポイントです。

ポイント高還元おすすめ法人カード3.
三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド

ポイント還元率

0.5%〜最大1.5%

ポイント還元率詳細

ポイント高還元おすすめ法人カード3つ目は、三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドです。三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドは、年間利用額が100万円を超えると、還元率が1.5%に上昇し、さらに10,000ポイントのボーナスポイントが付与される点がおすすめポイントです。

三井住友カード ビジネスオーナーズゴールドについては、以下の記事でも分かりやすく解説しています。三井住友カード ビジネスオーナーズゴールドの特徴や違いについて知りたい方は、あわせて参考にしてみてください。

ポイント高還元おすすめ法人カード4.
アメックスビジネスゴールド

ポイント還元率

0.5%〜1%(ANAマイル)

ポイント還元率詳細

ポイント高還元おすすめ法人カード4つ目は、アメックスビジネスゴールドです。アメックスビジネスゴールドは、通常は0.5%の還元率ですが、「メンバーシップ・リワード・プラス」(年会費3,300円(税込))に登録すると最大1.0%まで還元率が上がります。さらに、Amazonなどの対象店舗では最大3.0%のポイント還元率を誇るところがおすすめポイントです。

ポイント高還元おすすめ法人カード5.
JCB CARD Biz

ポイント還元率

0.5%

ポイント還元率詳細

ポイント高還元おすすめ法人カード5つ目は、JCB CARD Bizです。JCB CARD Bizは、通常は0.5%のポイント還元率ですが、年間利用額に応じて最大10%のポイント還元率が適用される場合がある点がおすすめポイントです。

ポイント高還元おすすめ法人カード6.
Airカード

ポイント還元率

1.5%


ポイント還元率詳細

ポイント高還元おすすめ法人カード6つ目は、Airカードです。Airカードは、公共料金(電気・ガス・水道)や通信費(携帯電話料金や固定電話料金)、税金の支払いに対しては0.5%のポイント還元率ですが、それ以外の支出に対しては1.5%の高いポイント還元率が非常におすすめポイントです。

  • お役立ちコラム編集部

    Airカードは、ポイント還元率が非常に高いのが特徴です。ポイント高還元の法人カード「Airカード」については、以下の記事もあわせて参考にしてください。

    おすすめ記事:ポイント還元率最強のAirカードとは?

ポイント高還元おすすめ法人カード7.
NTTファイナンスBizカード

ポイント還元率

1.0%

ポイント還元率詳細

ポイント高還元おすすめ法人カード7つ目は、NTTファイナンスBizカードです。NTTファイナンスBizカードは、基本的に1.0%のポイント還元率がおすすめのポイントで、商品交換の最低必要ポイントは6,000ポイントです。

NTTファイナンスBizカードは、ポイント還元率が1%のうえ、法人カードのレギュラーカードを選べば、年会費を永年無料で発行することが可能です。また、追加カードも永年無料で発行でき、550円の年会費を払えばETCカードも発行することが可能です。ポイント還元率だけでなく、そういった要素も踏まえて法人カードの作成を検討してみましょう。

NTTファイナンスBizカードがどのくらい審査に通りやすいのか気になる方も多いと思います。以下の記事では、NTTファイナンスBizカードの概要やメリット・デメリットをはじめ、審査についても解説しているので、NTTファイナンスBizカードを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

ポイント高還元おすすめ法人カード8.
楽天ビジネスカード

ポイント還元率

1.0%~最大5.0%

ポイント還元率詳細

ポイント高還元おすすめ法人カード8つ目は、楽天ビジネスカードです。楽天ビジネスカードは、楽天市場での利用で最大5.0%のポイント還元率が得られ、個人用の「楽天プレミアムカード」との併用でポイントがさらに貯まりやすくなる点がおすすめのポイントです。

ポイント高還元おすすめ法人カード9.
ラグジュアリーカード ゴールド

ポイント還元率

1.5%〜3.3%

ポイント還元率詳細

ポイント高還元おすすめ法人カード9つ目は、ラグジュアリーカード ゴールドです。ラグジュアリーカード ゴールドは、キャッシュバック利用時は1.5%のポイント還元率ですが、商品交換で最大3.3%の高いポイント還元率を実現します。

ポイント高還元おすすめ法人カード10.
三井住友ビジネスプラチナカード for Owners

ポイント還元率

0.5%〜最大1.4%

ポイント還元率詳細

ポイント高還元おすすめ法人カード10選目は、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersです。三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersは、通常は0.5%のポイント還元率ですが、「5万円ごとにボーナスポイント」が付与され、最大で10%のポイント還元率が適用されます。ギフトカード還元を含む高いポイント還元率がおすすめの魅力ポイントです。

おすすめの法人カード選びのポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

前項でも解説しましたが、ポイント還元率が高い法人カードを選ぶ際には、その法人カードの単純なポイント高還元率だけでなく、法人カードの年会費や付帯する特典、法人カードのポイントの使い道も考慮することが重要です。

特に、年間利用額が高い企業や個人事業主にとっては、ポイント高還元率カードは大きなメリットをもたらします。ポイント還元率が高い法人カードを選ぶことで、経費の支払いを通じて効率的にポイントを貯めることができるので非常におすすめです。上記で紹介した法人カード10選は、いずれの法人カードもポイント高還元率を誇り、ビジネス経費の管理をより効果的に行うための強力なツールとなるためおすすめです。自社の利用状況やニーズに合わせて、最適な法人カードを選び、ビジネスの発展に役立ててください。

法人カードおすすめ・ポイント還元率関連記事:
ポイント還元率が高い法人カードおすすめランキング【2024年6月最新比較】

ポイント高還元おすすめ法人カード
-厳選7選 法人カードの概要と高還元条件-

前項で紹介したポイント高還元の法人カードの中で、法人カードにおける最大ポイント還元の実現には利用条件なども存在します。以下では、ポイント高還元のおすすめ10選の法人カードの中からさらに7つのカードを厳選し、高ポイント還元おすすめ法人カードのおすすめポイントや、高ポイント還元の条件など詳細を解説します。

ポイント高還元おすすめ法人カード厳選7選
①三井住友カード ビジネスオーナーズ

まずは、三井住友カード ビジネスオーナーズの基本情報から見ていきましょう。

基本情報

国際ブランド: Visa/Mastercard®
年会費: 永年無料
追加カード年会費: 永年無料(最大18枚発行可能)
ETCカード年会費: 初年度無料、2年目以降は550円(税込)。ただし、前年度に1回以上のETC利用があれば無料。
ETCカード発行可能枚数: 最大19枚
カード総利用枠: 最大500万円
ポイント還元率: 0.5%〜最大1.5%
マイル還元率: ANAマイルは0.3%、JALマイルへの移行は不可
海外旅行傷害保険: 最高2,000万円(利用付帯)
国内旅行傷害保険: なし
ショッピング補償保険: なし
付帯サービス: 請求書支払代行サービス、Visaビジネスオファー、VJタクシーチケットなど
申し込み条件: 満18歳以上の法人代表者、個人事業主

このように、三井住友カード ビジネスオーナーズは年会費無料でありながら、多くの特典と高い利用枠を持つおすすめの魅力的な法人カードです。

■ポイント高還元率を実現する条件

三井住友カード ビジネスオーナーズの最大ポイント還元率は1.5%です。これは個人向けの三井住友カードと併用し、特定加盟店やETC利用時に適用されます。通常のポイント還元率は0.5%ですが、条件を満たすことで還元率を最大化することができます。まず、三井住友カードの個人向けカードと併用することで、特定加盟店やETC利用時にポイント還元率が1.5%にアップします。個人と法人の支出を分けて管理できるため、ビジネスの経費管理がしやすくなります。さらに、ポイント還元率がアップする特定加盟店での利用がおすすめのポイントです。これにより、通常の還元率よりも高い還元を受けることができるのでおすすめです。

三井住友カード ビジネスオーナーズのメリット

三井住友カード ビジネスオーナーズのメリット

三井住友カード ビジネスオーナーズには、他にも多くのメリットポイントがあります。

1.年会費が永年無料
法人カードとしては珍しく、年会費が永年無料なポイントは大きなメリットです。これにより、コストを抑えつつ、高いポイント還元率のメリットを享受できるのでおすすめです。

2.高い総利用枠
最大500万円の利用枠が設定されており、大きな支出にも対応できる点もおすすめです。法人カードの審査に通過すれば、経営の柔軟性を大幅に高めることが可能です。

3.入会キャンペーン
新規入会キャンペーンとして、最大8,000円相当のポイントがプレゼントされます。ポイントプレゼントなど詳細は公式サイトで確認されることをおすすすめします。

4.ナンバーレスカードのセキュリティ
カード情報が印字されていないナンバーレスカードのため、法人カードとして利用するにあたり、セキュリティ面でも安心な点もおすすめポイントです。カード情報は専用アプリで管理できるため、法人カードの紛失や盗難時のリスクを軽減します。

三井住友カード ビジネスオーナーズは、ポイント還元率の高さ、年会費無料、セキュリティの高さなど、法人カードとして非常にバランスの取れたおすすめの1枚です。特に、個人向けカードとの併用でポイント還元率を最大化できる点がおすすめの魅力ポイントです。ぜひ、法人カードとして三井住友カード ビジネスオーナーズを検討してみてはいかがでしょうか。最新のキャンペーン情報や詳細は公式サイトで確認されることをおすすすめします。

ポイント高還元おすすめ法人カード厳選7選
②セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、JALマイル還元率が最大1.125%と高く、非常におすすめの法人カードです。まずは、セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの基本情報から確認してみましょう。

■基本情報

国際ブランド: American Express
年会費: 初年度無料、2年目以降22,000円(税込)
追加カード年会費: 3,300円(税込)、最大9枚発行可能
ETCカード年会費: 無料、最大5枚発行可能
カード総利用枠: 一律の制限なし
ポイント還元率: 0.5%
マイル還元率: ANAマイルは0.3%、JALマイルは1.125%(SAISON MILE CLUB登録時)
旅行傷害保険: 海外旅行傷害保険最高1億円(利用付帯)、国内旅行傷害保険最高5,000万円(自動付帯)
ショッピング補償保険: 年間補償限度額最高300万円(国内・海外)
付帯サービス: 国内空港ラウンジ無料、24時間365日のコンシェルジュサービス、プライオリティ・パス(海外空港ラウンジ)
申し込み条件: 個人事業主、法人代表者、会社員

このように、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、多彩な特典と高い還元率を兼ね備えた非常におすすめの法人カードです。

■ポイント高還元率を実現する条件

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのJALマイル還元率を最大1.125%にするには、ポイント還元率アップサービス「SAISON MILE CLUB」への登録が必要です。これにより、JALマイルとセゾンの永久不滅ポイントの両方が貯まり、永久不滅ポイントをJALマイルに交換すると、最大のポイント還元率が実現します。

具体的な条件は以下の通りです。

1.SAISON MILE CLUBへの登録
無料で登録できるこのサービスを利用することで、ポイント還元率がアップします。

2.ポイントの交換
セゾンの永久不滅ポイントをJALマイルに交換することで、最大1.125%の還元率を達成します。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードのメリット

また、この法人カードは、以下のようなメリットを提供します。

1.高いマイル還元率
最大1.125%の還元率でJALマイルを貯めることができる法人カードで、JALを利用しての出張や旅行が多いビジネスオーナーにとって非常に有利でおすすめです。

2.年会費初年度無料
初年度は年会費が無料となるため、リスクなくカードを法人カードとして試すことができる点がおすすめのポイントです。

3.豊富な付帯サービス
24時間365日のコンシェルジュサービスや国内外の空港ラウンジの無料利用などの魅力ポイントがあり、プラチナカードならではの特典が充実している点もおすすめです。

4.高い保険内容
海外旅行傷害保険が最高1億円、国内旅行傷害保険が最高5,000万円と充実した保険が付帯しており、ビジネスの出張や、旅行時の安心感が増す点も法人カードとしてのおすすめポイントです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、JALマイル還元率が高く、豊富な付帯サービスがおすすめ魅力ポイントの法人カードです。特に出張が多いビジネスオーナーには強くおすすめできる法人カードです。初年度年会費無料のキャンペーンを活用し、ぜひ法人カードとしてその利便性とお得感を体験されることをおすすすめします。詳細は公式サイトでご確認ください。

ポイント高還元おすすめ法人カード厳選7選
③アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カード

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カードは、その金属製カードの存在感と高いANAマイル還元率が特徴の法人カードです。豊富な付帯サービスと優待特典も兼ね備えており、法人経営者や個人事業主におすすめです。このカードの詳細情報と高還元率の条件を以下に詳しく解説します。

■基本情報

国際ブランド: American Express
年会費: 36,300円(税込)
追加カード年会費: 13,200円(税込)、発行可能枚数は一律制限なし(問い合わせが必要)
ETCカード年会費: 永年無料、最大20枚発行可能
カード総利用枠: 一律の制限なし
ポイント還元率: 0.5%~1.0%(メンバーシップ・リワード・プラス加入時)
マイル還元率: ANAマイル0.5%~1.0%、JALマイル0.33%~0.4%
旅行傷害保険: 海外旅行傷害保険最高1億円(利用付帯)、国内旅行傷害保険最高5,000万円(利用付帯)
ショッピング補償保険: 年間補償限度額最高500万円(国内・海外)
付帯サービス: 国内外の空港ラウンジサービス(29空港利用可能)、ゴルフ関連優待、ビジネスカード会員限定イベント
申し込み条件: 20歳以上の法人代表者または個人事業主

■ポイント高還元率を実現する条件

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カードのポイント還元率を最大化するには、「メンバーシップ・リワード・プラス」への加入が必要です。このプログラムに加入すると、通常のポイント還元率0.5%が1.0%に引き上げられ、ANAマイルも同様に高還元率で貯まります。年間費3,300円(税込)で、このサービスを利用することができる点はおすすめポイントです。

具体的な条件は以下の通りです。

1.メンバーシップ・リワード・プラスへの加入
年間費3,300円(税込)で加入することで、ポイント還元率が最大1.0%にアップします。

2.ポイントの活用
貯まったポイントをANAマイルに交換することで、高い還元率を実現できます。

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カードのメリット

この法人カードの主なメリットを以下にまとめます。

1.高いANAマイル還元率
メンバーシップ・リワード・プラスへの加入で、ANAマイル還元率が最大1.0%に達します。出張や旅行が多いビジネスオーナーに最適です。

2.初年度無料特典
一部キャンペーンで初年度の年会費が無料になる場合もありますので、公式サイトで最新情報を確認されることをおすすすめします。

3.豊富な付帯サービス
国内外の空港ラウンジを同伴者1名まで無料で利用できるサービスや、24時間365日のコンシェルジュサービスなど、アメックスブランドならではの特典が充実している点もおすすめの魅力ポイントです。

4.ビジネス・ダイニング・コレクション
対象レストランでコース料理1名分が無料になる特典は、接待やビジネスミーティングに非常に便利でおすすめのポイントです。

5.高いステータス性
メタル製のカードは、ステータスを重視する法人代表者や個人事業主にとって非常におすすめの魅力ポイントです。

アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カードは、高いANAマイル還元率と豊富な付帯サービスが魅力の法人カードです。ビジネスでの出張や旅行が多い法人代表者や個人事業主に特におすすめです。高いポイント還元率を活用し、ビジネスにおける経費を賢く管理するために、ぜひ法人カードとしてアメリカン・エキスプレス®・ビジネス・ゴールド・カードを検討してみてください。最新のキャンペーン情報や詳細は公式サイトで確認されることをおすすすめします。

ポイント高還元おすすめ法人カード厳選7選
④JCB CARD Biz

ポイント高還元おすすめ法人カード厳選7選④JCB CARD Biz

JCB CARD Bizは、個人向けのJCBカードとポイントを合算できるというユニークなメリットがあります。法人カードでは一般的にポイントの合算ができないため、個人用のJCBカードも利用している法人経営者や個人事業主におすすめです。

■基本情報

国際ブランド: JCB
年会費: 初年度無料、2年目以降1,375円(税込)
追加カード年会費: 発行不可
追加カード発行可能枚数: 発行不可
ETCカード年会費: 無料、1枚発行可能
カード総利用枠: ~500万円(所定の審査あり)
ポイント還元率: 0.5%
マイル還元率: ANAマイル0.3%、JALマイル0.3%
旅行傷害保険: 海外旅行傷害保険最高3,000万円(利用付帯)、国内旅行傷害保険最高3,000万円(利用付帯)
ショッピング補償保険: 年間補償限度額最高100万円(海外)
付帯サービス: 宿泊予約サイト「じゃらんnet」でお得な宿泊プラン提供サービス
申し込み条件: 18歳以上の法人代表者または個人事業主(フリーランスや副業を含む)

■ポイント高還元率を実現する条件

JCB CARD Bizは通常のポイント還元率が0.5%ですが、法人カードの利用金額に応じて還元率がアップする特徴があります。また、「JCBオリジナルシリーズパートナー」の対象店舗で利用することで、ポイント還元率が最大10倍になります。これにより、日常的な経費の支払いで効率よくポイントを貯めることができます。

具体的な条件は以下の通りです。

1.ポイント還元率アッププログラム
JCB CARD Bizの利用金額に応じてポイント還元率が上がります。日常的に高額な経費をこの法人カードで支払うことで、効率的にポイントを貯めることができるためおすすめの法人カードです。

2.JCBオリジナルシリーズパートナーの利用
Amazon、セブン-イレブン、スターバックス(オンライン入金)など、特定の店舗での利用でポイント還元率が最大10倍になります。これらの店舗は日常的に利用する機会が多いため、法人カードでポイントを効率的に貯めることができます。

JCB CARD Bizのメリット

この法人カードの主なメリットを以下にまとめます。

1.個人カードとのポイント合算
法人カードで貯めたポイントを個人向けのJCBカードで貯めたポイントと合算できるため、プライベートとビジネスの両方でポイントを一元管理できる点がおすすめのポイントです。これにより、法人カードのポイントを無駄なく活用できます。

2.初年度無料特典
初年度は年会費が無料で利用できるため、試しやすいのもおすすめの魅力ポイントです。2年目以降の年会費も1,375円(税込)と非常にリーズナブルな法人カードです。

3.高いポイント還元率
JCBオリジナルシリーズパートナーの利用でポイント還元率が最大10倍になるため、日常のビジネス経費を法人カードで決済することで効率的にポイントに変えることができます。

4.充実した付帯サービス
「じゃらんnet」での宿泊プラン提供サービスなど、出張や旅行に役立つ付帯サービスが豊富です。これにより、経費削減と快適なビジネス旅行が可能な点も法人カードとしておすすめです。

5.シンプルな利用条件
法人代表者や個人事業主が18歳以上であれば申し込み可能なため、幅広いユーザーに対応しているおすすめの法人カードです。

JCB CARD Bizは追加法人カードの発行ができないため、個人事業主や追加カードを必要としない法人経営者に特に適しています。追加カードが必要な場合は他の法人カードを検討する必要があります。

JCB CARD Bizは、個人向けカードとのポイント合算が可能で、高いポイント還元率が魅力の法人カードです。法人経営者や個人事業主にとって、日常の経費を効率的にポイントに変えられる点が大きなメリットポイントです。また、初年度無料で試しやすく、充実した付帯サービスも魅力です。高還元率を活用し、ビジネスの経費を賢く管理するために、ぜひ法人カードとしてJCB CARD Bizを検討してみてください。最新のキャンペーン情報や詳細は公式サイトで確認されることをおすすすめします。

ポイント高還元おすすめ法人カード厳選7選
⑤Airカード

Airカードはショッピングでのポイント還元率が常時1.5%と、他の法人カードと比較しても非常に高い還元率を誇るおすすめの法人カードです。

■基本情報

国際ブランド: JCB
年会費: 5,500円(税込)
 ※2024年7月10日までの入会キャンペーン利用で初年度年会費が実質無料(キャッシュバック)
追加カード年会費: 3,300円(税込)
追加カード発行可能枚数: 複数枚
ETCカード年会費: 無料、複数枚発行可能
カード総利用枠: 10万円~500万円
ポイント還元率: 1.5%
マイル還元率: ANAマイル、JALマイルへの移行は不可
旅行傷害保険: 海外・国内旅行傷害保険はなし
ショッピング補償保険: 年間補償限度額最高100万円(海外)
付帯サービス: 会計ソフトとの連携サービス
申し込み条件: 満18歳以上の法人代表者または個人事業主

■ポイント高還元率を実現する条件

Airカードは、特にショッピング利用で高いポイント還元率がおすすめの魅力ポイントです。公共料金、通信費、税金以外の利用では1.5%のポイント還元率を誇ります。また、リクルートとJCBが提携して発行しているため、リクルートのサービスでの利用やPontaポイント、dポイントへのポイント移行が可能です。

具体的な条件は以下の通りです。

1.高ポイント還元率
ショッピングでの利用で1.5%のポイント高還元率を実現しているおすすめの法人カードです。これにより、日常の経費やビジネスの支払いで効率よくポイントを貯めることができます。

2.ポイント移行
貯めたポイントはリクルートのサービスで利用できるほか、Pontaポイントやdポイントに移行することが可能な点もおすすめの法人カードです。これにより、ポイントを幅広い用途で活用できます。

Airカードのメリット

この法人カードの主なメリットを以下にまとめます。

1.高いポイント還元率
常時1.5%のポイント還元率は、他の法人カードと比較しても非常に高い水準の法人カードです。日常のビジネス経費をこの法人カードで支払うことで、効率的に法人カードでポイントを貯めることができます。

2.初年度年会費無料キャンペーン
2024年7月10日までの期間限定キャンペーンを利用すれば、初年度の年会費が実質無料になります。これにより、初めての方もリスクなく試すことができるのでおすすめです。

3.ポイントの多様な活用法
リクルートのサービスやPontaポイント、dポイントに移行可能なため、ポイントの利用範囲が広がります。これにより、貯めたポイントを無駄なく活用することができる法人カードです。

4.経費削減
年間約37万円以上の利用で年会費以上のポイントを貯めることができるため、実質的な経費削減が期待できる点もおすすめの法人カードです。

5.付帯サービス
会計ソフトとの連携サービスが利用可能なため、経費管理がスムーズに行えます。

Airカードは高いポイント還元率が魅力ですが、付帯サービスや優待特典は最低限です。また、発行プロセスにおいて、入会審査完了後に申込書類を郵送する必要があります。他の法人カードはWEB上で全ての手続きを完了できるため、手軽さを求める方には向いていない場合があります。

Airカードは、ショッピングでの高いポイント還元率が大きな魅力のおすすめ法人カードです。リクルートのサービスやPontaポイント、dポイントへの移行も可能なため、ポイントの利用幅が広がります。初年度年会費無料キャンペーンも実施中で、試しやすいのもおすすめのポイントです。経費を効率的に管理し、高いポイント還元率を活用したい法人経営者や個人事業主におすすめの法人カードです。最新のキャンペーン情報や詳細は公式サイトで確認してください。

ポイント高還元おすすめ法人カード厳選7選
⑥NTTファイナンスBizカード

NTTファイナンスBizカードは、年会費無料かつ常時1.0%のポイント還元率を誇る、コストパフォーマンスに優れたおすすめの法人カードです。経費を抑えながらも効率的にポイントを貯めたい法人経営者に特に評判が高いです。

■基本情報

国際ブランド: Visa
年会費: 無料
追加クレジットカード年会費: 無料
追加クレジットカード発行可能枚数: 最大10枚

ETCカード年会費: 550円(税込)
ETCカード発行可能枚数: 最大10枚
カード総利用枠: 40万円/60万円/80万円
ポイント還元率: 1.0%
マイル還元率: ANAマイル:0.4%、JALマイル:移行不可
旅行傷害保険: 海外最高2,000万円(自動付帯)、国内最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング補償保険: 年間補償限度額最高100万円(国内・海外)
付帯サービス・優待特典:出光キャッシュバック、Visaビジネスオファー
申し込み条件: 満20歳以上の法人経営者

■ポイント高還元率を実現する条件

ポイント高還元を実現する条件は特別なく、年会費無料で常時1.0%と高いポイント還元率を誇るコストパフォーマンスの高いおすすめの法人カードで、出光興産系のガソリン料金が1リットル当たり最大40円キャッシュバックされる特典もあります。

NTTファイナンスBizカードのメリット

NTTファイナンスBizカードは、以下のようなメリットがあります。

1.年会費無料でのポイント還元率1.0%
常時1.0%の高いポイント還元率がおすすめの法人カードです。ビジネスの支払いをこのカードで行うことで、効率よくポイントを貯めることができる法人カードです。

2.多彩なポイント交換先
貯めたポイントはキャッシュバックやギフトカード交換、提携ポイント・マイルへの移行など、幅広い用途で活用可能な点もおすすめの法人カードです。特に、出光キャッシュバックやVisaビジネスオファーなど、ビジネスで重宝する特典も充実しています。

3.充実した付帯サービス
海外・国内旅行傷害保険が最大2,000万円まで自動付帯されるなど、安心して海外出張や国内旅行を楽しめるサポートが付帯している点も法人カードとしておすすめです。さらに、ショッピング補償保険やカード盗難保険なども付帯しており、万が一の際も安心です。

4.法人経営者向けの便利なサービス
Web上での法人カードの明細分割や、編集サービスの利用が可能です。これにより、経費管理を効率化し、業務効率を向上させることができるポイントもおすすめです。

NTTファイナンスBizカードは、入会申込書の郵送が必要な手続きとなっています。オンラインでのカード発行を希望する場合は、他の法人カードを検討することをおすすめします。

NTTファイナンスBizカードは、年会費無料で常時高いポイント還元率が特徴の法人カードです。豊富なポイント交換先や充実した付帯サービスにより、法人経営者や個人事業主にとって非常に有益な法人カードです。経費を節約しながらも効率的にポイントを貯め、ビジネスをさらに発展させたい方に最適です。最新のキャンペーン情報や詳細は、公式サイトでご確認ください。

ポイント高還元おすすめ法人カード厳選7選
⑦楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカードは、楽天ポイントを高い還元率で貯められるおすすめの法人カードです。楽天市場では最大5.0%のポイント還元率が可能であり、特に経費削減を重視する法人経営者にとって魅力的な選択肢です。

■基本情報

国際ブランド: Visa
法人カード年会費(税込): 2,200円
楽天プレミアムカード年会費(税込): 11,000円が別途必要
追加クレジットカード: 発行不可
ETCカード年会費(税込): 1枚目:無料、2枚目以降:550円
ETCカード発行可能枚数: 複数枚
カード総利用枠: 〜300万円(楽天プレミアムカードとの合算)
ポイント還元率: 1.0%〜最大5.0%
マイル還元率: ANAマイル:0.5%、JALマイル:移行不可
海外旅行傷害保険・国内旅行傷害保険:海外最高5,000万円(一部自動付帯)、国内最高5,000万円(自動付帯)
ショッピング補償保険: 年間補償限度額最高300万円(国内・海外)
付帯サービス・優待特典:Visaビジネスオファー、プライオリティ・パス、国内空港ラウンジサービス、トラベルデスク
クレジットカード申し込み条件: 20歳以上で安定した収入のある法人代表者(会社登記上、代表権を有する方)、個人事業者
楽天ビジネスカードの発行条件: 楽天プレミアムカードの所有が必要

■ポイント高還元率を実現する条件

通常でも1.0%と高いポイント還元率のおすすめ法人カードです。さらに高還元を狙う条件としては、楽天市場での利用がおすすめのポイントです。楽天市場ではポイント還元率最大5.0%が特徴。法人カードとして楽天ビジネスカードを利用することで高ポイント還元率を実現します。また、楽天プレミアムカードで貯めたポイントとポイント合算も可能で効率よくポイントを貯められるおすすめの法人カードです。

楽天ビジネスカードのメリット

楽天ビジネスカードは、以下のような特長があります。

1.最大5.0%の楽天ポイント還元率
楽天市場での利用において最大5.0%のポイント還元率を実現しているおすすめの法人カードです。楽天でのショッピングが多い法人経営者にとって大きなメリットです。

2.豊富な付帯サービス
楽天プレミアムカードとの併用で、プライオリティ・パスや空港ラウンジサービスの無料利用、高額な旅行傷害保険など、充実したサービスが利用可能な点も法人カードとしておすすめです。

3.ETCカード年会費無料(初枚)
車を利用する法人経営者に便利なETCカードが年会費無料で発行可能。2枚目以降も550円(税込)とリーズナブルな料金設定も法人カードとしておすすめポイントです。

4.ポイントの多様な利用方法
貯めた楽天ポイントは、楽天市場でのショッピング以外にも、旅行やビジネスに役立つ様々な用途で利用可能。

楽天ビジネスカードの発行には、楽天プレミアムカードの所有が必要です。また、追加カードの発行が不可という点に注意が必要です。追加カードが必要な場合は他のカードを法人カードとして選択しましょう。

楽天ビジネスカードは、楽天市場での利用が多い法人経営者や個人事業主におすすめの法人カードです。高いポイント還元率と豊富な付帯サービスを活かし、経費削減やビジネスの効率化に貢献します。法人カードとして楽天ビジネスカードの検討をおすすめします。最新のキャンペーン情報や詳細は、公式サイトでご確認ください。

楽天ビジネスカードのメリットは、以下の記事でも詳しく解説しています。本記事では、楽天ビジネスカードのメリットをご紹介しましたが、以下の記事では様々な視点から「楽天ビジネスカード」についてご紹介しているので、気になる方はあわせてご覧ください。

法人カードを選ぶ際に、ポイント還元率や付帯サービスを重視することは前項でもお伝えしてきたように、高還元の法人カードを選ぶおすすめポイントですが、ポイントを最大化させるための条件なども考慮して法人カードを選ぶことも重要です。法人経営者や個人事業主の方々にとって、ビジネスの経費管理を効率化しつつ、ポイントを賢く貯めるための強力なツールとなるでしょう。ぜひ、自社のニーズに合わせて利用を検討してみてください。

ポイント高還元おすすめ法人カード-ポイントの貯め方-

法人カードやビジネスカードでより多くのポイントを貯めるためには、単にポイント還元率の高いカードを法人カードとして選ぶだけでなく、日々の利用方法にも工夫が必要です。ここでは、法人カードを活用して効率的にポイントを貯めるための具体的な方法をご紹介します。

ポイント高還元おすすめ法人カード-ポイントの貯め方-1.
支払いをメイン法人カードに集約する

法人カードでポイントを効率よく貯めるには、支払いを1枚の法人カードに集約するのがおすすめのポイントです。これは、法人カードの年間利用額に応じてポイント還元率がアップする特典を活かしやすくするためです。

例えば、多くの法人カードには一定の利用額を超えるとポイント還元率が上がる特典があります。複数の法人カードに支払いを分散させると、それぞれのカードでポイントが分散し、還元率アップの条件を満たしにくくなります。そのため、メインの法人カードに支払いを集約することで、ポイントを効率よく貯めることができ、おすすめです。

さらに、法人カードによっては、一定のポイントが貯まらないと交換できない場合もあります。支払いを集約することで、ポイントを貯めやすくし、スムーズにポイント交換ができるようになります。

ポイント高還元おすすめ法人カード-ポイントの貯め方-2.
ポイント還元率アップ特典・サービスのフル活用

法人カードを活用する際には、ポイント還元率アップの特典やサービスをうまくフル利用することが重要です。以下に、一般的なポイント還元率アップの方法をいくつかご紹介します。

特定店舗での利用

一部の法人カードでは、特定の店舗で利用するとポイント還元率がアップするおすすめの特典があります。例えば、コンビニや飲食店、オンラインショッピングサイトなどでの利用が対象となることが多いです。

特定の支払い方法を利用

電子マネーや特定の支払い方法を利用することで、ポイント還元率がアップすることがあります。これにより、日常の経費支払いでより多くのポイントを貯めることができるのでおすすめです。

特別会員プログラムの利用

法人カードには、特別会員プログラムへの加入もおすすめです。特別会員プログラムへの加入でポイント還元率がアップするものがあります。例えば、プレミアム会員やゴールド会員などに登録することで、通常よりも高いポイント還元率が適用されます。

期間限定キャンペーンの利用

法人カードでは、期間限定でポイント還元率がアップするキャンペーンを実施することがあります。このキャンペーンも利用することで、通常よりも多くのポイントを獲得できます。

具体的には、三井住友ビジネスプラチナカード for OwnersやJCB CARD Bizなどは、ポイント還元率がアップする特典が充実しているためおすすめです。

  • お役立ちコラム編集部

    興味のある法人カードがあれば、公式サイトで詳細なポイント還元率アップ特典を確認することをおすすめします。

おすすめ記事:法人カード123枚からおすすめの最強16枚を厳選!達人が人気のビジネスカードを比較して選び方を解説

ポイント高還元おすすめ法人カード-ポイントの貯め方-3.
ゴールド・プラチナ法人カードの活用

法人カードでより高いポイント還元率を狙うなら、ゴールドやプラチナランクの法人カードを選ぶのもおすすめです。一般的に、ゴールドやプラチナカードは、通常の法人カードよりも高いポイント還元率や特典が用意されていることが多い法人カードです。

例えば、ゴールドやプラチナカードでは、一般ランクのカードよりも高いポイント還元率が適用されるほか、ボーナスポイントや特別キャンペーンも充実しています。また、旅行保険やラウンジ利用といった付帯サービスも豊富です。

ただし、ゴールドやプラチナカードは年会費が高めに設定されている場合が多いため、費用対効果を考慮して選ぶことをおすすめします。自社の経費支出や利用頻度に応じて、最適な法人カードを選びましょう。

ポイント高還元おすすめ法人カード-ポイントの貯め方-4.
ポイントの活用法

法人カードで貯めたポイントの使い道も重要です。法人カードのポイントは、キャッシュバックや商品交換、提携ポイントへの移行など、様々な使い方ができます。例えば、楽天ビジネスカードの楽天ポイントは、楽天市場でのショッピングや、各種サービスの支払いに充てることができます。

ポイントの使い道が多様であれば、無駄なくポイントを活用でき、経費削減にもつながります。法人カードを選ぶ際には、ポイント還元率だけでなく、自社にとって活用しやすいポイントの使い道も考慮して法人カードを選ぶことをおすすめします。

法人カードを活用して効率的にポイントを貯めるためには、メインカードに支払いを集約することや、ポイント還元率アップ特典をうまく活用することがおすすめの鍵です。また、ゴールドやプラチナカードの利用も検討し、自社に最適な法人カードを選びましょう。貯めたポイントを有効に活用することで、経費削減や業務効率化につなげることができます。法人カードを上手に活用して、ビジネスをより効果的にサポートすることをおすすめします。

ポイント高還元おすすめ法人カード-注意点-

ポイント還元率が高い法人カードやビジネスカードを利用する際には、発行や入会前に確認すべきいくつかの注意点があります。以下では、法人カードを選ぶ際に気をつけたいおすすめのポイントを詳しく紹介します。

ポイント高還元おすすめ法人カード-注意点-1.
ポイントの交換先による還元率の違い

法人カードで貯めたポイントは、交換する商品やサービスによって1ポイントの価値が変わることがあります。これは、どの交換先を選ぶかによってポイント還元率が異なるためです。

例えば、キャッシュバックやギフトカードへの交換、提携ポイントやマイルへの移行など、法人カードのポイントには様々な使い道があります。しかし、交換先によっては同じ1ポイントでも価値が変わってしまうことがあります。したがって、法人カードを申し込む前に、ポイントの利用先とその還元率を確認しておくことを強くおすすめします。

高いポイント還元率を誇る法人カードであっても、ポイントの交換先によっては期待するほどの価値が得られないこともあります。そのため、どのような交換先が自分にとって最もお得かを見極めた上で、法人カードを選ぶのがおすすめです。

ポイント高還元おすすめ法人カード-注意点-2.
ポイントの有効期限と失効に注意

高いポイント還元率の法人カードで貯めたポイントも、有効期限があることが多く、期限を過ぎるとポイントは失効してしまいます。せっかく貯めたポイントが無駄にならないように、有効期限の確認は必須です。

特に、長期的にポイントを貯めて高価な商品やサービスに交換したいと考えている場合は、有効期限の長い法人カードや、有効期限がない法人カードを選ぶのがおすすめです。

  • お役立ちコラム編集部

    一部のゴールド法人カードやプラチナ法人カードでは、ポイントの有効期限が延長される場合もありますので、こうした特典も確認しておきましょう。

ポイント高還元おすすめ法人カード-注意点-3.
年会費無料の法人カードにはポイントプログラムがない場合がある

年会費無料の法人カードは魅力的ですが、注意が必要です。というのも、年会費が無料である代わりに、ポイント還元プログラムが存在しない場合があるからです。年会費無料の法人カードを選ぶ際には、ポイント還元プログラムがあるかどうかを確認することをおすすめします。

ポイント還元プログラムがない場合、法人カードでどれだけ支払いをしてもポイントが貯まらないため、お得感がありません。法人カードを選ぶ際には、年会費だけでなく、ポイント還元プログラムの有無も考慮に入れるべきです。

高還元率の法人カードを選ぶ際には、ポイントの交換先、有効期限、年会費とポイントプログラムの有無など、いくつかの注意点を確認することを強くおすすめします。これらのポイントをしっかりと把握し、自分のビジネスニーズに最適な法人カードを選ぶことで、効率よくポイントを貯めることができ、お得にビジネスを運営することができます。法人カードを上手に活用して、最大限のメリットを引き出しましょう。

法人カードおすすめ・ポイント還元率関連記事:
おすすめ・人気の法人カード・ビジネスカードを年会費・還元率・限度額などで比較

ポイント高還元おすすめ法人カード-Q&A-

ポイント還元率が高い法人カードの選び方や活用法について、よくある質問にお答えします。

Q1.法人向けのクレジットカードでポイントを効率良く貯める方法は?

A: 法人向けクレジットカードでポイントを効率的に貯めるには、以下の方法が効果的です:

高還元率の法人カードを選ぶ

ポイント還元率が高い法人カードやビジネスカードを選びましょう。例えば、楽天ビジネスカードは楽天市場での利用で最大5.0%のポイント還元があります。

入会キャンペーンを活用

入会時に特典として大量のポイントが付与されるキャンペーンを活用すると、初期のポイントを一気に増やせるのでおすすめです。

経費を1枚のカードに集約

複数の法人カードを使用せず、1枚の高還元率の法人カードに経費を集約することで、ポイントの効率的な蓄積が可能となるためおすすめです。これにより、年間利用額に応じてポイント還元率がアップする特典を活用しやすくなります。

特典やサービスを活用

特定の店舗や支払い方法でポイント還元率がアップする特典を利用しましょう。例えば、特別会員プログラムや期間限定キャンペーンなどを活用することで、さらにポイントを貯めることができます。

Q2.年会費が安くてポイント還元率の高い法人カードのおすすめは?

A: 年会費が安く、ポイント還元率が高い法人カードには以下のようなものがあります。

NTTファイナンスBizカード

年会費が無料で、常に1.0%のポイント還元率を誇るおすすめの法人カードです。

楽天ビジネスカード

年会費は2,200円(税込)ですが、楽天市場での利用で最大5.0%のポイント還元が受けられます。また、楽天プレミアムカード(年会費11,000円)が必要ですが、その高いポイント還元率は魅力的です。

他の年会費無料の法人カード

年会費無料の法人カードの中にも、高いポイント還元率を提供するカードがあります。ただし、ポイント還元自体がない法人カードもあるため、事前に確認することを強くおすすめします。

年会費とポイント還元率を総合的に比較し、自分のビジネスニーズに最適な法人カードを選びましょう。

Q3.法人カードの申し込み・審査に必要な書類は?

A: 法人カードの申し込みや審査には、以下のような書類が必要です。

法人申し込みの場合

・登記簿謄本
・法人代表者の本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

個人事業主やフリーランスの場合

・申込者の本人確認書類

申し込みする法人カードによって必要な書類が異なる場合があるため、事前に公式サイトや問い合わせ先で確認することをおすすめします。

Q4.ポイントの個人利用は問題ない?税務上の扱いは?

A: 法人カードで貯めたポイントの個人利用に関する税務上の扱いは、法律で明確には定められていませんが、以下の点に注意する必要があります。

ポイントの税務上の扱い

国税庁によると、法人カードのポイント還元は「停止条件付贈与契約」と見なされ、ポイントが実際に使用された時点で所得として課税される可能性があります。

実務上の取り扱い

ポイントの全てを把握して申告するのは困難とされており、ポイント利用については税務上のグレーゾーンとされています。そのため、法人カードのポイント利用方法や会計処理については、税理士や税務署に相談することが推奨されます。

法人カードで貯めたポイントの個人利用を考える際には、税務リスクを理解し、適切に対応することが重要です。これらのQ&Aを参考に、法人カードを上手に選び、ポイントを効率的に貯めてビジネスの経費削減に役立てましょう。

法人カードおすすめ・ポイント還元率関連記事:
【法人カードおすすめ比較】専門家が法人カードの還元率や年会費、付帯特典などのスペック&選び方を解説![2024年]

まとめ

今回は、ポイント還元率を特に重視したおすすめの法人カードについて徹底解説しましたが、いかがでしたでしょうか。法人カードを選ぶ際には、ポイント還元率を重視することで、経費の一部を有効に活用できる大きなメリットがあります。ポイント還元率が高い法人カードは、経費を支払うたびにお得にポイントが貯まり、ビジネスの運営をさらに効率的にサポートしてくれるおすすめのアイテムです。

特に、楽天ビジネスカードのような高還元率の法人カードは、楽天市場での利用で最大5.0%のポイント還元が期待でき、経費を効率よくポイントに変えることができるのでおすすめです。また、NTTファイナンスBizカードのように年会費が無料でポイント還元率が1.0%という法人カードもおすすめです。

ポイント還元率の高さだけでなく、入会キャンペーンや特典、さらに年会費とのバランスも重要視されることもおすすめします。例えば、年会費が無料のカードでもポイント還元がない場合もあるため、注意が必要です。一方、年会費がかかるカードでも、それ以上のポイント還元率や特典が提供される場合があり、トータルで見たときにお得になることが多いためおすすめです。

さらに、ポイントの有効期限や失効にも注意が必要です。多くの法人カードにはポイントの有効期限が設定されており、期限を過ぎるとポイントが失効してしまいます。そのため、おすすめ法人カードとしては、ポイント有効期限が長いまたは無期限の法人カードを選ぶと、ポイントを無駄なく利用できます。

最後に、法人カードのポイント利用について税務上の扱いも理解しておくことが重要です。ポイントの個人利用や税務処理については、税理士に相談することをおすすめします。

以上を踏まえ、ビジネスのニーズに最適な法人カードを選び、高ポイント還元率を活用して経費を賢く管理しましょう。法人カードの選び方次第で、ビジネスの運営が一段と効率的になり、お得なポイント還元を最大限に活用できるでしょう。法人カードの選定は、ビジネスの成功への一歩です。

今すぐコスト削減
資料請求はこちら
right
株式会社SoVa
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町3-9-7 ARC CUBE日本橋本町3階
TEL:03-6821-1935