【法人カード】個人事業主におすすめの法人カード16選|個人事業主が法人カードを持つメリット・デメリットまで徹底解説!!

更新日:2024年7月19日
お役立ちコラム編集部
監修:お役立ちコラム編集部

法人カードとは

法人カードとは、法人の名義で発行され、法人口座からの引き落としが可能なクレジットカードのことを指し、法人カードはビジネスを効率的に運営するための強力なツールとなります。

法人カードの基本的な特徴

法人カードとは、事業者向けのクレジットカードであり、法人の代表者だけでなく、個人事業主でも作ることが可能です。法人カードを利用することで、事業の支出を一元管理することができ、経理業務の効率化や資金繰りの改善に役立ちます。また、法人カードにはビジネスに特化した特典が付帯されていることが多く、個人事業主にとっても非常に有用です。

個人事業主にとっての法人カードのおすすめポイント

法人カードのおすすめポイント1. 法人口座からの引き落としが可能な点がおすすめ
法人カードのおすすめポイント2. 経理業務の効率化を図れておすすめ
法人カードのおすすめポイント3. ビジネス向けの特典がおすすめ

まず、法人カードの最大の特徴は、法人口座からの引き落としができる点です。これにより、個人事業主のビジネスに関連する支払いを一元管理することが可能です。例えば、商品の仕入れやオフィスの家賃、備品の購入など、ビジネスに関わる高額な出費も法人カード1枚でスマートに処理できます。

  • お役立ちコラム編集部

    このような便利さは個人事業主にとって大きなメリットとなります。

また、個人事業主が法人カードを利用することで、経理業務が大幅に効率化されます。多くの法人カードは会計ソフトと連携しており、支出の明細が自動的に取り込まれるため、手作業での入力の手間が省けます。個人事業主は法人カードにより、経費の管理が簡単になり、ビジネスの財務管理が一層スムーズになります。

さらに、個人事業主が法人カードを利用することで資金繰りの面でも大いに役立ちます。現金での支払いが難しい高額な出費も、法人カードを利用することで一時的に支払いを先延ばしにすることができ、資金繰りに余裕が生まれます。これは特に急な出費が発生した場合や、キャッシュフローが厳しい時に非常に助かります。

個人事業主にとって法人カード(ビジネスカード)が必要かどうかについては、以下の記事でも丁寧に解説しています。すでに個人事業主として開業しており、個人事業主として法人カードを作成するかどうか迷っていると言う方は、ぜひこちらの記事も参考にしてください。

そして、個人事業主が法人カードを利用するもう一つおすすめの魅力は、ビジネス向けの特典が充実している点です。多くの法人カードでは、利用額に応じてポイントが貯まる仕組みがあり、法人カードで貯まったポイントはカードの請求額に充当したり、ビジネスに必要な商品を購入する際に利用することができます。個人事業主が法人カードを利用することにより、ビジネスの運営コストを削減することが可能です。

このように、法人カードは個人事業主にとっても非常におすすめのツールです。法人カードでビジネスの支払いを一元化し、経理業務を効率化し、資金繰りを改善するだけでなく、法人カードのポイント還元によるコスト削減も期待できるため、個人事業主の皆様にはぜひ活用を検討していただきたいアイテムです。法人カードの利用を通じて、個人事業主のビジネス運営が一層スムーズで効率的になることでしょう。次項では、個人事業主向けの法人カードについて解説していきたいと思います。

個人事業主向け法人カードとは

クレジットカードには、個人用と法人用があります。ここでは、個人事業主向けの法人カードについて詳しく解説します。個人事業主向けの法人カードと企業向けの法人カードがどのように違うのかなど、法人カードの利用をおすすめされ検討している個人事業主の方は、ぜひこの解説を参考にしていただければ幸いです。

個人事業主と法人の違い

まず、個人事業主向けとしておすすめの法人カードの解説の前に、個人事業主と法人の違いを理解しておくことをおすすめします。個人事業主は、その事業を営む個人そのものが事業主です。そのため、個人事業主の事業で得た収入に対する税金も個人にかかります。一方、法人は法律上の人格を持つとされており、法人としての権利や義務があります。法人の事業で得た収入に対する税金は、法人に対して課せられます。

個人事業主向け法人カードと企業向け法人カードの違い

つぎに、個人事業主向け法人カードと企業向け法人カードの違いについてですが、法人カードには、中小企業・個人事業主・フリーランス向けの「ビジネスカード」と、大企業・官公庁向けの「コーポレートカード」の2種類があります。

ビジネスカード

ビジネスカードは、個人事業主や中小企業向けにおすすめの設計がなされており、追加カードの発行枚数が少なく、3〜5枚程度が一般的です。特典も個人での利用に適したものが多く、例えば、割引やコンシェルジュサービス、ラウンジサービスなどが代表的です。申込み時には、代表者の本人確認書類のみで済むことが多いので、手続きが比較的簡単です。

コーポレートカード

一方、コーポレートカードは大企業向けで、追加カードの発行上限枚数が多く、20枚以上発行できるものも少なくありません。大規模な組織での予算管理に役立つ機能が付帯されていることが特徴です。申し込みの際には、本人確認書類の他に、法人の謄本や決算書が必要なケースが多いので、手続きが複雑になることがあります。

以上から、個人事業主向けにおすすめの法人カードは、「ビジネスカード」に分類されていることがわかります。

個人事業主が法人カードを利用するメリットの詳細は後述しますが、多岐にわたります。個人事業主が法人カードを利用することで、経理業務が効率化されたり、法人カードは会計ソフトと連携しており、支出の明細が自動的に取り込まれるため、手作業での入力の手間が省けます。また、個人事業主が法人カードを利用することで、資金繰りも改善されるメリットがあります。何より法人カードにはビジネス向けの特典が充実しており、個人事業主の方にもたくさんのメリットを享受していただけます。

お役立ちコラム編集部

特典やメリットなどがある一方で、個人事業主が法人カードを利用する際の注意点もあることはしっかりと頭に入れておきましょう。

しかし、個人事業主が法人カードを利用する際には、いくつかの注意点もあります。法人カードの中には、法人向けの特典やサービスが個人事業主にはあまり適していない場合があります。そして、キャッシング枠がない法人カードも多いため、事業資金の調達をキャッシングで行いたい場合は、個人用クレジットカードを事業用に利用する方が適していることもあります。

個人事業主向けのおすすめ法人カードは、法人カードで2つに大きく分類される中でも「ビジネスカード」が個人事業主におすすめです。法人カードは、ビジネスの支出を一元管理し、経理業務を効率化し、資金繰りを改善するため個人事業主にとっておすすめの強力なツールです。個人事業主が法人カードを利用することで、ビジネス向けの特典も享受でき、個人事業主の事業運営が一層スムーズになります。法人カードを選ぶ際には、個人事業主のニーズに合ったカードを選ぶことが重要です。次項では、個人事業主向けの法人カードのおすすめの選び方について解説していきます。

  • お役立ちコラム編集部

    個人事業主にとっておすすめの法人カードを紹介している記事に関しては以下もおすすめです。

【法人カード】個人事業主におすすめの法人カード関連記事:
【徹底比較】個人事業主向けクレジットカードのおすすめ人気ランキング16選【2024年】

個人事業主におすすめの法人カードの選び方

個人事業主にとって、法人カードはビジネスの運営を効率化し、経費の管理をシンプルにするための強力なツールとしておすすめです。しかし、数多くの個人事業主におすすめ法人カードの中から最適な一枚を選ぶためには、いくつかの重要なポイントを抑えておくことをおすすめします。

  • お役立ちコラム編集部

    ここでは、個人事業主向けのおすすめ法人カードを選ぶ際に必ずチェックしておきたい、個人事業主におすすめの法人カードの選び方を6つ、具体的に解説します。

個人事業主におすすめの法人カードの選び方1.
法人カードの利用限度額に注目

個人事業主におすすめの法人カードの選び方1つ目は、法人カードの利用限度額です。個人事業主が法人カードを選ぶ際に、まず最も重要なのは法人カードの利用限度額です。月々の支出が高額になる業種や事業規模に応じて、適切な限度額を持つ法人カードを選ぶことをおすすめします。法人カードの利用限度額が不足していると、ビジネスの重要な支払いが滞り、個人事業主とってのビジネスチャンスを逃してしまう可能性があります。

例えば、商品の仕入れや店舗の家賃、設備投資など高額な出費が発生する場合は、限度額100万円以上の法人カードも検討しましょう。法人カードの利用限度額は一般的にカードのランクに比例して高くなります。必要に応じて、ゴールドやプラチナなどの上位の法人カードも選択肢に加えることをおすすめします。

法人カードの利用限度額の相場に関するポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

・一般カード:10~100万円
・ゴールドカード:50~300万円
・プラチナカード:150~500万円

個人事業主におすすめの法人カードの選び方2.
法人カードの特典に着目

個人事業主におすすめの法人カードの選び方2つ目は、法人カードの特典のポイントです。個人事業主が法人カードを選ぶ際には、個人事業主のビジネスに役立つ特典の有無も重要なポイントです。特に、個人事業主にとっても会計ソフトとの連携機能は必須です。会計ソフトと連携することで、法人カード明細が自動で会計ソフトに反映されるため、手入力の手間やミスを大幅に減らすことができるので非常におすすめです。

また、個人事業主のビジネスで利用するサービスが割引になる法人カードもチェックしましょう。例えば、会計ソフトやクラウドサービスの利用料が割引になる法人カードを選ぶと、月々のコストを削減することができるので個人事業主の方におすすめです。

出張や接待が多い個人事業主の方は、コンシェルジュサービスやラウンジサービスが付帯している法人カードもおすすめです。コンシェルジュサービスを利用すると、秘書のように飛行機やホテルの手配、会食用レストランの選定を行ってくれるので、個人事業主の方のビジネスの効率を大幅に向上させることができます。

個人事業主におすすめの法人カードの選び方3.
法人カード審査の難易度に着目

個人事業主におすすめの法人カードの選び方3つ目は、法人カードの審査に通りやすいかどうかで選ぶポイントです。法人カードの審査は、通常のクレジットカードよりも厳しいとされていますが、個人事業主向けのおすすめ法人カードであれば、個人の信用情報や支払い能力が審査の対象となるため、比較的発行しやすいとされています。

特に、個人事業主として独立したばかりで法人カード審査が心配な方は、まずは一般の法人カードを選ぶと良いでしょう。ゴールドの法人カードやプラチナの法人カードは限度額が高いため、審査が厳しくなる傾向があります。まずは法人カードの利用限度額が低めの一般の法人カードを基準に選び、個人事業主の方の事業成長に応じて上位カードに切り替えることをおすすめします。

また、個人事業主の方にローンの利用がある場合や法人カードの審査に通らない場合は、法人用デビットカードも検討してみましょう。

  • お役立ちコラム編集部

    デビットカードは審査が不要で、法人口座から即時に引き落とされるため、信用情報に不安がある個人事業主の方におすすめです。

個人事業主におすすめの法人カードの選び方4.
年会費に着目

個人事業主におすすめの法人カードの選び方4つ目は、年会費に着目するポイントです。法人カードの年会費は経費として計上できるため、高額な年会費を支払ってもそれほど問題にはなりません。しかし、個人事業主の方の事業に必要な法人カードの利用限度額や特典を考慮して、法人カードの年会費の有無を確認することは非常に重要です。

個人事業主の事業で、月々の支払いが50万円を超える場合は、有料の法人カードも検討してください。物販などの仕入れが多い業種では、月々の支出が大きくなるため、ゴールドの法人カードやプラチナの法人カードを選ぶことで、より高い限度額や充実した特典を享受できるのでおすすめです。

一方、個人事業主でもプログラマーやデザイナーといった比較的月々の支出が少ない業種の個人事業主の場合は、法人カードの年会費が無料のカードでも十分な限度額を確保できることが多いでしょう。年会費無料の法人カードでも、特典やサービスが充実しているものを選ぶことで、個人事業主のビジネスの効率化に役立てることができるのでおすすめです。

  • お役立ちコラム編集部

    法人カードを作る際になるべくコストを抑えたい個人事業主の方に向けて、年会費が無料の法人カードを以下の記事で厳選してまとめています。年会費が無料の法人カードを作成したいと思っている方は、ぜひ以下の記事も参考にしてみてください。

    おすすめ参考記事:年会費無料でおすすめの法人カードを徹底解説

個人事業主におすすめの法人カードの選び方5.
車の利用が多い方は、ETCカードに着目

個人事業主におすすめの法人カードの選び方5つ目は、車で法人カードを利用するメリットがあるかどうかのポイントです。個人事業主の方の業務で、頻繁に車を利用する場合は、ETCカードが発行できる法人カードを選ぶと良いでしょう。ETCカードを利用することで、法人口座から直接高速道路の利用料金を支払うことができ、個人事業主の方の経費処理が楽になります。

さらに、ETC割引やポイント、ETCマイレージが貯まる法人カードを選ぶことで、経費を節約することができます。また、ガソリン割引を受けられる法人カードもおすすめです。給油のたびにリッターあたりの値段が割引になる法人カードを選べば、年間のガソリン代を大幅にカットすることができるので個人事業主の方にも非常におすすめです。車を頻繁に利用する個人事業主の方は、これらのおすすめポイントも重視して法人カードを選びましょう。

個人事業主におすすめの法人カードの選び方6.
還元率の目安とポイントの使い道に着目

個人事業主におすすめの法人カードの選び方6つ目は、ポイント還元率とそのポイントの使い道について着目するポイントです。個人事業主の方が法人カードを選ぶ際に、ポイント還元率も重要なチェックポイントです。一般的に還元率0.50%が目安とされており、この還元率があれば十分に高還元と言えるでしょう。

個人事業主の方が、法人カードで貯めたポイントの使い道も確認しておくことを強くおすすめします。例えば、飛行機での出張が多い場合はマイルが貯まる法人カードを選ぶと便利です。また、付与されたポイントで個人事業主のビジネスに必要な備品を購入したい場合は、楽天ポイントが貯まる法人カードを選ぶことをおすすめします。

特定の使い道が決まっていない個人事業主の方は、法人カードの請求額にポイントを充当できる法人カードがおすすめです。これにより、実質的にどんな支払いにもポイントを利用でき、ダイレクトに個人事業主の事業の経費削減に繋がります。

個人事業主の方が法人カードを選ぶ際には、限度額や特典、年会費、ポイント還元率などの様々な要素を総合的に考慮することが重要であり、非常におすすめです。個人事業主のビジネスの特性やニーズに合った法人カードを選ぶことで、経費の管理が効率化され、ビジネスの運営がスムーズになります。個人事業主の方も法人カードを上手に活用して、自身のビジネスの成長をサポートしましょう。次項では、個人事業主におすすめの法人カードを解説していきます。

【法人カード】個人事業主におすすめの法人カード16選

個人事業主にとって、法人カードは経費管理やポイント還元など、さまざまなメリットをもたらす重要なツールです。今回は、特に個人事業主におすすめの法人カードを厳選して解説していきます。

個人事業主におすすめの法人カード①
Airカード

個人事業主におすすめの法人カード1選目は、「Airカード」です。Airカードは、高還元率を誇る法人カードとしておすすめの法人カードです。特にポイントを効率よく貯めたい個人事業主におすすめで、ポイント還元率は1.50%と非常に高く、年会費は5,500円ですが、年間37万円以上利用すればポイントで年会費を相殺することが可能です。


ホテル割引や福利厚生などの優待サービスが少ないのがデメリット
のひとつですが、リクルート系サービスとの相性も抜群な点も個人事業主におすすめで、例えばじゃらんでの利用で3.50%、ポンパレモールでの利用で最大21.50%のポイントが還元されます。また、freeeや弥生会計などの会計ソフトとも連携が可能で、経費管理を効率化できる点も個人事業主におすすめの法人カードです。

基本情報

項目詳細
ポイント還元率1.50%
年会費5,500円
連携できるクラウド会計ツールfreee、弥生会計、ソリマチ
申し込み対象個人事業主・中小企業
追加カード年会費3,300円
ポイントアップ店ポンパレモール、じゃらん、ホットペッパーグルメ
必要書類代表者本人確認書類、謄本(登記事項証明書・登記簿謄本・商業登記簿謄本)
ETCカード年会費不明
貯まるポイントリクルートポイント
ポイント有効期限最終加算日から12か月後の月末まで
ポイントの付与単位200円で3ポイント
国内旅行保険・海外旅行保険
優待サービス・付帯サービス
ETCカード発行可能あり
国際ブランドJCB

Airカードは、ポイント還元率の高い法人カードとして人気ですが、Airカードについてさらに深く知りたい方は、ぜひ以下の記事も参考にしてみてください。以下の記事では、ポイント高還元のAirカードについて詳しく解説しています。

個人事業主におすすめの法人カード②
楽天ビジネスカード

個人事業主におすすめの法人カード2選目は、「楽天ビジネスカード」です。楽天市場での利用でいつでも5.00%還元される「楽天ビジネスカード」は、楽天サービスをよく利用する個人事業主におすすめの法人カードです。ポイント還元率は1.00%で、年会費も2,200円とリーズナブルです。さらに、会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」や「マネーフォワード クラウド確定申告」を3か月間無料で利用できる特典も個人事業主の方におすすめです。

楽天ビジネスカードのデメリットとしては、空港サービスやホテル割引など法人カード付帯のサービスが少ない点ですが、楽天サービスをよくご利用される方にはメリットを享受しやすい法人カードとして個人事業主の方におすすめです。

基本情報

項目詳細
ポイント還元率1.00%
年会費2,200円
連携できるクラウド会計ツールマネーフォワード
申し込み対象個人事業主・中小企業
ポイントアップ店楽天市場
必要書類個人事業主:預金口座振替依頼書、
法人代表者:法人名義預金口座からの支払いに関する同意書、謄本、預金口座振替依頼書
ETCカード年会費無料(2枚目より1枚につき550円)
貯まるポイント楽天ポイント
ポイント有効期限付与された月の翌年同月の前月末日
ポイントの付与単位100円で1ポイント
国内旅行保険・海外旅行保険
優待サービス・付帯サービス
ETCカード発行可能あり
国際ブランドVISA

個人事業主におすすめの法人カード③
セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®︎・カード

個人事業主におすすめの法人カード3選目は、「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®︎・カード」です。セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®︎・カードは、年会費無料で、特定加盟店の利用で通常の4倍のポイントが還元される、個人事業主におすすめの法人カードです。国内での利用はポイント還元率が0.50%ですが、海外での利用なら常に1.00%のポイントが貯まるので、海外出張の多い個人事業主の方には特におすすめの法人カードです。また、クラウドワークスやアマゾンウェブサービスなど、ビジネスに役立つ特定加盟店でお得にポイントを貯められる点もおすすめです。

さらに、「マネーフォワード クラウド」などの会計ソフトへの紐付けが可能で、これらの会計ソフトはいずれも特定加盟店に含まれています。そのため、会計ソフトの導入費用の一部をポイントで相殺できる点も個人事業主の方に非常におすすめできる法人カードです。

基本情報

項目詳細
ポイント還元率0.50%
年会費永年無料
連携できるクラウド会計ツールかんたんクラウド、マネーフォワード
申し込み対象個人事業主・中小企業
追加カード年会費無料
ポイントアップ店
必要書類代表者本人確認書類
ETCカード年会費無料
貯まるポイント永久不滅ポイント
ポイント有効期限無期限
ポイントの付与単位1,000円で1ポイント
国内旅行保険・海外旅行保険
優待サービスホテル割引
ETCカード発行可能あり
国際ブランドAMEX

個人事業主におすすめの法人カード④
三井住友カード ビジネスオーナーズ

個人事業主におすすめの法人カード④三井住友カード ビジネスオーナーズ

個人事業主におすすめの法人カード4選目は、「三井住友カード ビジネスオーナーズ」です。三井住友カード ビジネスオーナーズは、年会費が永年無料で、三井住友カード(NL)との2枚持ちがお得な個人事業主におすすめの法人カードです。Amazon、ANA、JALなどの対象店舗での買い物が最大1.50%還元される点がおすすめの魅力です。さらに、「Vpassアプリ」を使えば、公私の支払いを1つのアプリで管理できる利便性もあります。

また、年会費が永年無料なため、開業したての個人事業主の方や、コストを削減したい方に特におすすめの法人カードです。

おすすめ記事:三井住友カード ビジネスオーナーズの評判はどう?メリット・デメリットも解説

基本情報

項目詳細
ポイント還元率0.50%
年会費無料
連携できるクラウド会計ツールマネーフォワード
申し込み対象18歳以上の会社経営者・法人代表者・個人事業主(副業、フリーランスを含む)
追加カード年会費無料
ポイントアップ店セブン-イレブン、ローソン、マクドナルド、ドトール
必要書類代表者本人確認書類
ETCカード年会費550円(初年度無料、前年1回の利用で翌年無料)
貯まるポイントVポイント
ポイント有効期限獲得月から2年
ポイントの付与単位200円で1ポイント
国内旅行保険・海外旅行保険ー / 利用付帯
優待サービス・付帯サービス福利厚生
ETCカード発行可能あり
国際ブランドVisa、MasterCard

個人事業主におすすめの法人カード⑤
ライフカードビジネスライト・プラス(スタンダード)

個人事業主におすすめの法人カード5選目は、「ライフカードビジネスライトプラス(スタンダード)」です。ライフカードビジネスライトプラス(スタンダード)は、個人事業主の方の事業での年間利用額に応じてポイント還元率が最大2倍になるおすすめの法人カードです。年会費無料で、ポイント還元率は0.50%ですが、年間50万円以上の利用で1.5倍、100万円以上で1.8倍、200万円以上で2倍になります。誕生月には還元率が3倍になるため、効果的にポイントを貯めることが可能な点も個人事業主の方におすすめです。

さらに、マネーフォワード の会計ソフトとの連携も可能で、「マネーフォワード クラウド確定申告」「マネーフォワード クラウド会計」の有料プランを3か月間無料で利用できる特典もあるので、会計ソフトの導入費用を抑えたい個人事業主の方にもおすすめの法人カードです。

基本情報

項目詳細
ポイント還元率0.50%
年会費無料
連携できるクラウド会計ツールマネーフォワード
申し込み対象個人事業主・中小企業
追加カード年会費無料
ポイントアップ店
必要書類代表者本人確認書類
ETCカード年会費無料
貯まるポイントLIFEサンクスポイント
ポイント有効期限5年※自動で2年間有効、以降は毎年繰越手続きをすることにより、最大3年間有効
ポイントの付与単位1,000円で1ポイント
国内旅行保険・海外旅行保険
優待サービス・付帯サービス福利厚生
ETCカード発行可能あり
国際ブランドVISA、Mastercard、JCB

個人事業主におすすめの法人カード⑥
JCB一般法人カード

個人事業主におすすめの法人カード6選目は、「JCB一般法人カード」です。JCB一般法人カードは、年間利用額に応じてポイント還元率がアップする制度や、弥生会計の会計ソフトを2年間無料で利用できる点が個人事業主におすすめできる法人カードです。ポイント還元率は0.50%ですが、年間30万円以上利用すると1.1倍、50万円以上で1.2倍、100万円以上利用で1.5倍になります。還元率アップの条件はやさしく、どなたでも高還元率を獲得できる点も個人事業主の方におすすめです。

また、海外出張が多い個人事業主の方であれば、Web明細サービス「MyJチェック」に登録して、海外のJCB加盟店で利用すれば自動的に2倍のポイントが還元されるサービスもおすすめの法人カードです。

基本情報

項目詳細
ポイント還元率0.50%
年会費1,375円(初年度無料)
連携できるクラウド会計ツールfree、弥生会計、ソリマチ
申し込み対象個人事業主・中小企業
追加カード年会費1,375円(初年度無料)
ポイントアップ店Amazon、セブン-イレブン、ローソン、イトーヨーカドー、出光
必要書類代表者本人確認書類
ETCカード年会費無料
貯まるポイントOkiDokiポイント
ポイント有効期限獲得月から2年(24か月)後の15日まで
ポイントの付与単位1,000円で1ポイント
国内旅行保険・海外旅行保険利用付帯
優待サービスホテル割引
ETCカード発行可能あり
国際ブランドJCB

個人事業主におすすめの法人カード⑦
JCB CARD Biz 一般カード

個人事業主におすすめの法人カード7選目は、「JCB CARD Biz 一般カード」です。JCB CARD Biz 一般カードは、年会費初年度無料で、次年度より1,375円の年会費がかかりますが、「freee」、「弥生会計」、「ソリマチ」の中から個人事業主自身に合う会計ソフトが選べる点が非常におすすめな法人カードです。開業したての時期で、かかる費用はできるだけ抑えたいという個人事業主には特におすすめです。

また、特定加盟店での利用で効率よくポイントを貯められる点も個人事業主の方にとっておすすめの魅力です。ガソリンスタンド、タイムズのコインパーキングで2倍のポイント、Amazonで3倍のポイントが還元されるので、車をよく使う個人事業主の方や、Amazonでの利用が多い個人事業主の方に特におすすめの法人カードです。さらに、飛行機を使った出張が多い個人事業主の方におすすめのポイントとしては、貯めたポイントをANAマイルやJALマイルに交換することで出張費を抑えることも可能な点です。

基本情報

項目詳細
ポイント還元率0.50%
年会費1,375円※初年度無料
連携できるクラウド会計ツールfreee、弥生会計、ソリマチ
申し込み対象個人事業主・中小企業
追加カード年会費
ポイントアップ店Amazon、セブン-イレブン、ローソン、イトーヨーカドー、出光
必要書類代表者本人確認書類
ETCカード年会費無料
貯まるポイントOkiDokiポイント
ポイント有効期限獲得月から2年(24か月)後の15日まで
ポイントの付与単位1,000円で1ポイント
国内旅行保険・海外旅行保険利用付帯
優待サービス・付帯サービスホテル割引、福利厚生
ETCカード発行可能あり
国際ブランドJCB

個人事業主におすすめの法人カード⑧
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®︎・カード

個人事業主におすすめの法人カード8選目は、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®︎・カード」です。セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®︎・カードは、プライオリティ・パスを無料で利用できるので、海外出張が多い個人事業主の方に特におすすめの法人カードです。年会費22,000円ですが、最大0.50%のポイント還元が可能です。さらに、プラチナカードならではの特典として、コンシェルジュサービスや空港ラウンジの利用が可能です。

また、経費精算にかかわる業務を自動化できるサービスの、「staple」と連携が可能な点も経費管理がスムーズにできるのでおすすめです。しかし、年会費が高いわりにポイント還元が低いデメリットがあるため、特典・サービスをフル活用できる個人事業主の方であれば、非常におすすめの法人カードです。

基本情報

項目詳細
ポイント還元率0.50%
年会費22,000円(初年度無料)
連携できるクラウド会計ツールstaple
申し込み対象個人事業主・中小企業
追加カード年会費3,300円
ポイントアップ店イオン、ビックカメラ
必要書類代表者本人確認書類
ETCカード年会費無料
貯まるポイント永久不滅ポイント
ポイント有効期限無期限
ポイントの付与単位1,000円で1ポイント
国内旅行保険・海外旅行保険自動付帯 / 利用付帯
優待サービスホテル割引、レストラン割引
付帯サービス空港ラウンジ利用可能
ETCカード発行可能あり
国際ブランドAMEX

個人事業主におすすめの法人カード⑨
JCBゴールド法人カード

個人事業主におすすめの法人カード9選目は、「JCBゴールド法人カード」です。JCBゴールド法人カードは、ジェーシービーが提供するビジネスカードで、会計ソフトの導入費用を節約できる点が個人事業主におすすめの法人カードです。ポイント還元率は0.50%で、年会費は初年度無料、次年度からは11,000円がかかります。経理業務の効率化には、freee、弥生会計、ソリマチの3つのクラウド会計ツールと連携できます。特に弥生会計との連携では1~2年間無料で利用でき、導入コストを抑えたい個人事業主の方にとっておすすめですが、年会費が11,000円かかる点はデメリットのため、年会費無料の法人カードを希望する個人事業主の方は他のカードを検討することをおすすめします。

基本情報

項目内容
ポイント還元率0.50%
年会費11,000円(初年度無料)
連携できるクラウド会計ツールfreee、弥生会計、ソリマチ
申し込み対象個人事業主、中小企業
追加カード年会費3,300円(初年度無料)
ポイントアップ店Amazon、セブン-イレブン、ローソン、イトーヨーカドー、出光
必要書類代表者本人確認書類(法人の場合は法人の本人確認書類)
ETCカード年会費無料
貯まるポイントOkiDokiポイント
ポイント有効期限獲得月から3年(36か月)後の15日まで
ポイントの付与単位1,000円で1ポイント
国内旅行保険・海外旅行保険利用付帯
ETCカード発行可能あり
優待サービス・付帯サービスホテル割引、福利厚生、空港ラウンジ利用可能
国際ブランドJCB

個人事業主におすすめの法人カード⑩
アメリカン・エキスプレス®・ビジネス・グリーン・カード

個人事業主におすすめの法人カード10選目は、「アメリカン・エキスプレス®︎・ビジネス・カード」です。アメリカン・エキスプレス®︎・ビジネス・カードは、freee会計との連携が可能で、出張の多い個人事業主の方におすすめの法人カードです。年会費は13,200円で、ポイント還元率は0.30%です。出張時に便利なクロークやパーキングサービス、高級ホテル割引など、アメックスならではの豪華な特典が付帯している点が特に個人事業主におすすめの法人カードですが、ポイント還元率が低い点がデメリットです。

基本情報

項目内容
ポイント還元率0.30%
年会費13,200円
連携できるクラウド会計ツールfreee
申し込み対象個人事業主、中小企業
追加カード年会費6,600円
ポイントアップ店オイシックス、じゃらん、ふるさと本舗
必要書類代表者本人確認書類
ETCカード年会費550円
貯まるポイントリワードポイント
ポイント有効期限3年(ポイント利用で無期限)
国内旅行保険・海外旅行保険利用付帯
ETCカード発行可能あり
優待サービス・付帯サービスホテル割引、レストラン割引、クローク、福利厚生
国際ブランドAMEX

お役立ちコラム編集部

個人事業主の方で、審査が甘い法人カードを探している方は、以下の記事も参考にしてください!

個人事業主におすすめの法人カード⑪
三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド

個人事業主におすすめの法人カード11選目は、「三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールド」です。三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドは、三井住友カード(NL)など対象となる三井住友カードと2枚持ちすれば、Amazon・ANA・JALなどの対象加盟店での買い物で最大1.50%のポイント還元となる点が個人事業主におすすめの法人カードです。しかし、年会費が5500円かかるため、コストを抑えたい個人事業主の方にはあまりおすすめとは言えないカードですが、ポイント還元率アップの対象となる三井住友カードを持っている個人事業主の方は一度検討してみることをおすすめします。

基本情報

項目内容
ポイント還元率0.50%
年会費5,500円(年100万円利用で翌年から無料)(*注1)
連携できるクラウド会計ツールマネーフォワード
申し込み対象18歳以上の会社経営者、法人代表者、個人事業主
追加カード年会費無料
ポイントアップ店セブン-イレブン、ローソン、マクドナルド、ドトールなど
必要書類代表者本人確認書類
ETCカード年会費550円(初年度無料・前年1回の利用で翌年無料)
貯まるポイントVポイント
ポイント有効期限獲得月から3年
ポイントの付与単位200円で1ポイント
国内旅行保険・海外旅行保険利用付帯
ETCカード発行可能あり
優待サービス・付帯サービスホテル割引、福利厚生
国際ブランドVisa、MasterCard
*注1 ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります。

三井住友カード ビジネスオーナーズゴールドの特徴や「三井住友カードビジネスオーナーズ」との違いについては、以下の記事でも丁寧にご紹介しています。三井住友カード ビジネスオーナーズゴールドについて興味のある方は、あわせて参考にしてみてください。

個人事業主におすすめの法人カード⑫
ラグジュアリーカード Mastercard® Black Card™

個人事業主におすすめの法人カード12選目は、「ラグジュアリーカード Mastercard®︎ Black Card™️」です。ラグジュアリーカード Mastercard®︎ Black Card™️は、豪華な特典や優待を重視したい個人事業主の方におすすめの法人カードです。特に特別なディナーでの優待が充実しており、対象レストランでは片道無料のリムジン送迎サービスがあります。プライオリティ・パスも無料で利用でき、空港サービスが充実しています。また、ポイント還元率も1.25%と高還元ですが、ボーナスポイントがない点がデメリットです。年会費は110,000円と高額ですが、豪華な特典を享受したい個人事業主の方には特におすすめとなる法人カードです。

基本情報

項目内容
ポイント還元率            1.25%
年会費110,000円
連携できるクラウド会計ツール弥生会計、マネーフォワード
申し込み対象個人事業主・中小企業
追加カード年会費27,500円
追加カード上限枚数4枚
必要書類代表者本人確認書類
ETCカード年会費無料
貯まるポイントラグジュアリー・リワード
ポイント有効期限5年
ポイントの付与単位200円で2ポイント(さらに利用明細400円ごとに1ポイント)
国内旅行保険・海外旅行保険利用付帯 / 自動付帯
ETCカード発行可能あり
優待サービスラグジュアリーホテル優待、Booking.com、エイビス・バジェット・グループ、エンタープライズ、アラモレンタカー、スーパーカー優待プログラム、家事代行サービス、バイリンガル・ベビーシッター、フラワーサービスなど
付帯サービスラグジュアリーリムジン、ラグジュアリーカードラウンジアワー、国際線手荷物無料宅配、ワールドワイドサポート、国立美術館アート鑑賞、名門ゴルフ場優待・予約サービスなど
コンシェルジュサービスあり
国際ブランドMastercard

個人事業主におすすめの法人カード⑬
ラグジュアリーカード Mastercard® Titanium Card™

個人事業主におすすめの法人カード13選目は、「ラグジュアリーカード Mastercard®︎ Titanium Card™️」です。ラグジュアリーカード Mastercard®︎ Titanium Card™️は、出張や旅行で空港を頻繁に利用する個人事業主の方におすすめの法人カードです。プライオリティ・パスが完全無料で、ホテル優待・部屋のアップグレード・対象のレストランでコース料理の1名無料特典など、付帯特典も充実しており、空港からの手荷物宅配やチャーターサービスも無料で利用できる点も非常におすすめです。年会費は55,000円ですが、コンシェルジュサービスの使いやすさや、空港からのチャーターサービスが利用できるプラチナカードの中では最安値で個人事業主におすすめの法人カードです。

また、ポイント還元率は1.00%と高めですが、ボーナスポイントがない点はデメリット。しかし、ポイント還元率は低いわけではないため、ポイントは比較的貯まりやすく、法人カードとして個人事業主の方にもおすすめです。

基本情報

項目内容
ポイント還元率            1.00%
年会費55,000円
連携できるクラウド会計ツール弥生会計、マネーフォワード
申し込み対象個人事業主・中小企業
追加カード年会費16,500円
追加カード上限枚数4枚
ポイントアップ店
必要書類代表者本人確認書類
ETCカード年会費無料
貯まるポイントラグジュアリー・リワード
ポイント有効期限5年
ポイントの付与単位200円で2ポイント
国内旅行保険・海外旅行保険利用付帯 / 自動付帯
ETCカード発行可能あり
優待サービスラグジュアリーホテル優待、Booking.com、エイビス・バジェット・グループ、エンタープライズ、アラモレンタカー、スーパーカー優待プログラム、家事代行サービス、バイリンガル・ベビーシッター、フラワーサービスなど
付帯サービスラグジュアリーリムジン、ラグジュアリーカードラウンジアワー、国際線手荷物無料宅配、ワールドワイドサポート、国立美術館アート鑑賞、名門ゴルフ場優待・予約サービスなど
コンシェルジュサービスあり
国際ブランドMastercard

個人事業主におすすめの法人カード⑭
ダイナースクラブ ビジネスカード

個人事業主におすすめの法人カード14選目は、「ダイナースクラブ ビジネスカード」です。ダイナースクラブ ビジネスカードは、三井住友トラストクラブが発行するビジネスカードで、「freee会計」を割引価格で利用できるため、会計ソフトを導入費用を抑えたい個人事業主の方におすすめの法人カードです。

また、高級ホテル割引・レストラン割引、空港ラウンジ特典など、さまざまな優待サービスも付帯しているため、出張が多い個人事業主の方や、ビジネスで接待が多い個人事業主の方にも特におすすめの法人カードです。しかし、ポイントをキャッシュバックした場合はのポイント還元率は0.30%と低い還元率。年会費も27,500円と高額なため、会計ソフトの導入、出張や接待の多さなど加味した上で、費用対効果を得られる点が多い個人事業主の方にはおすすめの法人カードです。

基本情報

項目内容
ポイント還元率0.40%
年会費27,500円
連携できるクラウド会計ツールfreee
申し込み対象個人事業主・中小企業
追加カード年会費無料
追加カード上限枚数4枚
ポイントアップ店
必要書類代表者本人確認書類
ETCカード年会費無料
貯まるポイントダイナースクラブ リワードポイント
ポイント有効期限無期限
ポイントの付与単位100円で1ポイント
国内旅行保険・海外旅行保険利用付帯 / 自動付帯付き利用付帯
ETCカード発行可能あり
優待サービス・付帯サービスホテル割引、レストラン割引
国際ブランドDiners Club

個人事業主におすすめの法人カード⑮
アメリカン・エキスプレス®︎・ビジネス・ゴールド・カード

個人事業主におすすめの法人カード15選目は、「アメリカン・エキスプレス®︎・ビジネス・ゴールド・カード」です。アメリカン・エキスプレス®︎・ビジネス・ゴールド・カードは、アメリカン・エキスプレスが発行するビジネスカードで、高級なレストランの割引サービスがおすすめの魅力で、特別な接待が多い個人事業主の方におすすめの法人カードです。

また、経理業務を楽にしたい方におすすめの「freee会計」との連携が可能で、スマートフォン上でカードの利用明細を確認できたり、CSVでダウンロードのできるので個人事業主の方におすすめです。しかし、ポイント還元率が低いため、ポイントを重視される個人事業主の方にはおすすめできませんが、アメリカン・エキスプレス®︎・ビジネス・ゴールド・カードに付帯する特典や優待サービスを活用できる個人事業主の方には非常におすすめの法人カードです。

基本情報

項目内容
ポイント還元率0.30%
年会費36,300円
連携できるクラウド会計ツールfreee
申し込み対象個人事業主・中小企業
追加カード年会費13,200円
ポイントアップ店オイシックス、じゃらん、ふるさと本舗など
必要書類代表者本人確認書類
ETCカード年会費550円
貯まるポイントリワードポイント
ポイント有効期限3年(ポイント利用で無期限)
ポイントの付与単位100円で1ポイント
国内旅行保険・海外旅行保険利用付帯
ETCカード発行可能あり
優待サービス・付帯サービスホテル割引、レストラン割引、クローク、福利厚生
国際ブランドAMEX

個人事業主におすすめの法人カード⑯
アメリカン・エキスプレス®︎・ビジネス・プラチナ・カード

個人事業主におすすめの法人カード16選目は、「アメリカン・エキスプレス®︎・ビジネス・プラチナ・カード」です。アメリカン・エキスプレス®︎・ビジネス・プラチナ・カードは、コンシェルジュサービスや健康サポートサービスなど、プラチナカードならではの豪華な特典を活用し、ワンランク上の日常を手に入れたい個人事業主の方におすすめの法人カードです。また、経理業務についても「freee会計」と連携可能なため、ほぼ自動化できるので非常に楽になる点も個人事業主の方におすすめです。「オンライン・サービス」を利用すれば、最新のカード利用額の確認や、利用明細のCSV・Excel形式での保存もできます。

しかし、年会費は165,000円と高額なため、日常的に付帯する特典やサービスを利用できる個人事業主の方であれば、おすすめできる法人カードです。

基本情報

項目内容
ポイント還元率0.30%
年会費165,000円
連携できるクラウド会計ツールfreee
申し込み対象個人事業主・中小企業
追加カード年会費無料(5枚目以上は1枚につき13,200円)
ポイントアップ店
必要書類代表者本人確認書類
ETCカード年会費550円
貯まるポイントリワードポイント
ポイント有効期限無期限(メンバーシップ・リワード・プラスに登録必要)
ポイントの付与単位100円で1ポイント
国内旅行保険・海外旅行保険自動付帯 / 自動付帯付き利用付帯
ETCカード発行可能あり
優待サービス・付帯サービスホテル割引、レストラン割引、福利厚生
コンシェルジュサービスあり
プライオリティ・パス無料
国際ブランドAMEX

以上、個人事業主の方におすすめの法人カード16選を紹介させていただきました。これら法人カードは、法人企業、個人事業主それぞれビジネスニーズに応じたおすすめの特徴を持っています。年会費やポイント還元率、クラウド会計ツールとの連携、出張で便利なサービスや、大切な接待で利用できる高級レストランでの割引サービス特典など、自分のビジネススタイルに最も適した法人カードを選び、お得なメリットを享受してビジネスを加速させましょう。

次項では、個人事業主におすすめの法人カードで、個人事業主におすすめのポイント別の法人カードを解説していきたいと思います。

【法人カード】個人事業主におすすめの法人カード-おすすめポイント別-

個人事業主におすすめの法人カードは数多くのおすすめがあり、個人事業主とってどれが最適かを選ぶのはとても悩ましいことかもしれません。個人事業主として、ビジネスのニーズに応じた最適な法人カードを選ぶためには、まず何を重視するのかを明確にすることをおすすめします。ポイント還元率を重視するのか、付帯サービスを重視するのか、はたまた年会費を重視するのか、個人事業主の方は、さまざまな観点から法人カードを選ぶ基準を決めましょう。ここでは、おすすめポイント別に、個人事業主におすすめの法人カードを紹介していきます。

個人事業主におすすめの法人カード
高還元率を重視する個人事業主におすすめ

ポイント高還元率を重視する個人事業主におすすめの法人カードは、個人事業主のビジネスの出費や仕入れで効率よくポイントを貯めることができるため非常に魅力的でおすすめです。以下に、個人事業主におすすめで特にポイント高還元率の法人カードを紹介します。

Airカード

Airカードは、基本ポイント還元率1.5%という高還元率が大きく個人事業主におすすめの法人カードです。リクルートが提供しており、リクルートポイントをじゃらんなどのサービスで利用可能です。また、ポイントをdポイントやPontaポイントに交換することもできる点もおすすめです。法人カードの年会費は通常5,500円ですが、キャンペーン適用で初年度の年会費は実質無料になります。リクルートポイントで年会費相当額のポイントが加算されるため、非常にお得で個人事業主の方におすすめです。

楽天ビジネスカード

楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードの付随カードとして発行されます。通常の還元率は1%ですが、楽天市場での利用では還元率が5%になる個人事業主におすすめの法人カードです。楽天ビジネスカードの年会費は2,200円ですが、楽天プレミアムカードを持っていることが条件で、楽天プレミアムカードの年会費と合計して13,200円がかかります。豊富な特典があるため、特典と還元率を考慮して発行するメリットがありおすすめの法人カードです。

三井住友カード ビジネスオーナーズ

三井住友カードビジネスオーナーズは、年会費が永年無料で還元率は0.5%から1.5%という個人事業主におすすめの法人カードです。利用限度額も所定の審査を通過すれば最大500万円となるため、大きな支払いがある場合でも安心です。法人カード作成時に決算書などは不要で、運転免許証などの本人確認書類があれば最短3営業日で発行可能です。法人カード到着まで約1週間というスピーディーさも大きなおすすめの魅力で、個人事業主の方が急いで法人カードを用意したい場合にもおすすめです。

個人事業主におすすめの法人カード
年会費無料重視の個人事業主におすすめ

年会費無料重視の個人事業主におすすめの法人カードは、特に開業したての個人事業主の方には重要な要素です。法人カードの所有にかかるコストである年会費は毎年発生するため、負担を避けたい個人事業主の方も多いことと思われます。年会費がかからない法人カードのおすすめを以下、紹介していきます。

マネーフォワードビジネスカード

マネーフォワードビジネスカード 公式サイト

マネーフォワードビジネスカードは、年会費が永年無料で、利用金額に応じてボーナスポイントが付与されるメリットのある個人事業主におすすめの法人カードです。マネーフォワードクラウドと連携すれば、利用明細をリアルタイムで反映させることができるため、会計作業も効率化できる点もおすすめの法人カード。プリペイドカードなので与信審査が不要であり、審査に不安がある個人事業主にもおすすめできる法人カードです。

NTTファイナンス Bizカード

NTTファイナンス Bizカードは、レギュラーカードであれば年会費が無料となる個人事業主におすすめの法人カードです。ゴールドカードは11,000円、使用者カード1枚につき2,200円かかりますが、レギュラーカードなら使用者カードも無料でおすすめの法人カードです。旅行傷害保険は国内と海外の両方が付帯しており、年会費550円を支払えばETCカードも利用できる点もおすすめ。全国の出光興産系列でカードを利用すると、1リットル当たり2円から最大40円のキャッシュバックが受けられる点も魅力的でおすすめの法人カードです。

NTTファイナンスBizカードのそれぞれの種類については、以下の比較表を参考にしてください。
参考ページ:Bizカードの特徴 | NTTファイナンスBizカード

NTTファイナンスBizカード 法人カード 法人カード 個人事業主カード 個人事業主カード
種別 レギュラー ゴールド レギュラー ゴールド
年会費 永年無料 11,000円 永年無料 11,000円
追加カード 永年無料 2,200円 永年無料 2,200円
ETCカード年会費 550円 無料 550円 無料
利用限度枠 40/60/80万円 100/150/200万円 40/60/80万円
基本ポイント還元率 1% 1% 1% 1%

以下の記事では、NTTファイナンスBizカードの概要をはじめ、NTTファイナンスBizカードのメリットやデメリット、審査についても解説しています。個人事業主の方で、NTTファイナンスBizカードの発行を検討している方はあわせて目を通しておきましょう。

個人事業主におすすめの法人カード
限度額重視の個人事業主におすすめ

仕入れや大きな支払いが発生する可能性がある個人事業主の方も多くいらっしゃると思います。限度額を重視される個人事業主の方には、利用限度額が高い法人カードを選ぶことが重要です。以下に、限度額重視の個人事業主におすすめの法人カードを紹介します。

三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

このカードは、MUFGカードの基本性能に加え、アメリカン・エキスプレスのプラチナサービスが受けらる個人事業主におすすめの法人カードです。法人カードの利用限度可能額は100万円から500万円です。家族カードが1枚まで無料で発行でき、同様のサービスを受けることができる点もおすすめの魅力です。ホテルの部屋のアップグレードや朝食無料の特典があり、出張が多い個人事業主におすすめの法人カードです。

UPSIDERカード

UPSIDERカードは、独自の与信モデルにより10億円以上の限度額を誇る個人事業主におすすめの法人カードです。年会費や発行手数料が無料で、20,000以上の企業が導入している実績があります。1取引当たり1億円以上の決済が可能で、電子帳簿保存法やインボイス制度にも対応している機能性の高い個人事業主におすすめの法人カードです。

個人事業主におすすめの法人カード
付帯サービス重視の個人事業主におすすめ

特に出張が多い個人事業主にとって非常に便利でおすすめとなる法人カードの付帯サービスは、保険や空港ラウンジの無料利用、ホテルのアップグレードなどの特典が充実しているポイントです。法人カードの付帯サービスを重視される個人事業主におすすめの法人カードを以下、紹介していきます。

JCB一般法人カード

JCB一般法人カードは、オンライン入会で初年度年会費が無料の特典があり、通常の年会費は1,375円です。国内外の旅行傷害保険が最高3,000万円まで付帯しており、業界初のサイバーリスク保険が付帯する個人事業主におすすめの法人カードです。サイバー攻撃やヒューマンエラーによる損害賠償責任を補償してもらえる点も非常におすすめの魅力です。個人事業主の事業のリスクヘッジ手段としても検討する価値があり、おすすめの法人カードです。

JCBゴールド法人カード

JCBゴールド法人カードは、オンライン入会で初年度年会費が無料で、通常は11,000円の年会費がかかります。優待特典やビジネスサービスが充実しており、海外旅行傷害保険は最高1億円、国内旅行傷害保険は最高5,000万円まで付帯している個人事業主におすすめの法人カードです。また、サイバーリスク保険や航空機遅延保険も付帯している点もおすすめで、国内主要空港で利用できるラウンジサービスも提供されています。新聞や雑誌を閲覧したり、ソフトドリンクを楽しんだりと、ゆったりとした時間を過ごすことができる個人事業主におすすめの法人カードです。

個人事業主におすすめの法人カード
電子マネー重視の個人事業主におすすめ

キャッシュレス決済が一般化し、電子マネーの利用機会も増えました。個人事業主の方で電子マネーを使いたい人におすすめの法人カードを紹介します。

三井住友ビジネスカード for Owners プラチナカード

三井住友ビジネスカード for Owners プラチナカードは、追加カードや電子マネーの多様さが特徴の個人事業主におすすめの法人カードです。ETCやプラスEXのほか、PiTaPa、WAON、iD、Apple Pay、Google Pay、VISAのタッチ決済が利用可能です。多くの電子マネーを利用でき、日常の支払いを一つにまとめることができるので、常に電子マネーを利用されている個人事業主には非常に便利でおすすめします。また、選択可能な支払い方法や支払日が多い法人カードで、個人事業主の事業の内容や収入のタイミングに合わせて柔軟に利用できる点もおすすめです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードは、楽天EdyやSuica、nanaco、iD、QUICPayといった多くの電子マネーを利用できる個人事業主におすすめの法人カードです。ポイントに有効期限がないため、長期間にわたってポイントを貯めることができ、法人カードで貯めたポイントを無駄なく活用できる点もおすすめできるポイントです。プラチナカードでありながらも初年度年会費無料で、次年度からは22,000円かかりますが、前年に200万円以上の利用があれば次年度も年会費は11,000円に減額されます。

以上、おすすめポイント別に個人事業主におすすめの法人カードを解説しました。個人事業主の事業ニーズに合わせて最適な法人カードを選び、ビジネスの効率化と経費削減を実現されることをおすすめします。

  • お役立ちコラム編集部

    次項では、個人事業主におすすめの法人カードのメリットを解説していきたいと思います。

【法人カード】個人事業主におすすめの法人カード -メリット-

個人事業主がビジネスカード、つまり法人カードを持つことには多くのメリットがあります。以下では、個人事業主にとって特に役立つメリットを詳しく解説します。

個人事業主が法人カードをもつメリットについては、以下の記事でも分かりやすく解説しています。個人事業主の方で法人カードを作成するか迷っている方は、あわせて参考にしてみてください。

個人事業主におすすめの法人カード -メリット-①
経費管理の効率化

個人事業主が法人カードを使用することで、個人事業主の経費の支払いを一元化でき、経費管理が大幅に効率化されます。さらに、クラウド会計ソフトと連携できる法人カードを個人事業主が利用すれば、支払いデータが自動的に取り込まれ、手作業での経費精算の手間を減らすことができます。個人事業主が法人カードを利用することにより、個人事業主の方の経理作業の時間を短縮し、他の重要な業務に集中できるようになります。

個人事業主におすすめの法人カード -メリット-②
プライベートとビジネスの支出の分離

個人事業主の方が、個人用のクレジットカードを使っていると、個人事業主のビジネスの経費と個人事業主自身のプライベートの支出が混在してしまうことがよくあります。個人事業主が法人カードを利用することで、ビジネスの支出を明確に分離でき、経費の管理が容易になります。例えば、個人事業主の方の事業での備品の購入、接待費、交通費などを法人カードでまとめて管理できるため、経費の確認や分類が簡単になります。個人事業主が法人カードを利用することにより、経理処理がスムーズになり、正確な経費報告が可能となります。

個人事業主におすすめの法人カード -メリット-③
ポイント還元による経費削減

個人事業主が法人カードを利用するもう一つの大きなメリットは、個人事業主の経費の支払いに対してポイントが貯まることです。法人カードで貯まったポイントを支払金額に充当したり、航空マイルや商品券と交換したりすることで、実質的に個人事業主の事業経費を削減することができます。個人事業主は、ポイント還元率の高い法人カードを選ぶことで、日常の経費支払いをさらにお得にすることができるのでおすすめのメリットポイントです。

個人事業主におすすめの法人カード -メリット-④
資金繰りの改善

個人事業主が法人カードを使用することで、資金繰りの改善も期待できます。個人向けのクレジットカードと同様に、法人カードも締日と引き落とし日が異なるため、支払いを最大で約2ヵ月先延ばしにすることができます。個人事業主が法人カードを利用することにより、突然の大きな出費に対応できる余裕が生まれ、個人事業主のビジネスの安定運営が可能となります。特に、急な支出が発生した場合でも、法人カードの利用限度額内で対応できるため、取引先の信用を維持しやすくなるので非常におすすめです。

個人事業主におすすめの法人カード -メリット-⑤
領収書管理の簡略化

個人事業主が法人カードを使って支払った経費は、WEB明細で簡単に確認できるため、個人事業主は領収書の管理が不要になります。カード決済の場合、領収書が発行されないことが多く、法人カードの利用明細書がその代わりとなります。利用明細書には、以下の情報が記載されている必要があります。

・決済日付
・名義人の氏名または名称
・金額(消費税率ごとに区分された合計金額)
・但し書き(決済対象の詳細、軽減税率対象の旨の記載、飲食代の場合は同伴者と目的、人数など)
・発行元の情報(書類作成者の氏名または名称)

個人事業主が法人カードを利用することにより、紙の領収書を保管する手間が省け、デジタルでの経費管理が可能になります。さらに、クラウド会計ソフトとの連携により、自動的に経費データが取り込まれるため、個人事業主は経理処理が一層簡単になります。

個人事業主が法人カードを持つことで、経費管理の効率化、支出の分離、ポイント還元、資金繰りの改善、領収書管理の簡略化といった多くのメリットがありおすすめです。これらの個人事業主が法人カードを持つメリットを最大限活用することで、個人事業主のビジネス運営をよりスムーズかつ効果的に進めることができます。特に、経費の支払いが多い個人事業主にとって、法人カードは非常におすすめのツールとなります。個人事業主のビジネスの成長と安定を図るために、自分のビジネススタイルに合った法人カードを選び、上手に活用していきましょう。

  • お役立ちコラム編集部

    次項では、個人事業主におすすめの法人カードを持つデメリットについても解説していきたいと思います。

【法人カード】個人事業主におすすめの法人カード関連記事:
個人事業主におすすめのビジネスカードを紹介!メリットや審査のポイントも解説!

【法人カード】個人事業主におすすめの法人カード -デメリット-

法人カードは個人事業主にとって多くの利便性を提供しますが、一方でいくつかのデメリットも存在します。ここでは、個人事業主が法人カードを利用する際に考慮すべきデメリットについて詳しく解説します。

個人事業主におすすめの法人カード -デメリット-①
年会費がかかる

まず、個人事業主が法人カードを持つ際に避けて通れないのが年会費のコスト問題です。個人向けクレジットカードには年会費無料のものも多いですが、個人事業主が持つ法人カードにはほとんど年会費がかかります。年会費はカードのランクによって異なり、ゴールドやプラチナランクの法人カードでは特典が充実している分、年会費も高額になります。シルバーランクの法人カードであれば年会費が1,000円程度のものもありますが、それでも無料ではありません。年会費を個人事業主の事業経費として計上できるとはいえ、支出が気になる個人事業主の方は慎重に選ぶ必要があります。

個人事業主におすすめの法人カード -デメリット-②
支払方法が限定される

個人事業主が法人カードを持つもう一つのデメリットは、支払方法が限定されることです。個人向けクレジットカードに比べると、法人カードは支払い方法の選択肢が少ない場合があります。しかし、最近ではリボ払いや分割払いに対応した法人カードも登場してきており、個人用カードと同じ感覚で利用できるものも増えています。また、キャッシング機能が付帯している法人カードもあり、急な資金需要にも対応可能です。それでも、全ての法人カードが多様な支払方法に対応しているわけではないため、個人事業主の方は事前に確認されることをおすすめします

個人事業主にとって法人カードは便利なツールですが、年会費や支払方法の制限といったデメリットもあります。これらの点を理解し、個人事業主自身のビジネスに最適な法人カードを選ぶことが重要です。法人カードの選択にあたっては、年会費と提供される特典のバランスを考え、必要に応じてゴールドやプラチナランクのカードを選ぶと良いでしょう。特に、支払方法の柔軟性を重視する個人事業主の方は、リボ払いや分割払いに対応している法人カードを選ぶことで、ビジネス運営の幅が広がります。

最終的には、法人カードのメリットとデメリットを総合的に判断し、個人事業主にとって最もおすすめとなる最適な法人カードを見つけることが成功の鍵となります。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

個人事業主の方は、適切な法人カードを選び、経費管理や資金繰りの改善、そして個人事業主自身のビジネスの成長を強力にサポートしてもらうことをおすすめします。

【法人カード】個人事業主におすすめの法人カード関連記事:
個人事業主には法人用クレジットカードがおすすめ!選び方やメリットを解説

【法人カード】個人事業主におすすめの法人カード -Q&A-

個人事業主向けの法人カードについて、よくある質問とその回答をQ&A形式にまとめました。個人事業主の方は、法人カードを選ぶ際の参考にしてください。

Q: 開業前でも法人カードを発行できますか?

A: はい、個人事業主向けの法人カードは開業前でも発行可能です。開業したばかりで収入が不安定な時期には、審査に通りにくいこともあります。そのため、会社員として収入が安定しているうちに申請することをおすすめします。これにより、個人事業主としてのビジネススタート時にすぐに法人カードを利用できるようになります。

個人事業主が開業前に作成するおすすめの法人カードについては、以下の記事で詳しく解説しています。開業前から法人カードを作っておきたいと思っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

Q: 法人カードをプライベートでも使えますか?

A: もちろん、個人事業主向けの法人カードをプライベートで使用することは可能です。ただし、個人事業主の方は確定申告の際にプライベートの支出と事業経費をしっかりと区別する必要があります。プライベートの支出を法人カードで行った場合、会計ソフトで「事業主貸」として計上すると便利でおすすめです。個人事業主の方は、ビジネスとプライベートの支出を明確に分けるために、基本的には用途別にカードを使い分けることをおすすめします。

Q: 法人カードの利用に領収書は必要ですか?

A: 法人カードで支払った場合、基本的に領収書は必要ありません。税務調査が行われる際には、クレジットカードの利用明細書が領収書の代わりとして認められます。また、販売店が発行するクレジットカードの利用明細書も同様に有効です。そのため、個人事業主の方は、法人カードの利用明細をしっかりと保管しておくことが重要です。

Q: 法人カードの発行には屋号が必要ですか?

A: 法人カードの発行に屋号は必要ありません。個人名義の銀行口座でも法人カードの引き落としが可能です。ただし、個人事業主としての屋号がある場合は、屋号付きの銀行口座を登録することもできます。屋号を使用することで、個人事業主のビジネスの信頼性を高めることができるため、屋号の有無に関わらず、適切に利用することをおすすめします。

Q: 自宅の住所でも法人カードを申請できますか?

A: はい、個人事業主の方の自宅の住所でも法人カードの申請が可能です。オフィスを持たない個人事業主にとって、個人事業主自身の自宅住所での申請は一般的です。ただし、自宅住所を公開したくない個人事業主の方や、個人事業主としてビジネスの信用を高めたい場合は、コワーキングスペースなどの住所を利用することも一つの方法としておすすめします。住所をレンタルできるサービスを活用することで、よりプロフェッショナルな印象を与えることができます。

個人事業主におすすめの法人カードを選ぶ際には、これらのQ&Aを参考にして、個人事業主自身のビジネスに最適な法人カードを見つけることが重要です。法人カードは経費管理やキャッシュフローの改善に役立ちますが、法人カードの利用方法や管理方法についても十分に理解しておくことをおすすめします。

  • お役立ちコラム編集部

    個人事業主の方は、法人カードのメリットを最大限に活用し、ビジネスの成長をサポートするために、適切な法人カードの選択をおすすめします。

【法人カード】個人事業主におすすめの法人カード関連記事:
個人事業主におすすめのクレジットカード16選 失敗しないビジネスカードの選び方

まとめ

法人カードは、個人事業主にとって経費管理やキャッシュフローの改善に役立つ強力なツールです。今回この記事では、特に個人事業主におすすめの法人カード16選の解説と、おすすめポイント別で、個人事業主におすすめの法人カード、個人事業主の方が法人カードをを持つメリット・デメリットなど解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

それぞれ個人事業主におすすめの法人カードには独自のメリットがあり、個人事業主自身のビジネスのニーズに合わせて選ぶことが重要です。例えば、ポイント高還元率の法人カードは、日常の経費から効率よくポイントを貯めたい個人事業主におすすめです。また、年会費が無料の法人カードは、コストを抑えたい個人事業主にとって非常に魅力的です。

法人カードを利用することで、経費精算の手間が省け、会計管理が簡単になります。さらに、ビジネスに必要な支出を一元管理できるため、資金繰りもスムーズに行えます。しかし、法人カードにはデメリットも存在します。例えば、利用限度額の管理が重要であり、無計画な利用は資金繰りに影響を及ぼす可能性があります。

個人事業主が法人カードを選ぶ際は、付帯サービスや利用限度額、ポイント還元率、年会費など、自分のビジネスに最適な条件を考慮することをおすすめします。各おすすめの法人カードの特典を最大限に活用し、ビジネスの成長に役立ててください。

法人カードをうまく利用することで、個人事業主としてのビジネスをさらに効率化し、成功への道を切り開くことができます。自分のビジネススタイルに合った法人カードを選び、経営を一層強化しましょう。

今すぐコスト削減
資料請求はこちら
right
株式会社SoVa
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町3-9-7 ARC CUBE日本橋本町3階
TEL:03-6821-1935