個人事業主向け法人カードとは?審査が甘い個人事業主向け法人カード徹底解説!

更新日:2024年7月11日
お役立ちコラム編集部
監修:お役立ちコラム編集部

個人事業主がクレジットカードを発行する際に、最も気になるポイントの一つは審査の通過可否です。特に開業直後や独立して間もない頃は、審査に通るかどうか不安を抱えることが多く、「審査が甘い個人事業主向けのクレジットカードはないのか?」と悩むことが多いでしょう。

この記事では、個人事業主や自営業者向けとしておすすめの法人カードについて詳しく解説します。さらに、審査が比較的甘い可能性があるおすすめの法人カードや、もし審査に落ちてしまった場合の対処法についてもご紹介します。

  • お役立ちコラム編集部

    個人事業主向けの法人カードで、審査が甘いビジネスカードの発行を検討している方はぜひ参考にしてください。

個人事業主向け法人カード

個人事業主向け法人カードとは?

個人事業主向け法人カード、または個人事業主カードとは、法人向けのクレジットカード(法人カード)の一種であり、個人事業主が利用できるよう設計されたクレジットカード(個人事業主向け法人カード)のことです。これらの法人カードは、個人事業主や自営業者でも法人カードの審査が甘く、審査に通りやすい特性があり、多くの個人事業主にとっておすすめ法人カードの選択肢となっています。

個人事業主向け法人カードは甘い?

個人事業主向け法人カードは審査基準が個人事業主向けに甘い

個人事業主向け法人カードは、個人事業主向けに特別に設けられた審査基準が適用されるため、一般的な法人カードよりも審査が甘い傾向にあります。つまり、個人事業主として開業したばかりの収入が安定しない個人事業主でも比較的容易に個人事業主向けの法人カードの審査を通過できるのです。個人事業主向け法人カードは、審査が甘い設計がなされているため、個人事業主向けの法人カードの審査に安心して申し込む個人事業主が多いのも納得できます。

個人事業主向け法人カードは法人格を持たない自営業者にも甘い

個人事業主には、法人格を持たないまま活動する人々も多く存在します。一人社長として活動する個人事業主や、完全に個人でビジネスを展開する零細自営業者などがその例です。

  • お役立ちコラム編集部

    しかし、個人事業主向け法人カードの多くは、法人格を持たない自営業者でも利用可能です。

これらの個人事業主向けの法人カードは、個人事業主の個人名義の口座からの引き落としが可能で、特にライターやカメラマン、ノマドワーカーといった一人で活動する個人事業主にとって法人カードは、便利なツールです。

個人事業主向け法人カードは自営業者でも審査が甘い

一般的に、クレジットカードの審査は甘いわけではなく、むしろ厳しいものです。特に自営業者は収入の変動が大きいため、審査が甘いどころか法人カードの審査に通るのが難しいとされています。しかしながら、個人事業主向け法人カードは、自営業者向けにも特別な法人カードの審査基準を設けており、一般的な法人カードより審査が甘いと感じるケースが多いのです。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

個人事業主向けの法人カードは、自営業者にとっても甘い法人カードとして非常に喜ばれています。

個人事業主向け法人カードは法人化しなくても甘い

個人事業主向け法人カードは、法人化していない自営業者でも利用できるため、法人化のメリットとデメリットを天秤にかける必要がありません。法人化していない状態でも、ビジネスに必要な個人事業主向けの法人カードを手に入れることができます。さらに、法人化直後は実績がないため、一般的な法人カードの審査が厳しくなることもあります。そのため、法人化しなくても利用できる個人事業主向け法人カードは、特にビジネスを始めたばかりの個人事業主にとって非常に甘い魅力的な選択肢となります。

以下の記事では、これから個人事業主として開業される方に向けて、個人事業主が法人カードを作成するべきかどうかについて解説しています。あわせて、参考にしてみてください。

おすすめの個人事業主向け法人カード

個人事業主向け法人カードの中でも、特に審査が甘いとされる法人カードを選ぶことが重要です。個人事業主や自営業者全体にとっては、収入の変動が大きいことから、個人事業主向けの法人カードの審査の甘さが法人カード選びの大きなポイントとなります。こうした審査が甘い個人事業主向けの法人カードを利用することで、ビジネスに必要な支出をスムーズに行い、キャッシュフローを管理する手助けとなります。

個人事業主向け法人カードは、個人事業主や自営業者が利用しやすいような審査が設計された法人カードであり、法人カードの審査が甘いことが特徴です。法人化していない自営業者でも利用できる法人カードのため、個人事業主としてビジネスを始めたばかりの方にとって非常に甘い魅力があり、有用です。個人事業主向け法人カードを活用し、個人事業主自身のビジネスの成長を支援しましょう。

  • お役立ちコラム編集部

    次項では、個人事業主向け法人カードの甘いメリットを解説していきたいと思います。

個人事業主向け法人カードの甘いメリット

個人事業主向け法人カードには、多くの甘いメリットがありますが、その中でも特に注目すべきポイントは個人事業主向け法人カードの審査が比較的甘い設計で、審査が通りやすい点です。個人事業主にとって、一般的な法人カードと比較して、個人事業主向け法人カードの審査が甘い点には非常に重要な要素となります。では、具体的にどのような甘いメリットがあるのか、詳しく見ていきましょう。

個人事業主向け法人カードの甘いメリット①
比較的審査が甘い

個人事業主向け法人カードの甘いメリット1つ目は、法人カードの審査が甘いことです。これは個人事業主向け法人カードの最大の甘いメリットと言えます。個人事業主向け法人カードは審査が甘い設計で、通りやすいことで個人事業主に人気があります。多くのクレジットカードは、安定した収入が求められるため、個人事業主や自営業者にとって審査が厳しいことが少なくありません。しかし、個人事業主向け法人カードは、個人事業主や自営業者の特性を考慮した、比較的甘い審査基準が設けられており、収入が一定以上あれば法人カードの取得が可能です。これにより、個人事業主として事業を始めたばかりの個人事業主でも、比較的容易に法人カードを手に入れることができます。

個人事業主向け法人カードの甘いメリット②
経費を法人カードで支払いできる

個人事業主向け法人カードの甘いメリット2つ目は、経費の決済の部分です。個人事業主向け法人カードで経費を法人カードで支払えることは、大きな甘いメリットの一つです。多くの個人事業主は、プライベート用のクレジットカードを使って経費を支払っていますが、これはリスクを伴う行為です。一般向けクレジットカードの規約では、現金化を目的とした商品購入や事業の仕入れ行為が禁止されているため、これに違反すると最悪の場合、クレジットカードが利用できなくなります。

  • お役立ちコラム編集部

    しかし、個人事業主向け法人カードであれば、こうしたリスクを避けることができます。

仕入れや事業に必要な費用を安全に法人カードで支払えるため、個人事業主にとって非常に便利で甘いメリットです。

個人事業主向け法人カードの甘いメリット③
経費管理がデータ化され、楽になる

個人事業主向け法人カードの甘いメリット3つ目は、個人事業主の経費管理がデータ化され、経費処理が楽になる点です。個人事業主が法人カードを持つ大きな甘いメリットと言えます。個人事業主のビジネスとプライベートの支出を明確に分けられていない個人事業主も多く、現金精算や個人用クレジットカードでの決済をしていると、どの支払いが事業用で、どの支払いがプライベート用なのかが分かりづらくなります。

しかし、個人事業主の事業専用の法人カードを一枚持っていれば、その法人カードで決済した内容はすべて個人事業主の事業用であると一目瞭然です。これにより、個人事業主の事業経費の管理が簡単になり、手間も省けます。さらに、法人カードの利用履歴や法人カードの利用先をデータとしてダウンロードや印刷できる機能があるため、個人事業主自身での経費入力の手間も削減されることは、非常に魅力的で甘いメリットです。

個人事業主向け法人カードの甘いメリット④
ビジネス向けのサービスが利用できる

個人事業主向け法人カードの甘いメリット4つ目は、ビジネス向けのサービスが利用できることです。個人事業主向け法人カードは、個人事業主にとって甘いメリットであるビジネス向けのサービスが充実しています。例えば、航空券やホテルの手配をしてくれる専用のコンシェルジュサービスがついている法人カードもあり、時間のない個人事業主にとって非常に便利です。また、個人事業主のビジネス向けの特別価格で航空券やホテルを利用できる専用サイトへのアクセス権も提供されることがあります。個人事業主向け法人カードにより、個人事業主の出張やビジネス旅行のコストを削減できます。

その他にも、備品購入の相談や購入サポートなど、ビジネスに特化したサービスが各カード会社によって提供されています。これらのサービスを利用することで、日常の業務を効率化し、ビジネスの成長をサポートすることができます。

個人事業主向け法人カードの甘いメリット⑤
経費でポイントが貯められる

個人事業主向け法人カードの甘いメリット5つ目は、個人事業主向け法人カードを利用することで、経費を支払う際にポイントを貯めることができます。通常、経費を現金で支払っているとポイントは貯まりませんが、個人事業主向け法人カードを利用すれば利用金額の一部がポイントとして還元される点は非常に甘いメリットです。例えば、年間200万円の経費を個人事業主向け法人カードで支払った場合、0.5%のポイント還元であれば1万円分のポイントが貯まります。

  • お役立ちコラム編集部

    個人事業主向け法人カードにより、現金精算では得られない甘いメリットを享受することができます。

個人事業主向け法人カードの甘いメリット⑥
確定申告の際の処理が簡単になる

個人事業主向け法人カードの甘いメリット6つ目は、確定申告の際の処理が簡単になることです。クレジットカードのポイント利用分の処理は、確定申告の際に複雑になることがありますが、個人事業主向け法人カードであれば、このポイント利用分の処理も簡単に行える点が甘いメリットです。カード会社が提供する明細データを利用することで、個人事業主の経費の把握が容易になり、確定申告時の手間を大幅に削減することができます。これにより、個人事業主は本業に集中できる時間が増え、効率的にビジネスを運営することが可能です。

個人事業主向け法人カードの甘いメリット⑦
キャッシュフローの改善

個人事業主向け法人カードの甘いメリット7つ目は、キャッシュフローの改善ポイントです。個人事業主向け法人カードを利用することで、キャッシュフローの管理がしやすくなります。基本的にクレジットカードは、利用した翌月に支払いが発生するため、後払いで経費を支払うことができる甘いメリットがあります。これにより、個人事業主の事業の支出を一定期間遅らせることができるため、キャッシュフローを改善する助けとなります。特に、開業したばかりで収入が不安定な個人事業主にとっては、この後払いシステムは非常に甘いメリットです。

個人事業主向け法人カードの甘いメリット⑧
ビジネスの信用度が向上

個人事業主向け法人カードの甘いメリット8つ目は、個人事業主としての信頼度があがる点です。個人事業主向け法人カードを持つことで、個人事業主のビジネスの信用度が向上することは甘いメリットです。法人カードを利用していることは、取引先や顧客に対して個人事業主のビジネスとしての信頼性を示す一つの指標となります。個人事業主向け法人カードにより、新しい取引先とのビジネス関係を築く際にも有利に働くことが期待できます。

個人事業主向けの法人カードのメリットについては、以下の記事でも詳しく解説されています。個人事業主として活動しており、個人向けのカードか法人カードを作成するか迷われている方は、あわせて参考にしてみてください。

個人事業主向け法人カードの甘いメリットは多岐にわたりますが、特に注目すべきは審査が甘い設計で、審査が通りやすい点です。この点が、個人事業主として事業を始めたばかりの個人事業主にとって大きな甘い魅力となります。また、経費管理の簡便さや個人事業主のビジネス向けのサービスの利用、ポイント還元など、多くの甘いメリットがあり、個人事業主のビジネス運営を強力にサポートします。個人事業主向け法人カードをうまく活用し、個人事業主自身のビジネスの成長を目指しましょう。次項では、比較的甘いといわれている、個人事業主向け法人カードの審査基準を解説していきたいと思います。

個人事業主向け法人カードの甘い?審査基準

個人事業主が法人カードを申請する際、審査が甘いといわれている個人事業主向け法人カードの審査基準について解説します。個人事業主向け法人カードの審査基準は各社ともに公開されていませんが、一般的にどのような点が重要視されるかを理解することで、法人カードの審査に通りやすくなります。

個人事業主向け法人カードの甘い?審査基準①
個人事業主本人の信用情報

個人事業主向け法人カードの甘い?審査基準1つ目は、個人事業主本人の信用情報です。個人事業主向け法人カードの審査では、まず個人事業主本人の信用情報が重要視されます。信用情報とは、過去のローンの借り入れや返済状況、クレジットカードの利用履歴、申し込み履歴などが記録されたものです。これら個人事業主本人の情報は、信用情報機関(CICやJICCなど)に蓄積されており、カード会社は個人事業主向け法人カードの申込者の信用情報を元に法人カードの審査を行います。

例えば、他のクレジットカードを期限通りに支払い続けていると、信用度が高いと判断され、個人事業主向け法人カードの審査に有利に働きます。一方、個人事業主本人のローンの返済が遅れていたり、複数のクレジットカードを短期間に申し込んだりすると、信用度が低下し、審査に不利となる可能性があります。

個人事業主本人の信用情報は、信用情報機関に手続きを行えば確認できます。比較的審査が甘いと言われている個人事業主向け法人カードでも審査に不安がある場合は、事前に個人事業主自身の信用情報をチェックすることをおすすめします。これにより、個人事業主本人が、どの程度の信用度があるかを把握でき、個人事業主向け法人カードの申請に対して必要な対策を講じることができます。

個人事業主向け法人カードの甘い?審査基準②
営業年数と財務情報

個人事業主向け法人カードの甘い?審査基準2つ目は、個人事業主としての営業年数や財務情報も個人事業主向け法人カードの審査基準に含まれることがあります。例えば、クレジットカードによっては「開業年数3年以上」や「連続黒字決算」などの条件を設けている場合があります。公式サイトに明記されていない場合でも、カード会社独自の非公開基準でこれらの要件が含まれていることもありますので、できる限り個人事業主に向けた審査が甘い法人カードを選択することが求められます。

営業年数が短い個人事業主や、売上が安定していない場合、法人カードの審査に通りにくくなることがありますが、個人事業主に比較的甘い審査基準を設けている法人カードは存在しています。まずは、個人事業主としての事業を安定させ、売上を伸ばすことも最重要ではありますが、個人事業主向け法人カードの中でも法人カードの審査が甘い、通りやすい法人カードの中から個人事業主自身の事業にフィットした法人カードを選び、できる限り事前の対策を行い法人カードを申請しましょう。審査が甘い可能性の高いカードに重点を置いて、選ぶ法人カードと対策により、法人カードの審査に通る可能性を高めることができます。

個人事業主向け法人カードの審査基準は多岐にわたります。審査が比較的甘いものもあれば、厳しいものもあります。審査が比較的甘いものでも、個人事業主本人の信用情報と財務情報が最重要です。これらの情報を事前に把握し、適切な対策を講じることで、個人事業主でも法人カードの審査に通りやすくなります。

個人事業主向け法人カードの審査基準は非公開であるため、本当に審査が甘いのか具体的な対策を知ることは難しいですが、一般的なポイントを押さえておくことで、個人事業主でも法人カードの審査の通過率を高めることができるでしょう。個人事業主として事業を成功させるためにも、信用情報や財務状況の管理を徹底し、法人カードの審査に備えることが重要です。

  • お役立ちコラム編集部

    次項では、個人事業主向け法人カードの審査を通過するための対策について解説していきたいと思います。

個人事業主向け審査の甘い法人カード関連記事:
審査が甘い法人カードランキング3選!審査基準や審査落ちの対策も徹底解説

個人事業主向け法人カード審査に通過するための対策

個人事業主向け法人カードの審査が比較的甘いといわれていても、開業したての個人事業主の方は不安なものです。個人事業主向け法人カードの審査に通過するためには、いくつかのポイントを押さえることが重要です。以下では、その個人事業主向け法人カードの審査に通過するための具体的な対策を解説します。これらのポイントを意識することで、法人カードの審査に通過する可能性を高めることができます。

個人事業主向けの法人カードを発行するにあたって、審査落ちしないための対策については、以下の記事でも詳しく解説されています。個人事業主の方で、法人カードを作成しようと思っている方はあわせて参考にしてみてください。

個人事業主向け法人カード審査の通過対策1.
個人事業主として開業届を提出する

個人事業主向け法人カード審査に通過するための具体的な対策1つ目は、個人事業主として開業届を提出することです。まず、個人事業主としての信頼性を高めるために、開業届を提出することは重要です。所得税法に基づき、個人事業主として開業した場合、1ヶ月以内に開業届を提出する必要があります。開業届を提出することで、個人事業主としての活動を正式に書類上で証明できるため、個人事業主でも法人カードの審査において有利に働く可能性があります。

開業届を提出しなくても罰則はありませんが、提出することでカード会社に対して信頼性を示すことができます。審査が甘いと言われていても、個人事業主向けの法人カード審査に不安を感じる方は、まず開業届を提出することを検討してみてください。

個人事業主向け法人カード審査の通過対策2.
事業収入を安定させる

個人事業主向け法人カード審査に通過するための具体的な対策2つ目は、事業収入を安定させることです。個人事業主の事業収入を安定させることが法人カードの審査に通過するための大きなポイントとなります。クレジットカード会社は、利用者が支払いを滞らせないかどうかを重視します。継続的な安定収入があることは、カード会社にとってリスクを低減する要素となります。

もしも、比較的甘い個人事業主の法人カードの審査にも落ちてしまった場合は、再度申し込む前に事業収入の安定を図ることが重要です。売上を増やし、経費を見直すことで、個人事業主の事業財務状況を改善し、次回の法人カードの審査に備えることができます。

個人事業主向け法人カード審査の通過対策3.
利用限度額を低めに申請する

個人事業主向け法人カード審査に通過するための具体的な対策3つ目は、法人カードの利用限度額を低めに申請することです。法人カードの利用限度額を低めに申請することは、比較的審査が甘い状態にするための有効な対策です。法人カードの利用限度額が高いほど、カード会社はその金額に対する支払い能力を求めます。最初の審査では、法人カードの利用限度額を控えめに設定することで、開業直後の個人事業主でも審査通過の可能性を高めることができます。

法人カードが発行された後でも、法人カードの利用限度額を引き上げることは可能です。ただし、その際にも再度審査が行われるため、将来的に法人カードの利用限度額の引き上げを希望する場合でも、まずは低めの限度額でスタートし、信用実績を積み重ねることが重要です。

個人事業主向け法人カード審査の通過対策のまとめ

個人事業主向け法人カードの審査に通りやすくするための対策をまとめて紹介します。

信用情報の確認と管理
定期的に個人事業主自身の信用情報を確認し、問題点がないかチェックします。遅延や未払いがある場合は、早急に解決することが重要です。

信用度を高める
現在利用しているクレジットカードの支払いを期日通りに行い、信用度を高めます。無理のない範囲で、クレジットカードの利用額を適度に増やすことも信用度向上に役立ちます。

財務状況の改善
個人事業主の事業の売上を安定させ、財務状況を改善することが法人カードの審査に有利に働きます。個人事業主の経費の見直しや売上アップの施策を検討し、個人事業主の事業の健全性を高める努力が必要です。

複数のカード申請を避ける
短期間に複数のクレジットカードを申し込むことは、比較的甘いといわれる個人事業主向け法人カード審査でも不利となる可能性があります。必要最低限のカードに絞って、法人カード申請することを心掛けましょう。

一般の法人カードよりも比較的甘い審査が設計されている個人事業主が法人カードでも、入念な対策が必要です。個人事業主向け法人カードの審査に確実に通過するためには、信頼性を高め、安定した収入を確保し、利用限度額を適切に設定することが求められます。具体的には、開業届を提出し、事業収入を安定させ、利用限度額を低めに申請することが効果的です。これらの対策を実践することで、審査に通過する可能性を高め、個人事業主としての事業運営をスムーズに進めることができるでしょう。

審査が甘い個人事業主向けの法人カードを探している個人事業主も、上記の審査の対策ポイントを押さえておくことで、法人カードの審査通過の確率を上げることができます。個人事業主自身の信用情報を定期的に確認し、問題があれば早めに対応することも忘れずに行いましょう。個人事業主としての信頼性を高めることが、個人事業主向け法人カード審査において重要な鍵となります。

  • お役立ちコラム編集部

    次項では、個人事業主向け法人カードの選び方について解説していきたいと思います。

個人事業主向け審査の甘い法人カード関連記事:
審査が甘い法人カードは?審査基準や開業直後も発行可能なおすすめカードを紹介

個人事業主向け法人カードの選び方

個人事業主として法人カードを選ぶ際には、いくつかの重要なポイントを押さえることが必要です。個人事業主の事業のスムーズな運営をサポートするためには、適切な個人事業主向けの法人カードを選ぶことが大切です。以下では、個人事業主が法人カードを選ぶ際に考慮すべき3つの重要なポイントを詳しく解説します。

個人事業主向け法人カードの選び方1.
審査基準が甘いか

個人事業主向け法人カードの選び方1つ目は、法人カードの審査基準が甘いかどうかという点です。個人事業主向け法人カードは比較的審査が甘いと言われていますが、最も重要なポイントは、法人カードの審査に通過することです。特に、事業を始めたばかりの個人事業主にとって、法人カードの審査が甘いかどうかは非常に大きな課題となります。まずは、審査が甘い法人カードを選ぶことが、個人事業主の事業運営を円滑に進めるための第一歩です。

クレジットカード会社は、個人事業主の信用情報や収入の安定性などを審査基準として重視します。信用情報とは、過去のクレジットカード利用履歴やローンの返済状況などを指します。これら個人事業主の信用情報が良好であることが審査通過の甘い鍵となります。

事業を始めたばかりで信用情報が十分にない場合でも、審査が甘いとされる法人カードを選ぶことで、審査通過の可能性が高まります。例えば、個人事業主の過去に他のクレジットカードを遅滞なく利用していた場合は、法人カードの審査に有利に働くことがあります。一方で、複数のクレジットカードを同時期に申し込むと審査が厳しくなる可能性があるため、注意が必要です。

個人事業主向け法人カードの選び方2.
年会費

個人事業主向け法人カードの選び方2つ目は、年会費です。法人カードの年会費は、個人事業主にとって重要なコスト要素となります。個人事業主向け法人カードの年会費は、永年無料のカードから年間数万円に及ぶカードまでさまざまです。年会費が高いカードは、その分充実したサービスや特典が付帯していることが多いですが、個人事業主の事業の規模や状況に応じて適切なバランスを見つけることが大切です。

事業を始めたばかりで利益がまだ安定していない個人事業主は、年会費が低い法人カードを選ぶことでコストを抑えることができます。一方で、ある程度法人カードで経費を支出しても、それに見合ったサービスや特典を受けたい場合は、年会費が高い法人カードも検討する価値があります。

例えば、年会費が高めの個人事業主向け法人カードには、旅行保険や空港ラウンジの利用、ホテルの優待などの特典が含まれていることが多いです。これらの特典が個人事業主の事業に役立つ場合は、法人カードの年会費を支払う価値があると考えられます。しかし、実際に利用しないサービスばかりが充実している個人事業主の法人カードを選ぶことは、ただただ経費の無駄となってしまうため、見極めが甘い点には注意が必要です。

個人事業主向け法人カードの選び方3.
サービス内容と特典内容

個人事業主向け法人カードの選び方3つ目は、個人事業主向け法人カードに付帯されているサービス内容と特典内容です。個人事業主向け法人カードが提供するサービス内容や特典内容は必ず詳しくチェックしましょう。個人事業主としてのニーズに合ったサービスや特典を提供する法人カードを選ぶことが、個人事業主の事業の運営をサポートする上で重要です。

例えば、国内での取引が中心の個人事業主であれば、海外旅行保険や空港ラウンジの利用といった特典はあまり必要ありません。しかし、頻繁に海外出張をする個人事業主は、これらの特典が非常に有用です。また、貸し会議室の利用や、ビジネスホテルの優待など、個人事業主それぞれの事業の運営に役立つサービスが含まれているかを確認しましょう。

さらに、法人カードによっては、提携しているホテルやレストランで優待価格での利用が可能となる甘い特典もあります。特定の場所を頻繁に利用する場合は、これらの甘い特典を活用することでコスト削減に繋がることもあります。

個人事業主向けの法人カードを選ぶ際には、審査基準が比較的甘いこと、年会費、サービス内容や特典内容を総合的に考慮することが重要です。審査が甘い法人カードを選び、年会費が個人事業主自身の事業状況に合ったものを選定し、さらに提供されるサービスや特典が個人事業主の事業にとって有用であることを確認することで、最適な個人事業主向けの法人カードを見つけることができます。

個人事業主としての事業運営を円滑に進めるために、これらのポイントを押さえた法人カードを選び、まずは信用情報を積み重ねていくことが大切です。正しい選択をすることで、法人カードが個人事業主の事業の強力なサポートツールとなるでしょう。次項では、個人事業主向け法人カードの中でも比較的審査が甘い?とされているおすすめの法人カードを紹介していきたいと思います。

個人事業主向け法人カード審査が甘い?おすすめ4選

個人事業主の方々にとって、法人カードの審査は一つの大きな壁となることが多いです。そこで今回は、審査が比較的甘いとされる個人事業主向け法人カードを4つ厳選してご紹介します。これらの法人カードは、個人事業主でも申し込みやすく、個人事業主のビジネスの資金管理を効率化するための強力なツールとなります。

個人事業主向け法人カード審査が甘い?おすすめ 1.
三井住友カード ビジネスオーナーズ

個人事業主向け法人カード審査が甘い?おすすめ1つ目は、三井住友カード ビジネスオーナーズです。三井住友カード ビジネスオーナーズは、個人事業主や自営業者にとって審査が甘い可能性が高い法人カードとして注目されています。この法人カードは年会費が永年無料であり、個人事業主にとって非常に魅力的です。さらに、ETCカードや最大18枚まで発行可能な追加カードも年会費無料となっています。ただし、前年にETCカードの利用がなかった場合には、年会費として550円がかかる点に注意が必要です。

この法人カードの基本ポイント還元率は0.5%であり、これは一般的な還元率です。しかし、個人向けクレジットカードとの2枚持ちをすることで、特定のサービスでの利用時にポイント還元率が最大1.5%までアップする点が大きな甘いメリットです。特に、三井住友カード(NL)を同時に申し込むことで、このポイントアップの恩恵を受けることができます。

さらに、三井住友カード ビジネスオーナーズは、総利用枠が最大500万円となっており、個人事業主にとって非常に便利です。ただし、この利用枠については所定の審査があります。また、申し込みから最短1週間でカードが発行されるため、急なビジネスニーズにも対応可能です。

この法人カードは、登記簿謄本や決算書の提出が不要であり、個人事業主でも簡単に申し込むことができます。開業直後の個人事業主でも審査に通りやすい点が、特に甘い魅力的です。最新のキャンペーン情報によると、新規入会および利用で最大10,000円相当のプレゼントがもらえる特典も提供されています。

さらに、年間100万円以上の利用が見込まれる個人事業主には、三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドがおすすめです。このゴールドカードには、国内旅行傷害保険や空港ラウンジサービスなどの特典が付帯しており、通常ポイントに加えて毎年10,000ボーナスポイントをもらうことができます。また、年間100万円以上の決済で翌年以降の年会費が永年無料になる特典もあるおすすめの法人カードです。

三井住友カード ビジネスオーナーズ基本情報

項目詳細
国際ブランドVisa/Mastercard®
法人カード年会費永年無料
ETCカード年会費初年度無料、翌年以降550円(税込) ※1
ETCカード発行可能枚数19枚(法人カード1枚につき1枚発行可能)
追加法人カード年会費永年無料
追加法人カード発行可能枚数最大18枚
ポイント還元率0.5%~最大1.5% ※2
マイル還元率0.3%(ANA)
国内旅行傷害保険
海外旅行傷害保険最高2,000万円(利用付帯)
ショッピング補償保険
総利用枠最大500万円 ※3
カード発行日数約1週間 ※4
法人カード申し込み条件満18歳以上の会社経営者(中小企業代表者もしくは個人事業主)

※1: 前年度に1度でもETC利用の請求があれば翌年度無料
※2: 対象の個人カードとの2枚持ちが条件
※3: 所定の審査あり
※4: 金融機関サイトで口座振替設定が完了しなかった場合、書面による手続きが必要。書面の場合は1ヵ月程度時間がかかる。

三井住友カード ビジネスオーナーズのメリット

年会費無料: 法人カードと追加カードが永年無料で利用できる点は、個人事業主にとって非常に魅力的です。
簡単な申し込み手続き: 決算書や登記簿謄本などの書類が不要で、申し込みがスムーズです。
迅速な発行: 最短1週間でカードが発行されるため、すぐにビジネスに利用可能です。

三井住友カード ビジネスオーナーズのデメリット

ポイント還元率が平均的: 基本ポイント還元率は0.5%と高くはありません。
国内旅行傷害保険が付帯しない: 国内旅行傷害保険がないため、旅行の際には別途保険が必要です。

現在、新規入会および条件達成で最大25,000円相当のVポイントをもらえるキャンペーンが実施中です。年間100万円以上の経費を決済する個人事業主にとって、非常にお得な機会となっています。この機会を逃さず、ぜひ三井住友カード ビジネスオーナーズ ゴールドの申し込みを検討してください。詳細は公式サイトでご確認ください。

三井住友カード ビジネスオーナーズは、個人事業主や自営業者にとって非常に魅力的な法人カードです。年会費が永年無料である点や、書類不要での申し込みが可能な点など、多くのメリットがあります。また、最大500万円の利用枠も魅力の一つです。申し込みから発行までのスピードも早いため、急ぎで法人カードが必要な個人事業主には特におすすめです。

個人事業主向け法人カード審査が甘い?おすすめ 2.
ライフカードビジネスライトプラス

個人事業主向け法人カード審査が甘い?おすすめ2つ目は、ライフカードビジネスライトプラスです。ライフカードビジネスライトプラスは、個人事業主におすすめの法人カードとして、審査が甘い可能性があります。この法人カードは最短3営業日で審査が完了するため、個人事業主や自営業の方でも作りやすい法人カードです。公式サイトでも開業したての方でも審査可能と明記されており、審査が甘い通りやすい法人カードを探している個人事業主にとって最適な選択肢です。

ライフカードビジネスライトプラスは2023年6月に券面デザインを刷新しました。従来の縦型・青色メインのデザインから、縦型かつブラックメインのシックなデザインへと変更され、より洗練された印象を与えます。

この法人カードは、審査が比較的甘いだけでなく、年会費が無料である点も大きな甘い魅力です。シンプルでありながら、スタイリッシュなデザインのライフカードビジネスライトプラスは、法人カードの審査ハードルが低いため、個人事業主にとって非常に使いやすい法人カードとなっています。

ライフカードビジネスライトプラス基本情報

項目詳細
国際ブランドVisa/Mastercard®/JCB
法人カード年会費永年無料
ETCカード年会費永年無料
ETCカード発行可能枚数カード1枚につき1枚
追加法人カード年会費永年無料
追加法人カード発行可能枚数従業員数まで
ポイント還元率0.5%
マイル還元率
国内旅行傷害保険
海外旅行傷害保険
ショッピング補償保険
クレジットカード利用限度額10万~最大500万円
カード発行日数最短3営業日
法人カード申し込み条件法人代表者または個人事業主

ライフカードビジネスライトプラスのメリット

開業直後でも審査可能: 公式サイトに明記されている通り、開業したばかりでも審査が可能です。
迅速な発行: 最短3営業日で審査が完了するため、急ぎの場面でも対応可能です。
シックなデザイン: 新しいデザインはブラックを基調としており、ビジネスシーンでの使用に適しています。

ライフカードビジネスライトプラスのデメリット

旅行傷害保険が付帯しない: 旅行保険が付帯されていないため、別途保険の加入が必要です。
ポイント還元率が平均的: 還元率が0.5%と他のカードと比べて特別高くはありません。

法人カードの審査に不安を感じる個人事業主の方には、審査が甘い可能性のあるライフカードビジネスライトプラスを法人カードとして検討する価値があります。審査が甘い法人カードをお探しの方は、ぜひライフカードビジネスライトプラスを選択肢に加えてください。

ライフカードビジネスライトプラスは、開業直後の個人事業主でも審査に通りやすい法人カードです。年会費やETCカードの年会費が永年無料である点も甘い魅力。また、最短3営業日での発行が可能なため、迅速に法人カードを取得したい方におすすめの法人カードです。

個人事業主向け法人カード審査が甘い?おすすめ 3.
JCB CARD Biz

個人事業主向け法人カード審査が甘い?おすすめ 3つ目は、JCB CARD Biz一般カードです。JCB CARD Biz一般カードは、個人事業主の方でも審査に通りやすく、審査が甘い可能性が高い法人向けクレジットカードの一つです。中小企業経営者や個人事業主を対象としたこの法人カードは、JCBのプロパーカードとして人気があります。この法人カードの申し込みに必要なのは本人確認書類だけで、審査もスムーズに行われるため、発行までの手続きが煩雑でない点が大きな甘いメリットです。

さらに、JCB CARD Biz一般カードのおすすめポイントの一つに、支払い口座が個人名義の方を対象とした「モバ即入会」というサービスがあります。通常の申し込みから発行までは1週間程度かかりますが、モバ即入会を利用すると最短5分でカード番号を発行することができます。これにより、法人カードが届く前にMyJCBアプリでカード番号を確認し、すぐにネット決済で利用することが可能です。

モバ即入会の条件は、9:00AMから8:00PMの間に申し込みを行い、顔写真付きの本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、在留カード)を提出することです。この手軽さから、JCB CARD Biz一般カードは、申し込み手続きの手間を省きたい方や、すぐに法人カードを利用したい個人事業主にとって理想的な法人カードと言えるでしょう。

さらに、JCB CARD Biz一般カードの甘いメリットはこれだけではありません。ポイントをマイルに移行できる点や、国内外の旅行傷害保険が最高3,000万円(利用付帯)までカバーされる点も甘い魅力です。年会費は1,375円(税込)かかりますが、初年度は年会費が無料となり、さらに最大20,000円分のAmazonギフト券がもらえるキャンペーンも実施中です。このキャンペーンは2024年9月30日までとなっており、条件の詳細は公式サイトで確認できます。

JCB CARD Biz基本情報

項目詳細
国際ブランドJCB
法人カード年会費初年度無料、2年目以降1,375円
ETCカード年会費永年無料
ETCカード発行可能枚数1枚
追加法人カード年会費発行不可
追加法人カード発行可能枚数発行不可
ポイント還元率0.5%
マイル還元率ANA:0.3%、JAL:0.3%、その他:0.3%
国内旅行傷害保険最高3,000万円(利用付帯)
海外旅行傷害保険最高3,000万円(利用付帯)
ショッピング補償保険最高100万円(年間)
利用限度額~500万円(所定の審査あり)
カード発行日数通常1週間
法人カード申し込み条件18歳以上の法人代表者・個人事業主(フリーランス・副業を含む)

JCB CARD Bizのメリット

迅速な審査: 最短5分で審査が完了する可能性があり、即時利用が可能です。
簡単な申し込み手続き: 本人書類のみで申し込みが可能で、手続きが煩雑ではありません。
充実した保険: 最大3,000万円の国内・海外旅行傷害保険が付帯しています。

JCB CARD Bizのデメリット

年会費がかかる: 通常年会費が1,375円(税込)かかりますが、初年度は無料です。
追加カードが発行できない: 追加法人カードの発行ができないため、従業員用にカードを発行したい場合には不便です。

JCB CARD Biz一般カードは、審査が甘い法人カードを探している個人事業主にとって、コストパフォーマンスに優れた選択肢です。ポイント還元や保険サービスなど、個人事業主のビジネスを強力にサポートする特典が満載ですので、ぜひこの機会に検討してみてください。

JCB CARD Bizは、個人事業主にとって非常に便利な法人カードです。最短5分で審査が完了する可能性があるため、急ぎで法人カードが必要な方に最適です。また、本人確認書類のみで申し込みが可能で、手続きが簡単です。さらに、最大3,000万円の旅行傷害保険が付帯しているため、出張が多い個人事業主にもおすすめの法人カードです。

個人事業主向け法人カード審査が甘い?おすすめ 4.
セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®︎・カード

個人事業主向け法人カード審査が甘い?おすすめ4つ目は、セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®︎・カード(セゾンコバルトビジネスアメックス)です。セゾンコバルトビジネスアメックスカードも、個人事業主にとって審査が甘い可能性が高い法人カードの一つとして挙げられます。開業直後の個人事業主でも申し込みやすく、その手続きの簡便さが大きな甘い魅力です。

セゾンコバルトビジネスアメックスカードは、法人カードの申し込みの際に決算書や登記簿謄本の提出が不要で、本人確認書類だけで審査を受けることができます。このため、開業直後の個人事業主でも気軽に申し込むことができ、審査が甘いと感じる方が多いでしょう。

この法人カードのおすすめポイントの一つは、本会員カード、ETCカード、そして追加カードの年会費が永年無料である点です。国際ブランドがアメックスでありながら、年会費が無料の法人カードは非常に珍しく、個人事業主にとって大きな甘いメリットとなります。

さらに、年会費無料でありながら、特定のサービスを利用することでポイント還元率が最大2.0%に上がる特典も甘い魅力です。例えば、レンタルサーバーや会計ソフトなど、ビジネスに欠かせないサービスを利用する際にこの法人カードを使用することで、経費削減にも繋がります。個人事業主にとって、経費の管理が効率的に行える点も見逃せない甘い魅力ポイントです。

また、セゾンコバルトビジネスアメックスカードは、最短3営業日で発行されるため、法人カードの発行スピードを重視する個人事業主にも最適です。迅速な対応が求められるビジネスシーンで、すぐに利用できる法人カードは非常に便利で、個人事業主におすすめできる法人カードです。

セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®︎・カード基本情報

項目詳細
国際ブランドAmerican Express
法人カード年会費永年無料
ETCカード年会費永年無料
ETCカード発行可能枚数最大5枚
追加法人カード年会費永年無料
追加法人カード発行可能枚数最大9枚
ポイント還元率0.5%
マイル還元率ANA:0.3%、JAL:0.25%
国内旅行傷害保険
海外旅行傷害保険
ショッピング補償保険
クレジットカード利用限度額一律の制限なし
カード発行日数最短3営業日
法人カード申し込み条件個人事業主またはフリーランス、経営者(高校生を除く)

セゾンコバルトビジネスアメックスのメリット

簡単な審査手続き: 収入証明書や決算書が不要で、開業直後でも申し込み可能です。
無料でETCカード発行: 法人カードと同様に、ETCカードも永年無料で発行可能です。
最短3営業日で発行: 迅速な発行手続きが魅力です。

セゾンコバルトビジネスアメックスのデメリット

旅行傷害保険が付帯しない: 旅行時の保険がないため、別途保険が必要です。
高額利用枠の設定なし: クレジットカードの利用限度額に一律の制限がないため、利用には注意が必要です。

2024年7月現在、セゾンコバルトビジネスアメックスカードでは新規入会と条件達成で最大8,000円相当の永久不滅ポイントをプレゼントするキャンペーンが実施されています。この機会を活用して、経費の管理やビジネスの効率化を図るのはいかがでしょうか。詳細は公式サイトをご確認ください。

個人事業主にとって、審査が甘い法人カードを探すことは重要です。セゾンコバルトビジネスアメックスは、手続きの簡便さと甘い魅力の特典が揃った一枚として、ぜひ検討してみてください。

個人事業主としてビジネスを成功させるためには、適切な法人カードを選ぶことが重要です。今回紹介した4つのカードは、いずれも審査が甘い可能性が高く、個人事業主でも利用しやすいものばかりです。ぜひ、個人事業主自身のビジネスに合った法人カードを見つけて、ビジネスの効率化を図ってください。次項では、個人事業主向けの法人カードのよくある質問をQ&A形式で解説していきたいと思います。

個人事業主向け審査の甘い法人カード関連記事:
【2024年版】法人カード審査甘いランキング決定版。おすすめの審査甘い法人カードはこれだ!
個人事業主向け審査の甘い法人カード関連記事:
個人事業主クレジットカード3選!個人事業主でも審査が通るクレカはある?

個人事業主向け法人カードQ&A

個人事業主として法人カードを利用する際に気になる法人カードの審査について、よくある質問について解説させていただきます。法人カードの審査が甘い法人カードを探している方も必見です。

Q1: クレジットカード審査に年収基準はあるの?

A: 法人カードの審査基準は一般に公開されておらず、法人カードの審査が甘いかどうかはわからない状況ですが、カード会社ごとに異なります。そのため、一概に年収基準があるとは言えませんが、一定の収入があることは支払い能力を示す重要な要素となります。年収を高めることで、法人カードの審査に通りやすくなる可能性があります。個人事業主の場合、収入の安定性も評価されるポイントですので、可能な限り安定した収入を維持することが望ましいでしょう。

Q2: 個人事業主が法人カードを作るおすすめのタイミングは?

A: 副業から個人事業主として独立を考えている方は、会社員のうちに法人カードを申し込むのが法人カードの審査に有利です。個人事業主は収入が不安定なため、法人カードの審査が厳しくなる傾向があります。そのため、会社員としての安定した収入を背景に申し込むことで、法人カードの審査に通りやすくなる可能性があります。ただし、副業の方も対象となる法人カードを選ぶことが重要です。

Q3: 審査が甘い、通りやすい法人カードを見極めるポイントは?

A: 審査が甘い、通りやすい法人カードを見つけるためには、以下のポイントに注目しましょう。

・年齢や業績などの申し込み条件
・申込書類の数
・法人カード発行までのスピード
・公式サイトでの「開業したてOK」などの記載の有無

申し込み条件や提出書類が少ない場合、法人カードの審査が比較的甘いと考えられます。また、発行までのスピードが早い法人カードも審査基準が緩やかで甘いことが多いです。公式サイトで「開業したてOK」と明記されている法人カードは、個人事業主にとって審査が甘い可能性が高く、有利な選択肢となります。

Q4: 法人カードでETCカードを発行する際、審査はあるの?

A: はい、法人カードに付帯するETCカードを発行する際にも、別途審査が行われることが一般的です。ETCカードの発行可否は、法人カードの審査結果に依存するため、注意が必要です。法人カードの審査に通らなかった場合、ETCカードが発行されない可能性もあります。

Q5: ブラックリストに入ったらクレジットカードは作れない?

A: 過去にローンの支払い遅延や未払いがあり、ブラックリストに入っている場合、法人カードの審査に通るのは難しくなります。例えば、個人事業主の場合、個人事業主個人の信用情報に問題があると、支払い能力が疑われるためです。自身の信用情報は信用情報機関に開示請求することで確認できるので、まずは自身の状況を把握することが大切です。

Q6: 個人事業主が法人カードに申し込みする際の注意点は?

A: 個人事業主が法人カードを申し込む際は、以下の点に注意しましょう。

・申し込み項目を任意項目も含めて正確に入力すること
・希望する利用限度額を低めに設定すること
・直近で複数のクレジットカードに申し込んでいないこと

これらの点を押さえることで、法人カードの審査に通る可能性を高めることができます。特に、利用限度額を低めに設定することで、カード会社のリスクを減らし、法人カードの審査に通りやすくなる傾向があります。

個人事業主が法人カードを取得する際には、しっかりとした準備と適切な選択が重要です。審査の甘い法人カードを探しつつ、上記のポイントを参考にして申し込みを進めてください。

個人事業主向け審査の甘い法人カード関連記事:
個人事業主が審査に通りやすいクレジットカードとは?選び方の注意点やおすすめのカードを紹介

まとめ

個人事業主にとって法人カードは、ビジネスの効率化や経費管理において非常に有用なツールです。特に、審査が甘い法人カードを見つけることで、事業の初期段階でも資金管理がスムーズに行えます。個人事業主が法人カードを選ぶ際には、審査の基準(審査が甘い可能性のあるもの)やカードの特典、年会費などをしっかりと比較検討することが重要です。審査が比較的甘いとされる法人カードを選ぶことで、収入が安定しない初期段階でも、必要な資金を確保することが可能になります。

法人カードの審査に通るためには、年収や収入の安定性だけでなく、信用情報も重要な要素です。過去の金融トラブルがある場合は、信用情報をチェックし、問題が解決されていることを確認しましょう。審査が甘い法人カードは、申し込み条件や提出書類が少ない場合が多いため、公式サイトでの情報をよく確認し、条件に合った法人カードを選びましょう。

また、副業から個人事業主として独立を考えている方は、会社員のうちに法人カードを申し込むことで、法人カードの審査に通りやすくなります。これは、安定した収入がある状態で申し込むことで、カード会社にとってリスクが低いと判断されるためです。早めに法人カードを取得し、個人事業主としての事業のスタートアップをスムーズに進めましょう。

法人カードの審査が甘い法人カードを見つけることは、個人事業主にとって大きな助けとなります。この記事を参考に、自分に最適な法人カードを見つけ、個人事業主としてのビジネスの成功を目指してください。

個人事業主向け審査の甘い法人カード関連記事:
個人事業主がクレジットカードの審査に通過するポイントは?審査落ちしないコツを解説

今すぐコスト削減
資料請求はこちら
right
株式会社SoVa
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町3-9-7 ARC CUBE日本橋本町3階
TEL:03-6821-1935