法人カードを個人事業主が持つメリット大解剖!!個人事業主におすすめの法人カードも紹介!

更新日:2024年7月11日
お役立ちコラム編集部
監修:お役立ちコラム編集部

法人カードとは

法人カードとは、法人や個人事業主に向けて発行されるクレジットカードを指します。法人カードには、大企業向けのコーポレートカード、中小企業や個人事業主向けのビジネスカードなど、様々な種類があります。「法人カード」という名前がついていますが、法人格のないフリーランスや個人事業主でも取得可能なものが存在します。一般的なクレジットカードは個人利用を前提としていますが、法人カードは法人や個人事業主が経費として利用することを目的としています。

法人カードを利用することで、個人事業主は経費管理がしやすくなるメリットがあり、ビジネスの効率が向上します。また、法人カードにはさまざまなメリットとなる特典やポイントプログラムが用意されているため、個人事業主の事業経費の節約にも繋がります。法人カードを持つことで、ビジネスの信用度も向上し、将来的な取引や融資の際に有利になる場合もあります。

個人事業主も審査に通る?

開業したばかりで収入が不安定な個人事業主やフリーランスの方々は、法人カードの審査に通るかどうか不安を感じることがあるでしょう。しかし、法人カードの中には、個人のクレジットヒストリー(クレヒス)や信用情報に問題がなければ審査に通過できるものもあります。

これは、法人カードの審査が「個人」と「会社」に分かれているためです。法人カードの審査対象が「個人」の場合、個人のクレヒスや信用情報に問題がなければ、法人カードの審査に通る可能性が高くなります。一方、法人カードの審査対象が「会社」の場合、会社の財務状況や信用情報が重視されます。例えば、会社が赤字続きであったり、財務状況が悪化している場合、個人の信用情報に問題がなくても法人カードの審査通過は難しくなるでしょう。

個人事業主として法人カードを作る際は、以下の記事もあわせて読んでおきましょう!

このように、個人事業主でも法人カードを持つことが可能であり、そのメリットを活用することで、ビジネスの効率化や信用度向上に繋がるのです。法人カードの選び方や利用方法、メリットなどを正しく理解し、個人事業主の事業成功に役立てメリットを享受してください。次項では、法人カードと個人事業主のプライベート(個人)カードの違いについて解説していきたいと思います。

法人カードを個人事業主が持つメリット関連記事:
個人事業主でもビジネスカードを持とう!法人カードのメリットと選び方

法人カードと個人カードの違い

法人カードとは、法人や個人事業主向けに発行されるクレジットカードであり、主な利用目的は事業に関連する費用の支払いです。この法人カードにはビジネスに役立つ多くの機能やメリットとなるサービスが付帯しています。一方で個人カードは、主に個人がプライベートの支払いに使用するクレジットカードを指します。法人カードと個人カードの違いは、審査内容や利用限度額、付帯サービスなど多岐にわたります。それでは、それぞれのメリットや特徴を詳しく見ていきましょう。

法人カードと個人カードの違い①
審査内容の違い

法人カードと個人カードの大きな違いの一つは、審査内容です。個人カードは主に申込者個人の信用情報を基に審査が行われますが、法人カードの場合、経営者の信用情報に加えて法人としての信用力も審査の対象となります。具体的には、法人カードは、登記簿謄本や決算書の提出が求められ、ビジネスの状況や財務状況が確認されることが一般的です。

個人事業主が法人カードを申し込む場合、個人の信用情報が重視されるケースもありますが、個人事業主の事業の安定性や収益状況も考慮されます。特に開業して間もない個人事業主の事業収入が不安定な場合でも、クレジットヒストリーに問題がなければ審査に通ることがあるため、個人事業主にとっても法人カードは手に入れやすいものとなっています。

お役立ちコラム編集部

審査の甘い法人カードをお探しの方は、以下の記事も参考にしてみてください。

法人カードと個人カードの違い②
利用限度額の違い

法人カードと個人カードの違い二つ目は、利用限度額の違いです。利用限度額に関しても、法人カードと個人カードには大きな違いがあり、個人カードの限度額は一般的に10万円から100万円程度ですが、法人カードはそれよりも高額に設定されていることが多いです。法人カードの利用限度額は最大で500万円に達することもあります。これは、法人が扱う取引や支出が個人に比べて大きくなる傾向があるためです。

法人カードの限度額は、発行会社やカードのランク、審査結果などに基づいて決まります。例えば、ゴールドカードやプラチナカードなどの高ランクの法人カードでは、さらに高い限度額が設定されることがあります。個人事業主にとっても、事業の成長や大口の取引に備えて高めの限度額が設定される法人カードは非常にメリットがあり魅力的です。

法人カードと個人カードの違い③
引き落とし口座の違い

法人カードと個人カードの違い三つ目は、引き落とし口座の違いです。引き落とし口座も、法人カードと個人カードでは異なり、個人カードの場合、支払いは個人口座から行われますが、法人カードでは法人口座からの引き落としが可能です。法人カードの引き落とし方法には、会社決済型と個人決済型の2種類があります。

会社決済型は、法人の経費を法人口座から直接引き落とす方法で、主に法人が利用します。一方、個人決済型は、個人事業主が個人口座から経費を引き落とす方法です。個人事業主の場合、ビジネスの経費管理を効率化するために個人決済型を選ぶことが一般的です。このように、引き落とし口座の選択肢があることも法人カードのメリットと言えるでしょう。

法人カードと個人カードの違い④
付帯サービスの違い

法人カードと個人カードの違い四つ目は、付帯サービスの違いです。法人カードには、ビジネスの効率化にメリットがある多くの付帯サービスが提供されています。例えば、出張時の飛行機やホテルの予約、ショッピング保険、ETCカードの発行など、法人カードはビジネスにメリットがある付帯サービスが充実しています。これらビジネスにメリットの高いサービスを無料または格安料金で利用できることは、法人カードの大きなメリットです。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

また、法人カードには経費管理を支援する機能も備わっており、経費の可視化や管理の効率化に役立つメリットがあります。個人事業主にとっても、こうしたビジネス向けのメリットが高い付帯サービスは非常に有用であり、個人事業主の事業運営をサポートする大きな力となるでしょう。

おすすめ参考記事:法人カードとは?ビジネスカードのメリットや個人向けとの違いを解説

法人カードと個人カードの違い⑤
追加カードの発行

法人カードと個人カードの違い五つ目は、追加カードの発行についてです。法人カードのもう一つのメリット特徴は、社員用の追加カードを発行できる点です。個人カードの場合、家族カードを発行することが一般的ですが、法人カードでは社員それぞれに対して個別のカードを発行することが可能です。追加カードには社員の個人名が記載されるため、カードの使い回しはできません。

カード会社によっては、追加カードの発行可能枚数が異なり、利用者が20名未満の場合はビジネスカード、20名を超える場合はコーポレートカードと分類されることが一般的です。個人事業主の場合、従業員が少ないためビジネスカードの利用が主流ですが、必要に応じて複数のカードを発行することで、経費管理の効率化を図れるメリットがあります。

以上のように、法人カードと個人カードには多くの違いがあり、特に個人事業主にとっては法人カードのメリットを最大限に活用することで、ビジネスの効率化や成長をサポートすることができます。法人カードの選び方やメリットを正しく理解し、個人事業主自身の事業に最適な法人カードを選ぶことが重要です。次項では、法人カードを個人事業主が選ぶポイントについて解説していきたいと思います。

法人カードを個人事業主が持つメリット関連記事:
個人事業主におすすめ!法人用クレジットカードを持つメリットとは?

法人カードを個人事業主が選ぶポイント

個人事業主が法人カードを選ぶ際には、以下のようなポイントを考慮することが重要です。個人事業主に適切な法人カードを選ぶことで、個人事業主の事業の運営を効率化するメリットがあり、ビジネスの成長をサポートすることができます。

法人カードを個人事業主が選ぶポイント1
代表者の信用が重視されるカードを選ぶ

法人カードを個人事業主が選ぶポイント1つ目は、代表者個人の信用が重視されるカードを選ぶことです。開業してから日が浅い個人事業主でも、代表者の信用情報に特別な問題がなければ法人カードの審査に通る可能性があります。これは、個人事業主の事業の実績が浅くても、個人の信用情報を重視するためです。たとえば、現在の事業を始める前の職業や勤続年数、ローンなどの金融取引状況が法人カードの審査の対象となります。そのため、個人事業主も申し込める法人カードは、事業の実績に関係なく法人カードの審査に通りやすい傾向があります。

個人事業主が法人カードの審査に通るためには、少額でも安定した収入があることを証明する必要があります。確定申告書の写しや納税証明書など、必要な書類を事前に準備しておくことがポイントです。これらの書類は、個人事業主の信用力を示す重要な証拠となります。

これから個人事業主として開業を検討している方は、個人事業主として開業する前に法人カードを作成するの1つの選択肢です。これから個人事業主として開業する予定の方は、以下の記事もあわせてご覧ください。

法人カードを個人事業主が選ぶポイント2
年会費が手頃なカードを選ぶ

法人カードを個人事業主が選ぶポイント2つ目は、年会費が手頃な法人カードを選ぶことです。個人事業主にメリットのある法人カードの多くには年会費が設定されていますが、個人事業主にとってのビジネスに役立つさまざまな付帯サービスが充実しているため、そのメリットとの費用対効果を考慮することが重要です。ただし、年会費が高すぎると個人事業主にとって大きなデメリットとなるため、収入とのバランスを考えて法人カードを選びましょう。

年会費が1,000円台の法人カードも存在するため、コストを抑えつつビジネスにメリットある法人カードのサービスを利用したい場合は、こうした年会費が安い法人カードを検討すると良いでしょう。また、初年度の年会費が無料になるメリットがある法人カードもありますので、個人事業主が法人カードを申し込む際にはその要件を満たすかどうかをチェックしてみてください。

以下の記事では、年会費が無料の法人カードに焦点を当てて、おすすすめの法人カードについてご紹介しています。法人カードを選ぶ際に「年会費」を軸に検討したいと考えている方は、ぜひ以下の記事も参考にしてみてください。

法人カードを個人事業主が選ぶポイント3
ポイント還元率が高いカードを選ぶ

法人カードを個人事業主が選ぶポイント3つ目は、ポイント還元率が高いメリットがある法人カードを選ぶことです。法人カードの一般的なポイント還元率は0.5%ですが、カード会社によってはさまざまなサービスを提供しており、特定の店舗で法人カードを利用することでポイント還元率を増やすことができるメリットもあります。特定の店舗での利用でポイントが5倍になる、海外での利用でポイントが2倍になるなどのポイントが増えるメリット特典があるかどうかを確認しましょう。

  • お役立ちコラム編集部

    法人カードで貯まったポイントを電子マネーやギフト券などに交換できるメリットもありますが、交換率が下がる場合もあるため注意が必要です。個人事業主自身がよく利用する店舗やサービスで還元率を増やせるかどうか、使用シーンを想定して法人カードを選ぶと良いでしょう。

おすすめ参考記事:ポイント還元率が高い法人カードおすすめランキング【2024年7月最新比較】

法人カードを個人事業主が選ぶポイント4
カード利用枠が大きいカードを選ぶ

法人カードを個人事業主が選ぶポイント4つ目は、法人カードの利用限度枠が大きい法人カードを選ぶことです。個人事業主が法人カードの利用限度枠が大きい法人カードを選ぶことで、初期投資や高額な費用が必要になる場合に備えることができるメリットがあります。個人事業主は、法人カードの利用限度枠が大きな法人カードを選ぶことで、急な出費にも対応しやすくなります。

法人カードには一般カードやゴールドカード、プラチナカードなどのランクがあり、ランクが上がるほど法人カードの利用限度枠も広くなります。ただし、ランクが上がると年会費も高くなるため、個人事業主自身が支払う年会費とのバランスを考え、個人事業主に最適な法人カードを選びましょう。

法人カードを個人事業主が選ぶポイント5
ビジネスに役立つ付帯サービスで選ぶ

法人カードを個人事業主が選ぶポイント5つ目は、ビジネスに役立つ付帯サービスが充実している法人カードを選ぶことです。法人カードには、ビジネスをサポートするさまざまなメリットがあるサービスが付帯しています。たとえば、国内外の空港ラウンジを利用できるサービス、ETCカードの無料発行、出張時のホテルや飛行機の予約代行などメリットの高いサービスが挙げられます。これら法人カードに付帯するサービスを利用することで、個人事業主のビジネスの効率化が図れます。

また、個人事業主の経理サポートや弁護士相談サービス、新幹線のチケットレスサービスなど、特定の業態に特化したサービスが付いている法人カードもあります。個人事業主としての業態にメリットあるサービスが付帯しているかどうかを確認し、個人事業主に最適な法人カードを選ぶことが大切です。

法人カードを個人事業主が選ぶポイント6
追加カードの発行が可能なカードを選ぶ

法人カードを個人事業主が選ぶポイント6つ目は、追加カードの発行が可能なカードを選ぶことです。個人事業主が法人カードを選ぶ際には、社員用の追加カードを発行できるメリットがあるかどうかも考慮する必要があります。追加カードを発行することで、従業員が経費を利用する際に個別に管理しやすくなります。カードの発行可能枚数や、発行にかかる費用などを確認し、個人事業主自身のビジネスニーズに合ったメリットある法人カードを選びましょう。

以上のポイントを考慮して、個人事業主の事業にメリットの高い法人カードを選ぶことで、ビジネスの運営をよりスムーズに進めることができます。法人カードの選び方や利用方法をしっかりと理解し、個人事業主自身の事業に合った法人カードを見つけてください。個人事業主自身の事業にメリットある適切な法人カードを選ぶことで、ビジネスの成長をサポートし、効率的な経費管理が実現できるでしょう。次項では、法人カードを個人事業主が申請前に確認しておいた方が良いポイントについて解説していきたいと思います。

法人カードを個人事業主が持つメリット関連記事:
個人事業主(フリーランス)が法人用クレジットカードを持つメリット

法人カードを個人事業主が申請前に確認するポイント

個人事業主が法人カードを申し込む際には、いくつかの重要なポイントを事前に確認することが大切です。個人事業主にとってメリットある適切な法人カードを選び、スムーズに法人カードの申し込みを進めるためのポイントを以下に詳しく解説します。

法人カードを個人事業主が申請前に確認するポイント1
審査の厳しさや期間の確認

法人カードを個人事業主が申請前に確認するポイント1つ目は、審査の厳しさや期間の確認です。法人カードを、個人事業主が申し込む前に、法人カードの審査の厳しさを把握しておくことが重要です。一般的に、銀行が発行する法人カードは、信販会社のカードに比べて法人カードの審査が厳しいとされています。具体的な審査基準は公表されていないものの、「設立1年目から申し込み可能」や「個人の信用情報を基に審査を行う」といった、比較的法人カードの審査が緩やかな法人カードも存在します。

各カード会社が公開している法人カードの申し込み資格を確認し、個人事業主自身の現在のステータスでも審査を通過できるかどうかを検討することが必要です。また、法人カードを早急に取得したい場合は、法人カードの審査にかかる期間にも注目しましょう。

気をつけておきたい注意点

税理士_依頼_おすすめの注意点

銀行発行のカードは信販会社のカードよりも法人カードの審査に時間がかかる傾向があるため、計画的に申請することが求められます。

おすすめ参考記事:与信審査なしで法人カードは作れる?プリペイド式なども紹介

法人カードを個人事業主が申請前に確認するポイント2
法人カードの限度額の確認

法人カードを個人事業主が申請前に確認するポイント2つ目は、法人カードの限度額の確認です。個人カードと比較して、法人カードは月々の利用額が大きくなりがちです。個人事業主が法人カードを申し込む際には、カードの限度額が個人事業主自身の事業ニーズに合っているかどうかを確認することが重要です。特に、初期投資や事業拡大のために高額な支出が見込まれる個人事業主には、法人カードの限度額が十分であることが求められます。

また、限度額の引き上げが可能な法人カードもあるため、その条件や手続き方法についても確認しておくと良いでしょう。限度額の引き上げにより、個人事業主のビジネスの柔軟性が高まるメリットがあります。

法人カードを個人事業主が申請前に確認するポイント3
追加カード発行枚数の上限確認

法人カードを個人事業主が申請前に確認するポイント3つ目は、追加カード発行枚数の上限確認です。社員に追加カードを持たせることを検討している個人事業主は、法人カードの発行枚数の上限も確認しておく必要があります。カード会社によって追加カードの発行枚数には差があるため、追加カードの発行枚数が十分かどうかを事前にチェックしておきましょう。

法人カードを個人事業主が申請前に確認するポイント4
付帯サービスの確認

法人カードを個人事業主が申請前に確認するポイント4つ目は、付帯サービスの確認です。法人カードには、さまざまなメリットある付帯サービスが提供されています。個人事業主が法人カードをメリット活用するためには、個人事業主自身の事業にとってメリットの高い有益な特典やサービスが付帯しているかどうかを確認することが重要です。メリットの高い特典サービスの一例としては、出張時のホテル予約や飛行機の予約代行、経費管理のサポート、弁護士相談サービスなどがあります。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

個人事業主自身のビジネスに必要なメリットの高い付帯サービスが含まれているかを確認し、個人事業主自身の最適な法人カードを選びましょう。

おすすめ参考記事:法人カードにはどんな付帯サービスがある?

法人カードを個人事業主が申請前に確認するポイント5
年会費の確認

法人カードを個人事業主が申請前に確認するポイント5年会費の確認

法人カードを個人事業主が申請前に確認するポイント5つ目は、年会費の確認です。法人カードの年会費は、一般的に高いほど充実したメリットあるサービスを受けられる傾向があります。しかし、高額な年会費がかかると、その支払いが個人事業主にとって負担になるデメリットも考えられます。年会費の額と提供されるサービスのメリットデメリットバランスを考慮し、個人事業主自身のビジネスにとって最適な法人カードを選ぶことが大切です。

法人カードを個人事業主が申請前に確認するポイント6
ポイント還元率の確認

法人カードを個人事業主が申請前に確認するポイント6つ目は、ポイント還元率の確認です。個人事業主にとって法人カードのポイント還元率も重要なメリットポイントです。個人事業主としてビジネスを行う際には、経費が多くなるため、ポイント還元率が高い法人カードを選ぶことで、効率的により多くのポイントを貯められるメリットがあります。法人カードで貯まったポイントは、個人事業主のビジネス関連の支出に使うことができるため、コスト削減につながるメリットがあります。

カード会社によっては、特定の店舗や利用シーンでポイント還元率がアップするメリット高い特典を提供している場合もあります。個人事業主自身のビジネスにフィットしたポイント還元率や特典を持つ法人カードを選びましょう。

ポイント還元率の高い法人カードについては、以下の記事でも厳選して解説しているので、ポイント還元率の高い法人カードを検討している方は、あわせて参考にしてみてください。

個人事業主が法人カードを申し込む際には、これらのポイントを事前に確認することで、個人事業主に最適な法人カードを選び、個人事業主のビジネスの効率化と成長をサポートするメリットを享受できます。適切な法人カードを選ぶことで、経費管理がスムーズになり、ビジネスの発展に寄与することでしょう。法人カードの申請前にしっかりと調査し、個人事業主自身のビジネスに最も適した法人カードを見つけてください。次項では、法人カードを個人事業主が申請する手順について解説していきたいと思います。

法人カードを個人事業主が持つメリット関連記事:
法人カードを持つ5つのメリットとは?資金繰りにも役立つおすすめ法人カード3選

法人カードを個人事業主が申請する手順と審査

個人事業主が法人カードを申請して利用するまでの手順はシンプルであり、迅速に手続きが進むことが多いです。以下に、個人事業主が法人カードを申請する際の具体的な手順と審査の流れについて詳しく解説します。

法人カードを個人事業主が申請する手順

法人カードを個人事業主が申請する手順①
インターネット経由での申し込み

法人カードを個人事業主が申請する手順1つ目は、まず、個人事業主自身で希望する法人カードを提供しているカード会社の公式ホームページにアクセスし、法人カードの申込書を取り寄せます。ほとんどのカード会社ではオンラインでの申し込みが可能です。ウェブ上の法人カード申し込みフォームに必要事項を入力し、必要な書類を添付して送信します。これにより、法人カードの申し込み手続きが完了し、カード会社側での法人カードの審査が開始されます。

法人カードを個人事業主が申請する手順②
カード会社の審査

法人カードを個人事業主が申請する手順2つ目の流れは、カード会社は、個人事業主の申請内容に基づいて法人カードの審査を行います。具体的には、個人事業主の開業時期や過去の個人事業主個人の確定申告の内容などが法人カードの審査対象となります。法人カードの審査においては、個人事業主の信用情報も重要な要素となります。特に、個人事業主自身の過去のクレジットカードやローンの返済状況が良好であることが重要です。法人カードの審査に通過すれば、法人カード発行のプロセスに進みます。

法人カードを個人事業主が申請する手順③
法人カードの発行

法人カードを個人事業主が申請する手順③法人カードの発行

法人カードを個人事業主が申請する手順3つ目の流れとしては、法人カードでの個人事業主自身の審査が問題なく完了すると、2~3週間程度で法人カードが発行され、申請者である個人事業主自身の手元に届きます。法人カードが届いた後、カード会社が指定する手続きを行うことで、個人事業主は法人カードの利用が可能となります。

法人カードを個人事業主が申請する際の必要書類や審査基準

法人カードと個人カードでは、申請に必要な書類や審査基準が異なることが多いです。必要書類や審査基準は、カード会社によっても異なりますので、先述したとおり、各カード会社の公式ウェブサイトで確認することが重要です。ここでは、一般的な法人カードを個人事業主が申請する際に必要となる書類と審査基準について解説していきます。

  • お役立ちコラム編集部

    法人カードをスムーズに作成するためには、申請書類や審査について事前に準備をしておくことが重要です。個人事業主の方が法人カードをスムーズに作成する場合は、事前準備をしっかりと行っておきましょう。

法人カードを個人事業主が申請する際の必要書類

1.申込書: 必要事項を記載した法人カード申込書を提出します。
2.本人確認書類: 運転免許証やマイナンバーカードなどの本人確認書類が必要です。
3.確定申告書: 過去の確定申告書など、事業の収入を証明する書類が求められることがあります。

これらの書類を法人カード申請前に準備し、スムーズに提出できるようにしておくと良いでしょう。

法人カードを個人事業主が申請した際の審査基準

法人カードの審査では、個人事業主の信用情報だけでなく、個人事業主自身の事業の営業年数や業績、財務状況なども評価の対象となります。具体的な法人カードの審査基準は公開されていませんが、一般的に以下のポイントが重視されます。

1.信用情報: 個人事業主自身のクレジットヒストリーやローンの返済状況が良好であること。
2.営業年数: 個人事業主としての事業を開始してからの年数が長いほど審査に有利です。
3.業績と財務状況: 個人事業主の事業の収益性や安定性が評価されます。

また、ゴールドカードやプラチナカードなど、高ステータスのカードは審査のハードルが高くなる傾向があります。

法人カードを個人事業主が申請する手順と審査について詳しく見てきましたが、個人事業主の方は基本的な流れを理解し、必要書類を法人カード申請前に準備することで、スムーズに手続きが進むでしょう。個人事業主が法人カードを持つことで、ビジネスの効率化や経費管理が容易になり、事業の成長をサポートすることができるメリットがあります。個人事業主にとって適切な法人カードを選び、賢く活用しましょう。次項では、法人カードを個人事業主が利用した際の会計処理について解説していきます。

法人カードを個人事業主が持つメリット関連記事:
個人事業主が作れる法人カードのおすすめ!カードを作るメリットから選び方まで紹介します

法人カードを個人事業主が利用した際の会計処理

個人事業主が法人カードを利用する際には、適切な会計処理を行うことが重要です。これにより、経費の透明性が保たれるメリット生まれ、税務上のトラブルを避けることができます。以下では、法人カードを利用した場合の会計処理について詳しく解説します。

クレジットカード決済の勘定科目

クレジットカードで決済を行う際、様々な勘定科目を使用します。代表的なものとしては、貸方科目に「未払金」や「事業主借」、借方科目に「事業主貸」があります。

未払金
商品以外の物品を後払いで購入した場合に使います。主に、法人カードで個人事業主の事業費用を支払った場合の仕訳に用いられます。

事業主借
事業主が個人の資金を事業用に使用した場合に使います。

事業主貸
事業資金を事業主個人のために支出した場合に使用します。

法人カードを個人事業主が利用した場合の会計処理

個人事業主が法人カードを利用する場合、実際に買い物や仕入れを行った日と、口座から代金が引き落とされる日が異なるため、会計処理は2段階で行われます。

複式簿記形式による記帳の仕方

個人事業主が法人カードを利用して事業用の書籍を購入した例を見てみましょう。例えば、7月1日に書籍を購入し、8月10日にクレジットカードから引き落とされた場合の会計処理は以下の通りです。

7月1日:書籍購入時

日付借方貸方
7月1日新聞図書費 2,100円未払金 2,100円

この仕訳は、「新聞図書費」が2,100円増え、「未払金」が2,100円増えたことを意味します。

8月10日:クレジットカード引き落とし時

日付借方貸方
8月10日未払金 2,100円普通預金 2,100円

この仕訳は、「未払金」が2,100円減り、「普通預金」が2,100円減ったことを意味します。

個人事業主がプライベート用のカードを使った場合

個人事業主が法人カードを持っていない場合、プライベート用のクレジットカードを利用することもあります。この場合の会計処理は若干異なります。

例えば、7月1日に個人事業主の事業用の書籍をプライベート用のクレジットカードで購入し、8月10日に引き落とされた場合の会計処理は以下の通りです。

7月1日:書籍購入時

日付借方貸方
7月1日新聞図書費 2,100円事業主借 2,100円

この仕訳は、「新聞図書費」が2,100円増え、「事業主借」が2,100円増えたことを意味します。この場合、クレジットカード会社からの引き落とし時には追加の処理は必要ありません。

個人事業主が法人カードを利用する際の会計処理は、適切な勘定科目を使用し、複式簿記形式で正確に記帳することが求められます。これにより、経費の透明性が保たれるメリットが生じ、税務上のトラブルを防ぐことができます。特に法人カードを利用する場合は、購入時と引き落とし時の2段階での仕訳が必要となります。また、プライベート用のクレジットカードを利用する場合も、個人事業主の事業用経費として適切に処理することが重要です。適切な会計処理を行い、個人事業主の事業運営をスムーズに進めていきましょう。次項では、法人カードを個人事業主が持つメリットとデメリットについて解説していきます。

法人カードを個人事業主が持つメリット関連記事:
個人事業主には法人用クレジットカードがおすすめ!選び方やメリットを解説

法人カードを個人事業主が持つメリット・デメリット

個人事業主にとって、法人カードを持つことはビジネス運営の効率化や経済的なメリットを享受できる一方で、いくつかのデメリットも存在します。ここでは、法人カードを個人事業主が利用するメリットとデメリットについて詳しく解説します。

法人カードを個人事業主が持つメリット

まず、法人カードを個人事業主が持つメリットについて解説していきます。

法人カードを個人事業主が持つメリット1.
経理業務の効率化

法人カードを個人事業主が持つメリット1つ目は、個人事業主の経理業務の効率化のメリットです。法人カードを使用することで、経理業務の工数を大幅に削減できます。事業の支払いを法人カードに集約することで、支出の内容や金額がデータ化され、領収書の保管や経費計上の手間が大幅に軽減される個人事業主におすすめのメリットがあります。また、社員用の追加カードを発行すれば、経費の仮払いや立替払いが不要になるメリットもあり、領収書の紛失や現金の受け渡し時の個人事業主自身のリスクも減少します。

さらに、法人カードの中には会計ソフトと連携できるものもあります。この機能を利用することで、経理業務の一連の流れが自動化され、経費の申請忘れや計上漏れを防ぐことができます。

法人カードを個人事業主が持つメリット2.
経費支払いのタイミング調整が可能

法人カードを個人事業主が持つメリット2.経費支払いのタイミング調整が可能

法人カードを個人事業主が持つメリット2つ目は、個人事業主の経費支払いのタイミング調整が可能になるメリットです。法人カードの利用代金は毎月決まった日に引き落とされるため、個人事業主の事業経費の支払いタイミングを調整することが可能です。例えば、決済から1ヶ月後に支払うなどの調整ができるメリットがあるため、手元に資金を残しておくことができ、個人事業主の事業のキャッシュフローの改善に役立つメリットが法人カードで実現します。

法人カードを個人事業主が持つメリット3.
振り込み手数料の削減

法人カードを個人事業主が持つメリット3つ目は、振り込み手数料の削減ができるメリットです。個人事業主が法人カードを使用することで、支払いを一本化し、一つの口座で経費の支払いを管理することができるメリットがあります。法人カードにより、個人事業主は経費ごとに振り込みを行う必要がなくなり、振り込み手数料を削減することが可能です。

法人カードを個人事業主が持つメリット4.
お得な付帯サービスの利用

法人カードを個人事業主が持つメリット4つ目は、法人カードで個人事業主はお得な付帯サービスの利用ができるメリットです。多くの法人カードには、個人事業主のビジネスを支援するメリットあるサービスが付帯しています。例えば、個人事業主が法人カードで経費を支払う際にポイントが付与されたり、貯まったポイントを消耗品に交換できたりします。その他、空港ラウンジの利用時のメリット、出張時の各種予約時のメリット、海外旅行損害保険の安心保障メリットなど、さまざま個人事業主にとってメリットの高い付帯サービスがあります。また、福利厚生サービスとして、各種施設の優待割引を利用できる法人カードもあります。次に、法人カードを個人事業主が持つデメリットについて解説していきます。

法人カードを個人事業主が持つデメリット

以下、法人カードを個人事業主が持つデメリットについて詳細に解説していきます。

法人カードを個人事業主が持つデメリット1.
支払い方法の制限

法人カードを個人事業主が持つデメリット1つ目は、個人事業主が利用する法人カードに支払い方法の制限がある点がデメリットポイントです。法人カードの多くは、一括払いのみ対応していることが一般的です。個人カードのようにリボ払い、分割払い、キャッシングなどの選択肢が限られているデメリットがあるため、個人事業主は法人カードの使いすぎによって支払い困難に陥るリスクがあります。一部の法人カードでは多様な支払い方法を選べるものもあるため、法人カードの申し込みの前に確認しておくことが重要です。

法人カードを個人事業主が持つデメリット2.
年会費の発生

法人カードを個人事業主が持つデメリット2つ目は、年会費のコストが発生する点がデメリットです。ほとんどの法人カードには年会費が発生します。一般カードのように年会費無料の法人カードもありますが、限度額が低めだったり、付帯サービスが限定されていたりするデメリットが多いです。逆に、ゴールドカードやプラチナカードといった年会費がかかる法人カードは、サービスの充実度やポイント還元率が高いデメリットがあります。年会費の出費はあるものの、貯めたポイントを活用すれば、個人事業主の事業経費を抑えることができるため、年会費を支払ってでも個人事業主が法人カードを所有するメリットは高いと考えられます。

法人カードを個人事業主が持つデメリット3.
信用情報への影響

法人カードを個人事業主が持つデメリット3つ目は、法人カードで個人事業主自身の信用情報に影響が及ぶ点がデメリットポイントです。個人事業主が法人カードを申し込む際には、個人事業主本人の信用情報が審査の対象となります。個人事業主自身の信用情報に問題がある場合、法人カードの審査に通過できない可能性があります。また、法人カードの利用状況は個人事業主自身の信用情報に影響を与えるため、個人事業主は慎重に法人カードを利用することが求められます。

個人事業主が法人カードを持つことには、多くのメリットがあります。経理業務の効率化メリットや経費支払いのタイミング調整可能なメリット、振り込み手数料の削減できるメリット、メリットの高い付帯サービスの利用など、ビジネス運営に役立つメリットが豊富です。しかし、一括払いのみ対応しかできないデメリットや年会費のコストが発生するデメリット、法人カードの利用が個人事業主自身の信用情報に影響するといったデメリットも存在します。法人カードを選ぶ際には、これら法人カードのメリットとデメリットを十分に理解し、個人事業主自身のビジネスニーズに合った法人カードを選ぶことが重要です。個人事業主にとってメリットの高い適切な法人カードを利用して、ビジネスの効率化と成長を図りましょう。次項では、個人事業主にとってメリットのあるおすすめの法人カードを解説していきたいと思います。

法人カードを個人事業主が持つメリット関連記事:
個人事業主におすすめの法人カードを紹介!5つのメリットと選び方も解説

個人事業主にメリットが高いおすすめの法人カード2選

法人カードは、個人事業主にとってビジネス運営を効率化し、経済的メリットを享受するための強力なツールです。ここでは、個人事業主に特にメリットが高いとされるおすすめの法人カードを解説していきたいと思います。

個人事業主にメリットが高いおすすめの法人カード1.
「三井住友カード ビジネスオーナーズ」

画像出典:三井住友カード ビジネスオーナーズ 公式サイト

「三井住友カード ビジネスオーナーズ」は、高校生を除く満18歳以上の方が対象で、法人口座(または個人口座・屋号付個人口座)から自動引き落としができる個人事業主にメリットの高い法人カードです。以下は、このカードが個人事業主にとってメリットある選択となる理由を解説します。

1. 年会費が手ごろなメリット

「三井住友カード ビジネスオーナーズ」は、年会費が比較的低いため、事業の負担になりにくい点が個人事業主にメリットの高いポイントです。法人カードに高額な年会費を支払うことなく、法人カードの持つ多くのメリットを享受できます。

2. 経理業務の効率化のメリット

この「三井住友カード ビジネスオーナーズ」を法人カードとして個人事業主が利用することで、経費の支払いを一元化できます。三井住友カードが提供する「Vpassアプリ」を使用すれば、24時間いつでも支出の確認が可能なメリットも個人事業主におすすめです。手元の領収書とカード明細を照らし合わせることで、経理的なチェックも容易になります。これにより、個人事業主は日々の支払いをプライベート用とビジネス用に区別でき、経理業務の効率化につながるメリットは大きいでしょう。

3. 出張サポートの充実のメリット

「三井住友カード ビジネスオーナーズ」は、国内外の出張をサポートするサービスも豊富に付帯しているメリットがあります。例えば、ANAやJALの航空券チケットレス発券サービスや、JR東海エクスプレス予約サービス(プラスEX会員)による新幹線のネット予約&チケットレスサービスが利用可能です。また、最高2,000万円の海外旅行傷害保険も付帯しており、ビジネス出張が多い個人事業主にとって非常にメリットが高く便利です。さらに、ゴールドカードなら空港ラウンジも無料で利用できるメリットもあり、個人事業主の方の出張時の利便性が高まります。

4. Vポイントの獲得メリット

この法人カードを利用することで、個人事業主の事業経費の支払いに対してVポイントが貯まります。通常のポイント還元率は0.5%で、日々の個人事業主の事業経費を支払うことで自動的にポイントを貯めることが可能となり、たいへんメリットが高く、個人事業主におすすめです。

5. 2枚持ちのメリット

「三井住友カード ビジネスオーナーズ」は、個人カードとの2枚持ちでポイント還元率がアップします。例えば、「三井住友カード ビジネスオーナーズ」と「三井住友カード(個人用)」を2枚持ちすると、利用金額200円(税込)につき3ポイントが還元されるメリットがあります。これにより、さらにお得にポイントを貯めることができるので、個人事業主にメリットあるおすすめの法人カードです。

三井住友カード ビジネスオーナーズについては、以下の記事でも詳しく解説しています。三井住友カード ビジネスオーナーズを検討している方は、ぜひ参考にしてみましょう。

個人事業主にメリットが高いおすすめの法人カード2.
「楽天ビジネスカード」

次に、「楽天ビジネスカード」の特徴とメリットをご紹介します。このカードは、法人だけでなく個人事業主も作ることができ、ビジネスに役立つ多くのメリットの高い特典を提供しています。

1. 楽天プレミアムカードとのセット利用でメリット

「楽天ビジネスカード」は単体で申し込むことはできず、個人用の「楽天プレミアムカード」をあらかじめ保有しているか、同時に申し込む必要があります。個人用の「楽天プレミアムカード」を既に保有している個人事業主におすすめです。法人カードの年会費は、楽天ビジネスカードが2,200円(税込み)、楽天プレミアムカードが11,000円(税込み)で、合計13,200円(税込み)です。この法人カードの年会費はかかるものの、それ以上のメリットがあります。

2. 楽天市場でのポイント還元のメリット

個人事業主が法人カードとして「楽天ビジネスカード」を使うと、楽天市場での買い物でポイントが最大5倍になるメリットがあります。通常、楽天市場での買い物で100円につき1ポイントが貯まりますが、楽天ビジネスカードを法人カードとして利用すると、効率的に多くのポイントを獲得できることは大きなメリットです。

3. 楽天ETCカードの発行メリット

この法人カードを個人事業主が利用すれば、楽天ETCカードを何枚でも発行可能なメリットがあります。これにより、複数の社員がETCカードを保有していても管理が簡単で、利用するたびに楽天ポイントが貯まるメリットもあります。

4. プライオリティ・パスの利用のメリット

「楽天ビジネスカード」は、「楽天プレミアムカード」を持っていることが前提なので、プライオリティ・パスも利用可能なメリットがあります。プライオリティ・パスは、世界148か国、600以上の都市や地域、1,300か所以上の空港ラウンジを利用できるメリットの高いサービスで、出張の多い個人事業主にとって大きなメリットです。

5. 充実した補償のメリット

「楽天ビジネスカード」には、個人事業主の出張に安心な、海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険が付帯しています。さらに、「楽天プレミアムカード」で購入した商品(1個1万円以上)が購入日より90日以内に偶然な事故で損害を受けた場合、最高300万円まで補償する動産総合保険も付いているメリットもあります。

個人事業主が法人カードを持つことで、多くのメリットを享受できます。「三井住友カード ビジネスオーナーズ」と「楽天ビジネスカード」は、どちらも個人事業主にとって非常にメリットが高い法人カードです。それぞれの法人カードには独自のメリット特典やサービスがあり、個人事業主のビジネス運営をサポートします。個人事業主自身のビジネススタイルやニーズに合ったメリットある法人カードを選ぶことで、個人事業主の経理業務の効率化や経費削減メリット、ポイント還元メリットなど、たくさんのメリットを享受できるでしょう。次項では、法人カードを個人事業主が持つメリットに関するよくある質問をQ&A形式で解説していきたいと思います。

法人カードを個人事業主が持つメリット関連記事:
法人カードと個人カードの違いは?使い方やメリットを解説

法人カードを個人事業主が持つメリットQ&A

ここでは、個人事業主が法人カードを持つ際によくある質問とその回答をQ&A形式でご紹介します。個人事業主の方にとって、法人カードの持つメリットや選び方についての疑問を解消できれば幸いです。

Q1.個人事業主でも法人カードを持てるのか?

A1.はい、個人事業主でも法人カードを持つことができます。

法人カードには大企業向けのコーポレートカードや中小企業・個人事業主向けのビジネスカードがあり、事業の規模に応じて種類が分かれています。多くの場合、登記簿謄本や決算書などの書類を提出しなくても作成可能な法人カードも存在します。個人事業主でも法人カードを持つことで、個人事業主のビジネスの効率化メリットや経費管理の簡略化といったメリットを享受できます。

Q2.個人事業主が法人カードを持つメリットは何か?

A2.個人事業主が法人カードを持つメリットは多岐にわたります。

具体的には、以下のようなメリットがあります。

カード利用枠が大きい:大きな取引にも対応可能です。
ビジネス支援サービスの充実:出張時の空港ラウンジの利用など、ビジネスに役立つサービスが付帯しています。
ポイントが貯まる:日々の経費支払いでポイントが貯まり、そのポイントをビジネスに有効活用できます。
経費管理の簡略化:会計ソフトと連動し、経理業務の効率化を図れます。
資金繰りの改善:支払い猶予期間を利用してキャッシュフローの管理がしやすくなります。
公私の区別ができる:ビジネス用とプライベート用の支払いを明確に分けることで、経理の透明性が向上します。

Q3.個人事業主が法人カードを選ぶポイントは?

A3.個人事業主が法人カードを選ぶ際には、以下のポイントに注目しましょう。

事業実績が浅くても作れるカード:事業開始直後でも作成可能な法人カードを選びましょう。
年会費が高すぎない:負担にならない年会費の法人カードを選ぶことが大切です。
ポイント還元率の高さ:日々の経費支払いで効率よくポイントを貯められる法人カードを選びましょう。
カード利用枠の大きさ:大きな取引に対応できる利用枠のある法人カードを選びましょう。
付帯サービスの充実:出張サポート、保険、会計ソフト連携などが充実している法人カードを選びましょう。

これらのポイントを考慮して、個人事業主自身のビジネスニーズに最適な法人カードを選ぶことが重要です。個人事業主は、法人カードをうまく活用することで、個人事業主のビジネス運営をよりスムーズにし、経費管理の効率化や経済的メリットを享受することができます。

法人カードを個人事業主が持つメリット関連記事:
個人事業主が法人用クレジットカードを持つメリットは?選び方やおすすめのカードも紹介

まとめ

今回は、法人カードを個人事業主が持つメリットについて大解剖すべく、法人カードの基礎から、個人事業主が法人カードを持つメリットやデメリット、個人事業主におすすめの法人カードも紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

個人事業主が法人カードを持つことは、多くのメリットをもたらします。まず、経費管理が容易になり、経理業務の効率化を図ることができます。個人事業主が法人カードを利用することで、ビジネスの支払いを一元管理でき、会計ソフトとの連携で経費計上の手間を大幅に削減できるメリットがあります。また、法人カードにはポイント還元や各種ビジネス支援サービスが付帯しており、経費の支払いでポイントを貯めることができるだけでなく、出張時のサポートや保険など、個人事業主が法人カードを持つことで多岐にわたるメリットが享受できます。

さらに、個人事業主が法人カードを利用することで、資金繰りの改善にもつながります。支払い猶予期間を活用することで、キャッシュフローを円滑に保つことができ、ビジネスの運営を安定させることができます。公私の支払いを明確に分けることで、経理の透明性も向上し、個人事業主にとって非常にメリットが高く有用です。

また、この記事で紹介した「三井住友カード ビジネスオーナーズ」や「楽天ビジネスカード」は、個人事業主にとって特におすすめのメリットの高い法人カードです。これらの法人カードは、ビジネスに必要な機能とサービスを提供しつつ、経費削減やポイント還元といった具体的なメリットを享受できます。

最後に、個人事業主が法人カードを選ぶ際には、事業実績や利用可能枠、年会費、ポイント還元率、付帯サービスなど、個人事業主自身のビジネスニーズに最適なカードを選ぶことが重要です。法人カードを賢く利用することで、ビジネスの効率化や経費管理の改善、さらには個人事業主自身の事業の成長に寄与することができます。

個人事業主にとって、法人カードはただの支払い手段以上の価値を持つメリットの高いツールです。この記事を参考にして、個人事業主自身のビジネスに最適な法人カードを選び、事業の成功に役立ててください。

法人カードを個人事業主が持つメリット関連記事:
個人事業主がクレジットカードを持つメリットや申請方法を解説

今すぐコスト削減
資料請求はこちら
right
株式会社SoVa
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町3-9-7 ARC CUBE日本橋本町3階
TEL:03-6821-1935