個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード徹底解説!!

更新日:2024年7月11日
お役立ちコラム編集部
監修:お役立ちコラム編集部

個人事業主の開業前に法人カードは作るべき?

結論から申し上げますと、個人事業主としての開業前に法人カードを作ることをおすすめします。個人事業主として開業を計画している方にとって、法人カードを開業前に取得することは非常に有益だからです。なぜならば法人カードの審査は、個人事業主の開業前と個人事業主の開業後で審査の基準が異なるからです。

個人事業主の開業前に法人カードを作成しておく方が、法人カードの審査を通過する上で有利に働くというメリットがあります。そのため、個人事業主の開業前に法人カードの作成を強くおすすめします。

例えば、会社員としての立場であれば、安定した収入や勤続年数を証明することができ、法人カードの審査に通りやすいと言えます。一方、開業前ではなく、退職後に個人事業主として開業する場合、収入の安定性を証明するのは難しくなり、法人カードの審査を通過するのが困難になる可能性があります。

個人事業主が法人カードをもつメリットについては、以下の記事でも解説しています。個人事業主として開業する前に法人カードの作成を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

個人事業主としての活動を計画しているなら、個人事業主の開業前に法人カードを作成することを強くおすすめします。開業前に法人カードを作成することにより、経費管理や資金繰りなど事業でのメリットをたくさん享受でき、個人事業主としての事業の成功に向けた一歩を踏み出すことができます。次項では、個人事業主が開業前に作る法人カードの種類について解説していきます。

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード関連記事:
開業前の個人事業主でも法人カードは作れる?登記簿謄本が不要のおすすめビジネスカードを紹介

個人事業主が開業前に作る法人カードの種類

個人事業主が開業前に法人カードを作成する際に、どのような種類のカードがあるのかを理解しておくことは重要です。開業前に法人カードの選択肢を知ることで、個人事業主の事業に最適な法人カードを選ぶことができます。

クレジットカードの種類

まず、クレジットカードには大きく分けて個人向けと法人向けの2種類があります。

個人向けカード

これは主に生活費や娯楽費用の支払いに使用されることを想定しています。ポイント還元率が高く、年会費が低め、時には無料のものもあります。これに対して、

法人向けカード

事業経費の支払いに使用することを目的としています。個人向けカードに比べると年会費が高めで、ポイント還元率はそれほど高くありませんが、付帯保険や付帯サービスが充実しています。利用可能枠も大きめで、事業資金の管理に適しています。

法人カードの種類

法人カードの種類

法人カードはさらに3つの種類に分けられます。各法人カードの種類には、それぞれ異なる用途と対象があります。

1.ビジネスカード

個人事業主や従業員20人以下の法人を対象とした法人カードで、事業経費の支払い全般に使用されます。個人事業主にとって最も適した法人カードであり、個人事業主の開業前でも作成可能です。

2.コーポレートカード

これは従業員20人以上の法人を対象とした法人カードで、主に出張費や接待交際費などに使用されます。規模が大きな法人向けの法人カードであり、個人事業主には適していません。

3.パーチェシングカード

主に大企業や中堅企業を対象とし、Web広告費やサーバー代、各種請求書払いの経費に使用される法人カードです。個人事業主が利用するには不向きであり、基本的には作成できません。

個人事業主におすすめなのはビジネスカード

個人事業主が開業前に法人カードを作成する際には、ビジネスカードが法人カードとして最もおすすめです。ビジネスカードは個人事業主でも作成可能であり、個人事業主の事業の資金管理をスムーズに行うことができます。

ビジネスカードを持つことで、個人事業主の事業経費とプライベートの経費を明確に分けることができ、経費管理が簡単になります。また、個人事業主の事業資金の流れを把握しやすくなり、資金繰りの面でも大いに役立ちます。特に開業前にビジネスカードを法人カードとして作成することで、安定した収入があるうちに審査を通過しやすくなります。例えば、副業として個人事業主をしている場合でも、会社員としての収入があることで、法人カードの審査に有利に働きます。これにより、開業前後の資金繰りがスムーズになり、個人事業主の事業の立ち上げを円滑に進めることができます。

個人事業主におすすめ法人カード選びのポイント

個人事業主におすすめ法人カード選びのポイント

開業前・開業直後の個人事業主が法人カードを選ぶ際には、以下のポイントを考慮することが重要です。

1.年会費

法人カードの年会費は個人向けカードに比べて高めですが、法人カードの付帯サービスの内容や利用可能枠を考慮すると開業前・開業直後の個人事業主におすすめとなるコストパフォーマンスが高い法人カードもあります。

コストを削減するために「年会費」を中心に法人カードを選びたいと思っている方は、以下の記事も参考になるかと思います。

2.ポイント還元率

法人カードのポイント還元率はそれほど高くないことが多いですが、個人事業主の事業経費の支払いに対して還元されるポイントを上手に活用することで、経費節約につなげることができます。

3.付帯サービス

法人カードにはさまざまな付帯サービスがあります。例えば、出張保険や緊急時のサポートサービスなどが含まれている法人カードもあります。個人事業主の事業のニーズに合った付帯サービスを提供している法人カードを選ぶことが大切です。

4.利用可能枠

法人カードの利用可能枠は、個人向けカードよりも大きい場合が多いです。個人事業主の事業の規模や支払い頻度に応じた利用可能枠を持つ法人カードを選びましょう。

個人事業主が開業前・開業直後に法人カードを選ぶ際には、自身の個人事業主としての事業のニーズに合ったビジネスカードを法人カードとして選ぶことが重要です。これにより、開業前・開業直後の個人事業主の経費管理がスムーズになり、個人事業主の事業の成功に向けた基盤をしっかりと築くことができます。次項では、個人事業主が開業前に作る法人カードの作成手続きについて解説していきたいと思います。

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード関連記事:
個人事業主がクレジットカードを開業前に作るメリットは?おすすめカードも紹介!

個人事業主が開業前に作る法人カードの作成手続き

法人カードの作成には、個人事業主や法人代表者であれば比較的簡単な手続きで済みます。多くの場合、本人確認書類のみで申請が可能です。一方、法人契約の場合は登記簿謄本などの法人書類が必要となるため、個人事業主の開業前に法人カードの作成はできない点には注意が必要です。

例えば、個人事業主や法人代表者が対象の法人カードでは、以下のような書類が必要です。

個人事業主・法人代表者対象: 本人確認書類のみ

法人対象契約の場合、これに加えて以下の書類が求められます。

法人対象:本人確認書類に加え、 登記簿謄本、法人税の納税証明書など

開業前に作成できる法人カード

一部の法人カードは、開業前の個人でも作成が可能です。例えば、セゾンプラチナビジネスアメックスカードは、個人の本人確認書類のみで申請できるため、開業前の個人事業主にとって非常に便利でおすすめの法人カードです。

この法人カードは、個人事業主の開業前に会社員としての収入があるうちに申請することで、法人カードの審査に通過しやすくなります。また、個人事業主としての開業前からこの法人カードを利用できるため、事業資金の管理や経費の支払いがスムーズに行えます。

開業前と直後は登記簿謄本が不要な法人カードがおすすめ

個人事業主の開業直後の場合、登記簿謄本の提出が不要な法人カードを選ぶのが賢明です。これにより、個人の信用情報に基づいて法人カード審査が行われ、迅速に法人カードを取得することができます。一部の法人カードは、法人カード利用対象者が個人事業主や法人代表者など個人であれば、以下の書類だけで申し込むことができます。

●運転免許証
●運転経歴証明書
●パスポート
●健康保険証
●マイナンバーカード
●在留カード
●特別永住者証明書
●住民票

これらいずれかの書類を提出することで、スムーズに法人カードを取得できます。ただし、カード会社によって必要書類は異なるため、事前に確認することが重要です。

法人カードを個人事業主の開業前に作成しておくことで、法人カードの審査通過の可能性が大幅にアップします。個人事業主の開業前である会社員として安定した収入があるうちに、個人事業主として利用する法人カードを取得することをおすすめします。既に退職している段階で法人カードを作成しようとすると、収入が不安定な状況が法人カードの審査で影響して審査に通りにくくなりますが、個人事業主の開業前と開業直後の個人事業主におすすめの、登記簿謄本が不要なカードを選ぶことで、比較的法人カードの審査に通りやすくなるでしょう。次項では、登記簿謄本が不要な個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カードを紹介していきたいと思います。

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード関連記事:
個人事業主が開業前にクレジットカードを作るメリットと開業前後の審査の違い

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード8選

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カードを詳しくご紹介していきます。

個人事業主が開業前に選ぶ法人カードには多くの選択肢があり、それぞれが独自のメリットと特典を持っています。ここでは、開業前・開業直後の個人事業主にとっておすすめの法人カードを、特に登記簿謄本の提出が不要なものに絞って解説していきたいと思います。

まず、法人カードを選択するポイントは、法人カードの「年会費」、「申込条件や申し込み基準」、「ビジネスに役立つ特典やサービス」、「マイルやポイントの貯まりやすさ」、「付帯サービスなどをチェック」することが重要です。これら法人カードの選択ポイントを考慮しながら、開業前もしくは開業直後の個人事業主でも作れる法人カードを見ていきましょう。

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード1.
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

個人事業主におすすめのポイント

・JALマイル還元率が0.5~1.125%と法人カードで最高水準を誇る
・世界1,300以上の空港ラウンジが利用可能なプライオリティパス付き
・国内旅行傷害保険は最高5,000万円、海外旅行傷害保険は最高1億円を保証

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード1つ目は、「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です。このセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費が22,000円と比較的高額ですが、それに見合う特典が豊富です。特にJALマイル還元率が最大1.125%と高く、ビジネスでの出張や旅行が多い、開業前・開業直後の個人事業主にとって非常に有利な法人カードです。さらに、メールやチャットでのコンシェルジュサービス、プライオリティパスの付帯、海外旅行傷害保険(最高1億円)など、手厚いサービスが揃っています。また、最短3営業日でのスピード発行が可能なため、急ぎで法人カードが必要な開業前・開業直後の個人事業主に対応できます。

こんな個人事業主におすすめ!

●すぐに法人カードが必要な個人事業主
●JALマイルを貯めたい個人事業主
●コスパのよい法人カードを持ちたい個人事業主

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード2.
apollostation PLATINUM BUSINESS

個人事業主におすすめのポイント

・1,000円利用金額ごとに8ポイント付与
・ガソリン給油などでポイントが付与
コンシェルジュサービスが24時間365日ついている

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード2つ目は、「apollostation PLATINUM BUSINESS」です。このapollostation PLATINUM BUSINESSカードは、年会費22,000円で、年間300万円以上の利用で次年度の年会費が無料になるため、コストパフォーマンスに優れています。ガソリン給油時にもポイントが貯まり、自動車を多く使用する開業前・開業直後の個人事業主にとって大変便利な法人カードです。さらに、24時間365日のコンシェルジュサービスや469ドルのプライオリティ・パス「プレステージ」の無料登録など、ビジネスに役立つ特典が豊富な、開業前・開業直後の個人事業主におすすめの法人カードです。

こんな個人事業主におすすめ!

●自動車を常に利用する個人事業主
●効率よくポイントを貯めてお得を感じたい個人事業主
●特別な優待サービス特典を利用したい個人事業主

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード3.
JCB CARD Biz

個人事業主におすすめのポイント

・ゴールドカードでも年会費が11,000円と手頃
・タッチレス決済を搭載で、スムーズな支払い
・ナンバーレスとサイバーリスク保険付帯で安心のセキュリティ

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード3つ目は、「JCB CARD 」です。BizJCB CARD Bizは、一般カードとゴールドカードの2種類があり、一般カードは年会費1,375円、ゴールドカードは年会費11,000円と手頃な価格で利用できます。ポイント還元率は0.5%と控えめですが、タッチレス決済の対応やサイバーリスク保険の付帯など、セキュリティ面での安心感がある開業前・開業直後の個人事業主におすすめの法人カードです。また、「請求書カード払い」を利用することで、カード決済を受け付けていない取引先への支払いも可能です。

こんな個人事業主におすすめ!

●まずは手軽に法人カードを手にしたい個人事業主
●法人カードで大きな決済がない個人事業主
●国内の法人カード利用が多い個人事業主

あわせて読みたい!JCB法人カードに関する記事

税理士_依頼_おすすめのポイント

以下の記事では、JCB法人カードのメリットをはじめ、審査基準やJCB法人カードの種類別のおすすめポイントについて解説しています。JCBの法人カードを少しでも検討されている方は、あわせて参考にしてみてください。
おすすめ参考記事:JCB法人カードのメリットは?種類別のおすすめポイントや審査基準も解説

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード4.
三井住友カードビジネスオーナーズ

個人事業主におすすめのポイント

・三井住友カード ビジネスオーナーズは年会費永年無料
・限度額が~500万
(※所定の審査あり)
・条件クリアすればポイント還元率は最大1.5%還元
(※対象カードと2枚持ちが条件)

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード4つ目は、「三井住友カードビジネスオーナーズ」です。この三井住友カードビジネスオーナーズは、年会費が永年無料で利用可能枠が最大500万円まで設定されているため、個人事業主の開業前や開業直後の個人事業主にとって非常に魅力的な法人カードです。また、対象の個人カードと2枚持ちすることでポイント還元率が最大1.5%まで上がる点も大きなメリットです。その他にも、宿泊施設やスポーツクラブなどのサービスを割引料金で利用できる特典があります。ビジネスシーンでの利用が多い、開業前・開業直後の個人事業主にとてもおすすめです。

こんな個人事業主におすすめ!

●長期的に法人カードを利用したい個人事業主
●開業直後の個人事業主
●ビジネスシーンに便利なサービスを利用したい個人事業主

おすすめ記事:法人カードの審査は会社設立1年未満や個人事業主でも通る?審査基準や申し込み方法を紹介

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード5.
セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

個人事業主におすすめのポイント

・年会費が無料
・追加カードの年会費も9枚まで無料

・特定のビジネスサービス利用で永久不滅ポイントが4倍

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード5つ目は、「セゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です。このセゾンコバルト・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、年会費が無料で、追加カードも9名までなら無料で発行できます。特定のビジネスサービスを利用すると永久不滅ポイントが4倍になるため、ポイントを効率的に貯めることができる法人カードです。弥生会計やクラウド会計freeなどとの連携が可能で、経費管理が楽になる点も開業前・開業直後の個人事業主におすすめの魅力です。資金繰りに困った際には、最大950万円までのセゾンビジネスサポートローンも利用できます。

こんな個人事業主におすすめ!

●はじめて法人カード持つ個人事業主
●従業員へ法人カードの付与を考えている個人事業主
●ポイント重視の法人カードを持ちたい個人事業主

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード6.
ライフカードビジネスライトプラス

個人事業主におすすめのポイント

・スタンダードカードは年会費が永年無料
・「タイムズカー」の会員カード発行手数料が無料
・キャッシング50万円まで可能

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード6つ目は、「ライフカードビジネスライトプラス」です。ライフカードビジネスライトプラスは、スタンダードカードなら年会費が永年無料で、ゴールドカードも比較的リーズナブルです。法人カードとしては珍しいキャッシング枠があり、最大で50万円まで利用できるため、急な資金需要にも対応できる法人カードです。また、カーシェアリングサービス「タイムズカー」の会員カード発行手数料が無料になるなど、実用的な特典が多いのも、開業前・開業直後の個人事業主におすすめの特徴です。

こんな個人事業主におすすめ!

●ベーシックな法人カードを持ちたい個人事業主
●開業したばかりの個人事業主
●急ぎで法人カードを持ちたい個人事業主

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード7.
ダイナースクラブ ビジネスカード

個人事業主におすすめのポイント

・初年度年会費無料のキャンペーンがある
・限度額に一律の制限がない
・ビジネスにまつわる特典が豊富

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード7つ目は、「ダイナースクラブ ビジネスカード」です。ダイナースクラブ ビジネスカードは、年会費27,500円と高額ですが、ステータス性が高く、優待サービスや特典が非常に充実しています。新規入会キャンペーンで初年度の年会費が無料になることもあり、初めてダイナースクラブカードを検討する開業前・開業直後の個人事業主にとっても魅力的です。利用可能枠に一律の制限がなく、会員制「銀座サロン」の無料利用や所定コース料理の無料提供、Business-Airportに無料で入会、イベントやセミナーなど会員専用の招待プログラム完備しているなど、ビジネスシーンでの活用幅が広がるため、開業前・開業直後の個人事業主におすすめの法人カードです。

こんな個人事業主におすすめ!

●ステータス性の高い法人カードを求める個人事業主
●はじめてダイナースクラブカードを検討する個人事業主
●ビジネスシーンで役立つ特典や優待サービスを利用したい個人事業主

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード8.
楽天ビジネスカード

個人事業主におすすめのポイント

・楽天市場での買い物でポイント最大3倍
・国内外の空港ラウンジの利用
・Visaの優待サービス

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード8つ目は、「楽天ビジネスカード」です。楽天ビジネスカードは、個人カードである楽天プレミアムカードとセットで使用する法人カードです。楽天市場でのポイント還元率が高く、楽天をよく利用する開業前・開業直後の個人事業主に最適な法人カードです。また、国内外の空港ラウンジが利用可能で、Visaの優待サービス「Visaビジネスオファー」も付帯しています。ただし、利用限度額は楽天プレミアムカードとの合算となるため、使い過ぎには注意が必要です。

こんな個人事業主におすすめ!

●楽天市場をよく利用する個人事業主
●楽天プレミアムカードをお持ちの個人事業主
●豊富な優待特典サービスを利用したい個人事業主

これらの法人カードは、それぞれ独自の特典やメリットを持っており、個人事業主が開業前や開業直後に選ぶ際の重要な選択肢となります。自分のビジネススタイルやニーズに合ったカードを選ぶことで、資金管理が楽になり、ビジネスの成長をサポートしてくれるでしょう。

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード関連記事:
個人事業主におすすめのビジネスカードは?メリット・デメリットや選び方のポイントを解説

法人カードと個人カードを使い分ける重要性

個人事業主としての活動を始める際、プライベートと個人事業主用の法人カードを分けることは非常に重要です。個人用のクレジットカードで事業経費を支払うことは可能ですが、以下のような問題が生じる可能性があります。

  • 経費管理の複雑化
  • 税務リスクの増大
  • 資金繰りの混乱

それぞれの問題について、詳しく見ていきましょう。

経費管理の複雑化

個人と個人事業主の事業の支出が混在することで、経費管理が難しくなります。個人事業主の事業経費の詳細を把握するためには、個人用と個人事業主の事業用の法人カードを別途用意する方が効果的です。

税務リスクの増大

個人の支出と個人事業主の事業の支出を明確に分けないと、税務上のリスクが増大します。税務調査時に不正が疑われることもあり、適切な経費処理が求められます。

資金繰りの混乱

個人事業主の事業資金と個人の資金を混同すると、事業資金の管理が難しくなり、資金繰りが不安定になる可能性があります。個人事業主の事業用の法人カードを利用することで、これらのリスクを軽減できます。

法人カードを個人事業主の開業前に作成することで、金融機関からの信用度もあるため、法人カードの審査に通りやすくなることはもちろん、あらゆる混乱やリスクを回避し、個人事業主として開業前後の資金の管理も明確になり、個人事業主の事業の立ち上げと成長を円滑に進めることができます。次項では、個人事業主の開業前に法人カードを作るメリットを解説していきたいと思います。

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード関連記事:
【開業前が有利】個人事業主に合うおすすめのクレジットカードを完全ガイド!

個人事業主の開業前に法人カードを作るメリット

また、個人事業主としての開業前に法人カードを作成することで、以下のようなメリットが得られます。

個人事業主の開業前に法人カードを作るメリット1.
収入の安定性を証明しやすい

個人事業主の開業前に法人カードを作るメリット1つ目は、収入の安定性があるからです。会社員としての収入があるうちに法人カードを作成することで、法人カードの審査に通過しやすくなります。これは、金融機関が収入の安定性を重視するためです。

個人事業主の開業前に法人カードを作るメリット2.
経費管理が容易になる

個人事業主の開業前に法人カードを作るメリット2つ目は、法人カードを使用することで、個人事業主の事業用の経費と個人用の経費を明確に分けることができるようになります。法人カードにより、個人事業主としての経費管理が簡単になり、会計処理もスムーズに行えます。

個人事業主の開業前に法人カードを作るメリット3.
資金繰りがスムーズになる

個人事業主の開業前に法人カードを作るメリット3つ目は、資金繰りがスムーズになるためです。開業前に法人カードを用意することで、個人事業主の事業資金の調達が容易になります。特に個人事業主の開業初期は、キャッシュフローの管理が重要です。法人カードを利用することで、必要なタイミングで資金を利用できるため、資金繰りがスムーズになります。

個人事業主の開業前に法人カードを作るメリット4.
信用情報の活用

個人事業主の開業前に法人カードを作るメリット4つ目は、開業前に法人カードを取得することで、会社員としての信用情報を利用できます。個人事業主の開業前に法人カードを申請することで、より法人カードの審査が通りやすくなる要因の一つです。

個人事業主として法人カードを作成する際に、なるべく審査落ちしたくないという方は、以下の記事も参考にしてみてください。

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード関連記事:
個人事業主は、いかにクレジットカードを有効活用すべきか? 開業前に知っておきたい3つの視点

個人事業主の開業前に法人カードを作る注意点

個人事業主が開業前に法人カードを作成する際には、いくつかの重要な注意点があります。

個人事業主の開業前に法人カードを作る注意点
開業前に法人カードを作れない場合がある

個人事業主の開業前に法人カードを作る注意点一つ目は、カード会社やカードの種類によっては、個人事業主の開業前に法人カードを申し込むことができない場合があります。したがって、事前に法人カードの申し込み条件を確認することが大切です。特定の法人カードは、個人事業主として開業してからでないと申請できないことがありますので、気になる法人カードの詳細をしっかりと調査しましょう。

個人事業主の開業前に法人カードを作る注意点
固定電話の設置

個人事業主の開業前に法人カードを作る注意点二つめは、固定電話の設置についてです。固定電話を設置しておくことが法人カードの審査で有利になる場合があります。固定電話があると、カード会社からの信用度が向上する可能性があるからです。固定電話は設置する際に住所が必要であり、その住所に住んでいることの証明になるため、信用度が高まるとされています。スマートフォンのみで運営する場合に比べて、固定電話の設置は個人事業主としての信用力を強化する手段として有効です。

先述したとおり、個人事業主が開業前に法人カードを作成することには多くのメリットがあります。まず、個人事業主の事業開始と同時に経費の管理を効率化できることや、法人カードを利用することで、個人事業主の事業用の支出とプライベートの支出を明確に分けることができます。また、法人カードにより個人事業主の経理作業が簡素化されることや、法人カードのビジネス特典を活用することで、事業運営がよりスムーズになります。ぜひ開業前に法人カードの準備を進められることをおすすめします。

法人カード申請時のポイント

個人事業主の開業前に法人カードを申請する際には、以下のポイントに注意しましょう。

1.申し込み条件の確認

各カード会社の法人カードの申し込み条件を事前に確認し、個人事業主の開業前でも法人カードの申請可能かどうかを確認します。

2.信用力の向上

固定電話を設置し、カード会社からの信用度を高めることを検討します。これにより開業前の個人事業主でも法人カードの審査に通りやすくなる可能性が高まります。

3.必要書類の準備

法人カード申請前には必要な書類を全て準備しておくことで、開業前にスムーズな個人事業主の事業用法人カード作成が実現します。

個人事業主が開業前に法人カードを作成する際には、カード会社の申し込み条件や固定電話の設置など、いくつかの注意点があります。これら個人事業主の開業前に法人カードを作る注意点のポイントに留意することで、スムーズに開業前に個人事業主の事業用法人カードを取得し、事業運営を開始する準備を整えることができます。個人事業主としての事業の成功に向けて、適切な法人カードを選び、効果的に利用することが重要です。次項では、個人事業主が開業前に作る法人カードについてよくある質問について解説していきたいと思います。

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード関連記事:
個人事業主におすすめの事業用クレジットカード10選!開業前でも発行可能・審査落ちしないポイントをまとめて解説

個人事業主が開業前に作る法人カードQ&A

個人事業主が開業前に作る法人カードについてよくある質問を以下解説していきます。

Q1: 開業前に法人カードを作ることはできますか?

A1:
はい、個人事業主でも開業前に法人カードを作ることは可能です。ただし、法人の本人確認書類が不要な個人名義の法人カードに限られます。また、開業前の現在の職を退職する前に法人カードを発行することをおすすめします。なぜなら、会社員であれば安定した収入が見込めるため、勤務先や勤続年数などの情報が信用力を高め、法人カードの審査に有利になるからです。退職後にカードを申請すると、収入の不安定さから審査に通りにくくなる可能性があります。

Q2: 開業直後の売上が少ない状態でも審査に通ることはできますか?

A2:
開業直後に売上が少ない状態で法人カードの審査に通るのは厳しいです。開業直後は個人の信用情報だけでなく、事業の業績や売上も審査の対象となるためです。また、開業前・開業後は固定電話がないと審査に落とされる可能性もあります。開業前・開業後は固定電話があることで事業の信頼性が向上します。そのため、法人カードは開業前に、そして現在の職を退職する前に申請することが最も効果的です。

Q3: 審査が甘い開業直後の個人事業主向けの法人カードはありますか?

A3:
審査が甘い法人カードを特定するのは難しいですが、以下の特徴を持つ法人カードを選ぶと法人カードの審査に通りやすくなる可能性があります。

・年齢や会社の設立年数などの申し込み条件が少ないカード
・登記簿謄本や決算書などの提出書類が不要なカード
・事業年数を条件としないカード

具体的な法人カードの審査基準は公開されていないため、慎重に選ぶことが重要です。

審査が甘い法人カードについては以下の記事でも解説しているので、個人事業主の方はぜひ参考にしてみてください。

Q4: 法人カードの年会費は経費として計上できますか?

A4:
はい、法人カードの年会費は経費として計上できます。「支払手数料」や「初会費」などの勘定科目として扱われることが一般的です。年会費を経費にすることで、課税所得の負担を減らすことができます。一方、一般的な個人用カードの場合、事業との関連性が不明確であるため、経費として計上できない場合が多いです。

Q5: 法人カードの審査は個人事業主の屋号がついていたほうが有利ですか?

A5:
はい、個人事業主の屋号があると法人カードの審査で有利になる場合があります。屋号があることで事業の信用性が高まり、カード会社からの信用も得やすくなります。ただし、屋号があるだけで審査に通過するわけではなく、個人の信用情報がしっかりしていることが前提です。また、屋号付きの口座を支払い口座にすることも法人カードの審査に有利に働くことがあります。

Q6: 個人事業主が開業前に法人カードを作る際の注意点はありますか?

A6:
個人事業主が開業前に法人カードを作成する際には、いくつかの注意点があります。

申し込み条件の確認
各カード会社の法人カードの申し込み条件を事前に確認し、開業前でも申請可能かどうかを確認します。

信用力の向上
開業前・開業後の個人事業主は固定電話を設置し、カード会社からの信用度を高めることを検討します。

必要書類の準備
開業前に必要な書類を準備しておき、スムーズな申請を目指します。

Q7: 法人カードを選ぶ際のポイントは何ですか?

A7:
法人カードを選ぶ際には、以下のポイントに注意しましょう。

年会費と特典
年会費が高くても、それに見合った法人カードの特典があるかを確認します。例えば、旅行傷害保険や空港ラウンジの利用などのビジネス向け特典が充実しているかをチェックしましょう。

支払い条件
支払い条件が自身の個人事業主の事業に合っているかを確認します。例えば、支払い猶予期間やリボ払いの有無などです。

ポイント還元
ポイント還元率が高い法人カードは、個人事業主の事業の経費を効率よく管理しながら、効率よくポイントを貯めることができます。

Q8: 開業前に法人カードを作るメリットは何ですか?

A8:
開業前に法人カードを作ることには以下のメリットがあります。

開業前メリット①
経費管理の効率化
事業用の支出と個人用の支出を明確に分けることができ、経理作業が簡素化されます。

開業前メリット②
ビジネス特典の活用
法人カードにはビジネス向けの特典が多く、出張や会食などで便利に使えます。


開業前メリット③
資金繰りの改善
法人カードを利用することで、事業の資金繰りが改善され、安定した運営が可能になります。

個人事業主が開業前に法人カードを作成する際には、上記のポイントを参考にし、開業前に個人事業主にとって適切な法人カードを選び、効果的に活用することが重要です。

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード関連記事:
フリーランスになるには?開業前準備や個人事業主向けクレジットカードを紹介

まとめ

今回は、個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード徹底解説しました。法人カードを開業前に取得する重要性とそのメリットについて理解いただけたでしょうか。個人事業主として事業をスタートする開業前に法人カードを準備することで、経費管理の効率化、ビジネス特典の活用、そして資金繰りの安定化が期待できます。法人カードを利用することで、個人事業主の事業用とプライベートと事業の支出を明確に分け、経理業務を簡素化し、確定申告時の手間を大幅に軽減できます。

また、法人カードには、旅行傷害保険や空港ラウンジサービス、ビジネスラウンジの利用、コンシェルジュサービスなどのビジネス向け特典が豊富に含まれており、出張や会議、ビジネスミーティングでの利用が非常に便利です。これらの特典をうまく活用することで、個人事業主の事業運営がよりスムーズになり、業務効率が向上します。

さらに、開業前に法人カードを申請する際には、固定電話の設置や信用情報の充実が審査を通過するための重要な要素となります。開業前の安定した収入を背景に、法人カードを取得することで、退職後の不安定な収入状況を避けることができ、スムーズな個人事業主としてのビジネススタートを切ることが可能です。

個人事業主が開業前に法人カードを取得することは、事業運営の基盤を固めるための賢明な選択です。この記事で紹介したポイントを参考に、開業前の個人事業主にとって適切な法人カードを選び、事業の成功に役立ててください。

個人事業主が開業前に作るおすすめの法人カード関連記事:
【2024年7月】独立起業・退職前に必読!開業直後の法人クレカ発行は厳しい?個人事業主は?おすすめ・疑問を解説!

今すぐコスト削減
資料請求はこちら
right
株式会社SoVa
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町3-9-7 ARC CUBE日本橋本町3階
TEL:03-6821-1935