ビジネスカードとは?個人事業主におすすめのビジネスカード徹底解説!

更新日:2024年7月11日
お役立ちコラム編集部
監修:お役立ちコラム編集部

ビジネスカードは、経費の精算を一元管理したり、ポイントを効率よく貯めたりすることができるため、個人事業主にとって多くのおすすめとなるメリットがあります。個人事業主がビジネスカードを利用することで、経費の支払いに応じてポイントを貯めたい個人事業主や、付帯サービスを活用したい個人事業主など、個人事業主それぞれのニーズに応じた個人事業主向けのビジネスカードの選択が可能なことをご存知でしょうか。

今回、この記事では、ビジネスカードの基礎から、個人事業主にとっておすすめのビジネスカードをおすすめポイント別に詳細に解説していきます。個人事業主にとっておすすめのビジネスカードを選ぶ際には、個人事業主自身のビジネスシーンを具体的にイメージすることが重要かつ、おすすめしております。例えば、どのような場面でビジネスカードを使いたいのか、どのような特典やサービスをビジネスカードで重視するのかを考えることで、個人事業主自身に最適なビジネスカードを見つけることができるでしょう。

ビジネスカードをご検討されておられる個人事業主の方の参考になれば幸いです。

ビジネスカードとは

ビジネスカードとは、一般的に個人事業主や従業員数20名未満を目安とした中小企業向けに発行される法人用クレジットカードのことを指しています。 ビジネスカードを作ることで個人事業主などの経理業務を効率化、簡略化できるメリットや、ビジネスに役立つ特典やサービスを利用できるなど、個人事業主含め、中小企業の事業成長を加速してくれるおすすめのクレジットカードです。

個人事業主向けのビジネスカードとは?

個人事業主にとって、ビジネスカードは経費管理の強力なおすすめツールとなります。ビジネスカードは、法人カードの一種であり、法人登記がなくても個人事業主やフリーランスが発行できるカードを指し、ビジネスカードと呼ばれています。個人事業主など少人数向けのビジネスカード(事業用カード)という位置付けで、企業規模が大きくない事業者向けにおすすめの設計がなされています。

まず、一般的な個人用クレジットカードと個人事業主向けのビジネスカードとの違いについて理解しておくことが重要です。

個人用クレジットカードとビジネスカードの違い

個人用クレジットカードと個人事業主向けのビジネスカードの最大の違いは、その使用目的です。個人用クレジットカードはプライベートな支出をカバーするために使われますが、ビジネスカードは主に個人事業主の事業などにかかる経費の決済に使用されます。

個人用クレジットカード vs 個人事業主向けビジネスカード

●個人用クレジットカードプライベートの出費に使用

●個人事業主向けビジネスカード個人事業主の事業の決済に使用

ビジネスカードは、個人事業主の会計処理を簡単にするために、プライベートな支出と個人事業主の事業経費を明確に分けることがおすすめされます。ビジネスカードにより、会計処理がスムーズになり、特に個人事業主の確定申告の際に便利でおすすめです。また、ビジネスカードには、個人事業主のビジネスを支援するための多くの特典やおすすめの優待が付いています。例えば、Google広告やAWS、エックスサーバーの割引、コワーキングスペースや空港ラウンジの利用特典などが挙げられます。さらに、ビジネスカードをfreeeやMoney Forwardなどの会計ソフトと連携することで、個人事業主の会計処理が一層効率的になるため、ビジネスカードの活用をおすすめしております。

企業向け法人カードとの違い

法人カードは、事業規模に応じて「ビジネスカード」と「コーポレートカード」に分類されます。

ビジネスカードとコーポレートカードの違い

項目ビジネスカードコーポレートカード
対象事業者個人事業主、フリーランス、中小企業大企業、官公庁
追加カードの枚数3~5枚程度20枚以上
主目的小規模ビジネスの経費管理組織全体での経費管理
追加カードの発行従業員向けに発行でき、経費の支払いを一元管理多くの従業員に発行可能、経費の一元管理

追加カードは、従業員向けに発行できる法人カードであり、経費の支払いを一元管理することで、経費仕分け業務の効率化を図ることができるのでおすすめです。

個人事業主向けにおすすめのビジネスカードを発行する際には、法人口座は不要であり、個人事業主の屋号や個人名義の銀行口座を登録することができます。これにより、起業直後の個人事業主やフリーランスでも、簡単にビジネスカードを発行できる点が非常におすすめの魅力です。

個人事業主におすすめのビジネスカードは、個人事業主の経費管理を効率化し、個人事業主の事業運営をサポートする多くの特典を提供します。ビジネスカードのおすすめ特典を最大限に活用することで、個人事業主のビジネスの成長を加速させることができます。個人事業主の皆様には、ビジネスカードの利用を強くおすすめします。ぜひ一度検討してみてください。次項では、個人事業主が個人事業主向けのビジネスカードを持つおすすめのメリットについて解説していきたいと思います。

【ビジネスカード】個人事業主におすすめのビジネスカード関連記事:
【徹底比較】個人事業主向けクレジットカードのおすすめ人気ランキング16選【2024年】

個人事業主がビジネスカードを持つメリット

個人事業主が個人事業主向けのビジネスカードを持つことには、数多くのおすすめのメリットがあります。以下に、個人事業主向けビジネスカードの具体的な、おすすめのメリットを詳しくご解説していきたいと思います。

個人事業主がビジネスカードを持つおすすめのメリット①
利用可能額が大きくなる

個人事業主がビジネスカードを持つおすすめのメリット1つ目は、利用可能額が大きくなることです。個人向けクレジットカードとビジネスカードを比較すると、個人事業主向けのビジネスカードは一般的に利用可能額が大きく設定されているポイントがおすすめです。これは、個人事業主の事業運営において高額な支出が頻繁に発生することを考慮してのことです。

お役立ちコラム編集部

例えば、個人事業主の設備投資や大量の仕入れが必要な場合、利用限度額が大きいビジネスカードは非常に役立ちます。

おすすめ参考記事:法人クレジットカードは不要?個人事業主はどうすべき?個人カードとの違いやメリット・デメリットを徹底解説

個人事業主の事業が成長すると共に、必要な支出も増加します。そのため、ビジネスカードの利用可能額が大きいビジネスカードを持つことで、個人事業主自身の事業拡大の支援となり、資金繰りの面で柔軟性が高まるのため、非常におすすめのメリットと言えます。

個人事業主がビジネスカードを持つおすすめのメリット②
ビジネス支援サービスの充実

個人事業主がビジネスカードを持つおすすめのメリット2つ目は、個人事業主のビジネス支援サービスが充実しているポイントです。個人事業主向けのビジネスカードには、個人事業主をサポートするさまざまな付帯サービスが提供されています。例えば、個人事業主向けビジネスカード利用者には各種保険の補償が充実しているほか、税理士や弁護士への無料相談サービスなども利用できます。これら個人事業主向けビジネスカードのサービスは、個人事業主の事業運営において予期せぬトラブルや問題に対処する際に非常に有益でおすすめです。

また、ビジネスカードの年会費を支払う価値があるほど、たくさんのおすすめビジネスサポートサービスが多くのビジネスカードには含まれています。これら個人事業主向けのビジネスカードのサービスを活用することで、個人事業主は安心して事業を展開することができるのでおすすめです。

個人事業主がビジネスカードを持つおすすめのメリット③
ポイントが貯まる

個人事業主がビジネスカードを持つおすすめのメリット3つ目は、個人事業主向けのビジネスカードを個人事業主の事業経費などの決済に利用しながらポイントが効率的に貯まるポイントです。個人事業主向けビジネスカードも個人用クレジットカードと同様に、ビジネスカードの利用金額に応じてポイントが貯まります。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

ポイント還元率や条件はビジネスカードによって異なりますが、家賃や公共料金などの固定費をビジネスカードで支払うことで、効率よくポイントを貯めることが可能です。

おすすめ参考記事:法人カードと個人カードの違いは?メリット・デメリットも解説

個人事業主向けビジネスカードで貯まったポイントは、次回のビジネスカード支払いに充当したり、ビジネス関連の出費に利用したりすることができるので、このポイント活用はぜひおすすめします。これにより、実質的なコスト削減が実現できるため、個人事業主にとって、ビジネスカードの利用は経済的にも有利でおすすめです。

個人事業主がビジネスカードを持つおすすめのメリット④
会計管理がしやすくなる

個人事業主がビジネスカードを持つおすすめのメリット4つ目は、個人事業主の会計管理が楽になるポイントです。個人事業主が個人事業主向けのビジネスカードを利用することで、個人の支出と個人事業主の事業支出を明確に区別することができます。個人事業主向けのビジネスカードにより、会計処理が大幅に効率化されます。プライベートの支出と混同しないため、個人事業主の経費の振り分けや計算の手間が省けるポイントは非常におすすめです。

さらに、個人事業主向けのビジネスカードの多くは会計ソフトと連携するおすすめの機能を持っており、自動的に帳簿に反映されます。個人事業主向けのビジネスカードにより、個人事業主自身の手作業による会計処理の手間が軽減され、個人事業主の確定申告の際にもスムーズに対応できるようになるため、ビジネスカードは個人事業主におすすめのツールです。

個人事業主がビジネスカードを持つおすすめのメリット⑤
資金繰りに役立つ

個人事業主がビジネスカードを持つおすすめのメリット5つ目は、個人事業主の資金繰りに役立つポイントです。個人事業主のビジネスは、仕入れや設備投資などの支出が先行し、その後に売上が発生することが一般的です。このため、手元に現金が不足することも少なくありません。個人事業主向けのビジネスカードを利用することで、支払いタイミングを調整でき、結果的に個人事業主の資金繰りが楽になるため、非常におすすめです。

ビジネスカードの支払いは、一定の猶予期間があるため、その間に売上を計上し、個人事業主は、支払い資金を確保することができます。個人事業主におすすめのビジネスカードにより、計画的な資金運用が可能となり、個人事業主の事業の安定運営に寄与します。

個人事業主にとって、個人事業主向けのビジネスカードは、個人事業主の経費管理や資金繰りの面で非常に有用な、おすすめのツールです。ビジネスカードの利用可能額の大きさ、ビジネスカードの充実したビジネス支援サービス、ビジネスカードの利用でのポイント還元、個人事業主の会計の効率化、個人事業主の資金繰りの改善など、多くのメリットを享受できるため、非常におすすめです。個人事業主向けのビジネスカードのメリットを最大限に活用することで、個人事業主のビジネスの成長を加速させることができるため、個人事業主の方は、個人事業主向けのビジネスカードの導入をぜひ検討してみてください。次項では、個人事業主が個人事業主向けとしておすすめのビジネスカードを持つデメリットについて解説していきたいと思います。

個人事業主がビジネスカードを持つデメリット

個人事業主向けビジネスカードは多くのおすすめとなるメリットがありますが、個人事業主にとっては注意すべき、ビジネスカードのデメリットも存在します。以下に、個人事業主向けビジネスカードの持つデメリットについて詳しく解説していきたいと思います。

個人事業主がビジネスカードを持つデメリット①
年会費がかかるカードもある

個人事業主がビジネスカードを持つデメリット1つ目は、ビジネスカードを利用する際のデメリットとして挙げられるのが、年会費の支払いです。一部の個人向けクレジットカードは、年会費が永年無料のものが多いですが、ビジネスカードはその充実したサービスに見合った年会費が課されることが一般的です。

特に、ビジネスカードのランクが高いほど、提供されるサービスのクオリティが高まる反面、年会費も相応に高額になることがあります。ただし、初年度無料や利用額に応じて年会費が無料になるプランも存在するため、自身の事業規模やカード利用頻度に合わせて選択することが重要です。

個人事業主がビジネスカードを持つデメリット②
決済の処理が慣れるまで難しい

個人事業主がビジネスカードを持つデメリット2つ目は、個人事業主向けのビジネスカードの決済処理のポイントです。個人事業主向けにおすすめのビジネスカードを導入すると、ビジネスカードの決済処理方法が従来の記帳方法と異なる場合があり、最初は戸惑うことがあります。例えば、ビジネスカードでの決済日と引き落とし日を区別して記録することをおすすめしております。

また、未払いの金額を正確に計上し、ビジネスカードの引き落とし日に再処理する必要があります。個人事業主向けビジネスカードにより、会計処理の複雑さが増すことがあります。しかし、この問題を解決するためには、個人事業主向けビジネスカードの中でも、会計ソフトと連動するビジネスカードを選択することをおすすめされております。

個人事業主の事業の会計ソフトと連動するビジネスカードを利用すると、自動的に支出が帳簿に反映され、個人事業主自身の手作業での処理が大幅に軽減されるのでおすすめです。個人事業主向けのビジネスカードにより、日々の業務の効率化が図れるだけでなく、正確な会計記録を維持することが可能です。

お役立ちコラム編集部

個人事業主向けのビジネスカードには多くのメリットがありますが、ビジネスカードの年会費の負担や、慣れるまでのビジネスカード決済会計処理の複雑さといったデメリットも存在します。

個人事業主が個人事業主向けのビジネスカードを導入する際には、ビジネスカードのデメリットを理解し、個人事業主自身の事業運営に最適なビジネスカードを選ぶことが重要であり、強くおすすめします。個人事業主向けのビジネスカードを適切に活用すれば、個人事業主のビジネスの運営効率を向上させることが可能となります。個人事業主向けのビジネスカードは、個人事業主の事業成長に寄与する貴重なツールとなるでしょう。次項では、個人事業主向けビジネスカードのおすすめの選び方について解説していきたいと思います。

【ビジネスカード】個人事業主におすすめのビジネスカード関連記事:
個人事業主向けクレジットカードのおすすめ14選【2024年】ビジネスカードの選び方を紹介

個人事業主向け おすすめビジネスカードの選び方

個人事業主向けのビジネスカードを選ぶ際には、いくつかの重要なポイントを押さえておくことが重要です。ここでは、個人事業主に特におすすめのビジネスカードを選ぶための6つのポイントをご紹介します。

個人事業主向け おすすめビジネスカードの選び方1.
限度額をチェックすることが最優先

個人事業主向け おすすめビジネスカードの選び方1つ目は、ビジネスカードの限度額の確認です。まず最初に確認すべきポイントとしておすすめしています。ビジネスカードの利用限度額ですが、ビジネスを円滑に進めるためには十分な限度額が必要です。ビジネスカードの限度額が不足していると、必要な支払いが滞ることになり、ビジネスチャンスを逃すリスクが高まります。特に、物販業や個人サロン運営などの個人事業主は、仕入れや家賃の支払いが毎月高額になる可能性が高いため、ビジネスカードの限度額が100万円以上のビジネスカードを検討することをおすすめします。

おすすめ参考記事:個人事業主・フリーランスにおすすめのビジネスクレジットカード!

ビジネスカードの限度額は一般的にカードのランクに比例して上がります。一般カードよりもゴールドカード、さらにプラチナカードの方が高い限度額を設定できることが多いです。そのため、高額な支出が予想される場合は、上位ランクのカードを選ぶことも視野に入れることをおすすめしています。

限度額の相場

●一般:10~100万円
●ゴールド:50~300万円
●プラチナ:150~500万円

個人事業主向け おすすめビジネスカードの選び方2.
特典内容を十分に確認

個人事業主向け おすすめビジネスカードの選び方2つ目は、ビジネスカードの特典内容を十分に確認して選ぶことをおすすめしています。ビジネスカードを選ぶ際には、ビジネスカードに付帯する特典がどれだけ、個人事業主自身の事業に寄与するかどうかについても非常に重要です。特に会計ソフトとの連携が可能なビジネスカードは、非常に便利でおすすめです。ビジネスカードの明細が自動的に会計ソフトに反映されることで、個人事業主自身の手入力の手間や入力ミスを減らせます。既に特定の会計ソフトを使用している場合は、そのソフトと連携できるビジネスカードを選ぶことをおすすめします。

また、ビジネスに役立つクラウドサービスやその他のツールが割引になる特典が付いたビジネスカードも存在します。例えば、出張や接待が多い個人事業主の場合は、コンシェルジュサービスや空港ラウンジの利用が可能なビジネスカードが便利でおすすめです。コンシェルジュサービスでは、スタッフが秘書のように飛行機やホテルの手配、レストランの予約などを代行してくれるため、忙しいビジネスマンには非常に有用なためおすすめしています。

個人事業主向け おすすめビジネスカードの選び方3.
審査に通りやすいカードを選ぶ

個人事業主向け おすすめビジネスカードの選び方3つ目は、審査に通りやすいカードを選ぶことをおすすめしています。「独立したばかりでビジネスカードの審査が心配」という個人事業主の場合は、一般カードを選ぶことをおすすめします。ビジネスカードの審査は通常のクレジットカードよりも厳しいと言われていますが、個人事業主向けのビジネスカードであれば、個人の信用情報が主にビジネスカードの審査の対象となるため、比較的発行しやすいとされています。

特に、ビジネスカードの審査に不安がある個人事業主の場合は、ビジネスカードの限度額が低めに設定されている一般ランクのビジネスカードを選ぶと良いでしょう。また、ローンの利用や他のカードの支払いの遅延がある場合、ビジネスカードの審査に不利になることがあるので注意が必要です。ビジネスカードの審査に通りにくい場合は、法人用デビットカードの利用も検討してください。

個人事業主向け おすすめビジネスカードの選び方4.
年会費を慎重に検討する

個人事業主向け おすすめビジネスカードの選び方4つ目は、年会費を慎重に検討して選ぶことをおすすめしています。ビジネスカードの年会費は個人事業主も経費として扱えるため、本当に必要な限度額や特典を考慮して選ぶことが重要です。限度額が高く、ビジネスに役立つ特典が多く含まれているビジネスカードは、年会費が高くても価値があるため、おすすめしています。

例えば、月々の支払いが50万円を超えるような個人事業主の場合は、有料のゴールドカードやプラチナカードを検討するのが賢明です。一方、個人事業主でも比較的コストが少ない職種(例えばプログラマーやデザイナー)であれば、年会費無料のカードでも十分な限度額が確保できることが多いでしょう。

個人事業主向け おすすめビジネスカードの選び方5.
ETCカードやガソリン割引の有無を確認する

個人事業主向け おすすめビジネスカードの選び方5つ目は、ETCカードやガソリン割引の有無を確認して選ぶことをおすすめしています。仕事で車を頻繁に使用する個人事業主の場合、ETCカードが発行できるかどうかも重要なポイントです。ETCカードを利用すれば、経費処理が楽になるだけでなく、多彩なETC割引やポイントが貯まるメリットも享受できます。

また、ガソリン代の割引があるビジネスカードを選ぶと、年間の経費削減に大いに役立ちます。ガソリン割引は、リッターあたり1~2円程度の割引でも、年間を通じて大きな節約効果をもたらすことがあるためおすすめです。特に、給油の頻度が高い業種では、こうしたガソリン割引の特典を重視することをおすすめしています。

個人事業主向け おすすめビジネスカードの選び方6.
ポイント還元率とポイントの使い道を確認する

個人事業主向け おすすめビジネスカードの選び方6つ目は、ポイント還元率とポイントの使い道を確認して選ぶことをおすすめしています。ビジネスカードを選ぶ際に、個人事業主にとってもポイント還元率はとても重要な要素です。ビジネスカードでは、ポイント還元がないものもありますが、還元率が0.50%程度あれば十分に高還元と言えるでしょう。ビジネスカードで貯まったポイントの使い道も合わせて確認することをおすすめします。

例えば、出張が多い個人事業主はマイルが貯まるビジネスカード、備品購入に使いたい個人事業主の場合は楽天ポイントが貯まるビジネスカードなど、個人事業主の用途に応じてビジネスカードを選ぶことをおすすめしています。また、特定の使い道が決まっていない場合は、ビジネスカードの請求額にポイントを充当できるビジネスカードがおすすめです。これにより、実質的にどんな支払いにもポイントを利用できるため、ダイレクトに個人事業主の経費削減に繋がります。

個人事業主がビジネスカードを選ぶ際には、以下のポイントを重視して選ぶことが重要です。

  1. 限度額:ビジネスの規模や支出に応じて、適切な限度額のカードを選ぶ。
  2. 特典:会計ソフトとの連携やビジネスに役立つ特典を確認する。
  3. 審査:審査に通りやすい一般カードを選び、ローン利用や支払い遅延を避ける。
  4. 年会費:必要な限度額や特典に応じて、無料カードと有料カードを検討する。
  5. ETCカードやガソリン割引:車を利用する場合は、ETCカードの発行やガソリン割引の有無を確認する。
  6. ポイント還元率:ポイント還元率とポイントの使い道を確認し、経費削減に役立てる。

これらのポイントを踏まえて、自分のビジネスに最適なビジネスカードを見つけましょう。ビジネスカードを賢く選び、効率的な経費管理とビジネスの成長をサポートしましょう。次項より、個人事業主向けのおすすめビジネスカードを、おすすめポイント別で解説していきたいと思います。

【ビジネスカード】個人事業主におすすめのビジネスカード関連記事:個人事業主におすすめの法人カード6選

個人事業主向け おすすめビジネスカード
-年会費無料がおすすめ-

個人事業主向けのビジネスカードは、個人事業主にとって経費管理を効率化し、個人事業主のビジネスの成長をサポートするための強力なおすすめツールです。しかし、個人事業主向けのおすすめビジネスカードは種類も多く悩まれておられる個人事業主の方も多いと思われます。また、個人事業主向けのおすすめビジネスカードには年会費のコストがかかるものも多くあります。ここでは、個人事業主向けのおすすめのビジネスカードの中でも、コスト重視の個人事業主におすすめの「年会費無料」で利用できる、ビジネスカードを紹介します。これら年会費無料のビジネスカードは、個人事業主のコストを抑えつつも充実したサービスを提供しているため、特に個人事業主にとっておすすめです。

個人事業主向け 年会費無料でおすすめビジネスカード①
マネーフォワードビジネスカード

個人事業主向け年会費無料でおすすめビジネスカード1つ目は、マネーフォワードビジネスカードです。マネーフォワード ビジネスカードは、年会費が永年無料で、審査なしでビジネスプリペイドカードをスムーズに取得できるため、法人や個人事業主におすすめのビジネスカードとして高い評価を得ています。

このビジネスカードは、特に後払いオプションを備えており、法人クレジットカードとしても利用可能です。マネーフォワードビジネスカードのデザインはブラックカード風で洗練されており、カード情報を表面に表示しないナンバーレスカード仕様は、安全性が高く、ビジネスシーンでの利用にも最適です。さらに、マネーフォワードビジネスカードは、Visaのタッチ決済も装備しており、利便性も向上しているポイントもおすすめです。

マネーフォワードビジネスカード基本情報

項目内容
カードタイプクレジットカード(VISA加盟店で利用可能)
発行手数料無料
年会費無料(※発行から1年間ご利用がなかった場合、年会費1,100円)
初期費用無料
月額利用料無料
海外での取引手数料実質無料(3%分をポイント還元)
発行枚数上限無制限
国際ブランドVisa(Visaタッチ決済対応)
3Dセキュア認証3Dセキュア2.0に対応
カードポイント付与1〜3%(マネーフォワード クラウドおよびMEの支払いで3%)
1取引あたりの利用限度額1億円(2024年3月31日以前発行カードは原則500万円)
支払い方法口座引き落とし / 事前チャージ
支払い日月末締め、翌月20日支払い
月間利用ボーナス最大50,000円分のボーナスポイント進呈

マネーフォワードビジネスカードは、ビジネスカードの利用金額に応じたボーナスポイントも付与されるため、非常にお得でおすすめです。特に、マネーフォワードクラウドと連携することで、利用明細がリアルタイムで反映され、個人事業主の会計作業の効率化が図れます。このビジネスカードはプリペイドカードであり、先述したとおり与信審査が不要なため、審査に不安がある個人事業主にもおすすめです。

年会費のコストと、経費の管理や支払いを効率化したい方、安全かつスマートなカードをお探しの方には、是非とも検討していただきたい一枚です。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

マネーフォワード ビジネスカードは、年会費無料を重視される個人事業主におすすめのビジネスカードです。マネーフォワード ビジネスカードの優れた特典とセキュリティ機能により、多くのビジネスパーソンに支持されています。

個人事業主向け 年会費無料でおすすめビジネスカード②
NTTファイナンス Bizカード

個人事業主向け年会費無料でおすすめビジネスカード2つ目は、NTTファイナンス Bizカードです。NTTファイナンス Bizカードは、年会費が永年無料であり、旅行傷害保険が付帯されている点がおすすめの魅力です。このビジネスカードは、国内外問わず、最高2,000万円の保険が適用されるため、出張が多い個人事業主におすすめです。また、ETCカードも年会費550円で利用でき、出光興産系列のガソリンスタンドではキャッシュバックが受けられるため、車を多く利用する個人事業主の方にとっても非常におすすめのビジネスカードです。

NTTファイナンス Bizカード基本情報

項目内容
年会費永年無料(代表者カード・使用者カードとも)
利用可能額40/60/80万円
明細書発行手数料110円(税込)/1通(Web明細は無料)
ETCカード年会費550円(税込)/1枚
カードショッピングお支払方法1回払い
海外旅行傷害保険最高2,000万円
国内旅行傷害保険最高2,000万円(旅行代金を該当カードで支払った場合)
ショッピング保険年間補償限度額100万円(国内・海外対象)
空港ラウンジ
ポイントプログラム還元率1%(キャッシュバック、ギフトカード等)
お支払方法口座振替
決済口座法人名義口座
お支払日月末締め翌月25日

年会費無料がおすすめポイントの、個人事業主向けのビジネスカードは、コストを抑えつつも、充実したサービスを提供しています。個人事業主がビジネスカードを選ぶ際には、ビジネスカードの年会費だけでなく、利用可能額や付帯サービス、ポイントプログラムなども考慮することが重要です。ここで紹介したマネーフォワードビジネスカードとNTTファイナンス Bizカードは、年会費無料の個人事業主向けのビジネスカードの中で、特におすすめのビジネスカードの選択肢となります。個人事業主自身のビジネスニーズに最適なビジネスカードを選び、経費管理やビジネスの効率化を図っていかれることをおすすめします。次項では、個人事業主向けのビジネスカードの中でもビジネスカードに付帯されているサービスや特典が充実している、個人事業主向けのビジネスカードを解説していきたいと思います。

【ビジネスカード】個人事業主におすすめのビジネスカード関連記事:
個人事業主におすすめクレジットカード5選!ビジネスカードの選び方とポイント

個人事業主向け おすすめビジネスカード
-付帯サービスがおすすめ-

個人事業主向けのビジネスカードを選ぶ際、ビジネスカードの付帯サービスの充実度は重要なポイントです。特に個人事業主にとって、ビジネスカードに付帯する出張時の保険や空港ラウンジの無料利用や、ホテルのアップグレードといった特典は、個人事業主のビジネスをよりスムーズに進めるために欠かせません。ここでは、個人事業主向けのビジネスカードの付帯サービスを重視される個人事業主に、特におすすめの個人事業主向けビジネスカードを解説していきたいと思います。

個人事業主向け 付帯サービスがおすすめビジネスカード①
JCB一般法人カード

JCB一般法人カード基本情報

項目内容
年会費1,375円(初年度無料)
ETCカード無料(複数枚発行可能)
カード利用枠10万円~100万円
旅行傷害保険(死亡・後遺障害)海外:最大3,000万円(利用付帯) 国内:最大3,000万円(利用付帯)
ショッピングカード保険海外:最高100万円 国内:1事故につき自己負担額10,000円
サイバーリスク保険サイバー攻撃による情報流出、損害賠償責任補償

個人事業主向け付帯サービスがおすすめビジネスカード1つ目は、JCB一般法人カードです。JCB一般法人カードは、オンライン入会で初年度年会費が無料となる上、通常の年会費も1,375円と手頃です。この個人事業主向けのビジネスカードに付帯する旅行傷害保険は、海外・国内ともに最大3,000万円の補償があり、安心してビジネス旅行ができます。また、サイバーリスク保険が付帯しているため、サイバー攻撃による情報流出や損害賠償責任にも対応可能です。個人事業主の事業リスクのヘッジ手段として、JCB一般法人カードは非常に有用でおすすめです。

個人事業主向け 付帯サービスがおすすめビジネスカード②
JCBゴールド法人カード

個人事業主向け付帯サービスがおすすめビジネスカード2つ目は、JCBゴールド法人カードです。JCBゴールド法人カードは、年会費11,000円で多彩な特典が受けられ、おすすめです。この個人事業主向けビジネスカードに付帯するサービスは、海外旅行傷害保険は最高1億円、国内旅行傷害保険も最高5,000万円と、非常に手厚い補償が付帯します。さらに、この個人事業主向けビジネスカードには、サイバーリスク保険や航空機遅延保険も付帯しており、個人事業主のビジネス旅行時のリスクに広く対応できます。また、国内主要空港やハワイ・ホノルルのラウンジサービスが利用可能で、この個人事業主向けビジネスカードで快適な時間を過ごせます。ラウンジでは、新聞や雑誌を閲覧したり、ソフトドリンクを楽しんだりと、ゆったりとした時間を提供しますので、非常におすすめのビジネスカードです。

JCBゴールド法人カード基本情報

項目内容
年会費11,000円(初年度無料)
ETCカード無料(複数枚発行可能)
カード利用枠50万円~250万円
旅行傷害保険(死亡・後遺障害)海外:最高1億円(自動付帯) 国内:最高5,000万円(利用付帯)
ショッピングカード保険海外:最高500万円 国内:最高500万円(1事故につき自己負担額3,000円)
空港ラウンジ国内主要空港、ハワイ・ホノルル
サイバーリスク保険サイバー攻撃による情報流出、損害賠償責任補償
航空機遅延保険遅延による損害を補償

上記の、個人事業主向けビジネスカードの付帯サービスは、個人事業主にとって大きなおすすめの魅力です。JCB一般法人カードとJCBゴールド法人カードは、それぞれ年会費の異なる2つのランクで、充実した付帯サービスを提供している個人事業主向けビジネスカードの中でも特におすすめの選択肢です。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

特に、出張が多い個人事業主には、旅行傷害保険や空港ラウンジの利用、サイバーリスク保険といった特典が有用です。個人事業主の事業に必要な安心と快適を提供してくれる、このビジネスカードを選び、ビジネスの効率を最大化しましょう。

これらの個人事業主向けのビジネスカードを選ぶ際には、自身のビジネスの規模やニーズに合わせて、最適なビジネスカードを選ぶことが大切です。ビジネスカードに付帯するサービスを重視される個人事業主は、ビジネスカードの付帯サービスをうまく活用し、個人事業主の経費管理や出張時の安心感を向上させることで、より充実した個人事業主としてのビジネスライフを送られることをおすすめします。次項では、ポイントの高還元を重視されておられる個人事業主の方向けにおすすめの、ポイント還元率が高い個人事業主向けビジネスカードを解説していきたいと思います。

【ビジネスカード】個人事業主におすすめのビジネスカード関連記事:
個人事業主におすすめ!法人用クレジットカードを持つメリットとは?

個人事業主向け おすすめビジネスカード
-ポイント高還元がおすすめ-

個人事業主向けの中からおすすめのビジネスカードを選ぶ際、ポイントの還元率も、非常に重要な要素だと思います。個人事業主がビジネスの支出を効率的に管理しながら、ポイントを最大限に活用できる高還元率のビジネスカードを選ぶことで、大きなメリットが得られます。ここでは、ポイント還元率を重視されておられる個人事業主の方向けに、特におすすめの、ポイント還元率が高い個人事業主向けビジネスカードを解説していきます。

個人事業主向け ポイント高還元がおすすめビジネスカード①
Airカード(エアカード)

個人事業主向け ポイント高還元がおすすめビジネスカード1つ目は、Airカード(エアカード)です。Airカード(エアカード)は簡潔にお伝えすると、リクルートとJCBがコラボしたリクルートのビジネスカードです。 一般的なビジネスカードと比べるとポイント還元率が3倍になる高還元率が人気です。

Airカードは、基本ポイント還元率が1.5%と高還元率であり、リクルートが提供している各種サービスでリクルートポイントを貯めることができます。じゃらんやホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティーなど、リクルートの幅広いサービスでポイントを活用できるのが、このビジネスカードのおすすめの魅力です。

Airカード基本情報

項目内容
年会費5,500円(初年度無料)
ポイント還元率1.5%
追加カード年会費: 3,300円 発行可能枚数: 無制限
ETCカード年会費: 無料
申込条件18歳以上の法人または個人事業主
申込必要書類公式サイトを参照
利用限度額10~100万円(入会時)
発行スピード通常3~4週間

また、おすすめのポイント活用としては、ポイントをdポイントやPontaポイントに交換することも可能な点です。このビジネスカードの年会費は通常5,500円ですが、キャンペーン適用で初年度は実質無料となるおすすめのメリットがあり、リクルートポイントで年会費相当額のポイントが加算される点もおすすめです。

個人事業主向け ポイント高還元がおすすめビジネスカード②
楽天ビジネスカード

個人事業主向け ポイント高還元がおすすめビジネスカード2つ目は、楽天ビジネスカードです。「楽天ビジネスカード」は、中小企業経営者や個人事業主向けのビジネスカードで、法人名義の預金口座をビジネスカードの引き落とし先に指定できる便利なビジネスカードです。

気をつけておきたい注意点

税理士_依頼_おすすめの注意点

しかし、楽天ビジネスカードは楽天プレミアムカードを作成した後に作成できるビジネスカードであり、楽天プレミアムカードをお持ちでない方は事前に楽天プレミアムカードを作成しておくなど注意点もあります。

楽天ビジネスカードは、「楽天プレミアムカードの子カード」として位置づけられています。単独での発行はできず、楽天プレミアムカードを取得した後に申し込みを行う必要があります。ただし、楽天プレミアムカードとの同時発行も可能です。

楽天ビジネスカード基本情報

項目内容
年会費2,200円(税込)
ポイント還元率1.0%~5.0%
利用限度額300万円
付帯保険国内・海外旅行:最高5,000万円 動産総合保険:最高300万円
プライオリティ・パスあり
空港ラウンジ主要国内空港ラウンジ無料、ダニエル・K・イノウエ、仁川空港ラウンジ含む
申込条件20歳以上で一定の収入がある人

また、楽天ビジネスカードは他社の法人カードに比べ、年会費が手頃でありながら、ビジネスシーンに適したメリットの高い特典やサービスが付帯しています。楽天ビジネスカードは、楽天プレミアムカードの付随カードであり、通常のポイント還元率は1%ですが、楽天市場での利用時には還元率が5%になるおすすめのビジネスカードです。年会費は2,200円ですが、楽天プレミアムカードを保有していることが条件であり、楽天プレミアムカードの年会費と合わせて13,200円が必要です。このビジネスカードの特典には、国内外の旅行傷害保険や動産総合保険、プライオリティ・パスによる空港ラウンジの利用が含まれています。特に楽天市場で頻繁に買い物をする個人事業主には非常におすすめです。

楽天ビジネスカードは、個人事業主向けに設計されたポイント還元率の高いおすすめのビジネスカードです。その発行には楽天プレミアムカードの所有が前提となりますが、プレミアムカードの多彩な特典とビジネスカードの利便性を兼ね備えており、総合的に見ても非常におすすめで、お得なビジネスカードと言えるでしょう。年会費を考慮しても、そのメリットとおすすめ特典がそれを上回る価値を提供してくれます。楽天経済圏を活用してビジネスを展開している方や、頻繁に出張する個人事業主に特におすすめのビジネスカードです。

個人事業主向け ポイント高還元がおすすめビジネスカード③
三井住友カード ビジネスオーナーズ

個人事業主向け ポイント高還元がおすすめビジネスカード3つ目は、三井住友カードビジネスオーナーズです。「三井住友カード ビジネスオーナーズ」は、三井住友カード株式会社が発行する法人向けのビジネスカードです。この三井住友カード ビジネスオーナーズは、法人代表者や個人事業主を対象としたビジネスカードで、ポイント還元率の高さを重視される個人事業主におすすめです。

三井住友カード ビジネスオーナーズ基本情報

項目内容
年会費永年無料
ポイント還元率基本0.5%~1.5%
追加カード年会費: 無料 発行可能枚数: 19枚
ETCカード年会費: 無料 発行可能枚数: カード1枚ごとに1枚の発行が可能
申込条件満18歳以上の法人代表者もしくは個人事業主
申込必要書類代表者の本人確認書類
利用限度額~500万円
発行スピード1週間程度

三井住友カードビジネスオーナーズは、年会費が永年無料であり、基本還元率は0.5%ですが、利用額に応じて1.5%まで上がる可能性があり、おすすめします。このビジネスカードの利用限度額も最大500万円まで設定可能で、ビジネスの大きな支出にも対応できます。この個人事業主向けビジネスカードの特徴は、ビジネスカード発行時に決算書などの書類が不要で、本人確認書類だけで申請できることもおすすめのポイントです。最短3営業日でビジネスカードが発行され、ビジネスカード到着まで約1週間というスピード感もおすすめの魅力です。早急にビジネスカードを用意したい個人事業主にも特におすすめの選択肢です。

ビジネスカードのポイント還元率を重視される個人事業主は、個人事業主向けのビジネスカードの中から、ポイント還元率の高いビジネスカードを選ぶことで、日々のビジネス支出を効率的に管理しながら、ポイントを賢く貯めることができます。Airカード、楽天ビジネスカード、三井住友カードビジネスオーナーズは、それぞれ異なるおすすめの特徴とメリットを持っているビジネスカードです。このおすすめのビジネスカードの中から、個人事業主自身のビジネスの規模やニーズに合わせて最適なビジネスカードを選び、個人事業主のビジネスをより効果的に運営しましょう。個人事業主向けのビジネスカードのポイント還元を活用して、日々の経費を抑えつつ、個人事業主のビジネスの成長を支援することができます。次項では、個人事業主向けにおすすめのビジネスカードの中で、ビジネスカードの限度額の高いものを解説していきたいと思います。

【ビジネスカード】個人事業主におすすめのビジネスカード関連記事:
個人事業主向けクレジットカードおすすめ14選!ビジネスカードの利用メリットも解説

個人事業主向け おすすめビジネスカード
-高い限度額がおすすめ-

高い限度額を重視される個人事業主の方が、個人事業主向けビジネスカードを選ぶ際、特に仕入れや大きな出費が必要な個人事業主にとって、限度額の高さが重要なポイントになっておられることと思います。限度額が高いビジネスカードを選ぶことで、個人事業主のビジネスの運転資金を円滑に管理し、突然の出費にも対応できるメリットがあるためおすすめです。ここでは、特に限度額が高いおすすめの個人事業主向けビジネスカードを解説していきたいと思います。

個人事業主向け 高い限度額がおすすめビジネスカード①
三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

個人事業主向け 高い限度額がおすすめビジネスカード1つ目は、三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、MUFGカードの基本性能に加え、アメリカン・エキスプレスのプラチナサービスも利用できる、個人事業主におすすめのビジネスカードです。ビジネスカードの利用限度額は100万円から500万円と非常に高く、個人事業主のビジネスの大きな支出にも対応できます。

三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード基本情報

項目内容
年会費22,000円
追加カードETCカード、家族カード
ポイント還元率0.80%~1.00%
付帯保険海外旅行、国内旅行、ショッピング
貯まるポイントMUFGカード・プラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード グローバルポイント
交換可能マイルJALマイル、スカイパス、クリスフライヤー
電子マネー機能
スマホ決済

また、家族カードが1枚まで無料で発行可能で、同様のサービスを享受できる点もおすすめの魅力です。さらに、プラチナカードとしては破格の年会費22,000円(税込)でありながら、プライオリティ・パス(世界1400カ所以上の空港ラウンジを無料で利用できる特典)や、プラチナ・コンシェルジュサービス(24時間365日秘書のように使える特典)や、プラチナ・グルメセレクション(対象の高級レストランを2名以上で予約すると1名分のコース料理代が無料になる特典)、ホテルの部屋のアップグレードや無料の朝食サービスなど、数々のお得なプラチナならではのサービス特典を利用できるこのビジネスカードは、出張が多い個人事業主にもおすすめの特典が充実しています。

個人事業主が、限度額が高いビジネスカードを選ぶ際には、単に限度額だけでなく、付帯するサービスや特典、ポイント還元率、年会費なども総合的に考慮されることをおすすめします。例えば、三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードは、高い限度額に加えて、ホテルのアップグレードや朝食サービスといった個人事業主の出張に役立つ特典が充実しています。

個人事業主向け 高い限度額がおすすめビジネスカード②
UPSIDERカード

個人事業主向け 高い限度額がおすすめビジネスカード2つ目は、UPSIDERカードです。UPSIDERカードは、独自の与信モデルを採用し、最大10億円という非常に高い限度額を誇るビジネスカードとしておすすめです。

UPSIDER法人カードは、「上場のための法人カード」とされる法人向けのビジネスカードとも謳われております。 最大10億円と高い限度額ながら、初期費用・月額手数料ともに無料で、リアルカード・バーチャルカードともに何枚でも発行手数料が無料です。事業の拡大やガバナンス強化など法人カードとして安心できる機能が揃っている、個人事業主におすすめのビジネスカードで、特にビジネスカードの「高い限度額」を重視される個人事業主に非常におすすめのビジネスカードです。

UPSIDERカード基本情報

項目内容
年会費無料
国際ブランドVisa
ポイント還元率1.0~1.5%
利用限度額最大10億円
発行日数バーチャルカードは最短即日発行、リアルカードは最短3日程度
申し込み条件法人の代表者
発行枚数無制限
電子マネー非対応

また、このような高い限度額ながら年会費や発行手数料は無料ということもあり、20,000以上の企業が導入している実績があります。この個人事業主向けビジネスカードは、1取引あたり1億円以上の決済が可能で、電子帳簿保存法やインボイス制度にも対応しているため、個人事業主のビジネスのニーズに合わせて柔軟に対応できます。また、プリペイド式(前払い式)と後払い式の両方の機能を利用できるため、企業のキャッシュフローに合わせて支払い方法を選択可能な点もおすすめです。

プリペイド式では、審査が不要でビジネスカードを発行できるため、スタートアップ企業や新規起業者にとって非常に使いやすいおすすめのビジネスカードとなります。一方、後払い式も利用できるため、個人事業主の資金管理を効率的に行うことが可能です。

UPSIDERカードは、非常に高い限度額に加えて、プリペイド式と後払い式の両方を利用できる柔軟性が特徴の個人事業主向けビジネスカードとしておすすめです。これにより、事業のキャッシュフローに合わせた支払い方法を選択でき、効率的な資金管理が可能です。

ビジネスカードの限度額が高いことは、個人事業主にとって大きなおすすめメリットです。大きなビジネス支出をスムーズに行えるだけでなく、出張や日常的な経費の管理が容易になるので非常におすすめの選択肢です。三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードやUPSIDERカードは、その高い限度額と充実した特典により、個人事業主にとって非常におすすめのビジネスカードです。

お役立ちコラム編集部

個人事業主自身のビジネスのニーズに最適なビジネスカードを選び、効率的な資金管理と経費削減を実現しましょう。

ビジネスカードを賢く利用することで、日々のビジネス運営を円滑に進めることができます。特に、限度額の高いビジネスカードを重視される個人事業主は、このビジネスカードを選ぶことで、突然の大きな支出にも対応でき、個人事業主自身のビジネスの成長をサポートすることが可能です。次項では、個人事業主向けおすすめビジネスカードの中から、多くの会計ソフトと連携できるビジネスカードのおすすめを解説していきたいと思います。

【ビジネスカード】個人事業主におすすめのビジネスカード関連記事:
個人事業主におすすめのクレジットカード16選 失敗しないビジネスカードの選び方

個人事業主向け おすすめビジネスカード
-会計ソフト連携の多さがおすすめ-

個人事業主にとって、会計作業の効率化は重要です。ビジネスカードと会計ソフトを連携させるポイントを重視される個人事業主の方もおおくおられることと思います。この会計ソフト連携の多さがおすすめのビジネスカードにより、個人事業主の経費管理や記帳作業が飛躍的にスムーズになります。ここでは、会計ソフトと連携できるビジネスカードの中でも特に個人事業主におすすめのものを解説していきたいと思います。

個人事業主向け 会計ソフト連携の多さがおすすめビジネスカード①
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

個人事業主向け 会計ソフト連携の多さがおすすめビジネスカード1つ目は、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(アメックスビジネスゴールドカード)です。アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(アメックスビジネスゴールドカード)は、アメリカン・エキスプレスが提供するビジネス向けクレジットカード(ビジネスカード)のおすすめの一つです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(アメックスビジネスゴールドカード)は、高額な年会費に見合う豊富な特典とサービスが、おすすめの魅力です。このビジネスカードは弥生会計ラインアップやfreee会計とのAPI連携が可能で、ビジネスカード利用履歴を自動的に取り込んで会計処理を簡単に行えるので、個人事業主の方にも非常におすすめです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード基本情報

項目内容
国際ブランドアメリカン・エキスプレス
年会費36,300円
追加カード年会費13,200円(2年目以降も同額)
ETCカード年会費無料
ポイント還元率基本0.5%
マイル還元率1.0%〜3.0%(ANA)
利用限度額個別設定
申込条件法人の代表者、個人事業主。ただし20歳以上
必要書類(個人)本人確認書類
必要書類(法人)代表者の本人確認書類

また、社員に追加カードを発行することで、小口現金や仮払の手間を減らし、経費管理がより効率的になります。基本カード会員が追加カードごとに利用限度額を設定できるため、安心して利用できる点もおすすめです。このカードは、ビジネス経費の管理や削減をサポートするために設計されており、個人事業主にも特におすすめのビジネスカードです。この高いステータスを持つアメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード(アメックスビジネスゴールドカード)は、魅力的な特典が豊富で最適なビジネスカードで、会計ソフトとの連携を重視される個人事業主におすすめのビジネスカードとなっています。

個人事業主向け 会計ソフト連携の多さがおすすめビジネスカード②
ライフカードビジネスライトプラス ゴールド

個人事業主向け会計ソフト連携の多さがおすすめビジネスカード2つ目は、ライフカードビジネスライトプラス ゴールドです。ライフカードビジネスライトプラス ゴールドは、freee、マネーフォワード、弥生会計といった主要な会計ソフトと自動連携が可能な個人事業主におすすめのビジネスカードで、会計ソフトとの連携を重視される個人事業主におすすめのビジネスカードとなっています。

また、年会費も初年度無料、翌年以降も年会費2,200円で、開業したての個人事業主は特にうれしい、コストパフォーマンスの高いビジネスカードです。また、このような手頃な年会費のビジネスカードに旅行保険と空港ラウンジサービスがついているところもおすすめです。

ライフカードビジネスライトプラス ゴールド基本情報

項目内容
年会費(税込)初年度無料※2年目以降2,200円
国際ブランドMastercard®︎/JCB
ポイント還元率0.5%
利用限度額10〜500万円
追加カード発行可能枚数最大3枚
ETCカード発行可能枚数カード1枚につき1枚
分割・リボ払い対応
必要書類本人確認書類のみ
発行期間最短3営業日
申込方法Web完結

また、このビジネスカードにはビジネスに役立つ様々なサービスが充実しており、レギュラーカードでも海外アシスタントサービスや提携弁護士による無料法律相談などの特典があり、海外出張のある個人事業主にもおすすめです。初年度年会費が無料で、次年度以降も2,200円と比較的手頃な価格で利用できる上に、空港ラウンジサービスや国内外の傷害保険が付帯され、ビジネス旅行が多い個人事業主にとって非常に便利なおすすめのビジネスカードです。

ビジネスカードを会計ソフトと連携させることのおすすめポイントは数多くあります。まず、経費管理が自動化され、個人事業主の手動での入力ミスを防げます。ビジネスカード利用履歴がリアルタイムで会計ソフトに反映されるため、個人事業主の事業経費の追跡が簡単になり、正確な財務状況を把握できます。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

さらに、会計ソフトとの連携により、経費のカテゴリー分けが自動化され、個人事業主の時間の節約にもなるため、このポイントもおすすめです。例えば、交通費や接待交際費などの分類が自動で行われるため、月次や年次決算時の個人事業主の作業負担が大幅に軽減されます。

個人事業主にとって、ビジネスカードと会計ソフトの連携は経費管理を飛躍的に効率化する強力なおすすめツールです。会計ソフトの連携が多いビジネスカードを重視される個人事業主は、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードやライフカードビジネスライトプラス ゴールドがおすすめのビジネスカードです。これらのビジネスカードは、高い連携機能と豊富な特典により個人事業主の作業負担を簡略化できる、特におすすめのビジネスカードです。個人事業主自身のビジネスに最適なビジネスカードを選び、会計ソフトとの連携を活用して経費管理を効率化しましょう。次項では、電子マネーをを使いたい個人事業主におすすめのビジネスカードを解説していきたいと思います。

【ビジネスカード】個人事業主におすすめのビジネスカード関連記事:
法人カード・ビジネスカード 人気ランキング|クレジットカード比較 – 価格.com

個人事業主向け おすすめビジネスカード
-電子マネーがおすすめ-

電子マネーを常時使われておられる個人事業主の方は、使える電子マネーが多いビジネスカードを重視されておられることと思われます。近年、キャッシュレス決済が急速に普及し、日常の支払いに電子マネーを利用する機会が増えています。個人事業主にとって、ビジネスカードが電子マネーに対応していることは、支払いの利便性を向上させ、個人事業主の経費管理を効率化する重要なポイントです。ここでは、電子マネーを使いたい個人事業主におすすめのビジネスカードを解説していきたいと思います。

個人事業主向け 電子マネーがおすすめビジネスカード①
三井住友ビジネスカード for Owners プラチナカード

個人事業主向け 電子マネーがおすすめビジネスカード1つ目は、三井住友ビジネスカード for Owners プラチナカードです。三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersとは、三井住友カードが発行している経営者専用のプラチナカードです。 三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersは、ビジネスカードかつプラチナカードなので、満30歳以上の個人事業主もしくは法人代表者の方に申し込み資格が限られています。国際ブランドはVisaとMastercard®があります。

三井住友ビジネスカード for Owners プラチナカード基本情報

項目内容
年会費本会員55,000円(税込)パートナー会員(1名につき)5,500円(税込)
申し込み対象満30歳以上の法人代表者、個人事業主の方
カード利用枠原則200万円~
キャッシングリボ希望により総利用枠の範囲内で設定可能
海外キャッシュサービス希望により総利用枠の範囲内で設定可能
旅行傷害保険国内・海外旅行傷害保険(最高1億円)
ショッピング補償お買物安心保険<動産総合保険>(年間最高500万円)
支払方法1回払い / 2回払い / ボーナス一括払い / リボ払い / 分割払い
決済口座法人名義口座、個人名義口座、個人事業者(屋号)名口座
お支払日毎月15日締切で翌月10日、または毎月末日締切で翌月26日
国際ブランドVISA、Mastercard

三井住友ビジネスカード for Owners プラチナカードは、豊富な電子マネー対応が特徴です。ETCやプラスEXに加え、PiTaPa、WAON、iD、Apple Pay、Google Pay、VISAのタッチ決済が利用可能です。多様な電子マネーを活用することで、個人事業主の日常の支払いを一つのカードにまとめることができるのでおすすめです。また、このビジネスカードは、5種類の支払方法と2種類の締日から選択できるため、個人事業主の事業の内容や収入のタイミングに合わせた柔軟な支払いが可能な点もおすすめです。

個人事業主向け 電子マネーがおすすめビジネスカード②
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード

個人事業主向け 電子マネーがおすすめビジネスカード2つ目は、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード(セゾンプラチナビジネスアメックス または セゾンプラチナビジネス)です。セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード(セゾンプラチナビジネスアメックス または セゾンプラチナビジネス)は、株式会社クレディセゾンが発行する80種類以上のクレジットカードの中で最上位に位置する最強のセゾンカードです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードは、楽天Edy、Suica、nanaco、iD、QUICPayなど、多くの電子マネーに対応している個人事業主におすすめのビジネスカードです。ポイントは永久不滅ポイントとして有効期限がないため、失効を気にせずに貯めることができます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード基本情報

項目内容
年会費22,000円(税込)
申込対象個人事業主・経営者など、安定した収入があり社会的信用を有する方(学生、未成年除く)
追加カード3,300円(税込)※9枚まで発行可能
ETCカード無料※最大5枚まで発行可能
ポイント還元率JALマイル最大1.125%(「SAISON MILE CLUB」の年会費5,500円(税込)必要)
空港ラウンジプライオリティパス付き(世界1,500ヶ所以上で利用可能)
旅行傷害保険最高1億円

さらに、世界1,500ヵ所以上の空港ラウンジが利用できるプライオリティ・パスや、24時間365日のコンシェルジュサービスが付帯されているため、忙しい個人事業主にとって非常に便利でおすすめです。このビジネスカードの年会費も22,000円とプラチナカードとしては手頃で、コストパフォーマンスの高いビジネスカードと言えます。

ここがポイント!

税理士_依頼_おすすめのポイント

電子マネーを利用することにより、支払いが迅速かつ簡単になります。特にキャッシュレス決済が主流となりつつある現在、個人事業主にとっては経費精算や日常の取引をスムーズに行うための大きなおすすめポイントです。電子マネーは、物理的な現金のやり取りを減らし、感染症リスクの低減にも寄与します。

ビジネスカードを選ぶ際には、電子マネー対応だけでなく、ポイント還元率や付帯する保険、旅行サービスなども考慮することが重要ですが、電子マネーを常時利用したい個人事業主の方は上記のビジネスカードをおすすめします。個人事業主自身のビジネススタイルや使用頻度に合わせて最適なビジネスカードを選ぶことがとても重要です。電子マネー対応のビジネスカードを利用することで、支払いが一層便利になり、個人事業主の事業の経費管理も楽になります。

電子マネーを積極的に利用する個人事業主にとって、三井住友ビジネスカード for Owners プラチナカードやセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カードは非常におすすめのビジネスカードです。これらのビジネスカードを利用することで、日常の支払いを簡単にまとめることができ、個人事業主の経費管理の効率化が図れます。また、豊富な特典やサービスもおすすめの魅力です。個人事業主の事業のビジネスに最適なビジネスカードを選び、電子マネーの利便性を最大限に活用しましょう。

【ビジネスカード】個人事業主におすすめのビジネスカード関連記事:
法人カード123枚からおすすめの最強16枚を厳選!達人が人気のビジネスカードを比較して選び方を解説

まとめ

今回は、個人事業主におすすめのビジネスカードの基礎から、個人事業主がビジネスカードを持つメリット、デメリット、個人事業主におすすめのビジネスカードを選び方、おすすめポイント別に個人事業主におすすめのビジネスカードを徹底解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。

ビジネスカードは、個人事業主にとって非常に有用なおすすめのツールです。個人事業主向けのおすすめビジネスカードの中から適切なビジネスカードを選ぶことで、経費管理が簡単になり、ビジネスの効率が大幅に向上されることと思われます。

まず、ビジネスカードを選ぶ際のおすすめポイントとして、まずビジネスカードの限度額が非常に重要であることです。個人事業主のビジネスの規模や毎月の支出額に応じて、十分な限度額を持つビジネスカードを選ぶことをおすすめしています。特に、物販業やサロン運営などで毎月高額な支出が発生する場合は、限度額100万円以上の上位カードを検討することをおすすめします。ビジネスカードの限度額が不足すると、必要な支払いが滞るリスクがあり、ビジネスチャンスを逃す可能性もあります。

次に、ビジネスカードに付帯する特典も重要な選定基準です。会計ソフトとの連携機能があるビジネスカードは、経費の自動管理ができるため、時間と労力の節約につながります。さらに、ビジネスに役立つクラウドサービスの割引や、出張時のコンシェルジュサービスなど、多彩な特典を活用することで、ビジネスの効率をさらに高めることができるので、それらビジネスカードの特典をしっかり活用することをおすすめしています。

ビジネスカードの審査の通りやすさも考慮するべきポイントです。独立して間もない個人事業主にとって、ビジネスカードの審査が比較的容易な一般ランクのビジネスカードはおすすめです。個人事業主自身のローン利用や他のクレジットカードの支払い遅延がないように注意し、審査に臨むことが重要です。審査に不安がある場合は、法人用デビットカードの利用も一つの選択肢です。

年会費に関しては、個人事業主事業の経費として扱えるため、必要な限度額や特典に応じて無料カードと有料カードを選ぶことをおすすめしています。個人事業主としてビジネスの支出が多い場合は、有料のゴールドカードやプラチナカードを検討する価値があります。一方で、支出が少ない業種の場合は、年会費無料のカードでも十分です。

さらに、車を頻繁に利用する個人事業主の場合は、ETCカードの発行やガソリン割引の有無を確認することが重要です。ETCカードを利用することで経費処理が楽になり、ガソリン割引があるカードを選ぶことで、年間の経費を大幅に節約することができるのでおすすめしています。

最後に、ポイント還元率も重要な要素です。還元率0.50%を目安に選ぶと良いでしょう。ポイントの使い道も確認し、マイルや楽天ポイントなど、個人事業主のビジネスのニーズに合わせて最適なビジネスカードを選びましょう。

以上のポイントを踏まえて、個人事業主にとって最適なビジネスカードを選ぶことをおすすめします。ビジネスカードを賢く選ぶことで、経費管理の効率化とビジネスの成長をサポートし、個人事業主としての成功を後押しすることができます。

個人事業主にとってのビジネスカードは、単なる支払い手段以上の価値を持ちます。正しい選択をすることで、ビジネスのさまざまな側面で大きなメリットを享受できるでしょう。ぜひ、この記事を参考にして、個人事業主自身のビジネスに最適なビジネスカードを見つけてください。

【ビジネスカード】個人事業主におすすめのビジネスカード関連記事:
個人事業主には法人用クレジットカードがおすすめ!選び方やメリットを解説

今すぐコスト削減
資料請求はこちら
right
株式会社SoVa
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町3-9-7 ARC CUBE日本橋本町3階
TEL:03-6821-1935