法人ブラックカードとは?最強の法人ブラックカード徹底解説!

更新日:2024年7月12日
お役立ちコラム編集部
監修:お役立ちコラム編集部

法人カードにおいては、最強ランクと知られているブラックカードですが、実際は法人カードとしてのブラックカードは、ほとんど存在していません。そのため、法人カードを選ぶ際に「ブラックカード」にポイントを絞って探している方はなかなか法人ブラックカードを見つけることができないでしょう。通常、法人カードの最高ランクはプラチナとされていることがほとんどです。

一方、「ラグジュアリーカード」ではブラックカードが存在ます。ブラックカードの他にチタンカードやゴールドカードが存在しますが、ランクは一般的にチタンカード、ブラックカード、ゴールドカードの順番で、ブラックカードは最強ランクとして存在はしておりません。そのため、「ブラックカード」とは言っても、法人カードにおいてはブラックカードが最強ランクとは限らないのです。各カード会社が使用するランク付けの指標は異なるので、法人カードを最強ランクで持ちたい方は注意が必要です。

この記事では、法人ブラックカードについての基礎から、最強の法人ブラックカード、最強のブラックカードに匹敵するデザイン性に富んだ法人カードや、高いステータスを誇るおすすめのプラチナ法人カードを紹介します。

ブラックカードとは

ブラックカードとは、クレジットカードの中で最も高い最強ランクに位置するカードを指します。一般的なクレジットカードのランクには、一般カード、ゴールドカード、プラチナカード、そしてブラックカードがあります。これらは順にステータスや特典が向上していく仕組みです。

ブラックカードは、特に法人向けのものが注目されていますが、そもそもは個人向けのクレジットカードとして誕生しました。そして、「ブラックカード」という名称は、アメリカン・エキスプレスのセンチュリオン・カードから始まりました。このアメリカン・エキスプレスのセンチュリオン・カードは、日本で初めてのブラックカードとして登場し、その券面が黒色であったことから、「カードが黒色=ブラックカード」そして、「ブラックカード=最強最上位ランク」という認識が広がりました。アメリカン・エキスプレスのセンチュリオン・カードは、個人用のブラックカードとして最強の特典を持つことで有名です。

ただし、カードの色が黒だからといって必ずしもブラックカードとは限りません。現在では、黒色の券面を持ちながら、最強ランクではないこともあります。ブラックカードでありがらランクは「ゴールドカードクラス」や「プラチナカードクラス」も存在しますし、逆にブラックカードレベルの最強特典を持ちながら、券面の色が黒ではないカードも存在します。したがって、「ブラックカード=最強ランク」はその特典やステータスがどのように最強かということにより認識されるべきです。

一般カードのブラックカード

一般カードのブラックカードには、以下の最強ランクのブラックカードがありますので解説していきます。

アメリカン・エキスプレスの最強ランクブラックカード
センチュリオン・カード

最も有名な最強ブラックカードですが、個人向けのブラックカードのみ発行されている最強ブラックカードです。

Mastercardの最強ランクブラックカード
ワールドエリートMastercard

Mastercardの最上位ブラックカードで、個人向けのブラックカードと、ここで紹介するブラックカードの中で唯一、法人向けのブラックカードとしても発行されており、法人ブラックカードとして最強といわれる特典が豊富の最強法人ブラックカードです。

三井住友トラストクラブ最強ランクブラックカード
ダイナースクラブ プレミアムカード

三井住友トラストクラブが発行するダイナースブランドの最上位ブラックカードで、こちらもセンチュリオン・カードの最強ブラックカードと同様、個人向けブラックカードのみ提供されている最強ブラックカードです。

スルガ銀行最強ランクブラックカード
Visa Infiniteカード

スルガ銀行が発行するVisaの最上位ブラックカードですが、個人向けブラックカードのみの発行。センチュリオン・カードの最強ランクブラックカード、三井住友トラストクラブの最強ランクブラックカード同様の個人向けのみですが、特典が非常に人気の最強ブラックカードです。

JCB最強ランクブラックカード
JCBザ・クラス

JCBが発行する最上位ブラックカードで、個人向け最強ブラックカードとして非常に高い評価を受けていますが、こちらも、センチュリオン・カードの最強ランクブラックカード、三井住友トラストクラブの最強ランクブラックカード、スルガ銀行の最強ランクブラックカード同様に、個人向けのブラックカードのみ発行されています。

以上から、券面が黒色で、かつランクも最強の「ブラックカード」は、ほとんど法人向けとして最強の法人ブラックカードとして発行されていないことがお分かりいただけたと思います。その上、国際ブランドの「アメリカン・エキスプレス」「Visa」「Mastercard」「ダイナース」「JCB」の中にも1種類しか存在していません。それこそが「最強ランク=ブラックカード」と言われる理由です。

これらの一般カードのブラックカードは、最強の特典が非常に充実しており、さまざまな場面で役立つサービスが提供されます。例えば、専用のコンシェルジュサービス、空港ラウンジの無料利用、旅行保険の充実、各種イベントへの招待など、ステータス性のある最強のサービスが豊富に揃っています。

おすすめ参考記事:憧れのブラックカード!何が違うの?審査基準は?

最強の法人ブラックカードを持つことは、企業のステータスを向上させ、ビジネスの信頼性を高める重要な要素となります。法人ブラックカードは、その法人ブラックカードの持つ最強特典やサービスにより、ビジネスをよりスムーズに、そして効率的に進めるための最強のツールになるでしょう。次項では、法人向けの法人ブラックカードについて解説していきたいと思います。

【法人ブラックカード】最強の法人ブラックカード関連記事:
法人ブラックカード~法人カードでかっこいい&ステータス最強はどれ?【2024年最新版】

【法人ブラックカード】法人向けのブラックカード

法人向けブラックカードとは?

法人向けブラックカードは、企業や個人事業主が利用できる最強ランクの法人用のクレジットカードで、その最強の特典や最強のサービスは他のカードと比べて非常に優れています。法人が法人ブラックカードを所有することは、ビジネスの信頼性を高めるだけでなく、様々な最強といわれる特典を利用して業務を効率化する手助けをしてくれる最強のツールとなります。法人ブラックカードは、その名の通り、カードの色が黒色であり、最強のステータスを持つことが可能となります。

法人ブラックカードの選択肢

法人向けとして正式に「ブラックカード」と名乗ることができる本物の金属製ブラックカードは、実は一つしかありません。それが「ラグジュアリーカードMastercard® Black Card(法人ブラックカード)」です。この法人ブラックカードはインターネット上で申し込むことができます。

ラグジュアリーカード
Mastercard® Black Card(法人ブラックカード)

ラグジュアリーカードのMastercard® Black Card(法人ブラックカード)は、そのステータスの高さと豪華な最強特典で知られています。このMastercard® Black Card(法人ブラックカード)は、Mastercard®ブランドの最上位クラスに位置し、世界的にも最強の法人ブラックカードとされています。Mastercard® Black Card(法人ブラックカード)の素材は特別で、表面がステンレス製、裏面がカーボン製という比類のないクールなデザインが最強です。

このMastercard® Black Card(法人ブラックカード)は、法人向けに多くの魅力的な最強特典を提供しています。例えば、SuicaモバイルやPASMOモバイルチャージ、納税の支払いでも1.25%の高いポイント還元率が設定されており、24時間対応の専用コンシェルジュサービスやリムジン無料送迎サービスなど、独自の最強付帯特典がとても豪華です。

おすすめ参考記事:法人カードをおすすめしたい3つの理由を解説!ラグジュアリーカード独自のメリットも紹介!

  • お役立ちコラム編集部

    さらに、このMastercard® Black Card(法人ブラックカード)の申し込みには謄本や決算書が不要であるため、手軽に利用を開始できる点も最強の魅力です。

ラグジュアリーカード
Mastercard® Black Card(法人ブラックカード)の基本情報

項目内容
国際ブランドMastercard®
年会費110,000円(年会費返金制度あり)
追加カード年会費27,500円
ETCカード年会費永年無料
ポイント還元率基本1.25%
マイル還元率0.75%(ANA,JAL)
利用限度額一律の上限なし
申込条件法人代表者、個人事業主
必要書類(個人)本人確認書類
必要書類(法人)代表の本人確認書類

ラグジュアリーカード
Mastercard® Black Card(法人ブラックカード)の年会費全額返金制度

ラグジュアリーカードのMastercard® Black Card(法人ブラックカード)は、国内屈指の最強特典が利用できる金属製クレジットカードです。Mastercard® Black Card(法人ブラックカード)を使用してみて質感や特典に満足できない場合は解約することで年会費の全額が返金される制度があるため、お試し利用も可能です。この年会費返金保証により、初めて法人ブラックカードを利用する方でも安心して申し込むことができます。

Mastercard® Black Card(法人ブラックカード)の年会費は一般的な法人カードと比べると高額ですが、年間11万円のコストで全く別次元の新しい世界を体験できるため、その意味ではコストパフォーマンスは非常に最強と言えます。Mastercard® Black Card(法人ブラックカード)のポイント還元率が1.25%と高く、豪華で特別なオリジナル特典が最強に豊富で、ステンレス製の表面とカーボン素材の裏面というデザインは、持っているだけでも気分が最強に上がる希少な最強法人ブラックカードです。また、法人ブラックカードの年会費は経費で落とせるため、事業が軌道に乗った方に特におすすめの法人ブラックカードです。

以下の記事では、

ラグジュアリーカードMastercard® Black Card(法人ブラックカード)をはじめ、ラグジュアリーカードの年会費や年会費を支払う価値について解説しています。ラグジュアリーカードを検討されている方は、あわせて参考にしてみてください。

ラグジュアリーカード
個人用のブラックカード

ラグジュアリーカード
個人用のブラックカード

ラグジュアリーカードからは、法人向けの法人ブラックカードだけでなく個人用のブラックカードも提供されています。デザインや材質は法人向けの法人ブラックカードと同じで、サービス内容も基本的に同一に最強です。個人用ブラックカードもMastercard®ブランドの最上位グレードであり、表面がステンレス製、裏面がカーボン製という同様に最強の特別仕様です。

個人用ブラックカードに関する詳しい情報は、ラグジュアリーカードの公式サイトで確認できます。

法人ブラックカードは、その名の通り、最強のステータスと豪華な特典を提供する最強ランクのクレジットカードです。ラグジュアリーカードのMastercard® Black Card(法人ブラックカード)は、唯一ネットで申し込める本物の法人向け最強ブラックカードであり、カードの素材や特典の豪華さから、ビジネスの信頼性を高める重要な最強ツールとなります。法人 BLACK CARD(ブラックカード)の年会費の高さを考慮しても、Mastercard® Black Card(法人ブラックカード)のコストパフォーマンスは非常に優れており、事業が成功している法人や個人事業主にとって、Mastercard® Black Card(法人ブラックカード)は、最強に魅力的な選択肢となるでしょう。

法人ブラックカードとして、見た目も黒色で、デザインや最強特典の内容も「ブラックカード」と言えるのは、「ラグジュアリーカードのMastercard® Black Card(法人ブラックカード)」1種類でした。次項では、その他、最強ランクと言われる法人向けのカードにはどのような種類があるのかを解説していきたいと思います。

【法人ブラックカード】最強の法人ブラックカード関連記事:
法人向けブラックカードはこれ!おすすめカード8選を紹介|プラチナカードとの比較も

【法人ブラックカード】ブラックカード級の最強法人カード

法人カードの選定において、法人ブラックカードはそのステータスと特典の豊富さから特に注目されています。しかし、先述したとおり、内容も見た目も「ブラックカード」と言えるものは1種類だけでした。しかし、法人向けのカードには、見た目はブラックカードではなくとも、ブラックカード級の最強法人カードがたくさん存在しています。

ここでは、券面の色はブラックカードでなくとも、ブラックカード級と言える最強法人カードを解説していきたいと思います。それぞれブラックカード級の最強法人カードの基本情報や申し込み条件も見ていきましょう。

ブラックカード級の最強法人カード1.
三井住友ビジネスプラチナカード for Owners

ブラックカード級の最強法人カード1つ目は、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」です。三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersは、その最強のステータスと豪華な特典で多くの法人代表者や個人事業主に支持されています。プラチナグルメクーポンやプライオリティ・パス無料付帯など、ビジネスシーンでの利用に最適な最強特典が豊富なブラックカード級の最強法人カードです。

三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの基本情報

項目内容
国際ブランドVisa, Mastercard®
年会費55,000円
追加カード年会費5,500円
ETCカード年会費無料
ポイント還元率基本0.5%(最大7%)
マイル還元率0.3%(ANA)
総利用枠原則200万円~(所定の審査有り)
申込条件法人代表者、個人事業主(30歳以上)
必要書類(個人)本人確認書類
必要書類(法人)代表の本人確認書類

三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersは、ブラックカード級の最強法人カードとして、そのステータスと特典の両面で最強の選択肢です。特に、プラチナグルメクーポンやコンシェルジュサービスなど、一流のビジネスパーソンにふさわしい法人向けのサービスが揃っているブラックカード級の最強法人カードです。

おすすめ参考記事:三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの特典やメリット・デメリットを解説

また、以下の記事では本記事でご紹介している「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」をはじめ、三井住友カードの法人カード・ビジネスカードについて、様々な視点から比較を行っています。三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersについて気になっている方は、あわせて参考にしてみてください。

ブラックカード級の最強法人カード2.
JCBプラチナ法人カード

ブラックカード級の最強法人カード2.
JCBプラチナ法人カード

ブラックカード級の最強法人カード2つ目は、「JCBプラチナ法人カード」です。JCBプラチナ法人カードは、そのステータスと最強特典の豊富さから多くのビジネスパーソンに支持されています。プライオリティパスやグルメ・ベネフィットなど、ビジネスシーンでの利用に最適な最強特典が揃っているブラックカード級の最強法人カードです。

JCBプラチナ法人カードの基本情報

項目内容
国際ブランドJCB
年会費33,000円
追加カード年会費6,600円
ETCカード年会費永年無料
ポイント還元率基本0.5%(最大4.25%)
マイル還元率0.3%(ANA)
利用限度額
申込条件法人代表者、個人事業主
必要書類(個人)写真付き本人確認書類
必要書類(法人)登記簿謄本、代表の写真付き本人確認書類
参考:JCBプラチナ法人カード 公式サイト

JCBプラチナ法人カードの最強特典は、ラウンジ利用やグルメ特典など、ビジネスパーソンにとって必要で便利なサービスが豊富です。特に、ANAやJALの出張予約専用サービスなど、出張の多いビジネスパーソンにとって非常に有益な最強特典が揃っているブラックカード級の法人カードです。

ブラックカード級の最強法人カード3.
JCB CARD Bizプラチナ

ブラックカード級の最強法人カード3つ目は、「JCB CARD Bizプラチナ」です。JCB CARD Bizプラチナは、ブラックカード級の法人プラチナカードとして、発行のスピード感と使いやすさで人気があります。法人の登記簿謄本・決算書不要で、最短5分で発行されるため、急なビジネスニーズにも対応できるブラックカード級の最強法人カードです。

JCB CARD Bizプラチナの基本情報

項目内容
国際ブランドJCB
年会費33,000円
追加カード年会費発行なし
ETCカード年会費永年無料(1枚のみ)
ポイント還元率基本0.5%(最大4.25%)
マイル還元率0.3%(ANA)
利用限度額
申込条件法人代表者、個人事業主
必要書類(個人)写真付き本人確認書類
必要書類(法人)代表の写真付き本人確認書類

JCB CARD Bizプラチナは、法人代表者や個人事業主にとって非常に便利なブラックカード級の法人カードです。即日発行が可能であり、急なビジネスニーズにも対応できる点が最強の魅力です。

本記事では、法人にとって最強のブラックカードのなかで、「JCBプラチナ法人カード」と「JCB CARD Bizプラチナ」についてご紹介しましたが、以下の記事ではJCBの法人カードについてより詳しく解説しています。JCBプラチナ法人カードやJCB CARD Bizプラチナをはじめ、JCB法人カードのメリットについても解説しているので、気になる方は、ぜひ参考にしてみてください。

ブラックカード級の最強法人カード4.
apollostation PLATINUM BUSINESS

ブラックカード級の最強法人カード4つ目は、「apollostation PLATINUM BUSINESS」です。apollostation PLATINUM BUSINESSは、出光興産とクレディセゾンの合弁会社「出光クレジット株式会社」が発行する最上位のビジネスカードであり、ブラックカード級の最強法人カードです。給油でのポイント還元率が高く、年間利用額が一定額を超えると年会費が無料になる点が大きな魅力です。

おすすめ参考記事:アポロステーションビジネスカードのメリットとデメリット、年会費は無料(条件有り)

apollostation PLATINUM BUSINESSの基本情報

項目内容
国際ブランドAMEX, Visa
年会費22,000円
追加カード年会費初年度無料、2年目以降3,300円
ETCカード年会費無料
ポイント還元率基本0.8%
マイル還元率
利用限度額個別設定
申込条件個人、法人代表者、個人事業主
必要書類(個人)本人確認書類
必要書類(法人)代表の本人確認書類

apollostation PLATINUM BUSINESSは、給油専用法人カードとの連携でポイント還元率が高まり、年間300万円以上利用すると年会費が無料になる点が大きな魅力です。自動車を多用するビジネスに最適です。

ブラックカード級の最強法人カード5.
UPSIDER(アップサイダー)

ブラックカード級の最強法人カード5つ目は、「UPSIDER(アップサイダー)法人カード」です。UPSIDER(アップサイダー)法人カードは、限度額最大10億円、年会費永年無料、ポイント還元率1.0%~1.5%と、法人ブラックカードに相応しい、ブラックカード級の法人カードで最強スペックを誇ります。

UPSIDER法人カードは2022年10月にサービスを開始し、短期間で大きな支持を集めています。2023年3月には15,000社以上の企業がUPSIDERカードを利用しており、その急速な成長が注目されています。2023年4月時点で数万社以上のアクティブ顧客を有し、利用継続率は99%以上と非常に高い水準を維持しています。

創業期のスタートアップやベンチャー企業に特におすすめのブラックカード級の最強法人カードです。

UPSIDER(アップサイダー)基本情報

項目内容
国際ブランドVisa
年会費永年無料
追加カード年会費永年無料
ETCカード年会費
ポイント還元率1.0%~1.5%
マイル還元率
利用限度額最高10億円
申込条件法人
必要書類(個人)
必要書類(法人)代表の本人確認書類など

おすすめ参考記事:法人カードUPSIDERはポイント1.0%~1.5%で限度額最大10億円のハイスペックカード

ブラックカード級の最強法人カード6.
ダイナースクラブ ビジネスプレミアムカード

ブラックカード級の最強法人カード6つ目は、「ダイナースクラブ ビジネスプレミアムカード」です。ダイナースカードの中で最もステータスの高い「ダイナースクラブ ビジネスプレミアムカード」は招待制で、「ブラックカード」という名称は付かないものの、最強のステータスカードブランドの一角を占めるダイナースクラブの最上位最強ランクの法人ブラックカードです。年会費は143,000円で、高級料亭・レストランの予約代行、プレミアム専用デスク(コンシェルジュ)、手厚い保険・補償、国内・海外1,000ヵ所以上の空港ラウンジ利用など、考え得る最強で最高の特典が揃っているブラックカード級の最強法人カードです。

ダイナースクラブ ビジネスプレミアムカードの基本情報

項目内容
国際ブランドDiners Club
年会費143,000円
追加カード年会費無料
ETCカード年会費無料
ポイント還元率基本1.5%
利用限度額一律の制限なし
申込条件法人代表者・役員、個人事業主
必要書類(個人)本人確認書類
必要書類(法人)代表の本人確認書類

このダイナースクラブ ビジネスプレミアムカードは、歴史あるダイナースカードブランドの最上位最強ランクの法人カードであり、専用のコンシェルジュサービスなど、多岐にわたる最強特典が魅力のブラックカード級の最強法人カードです。

ブラックカード級の最強法人カード7.
UCプラチナカード

ブラックカード級の最強法人カード7つ目は、「UCプラチナカード」です。UCカードの最上位最強ランクのプラチナカードであるUCプラチナカードは、個人と法人兼用のカードです。法人代表者、個人事業主、フリーランスや副業の方まで幅広く利用可能な点が特徴のブラックカード級の最強法人カードです。空港ラウンジ、プラチナ空港宅配、充実の旅行保険など、プラチナカードとして十分なブラックカード級の最強スペックを持ちながら、年会費は16,500円と非常にお得です。スマホやPCの破損時に補償が受けられる保険も付いており、法人向けとして最強の法人カードとして非常に便利で人気があります。

UCプラチナカードの基本情報

項目内容
国際ブランドVisa
年会費16,500円
追加カード年会費3,300円
ETCカード年会費永年無料
ポイント還元率基本1.0%
利用限度額最大500万円
申込条件法人代表者、個人事業主、個人
必要書類(個人)本人確認書類
必要書類(法人)代表の本人確認書類

UCカードの最上位最強ランクのブラックカードのUCプラチナカードは、16,500円の年会費で充実したブラックカード級のサービスを受けられるプラチナカードは、コスパ最強の法人カードです。

ブラックカード級の最強法人カード8.
freeeセゾンプラチナビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード

ブラックカード級の最強法人カード8つ目は、「freeeセゾンプラチナビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード(freeeセゾンプラチナビジネスアメックス)」です。freeeセゾンプラチナビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード(freeeセゾンプラチナビジネスアメックス)は、ブラックカラーのプラチナアメックスカードで、「アメックスブラックカード」の雰囲気を少し味わえるブラックカード級の最強法人カードとして人気があります。年会費は22,000円と手頃でありながら、保険・補償や国内・世界中の空港ラウンジが無料で利用できるブラックカード級の最強法人カードです。

freeeセゾンプラチナビジネスアメックスカードの基本情報

項目内容
国際ブランドAMEX
年会費22,000円
追加カード年会費3,300円(9枚までOK)
ETCカード年会費無料
ポイント還元率基本0.5%(最大1.0%)
マイル還元率0.75%〜1.1125%(JAL)
利用限度額個別設定
申込条件法人代表者、個人事業主
必要書類(個人)本人確認書類
必要書類(法人)代表の本人確認書類

おすすめ参考記事:freee版と通常版のセゾンプラチナビジネスとの違いと活用アイデアの解説

ブラックカード級の最強法人カード9.
三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード

ブラックカード級の最強法人カード9つ目は、「三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード(三菱UFJカード プラチナアメックス)」です。三菱UFJ法人カードの最上位最強ランクである三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード(三菱UFJカード プラチナアメックス)は、2022年にタッチ決済が追加され、リニューアルされたブラックカラーのプラチナカードです。年会費は22,000円と手頃ながら、保険・補償、国内・海外1,300ヵ所以上の空港ラウンジなど、必要な最強特典が揃っているブラックカード級の最強法人カードです。ただし、利用限度額が100万円~500万円と少なめであり、業歴3年以上で2期連続黒字決算が必要なため、申込条件がやや厳しいのが特徴です。

三菱UFJカードプラチナビジネスアメックスカードの基本情報

項目内容
国際ブランドAMEX
年会費22,000円
追加カード年会費
ETCカード年会費無料
ポイント還元率基本0.5%
利用限度額100万円~500万円
申込条件法人または個人事業主
必要書類(個人)本人確認書類
必要書類(法人)代表の本人確認書類

三菱UFJカード・プラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス®・カード(三菱UFJカード プラチナアメックス)は、三菱UFJ銀行系の最上位最強ランクのブラックカラーのプラチナ法人カードであり、アメックスブランドならではの最強のステータス感を持つため、申込条件の厳しさが否めないブラックカード級の最強法人カードです。

ブラックカード級の最強法人カード10.
静銀セゾンプラチナアメックス

ブラックカード級の最強法人カード10つ目は、「静銀セゾンプラチナアメックス」です。静銀セゾンプラチナアメックスは、静岡銀行とクレディセゾンの合弁会社「静銀セゾンカード株式会社」が発行する最上位最強ランクのクレジットカードです。こちらもランクはプラチナですが、ブラックカラーのアメックスカードです。法人カード専用ではないですが、法人口座を引き落とし口座に設定することで、アメックス法人ブラックカードとして利用可能です。年会費は22,000円と比較的安く、保険・補償や国内・世界中の空港ラウンジが無料で利用でき、ポイント還元率も1%と高めのブラックカード級の最強法人カードです。

静銀セゾンプラチナアメックスカードの基本情報

項目内容
国際ブランドAMEX
年会費22,000円
追加カード年会費3,300円(1枚目は年会費無料、4枚までOK)
ETCカード年会費無料
ポイント還元率基本1.0%
利用限度額個別設定
申込条件個人、法人代表者、個人事業主
必要書類(個人)本人確認書類
必要書類(法人)代表の本人確認書類

静銀セゾンプラチナアメックスは、静岡銀行に口座をお持ちの方に特におすすめのブラックカード級の最強法人カードで、アメックスブラックカードの気分を味わいつつ、手頃な年会費で多くの最強特典を享受できます。

以上、ブラックカード級の最強法人カード10種類を紹介させていただきました。いずれもブラックカード級のステータスと特典を持ちながら、それぞれの特徴と最強ポイントを持っております。これらは法人代表者や個人事業主にとって最適なブラックカード級の最強法人カードとしての選択肢となるでしょう。どれも最強の法人カードとしておすすめですが、何より自社のニーズに合った法人ブラックカードを慎重に選び、ビジネスの成長に役立ててください。

次項では、最強法人ブラックカードのメリットについて解説していきます。

【法人ブラックカード】最強の法人ブラックカード関連記事:
法人・ビジネス向けプラチナカード 人気ランキング【2024年7月】専門家のおすすめ情報を掲載 – 価格.com

【法人ブラックカード】最強法人ブラックカードのメリット

法人ブラックカードを手に入れることで得られる最強のメリットについてご紹介します。

まず、最強法人ブラックカードの所有に際して非常に重要な要素は、その豊富な付帯サービスです。一般的にプラチナカード以上の最強特典が用意されているため、プラチナカードから法人ブラックカードに乗り換えることで多くのメリットが期待できます。

法人プラチナカードを普段から利用している方にとって、法人ブラックカードのサービス内容はさらに一段階上のものになります。具体的な法人ブラックカードのサービス内容について、以下にまとめてみました。

そもそもの法人カードをもつメリットについては、以下の記事でも解説しているのであわせて参考にしてみてください。

最強法人ブラックカードのメリット①
専任のコンシェルジュサービス

最強法人ブラックカードのメリット1つ目は、専任のコンシェルジュサービスが付くという最強メリットです。プラチナカードの大きな特典でもあるコンシェルジュサービスですが、法人ブラックカードになると専任のコンシェルジュが付きます。アメリカン・エキスプレスのプラチナカードにもコンシェルジュは付いていますが、法人ブラックカードのコンシェルジュはその対応範囲が全く異なり、法人ブラックカードになれば、ほとんどすべての要望に応えてくれるでしょう。経営者が秘書のように法人ブラックカードの専任のコンシェルジュサービスを利用しているケースも多く見られます。

最強法人ブラックカードのメリット②
ホテルの優待利用

最強法人ブラックカードのメリット2つ目は、ホテルの優待利用のVIP待遇の最強メリットです。法人ブラックカードを所持していると、高級旅館やホテルを優待プランでお得に利用することができます。世界的な有名ホテルでは最強のVIPプログラムを提供していることがあり、法人ブラックカードで支払うことで、部屋のアップグレードや朝食の無料サービスなどのVIP待遇を受けられます。これらは、法人ブラックカードやプラチナカードならではの最強のメリットでしょう。もちろん、法人ブラックカードは、ポイントもかなり優遇されています。

最強法人ブラックカードのメリット③
法人ブラックカード保有者の要望に最大限応える

最強法人ブラックカードのメリット3つ目は、法人ブラックカード保有者の要望に最大限応えてくれるという最強メリットです。コンシェルジュを通じて要望を伝えると、法人ブラックカード発行会社がその要望に応えられるかどうかをチェックします。プライベートジェットの手配などが有名で、法人ブラックカード保有者の人数が限られているため、その所持だけで非常に高いステータス性があり、最強のメリットと言えます。

最強法人ブラックカードのメリット④
レストランの予約代行

最強法人ブラックカードのメリット④レストランの予約代行

最強法人ブラックカードのメリット4つ目は、レストランの予約代行を専任のコンシェルジュが対応してくれるという最強メリットです。一見さんお断りの高級料亭や予約の取れないレストランも、専任のコンシェルジュを通じて予約を取ることが可能です。この特典の目的のためだけに法人ブラックカードを検討する場合は、プラチナの法人カードでも同様の予約代行特典が用意されている場合もあるため、法人ブラックカードでなければならないのかどうかを慎重に検討する必要があります。

最強法人ブラックカードのメリット⑤
利用限度額が大きい

最強法人ブラックカードのメリット5つ目は、法人ブラックカードの利用限度額の大きさです。クレジットカードの利用限度額は、利用状況やカードによって異なりますが、法人ブラックカードの場合、保有者に合わせた設定が可能な点が最強メリットです。最低でも100万円、上限は700万円から数千万円と、カード会社によって異なることがあります。法人ブラックカード保有者の年収やクレジットカードの利用状況によっては、実質的に限度額に上限なしという最強ケースも法人ブラックカードでは存在します。

最強法人ブラックカードのメリット⑥
最強のステータス性

最強法人ブラックカードのメリット6つ目は、最強最高のステータス性です。法人ブラックカードの特長である、最強のステータス性が自慢できる点は最強のメリットと言えます。所持できる人が限られている法人ブラックカードを持つことで、大きな満足感が得られます。法人ブラックカードの見た目も非常に高級感があり、チタンなどの素材で作られているため、一枚は持っておくべきものと言えるでしょう。

最強法人ブラックカードのメリット⑦
法人ブラックカードの最強特典

最強法人ブラックカードのメリット7つ目は、法人ブラックカードの最強特典です。法人ブラックカードを持つことで、ビジネスの成功に向けた様々なサポートを受けられることは最強のメリットポイントです。例えば、法人ブラックカードの専任コンシェルジュサービスは、ビジネスの重要な会議やイベントの手配、交通手段の確保、さらには接待や交渉の場でのレストラン予約まで、幅広いビジネスにまつわる最強のサービスを提供します。法人ブラックカードにより、ビジネスの効率を高め、重要な時間を節約することができます。

最強法人ブラックカードのメリット⑧
法人ブラックカードの保険・補償サービス

最強法人ブラックカードのメリット⑧法人ブラックカードの保険・補償サービス

最強法人ブラックカードのメリット8つ目は、法人ブラックカードの保険・補償サービスです。法人ブラックカードは、保険・補償の面でも最強です。旅行中のトラブルや、ビジネスでの損失に備えるための充実した保険が付帯されている点は最強メリットです。例えば、海外旅行保険、国内旅行保険、ショッピング保険など、多岐にわたる保険が提供されており、法人ブラックカード保有者の安心を最強にサポートします。

最強法人ブラックカードのメリット⑨
法人ブラックカードのポイントプログラム

最強法人ブラックカードのメリット9つ目は、法人ブラックカードのポイントプログラムです。法人ブラックカードのポイントプログラムも最強に魅力的です。高額な法人ブラックカード利用に対して高い還元率が設定されており、貯まったポイントをビジネスやプライベートで有効に活用することができます。ポイントは、マイルやギフト券、高級商品の購入など、さまざまな形で利用可能な点は最強のメリットです。

以上が、法人ブラックカードの最強のメリットについての詳細な解説です。法人ブラックカードは、その豊富な最強特典やサービスを通じて、ビジネスの成功を最強にサポートします。ぜひ、自分に最適な法人ブラックカードを見つけ、その最強のメリットを最大限に活用してください。次項では、最強法人ブラックカードのデメリットについて解説していきたいと思います。

【法人ブラックカード】最強の法人ブラックカード関連記事:
【2024年度版】法人ブラックカードおすすめランキング/あなたに合った法人ブラックカードはこれだっ!

【法人ブラックカード】最強法人ブラックカードのデメリット

法人ブラックカードには多くの最強メリットである特典が付帯されていますが、一方で最強法人ブラックカードにもデメリットは存在します。以下に、最強法人ブラックカードを持つ際の主なデメリットについて解説していきます。

最強法人ブラックカードのデメリット①
高額な年会費がかかる

最強法人ブラックカードのデメリット1つ目は、高額な年会費がかかる点です。法人ブラックカードの年会費は非常に高額で、最低でも十数万円が必要とされています。これだけの金額を支払うのは簡単ではありません。法人ブラックカードの年会費は、その豪華な最強サービスに見合ったものであるため、所有するだけで毎年かなりの出費を覚悟しなければなりません。

もちろん、法人ブラックカード一枚だけを持っていることは法人としての信頼性はもちろん、ステータスの象徴でもあり、最強に魅力的に感じるかもしれませんが、その代償は決して小さくありません。

最強法人ブラックカードのデメリット②
インビテーション制であること

最強法人ブラックカードのデメリット2つ目は、インビテーション制(招待性)であることです。法人ブラックカードのもう一つの大きなデメリットといえます。アメリカン・エキスプレスのブラックカードなど、特定の法人ブラックカードは招待がないと手に入れることができません。これには絶大な信用が必要であり、年収が1億円を超えるような人物でないと招待されるのは難しい場合もあります。このような厳しい条件は、法人ブラックカードの最強のステータスを維持するためのものです。

最強法人ブラックカードのデメリット③
機械に入れられない

最強法人ブラックカードのデメリット3つ目は、機械には入れられないケースが多い点です。法人ブラックカードはプラスチック製ではなく、チタンなどの特殊な素材で作られていることが多いです。法人ブラックカードはその特殊な素材のため、ATMや自動販売機などにカードを挿入した際に、機械の中で詰まってしまう可能性があります。これは非常に面倒な状況で、業者を呼んで取り出してもらわなければならないこともありますので注意が必要です。

参考記事

しかし、このような問題を回避するために、カード会社はACカードと呼ばれるプラスチック製のブラックカードを別途発行してくれる場合もあるので、安心して法人ブラックカードをご検討ください。

法人ブラックカードの持つ最強の特典は確かに魅力的ですが、その反面、法人ブラックカードのデメリットも理解しておくことが重要です。高額な法人ブラックカードの年会費やインビテーション制である点、特殊な素材による取り扱いの難しさなど、法人ブラックカードを所有するためには多くのハードルがあります。しかし、それらのデメリットを超えても、最強法人ブラックカードを手に入れる価値があると感じる方にとって、法人ブラックカードは最強のパートナーとなるでしょう。

法人ブラックカードのデメリットを十分に理解し、自分のビジネスやライフスタイルに合った法人カード選びをおすすめします。法人ブラックカードの最強の特典を享受するための準備を計画的に行いましょう。次項では、最強法人ブラックカードのおすすめを3つ解説していきたいと思います。

【法人ブラックカード】最強法人ブラックカードおすすめ3選

法人ブラックカードの中で最強のステータスと特典を誇るおすすめのカードを3つ解説していきます。どのカードも法人としての信頼性を高め、ビジネスの成功を後押しする最強の法人カードの一枚となるでしょう。

最強法人ブラックカードおすすめ1.
ラグジュアリーカードMastercard® Black Card(ブラックカード)

最強のおすすめポイント
・最強のラグジュアリー度
・最強のブラッシュド加工ステンレス
・最強のポイント還元率とキャッシュバック
・最強の専任のコンシェルジュサービス

最強法人ブラックカードおすすめ1つ目は、ラグジュアリーカードの法人ブラックカードです。ラグジュアリーカードの法人ブラックカードは、その名の通り、ラグジュアリーな体験を求める法人の方に最適な最強法人ブラックカードです。このカードは、ステンレスとカーボン製の豪華な素材を使用しており、外見からしても他のカードとは一線を画しています。表面はブラッシュド加工のステンレスで仕上げられており、オーナーの氏名とMastercard®のロゴがレーザーで刻印されています。裏面はカーボン素材を採用しており、見た目も機能も最強の法人ブラックカードです。

ラグジュアリーカードの法人ブラックカードの魅力はその見た目だけではありません。ラグジュアリーカードの法人ブラックカードポイント還元率は1.25%と高く、SuicaモバイルやPASMOモバイルチャージでもポイントが貯まります。他社の法人カードの還元率が通常0.5%であるのに対し、約2.5倍の還元率を誇ります。ポイント交換アイテムで最強の人気はキャッシュバックであり、交換手続きをする手間も省けるので、多忙な経営者には嬉しい最強のサービスです。

さらに、ラグジュアリーカードの法人ブラックカードは、24時間対応の専用コンシェルジュサービスも利用でき、ビジネスやプライベートでの最強サポートを受けられます。初年度の年会費全額返金保証があるため、初めて法人ブラックカードを契約する方でも安心して利用できます。ラグジュアリーカードの法人ブラックカード年会費は11万円ですが、これは経費として計上できますので、事業費として考えると非常にお得です。

最強法人ブラックカードおすすめ2.
UPSIDER

最強のおすすめポイント
・最強のスペック
・最強の利用限度額
・最強の年会費が永年無料
・最強の利用継続率

おすすめ理由:スペック最強の法人カード

最強法人ブラックカードおすすめ2つ目は、UPSIDER法人カードです。UPSIDER法人カードは、スペック面で最強とされている法人カードです。UPSIDER法人カードのポイント還元率は1.0%から1.5%と高く、UPSIDER法人カードの利用限度額は最大で10億円に達します。さらに、UPSIDER法人カードの年会費は永年無料という点も最強に魅力的です。

このUPSIDER法人カードは、特にベンチャー企業やスタートアップ向けに設計されており、独自の審査システムを採用しています。そのため、創業期の経営者でも比較的簡単に取得できる点も最強といわれる理由です。2023年4月時点で、UPSIDERを導入している企業は数万社を超え、利用継続率は最強の99%以上を誇ります。

ただし、UPSIDER法人カードのデメリットとして、ステータス性が低い、かっこ良さがない、ETCカードがない、旅行保険がない、空港ラウンジサービスがないなどの点があります。しかし、これらのデメリットが気にならないのであれば、最強法人カードの選択肢として最有力候補となるでしょう。

最強法人ブラックカードおすすめ3.
三井住友ビジネスプラチナカード for Owners

最強のおすすめポイント
・最強の王道
・最強のステータス性
・最強のカンタン申し込み
・最強の手厚い補償
コンシェルジュサービス

最強法人ブラックカードおすすめ3つ目は、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersです。三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersは、最強のステータスを誇る法人ブラックカードとして、信頼性と実用性の両面で最強の高評価を得ています。この最強法人カードは、法人向けのブラックカラープラチナカードでありながら、個人経営の法人や個人事業主でも取得可能です。謄本が不要で、決算書や確定申告書、口座残高証明などの資料も必要ありません。そのため、会社を設立したばかりの事業者でも安心して申し込むことができます。

この最強法人カードの特典として、コンシェルジュサービスや手厚い補償があり、ビジネスシーンでの利用価値は最強に高いです。また、プレミアムサービスならではのお得なインビテーション特典もあります。三井住友Visaブランドのブラックカラーのプラチナ法人カードは、そのステータス性もさることながら、信頼感を高めるためにも有効です。法人カードの審査に必要な書類は運転免許証などの個人確認書のみで、非常に簡単に申し込みができる点も最強のメリットです。

法人ブラックカードは、最強のステータスと特典を提供する一方で、高額な年会費や取得の難しさといったデメリットもあります。しかし、それらを超えて得られる価値は非常に大きいです。ラグジュアリーカードの法人ブラックカードはその豪華さと高還元率などが最強で、UPSIDER法人カードはスペックの高さと年会費無料などが最強。また、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersは信頼性と取得のしやすさなど、それぞれ異なる最強の法人カードとしての魅力を持っています。

それぞれ自社のビジネスのニーズに合わせて、最適な最強法人ブラックカードを選び、自社のビジネスに最大限活用してみてください。どの法人ブラックカードも法人としての信頼性を高め、ビジネスの成功をサポートしてくれる最強のパートナーとなるでしょう。次項では、最強法人ブラックカードのさらに上位ランクのカードについて解説していきたいと思います。

【法人ブラックカード】最強の法人ブラックカード関連記事:
ブラックカードのおすすめ人気ランキング3選【2024年】

【法人ブラックカード】最強法人ブラックカードの上位カード

法人ブラックカードの上には、実はさらに特別な最強ステータスを誇るカードが存在します。ラグジュアリーカードのブラックカードが法人カードの最強かつ最高峰とされていますが、法人ブラックカードのさらに上位ランクとして、「24金コーティングのゴールドカード」が存在します。この特別なカードについて詳しくご紹介します。

ラグジュアリーカード Mastercard Gold Card(法人ゴールドカード)
24金製のゴールドカード

年会費
初年度年会費:220,000円(税込)
2年目以降年会費:220,000円(税込)

ポイント還元率
通常利用時:1.5%

発行スピード
約1週間程度

追加カード
ETCカード、家族カード

旅行保険
国内旅行保険・海外旅行保険

締め日・支払日
締め日:毎月5日
支払日:毎月27日

申し込み条件
学生を除く満20歳以上

必要書類
代表者の本人確認書類、引き落とし先の銀行口座、登記簿謄本、印鑑証明書

注目ポイント

・最高1.2億円の海外旅行傷害保険が付帯
・通常利用時のポイント還元率1.5%
・24時間365日対応のコンシェルジュサービスが付帯
・利用制限なし&同乗者4名まで無料のリムジン送迎サービスが付帯
・事前入金で最大9,999万円までカード決済が可能

ラグジュアリーカードのMastercard® Black Card(法人ブラックカード)が、すでに最強のステータスを誇る法人ブラックカードですが、さらに上を行くのが24金コーティングの「ラグジュアリーカードのMastercard Gold Card(法人ゴールドカード)」です。このラグジュアリーカードのMastercard Gold Card(法人ゴールドカード)は、材質に本物の24金を使用しており、その圧倒的な質感と豪華さで他の法人カードとは一線を画します。

ラグジュアリーカードのMastercard Gold Card(法人ゴールドカード)の年会費は22万円と、こちらも最強の名にふさわしく高額ですが、その価値は十二分にあります。ポイント還元率は業界最強の1.5%を誇り、ビジネスやプライベートでの利用で多くのポイントを貯めることができます。さらに、24時間365日対応のコンシェルジュサービスが付帯しており、まるで秘書のようにあらゆるビジネスシーンを最強にサポートします。

このラグジュアリーカードのMastercard Gold Card(法人ゴールドカード)の最強特典としては、有名ワイナリーとのコラボレーションディナーやラグジュアリーカーの試乗イベント、ラグジュアリーホテルでの特別優待など、ゴールドカード会員限定の特別イベントが毎月提供されます。ラグジュアリーカードのMastercard Gold Card(法人ゴールドカード)により、法人の経営者としてのステータスを最強に高めることができます。

業界最強のポイント交換アイテム

ラグジュアリーカードのポイント交換アイテムには、Mastercard® Black Card(法人ブラックカード)と同様に、驚きのラインナップがあります。その中でも最強に注目すべきは、ロールス・ロイス「BLACK BADGE CULLINAN」です。この最強に豪華な車は、9,270,000ポイントと交換することが可能です。これにより、法人カードとしての使用だけでなく、ライフスタイル全体を豪華に彩ることができます。

特別最強の製造プロセス

Mastercard® Black Card(法人ブラックカード)の上位ランクである、Mastercard Gold Card(法人ゴールドカード)は、その素材と製造プロセスにも特別なこだわりがあります。57の特許技術を駆使して製造されており、オスカー像やNASA発注品を手掛ける製造会社によって仕上げられています。24金コーティングの金属面に、職人が1枚ずつMastercard®のロゴとオーナー名を削り出しで刻印することで、唯一無二の質感と最強の高級感が生み出されている法人カードです。

最強の年会費返金保証プログラム

ラグジュアリーカード Mastercard Gold Card(法人ゴールドカード)には、Mastercard® Black Card(法人ブラックカード)と同様に、解約すれば年会費の全額が返金される年会費返金保証制度が用意されています。これにより、初めて法人カードを利用される方でも安心して試すことができます。この制度について詳しくは、ラグジュアリーカードの公式サイトを参照してください。

最強の高級感と希少性

法人ブラックカードの上位ランクである、ラグジュアリーカード Mastercard Gold Card(法人ゴールドカード)は、その最強の豪華さと希少性から、高級ホテルや高級レストランでも圧倒的な存在感を示します。このMastercard Gold Card(法人ゴールドカード)は、富裕層に慣れたスタッフも驚かせるほどのインパクトを持ち、所有するだけで高揚感を得られます。ラグジュアリーカード Mastercard Gold Card(法人ゴールドカード)は、起業して事業が成功した経営者にとって、自分へのご褒美として最強な法人カードの一枚です。

Mastercard® Black Diamond™(法人ブラックダイヤモンド)
法人ゴールドカードからの招待制

さらに上位最強ランクの「Mastercard® Black Diamond™(法人ブラックダイヤモンド)」は、ラグジュアリーカード Mastercard Gold Card(法人ゴールドカード)の利用状況によりインビテーション(招待状)が届くカードです。このMastercard® Black Diamond™(法人ブラックダイヤモンド)には天然ダイヤモンドがはめ込まれており、その豪華さと希少性から特別な最強最高峰のステータスを持っています。

年会費
入会金:1,100,000円(税込)
初年度年会費:660,000円(税込)
2年目以降年会費:660,000円(税込)

ポイント還元率
非公開(高額な特典が用意されていると推測されます)

発行スピード
インビテーションが必要

追加カード
ETCカード、家族カード

旅行保険
国内旅行保険・海外旅行保険

締め日・支払日
締め日:毎月5日
支払日:毎月27日

申し込み条件
Mastercard Gold Card(法人ゴールドカード)の利用実績による招待制

必要書類
代表者の本人確認書類、引き落とし先の銀行口座、登記簿謄本、印鑑証明書

注目ポイント

・天然ダイヤモンドがカードに埋め込まれている
・高額な年会費と入会金に見合う豪華で最強最高峰の特典
・最強最高峰の特別なステータスと希少性を持つ

法人ブラックカードの上位ランクの、ラグジュアリーカード Mastercard Gold Card(法人ゴールドカード)は最強のステータスと特典を提供します。24金コーティングの豪華な質感、業界最強のポイント還元率、24時間365日のコンシェルジュサービスなど、あらゆる面で最高峰の法人カードです。高額な年会費も解約すれば返金される制度があるため、初めての方でも安心して利用できます。また、 Mastercard Gold Card(法人ゴールドカード)の利用状況により、招待が届く、入会金、年会費も最強最高峰の法人カードである、Mastercard® Black Diamond™(法人ブラックダイヤモンド)も存在しています。

上記の最強最高峰の年会費ですが、経費としての計上が可能です。これにより、実際の負担を軽減しながらも、最強最高級のステータスと特典を享受できます。年会費はかなり高額になってきますが、ビジネスの成功を象徴するアイテムとして、その価値は計り知れません。ビジネスの成功を象徴するブラックカード以上の最強最高峰の法人カードのとして、是非この特別な法人カードを手に入れてみてください。

【法人ブラックカード】最強の法人ブラックカード関連記事:
【幻のクレジットカード】ブラックカード5種類を比較!年会費や取得条件を解説

【法人ブラックカード】法人ブラックカードのよくあるQ&A

Q: ネット申し込みできる法人ブラックカードはありますか?

A: はい、一部の法人ブラックカードはインビテーション(招待)が必要ですが、この記事では誰でもネットから申し込み可能な法人向けブラッククレジットカードを紹介しています。例えば、ラグジュアリーカードのMastercard® Black Card(法人ブラックカード)やUPSIDER、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersなどが該当します。これらの法人カードは、法人カードの中でも最強のステータスを誇り、インビテーション(招待)なしで申し込みが可能です。

Q: 年会費無料のブラックカードはありますか?

A: 完全に年会費無料の法人ブラックカードはありませんが、初年度に解約すれば年会費が返金される“実質年会費無料”のブラックカードは存在します。例えば、ラグジュアリーカードのMastercard® Black Card(法人ブラックカード)には初年度年会費全額返金保証があり、Mastercard® Black Card(法人ブラックカード)を利用してみて満足できなければ年会費が返金されます。

ブラックカードではありませんが、年会費無料でおすすめの法人カードは以下の記事でご紹介しています。ステータスや特典にこだわりはなく、ブラックカードより年会費無料の法人カードを検討したいと思っている方は以下の記事をぜひ参考にしてみてください。

Q: 法人ブラックカードの審査は厳しいですか?

A: 法人ブラックカードの審査は一般のクレジットカードよりも厳しいです。法人ブラックカードは、利用限度額が非常に高いため、カード会社は大きなリスクを負うことになります。そのため、法人ブラックカードの審査基準も厳格になります。しかし、ブラックカラーの法人プラチナカードは最強最上位クラスのステータスを持ちながらも、初回の限度額が100万~500万円程度に設定されることが多く、法人ブラックカードの審査は比較的柔軟です。例えば、JCB CARD BizプラチナやUPSIDERカードの法人カードは独自の審査方式を採用しており、比較的簡単に作成できる法人ブラックカードです。

Q: 即日発行できる法人ブラックカードはありますか?

A: はい、近年の技術の進化により、ブラックカード級の法人プラチナカードも即日発行が可能です。例えば、JCBプラチナビジネスカードはネット申し込みから最短5分で利用可能となる最強の法人ブラックカード級の法人カードです。

Q: VisaかJCBでおすすめの法人ブラックカードはありますか?

A: はい、Visaブランドでは三井住友カードのブラックカラー法人Visaプラチナカードが法人ブラックカード級のおすすめ最強法人カードです。三井住友カードのブラックカラー法人Visaプラチナカードの年会費は55,000円程度で、必要書類も最小限でオンライン申し込みが可能です。さらに、年会費が16,500円とコスパ最強のUCプラチナカードも法人ブラックカード級としておすすめの最強法人カードです。

JCBブランドでは、最短5分で即日発行が可能なJCBプラチナビジネスカードが法人ブラックカード級として最強のおすすめです。これらの法人ブラックカード級の法人カードは、最強のステータスを誇り、ビジネスを強力にサポートしてくれる最強の法人カードです。

Q: 法人ブラックカードの上位にはどのようなカードがありますか?

A: 法人ブラックカードの上には、さらに最強上位の特別ステータスを誇るカードが存在します。例えば、「ラグジュアリーカード Mastercard Gold Card(法人ゴールドカード)」がその一つです。このラグジュアリーカード Mastercard Gold Card(法人ゴールドカード)は24金コーティングの本物のゴールドカードで、年会費は22万円と高額ですが、ポイント還元率は業界最強の1.5%を誇ります。また、24時間365日のコンシェルジュサービス、有名ワイナリーとのコラボレーションディナー、ラグジュアリーカー試乗イベント、ラグジュアリーホテルの特別優待など、ラグジュアリーカード Mastercard Gold Card(法人ゴールドカード)には最強に豪華な特典が満載です。

Q: 24金コーティングのゴールドカードの最強特典は?

A: 法人ブラックカードの上位ランクである、ラグジュアリーカード Mastercard Gold Card(法人ゴールドカード)には、一般の法人ブラックカードを超える豪華な特典が多数用意されています。例えば、有名ワイナリーとのコラボレーションディナー、ラグジュアリーカー試乗イベント、ラグジュアリーホテルの特別優待など、最強に特別なイベントが毎月案内されます。また、ポイント交換アイテムにはロールス・ロイス「BLACK BADGE CULLINAN」も含まれており、9,270,000ポイントで交換することが可能です。

Q: 24金コーティングのゴールドカードの製造プロセスは?

A: 法人ブラックカードの上位ランクである、ラグジュアリーカード Mastercard Gold Card(法人ゴールドカード)は、57の特許技術を駆使して製造されています。オスカー像やNASA発注品を手掛ける製造会社によって仕上げられ、24金コーティングの金属面には職人が1枚ずつMastercard®のロゴとオーナー名を削り出しで刻印します。この特別な製造プロセスにより、唯一無二の質感と高級感が生み出されています。

Q: 24金コーティングのゴールドカードはどんな人におすすめですか?

A: 法人ブラックカードの上位ランクである、ラグジュアリーカード Mastercard Gold Card(法人ゴールドカード)は、その豪華さと希少性から、起業して事業が成功した経営者に特におすすめの法人カードです。高級ホテルや高級レストランでも圧倒的で最強の存在感を示し、所有するだけで高揚感を得られます。また、法人カードとして年会費を経費計上できるため、実際の負担を軽減しながらも最強で最高級のステータスと特典を享受できます。

法人ブラックカードの上位ランクに君臨する、ラグジュアリーカード Mastercard Gold Card(法人ゴールドカード)は最強のステータスと特典を提供します。24金コーティングの豪華な質感、業界最強のポイント還元率、24時間365日のコンシェルジュサービスなど、あらゆる面で法人ブラックカードを凌ぐ最強の法人カードです。年会費も解約すれば返金される制度があるため、法人ブラックカードはもちろん、ハイステータスな法人カードを初めての方でも安心して利用できます。ビジネスの成功を象徴する法人カードとして、ぜひこの特別な法人カードを手に入れてみてください。

おすすめ参考記事

税理士_依頼_おすすめのポイント

【法人ブラックカード】最強の法人ブラックカード関連記事:
ブラックカードを持ってる人の年収はどれくらい?所有難易度や驚きのサービスを公開

【法人ブラックカード】最強ランクの法人カード情報

出光カードからブラックカラーのプラチナビジネスカードが登場

出光クレジット株式会社は、最上位のビジネスカード「apollostation PLATINUM BUSINESS」を新たにリリースしました。この法人ブラックカードは、「その挑戦に、プラチナの光を。」というキャッチコピーのもと、出光興産系サービスステーションでガソリンなどを給油すると、ポイント還元率が最大0.8%になります。
公式サイト:apollostation PLATINUM BUSINESS公式サイト

ダイナースクラブ プレミアムカードで不動産仲介手数料の支払いが可能に

三井住友トラストクラブ株式会社は、三井住友トラスト不動産株式会社と新たに加盟店契約を締結しました。これにより、ダイナースクラブ ビジネスプレミアムカードやANAダイナース プレミアムカードの会員は、三井住友トラスト不動産に支払う不動産仲介手数料をカード決済で支払いができるようになりました。これにより、不動産売買のニーズをお持ちの方が多いダイナースクラブ プレミアムカード会員様の満足度はさらに向上。
公式サイト:ダイナースクラブ プレミアムカード公式サイト

ダイナースクラブが「銀座レストランウィーク 2024 Spring」を開催

三井住友トラストクラブ株式会社は、銀座で「ダイナースクラブ 銀座レストランウィーク2024 Spring」が開催されました。開催期間は2024年4月19日(金)~5月6日(月祝)までの18日間で開催されました。「ダイナースクラブ 銀座レストランウィーク2023 Spring」では、18店舗の参加でしたが、今年は47店舗が参加しています。一度は訪れてみたい銀座の名店が、それぞれ自慢のコース料理をご用意して、皆様をお迎えする内容となっており、期間限定の特別コースがランチ3,300円または5,500円、ディナーは食前酒付きで11,000円と非常にリーズナブルな価格設定となっています。ダイナースクラブ会員様は一般の予約に先駆けて会員先行予約を受け付けてくれる特別な特典となっております。「ダイナースクラブ 銀座レストランウィーク2025 Spring」もさらにこの最強の特典に期待ができます。

HondaJetにダイナースクラブ会員が搭乗し移動サービスを実体験

三井住友トラストクラブ株式会社と本田技研工業株式会社は、HondaJetを活用した新しいモビリティサービスの実証実験を行っています。地方都市間の中長距離移動におけるビジネスジェットの効率化や地方活性化、遠隔地医療への貢献を目指し、2022年12月にはダイナースクラブ会員がHondaJetに搭乗して実証実験に協力しました。今後も、HondaJetを活用した新たなモビリティサービスが開始した際には、当社はダイナースクラブ会員様へ幅広くサービスを提供できるように事業協力を進めているようです。

法人向け金属製のBlueBankビジネスカードが登場

Scheeme株式会社は、スモールビジネス向けの統合金融アプリ「BlueBank」のサービスとして、「BlueBankビジネスカード(プラスチックカード・メタルカード)」を2023年3月に提供開始されました。ポイント還元率は最大1.5%で、非接触のタッチ決済も搭載し、デザインはナンバーレス仕様です。税金支払い時に還元率が低くなることもなく、さまざまな支払いに対して、国内トップクラスのポイント付与を受けられます。また、アクティベートやロックといった利用制限、明細確認などはすべてアプリで完結でき、決済ごとのお知らせもプッシュ通知で受け取れる仕様です。詳しくはBlueBank公式サイトをご覧ください。
公式サイト:BlueBank公式サイト

ラグジュアリー法人ブラックカードの優待が大幅にパワーアップ

Black Card I 株式会社が提供するラグジュアリー法人ブラックカードの通年優待が大幅に強化されました。JALへの移行マイルの上限撤廃や、スモールラグジュアリーホテルのステータスマッチ、FOOD-E優待、STREAMER COFFEE COMPANYカフェ優待リニューアルなど、多岐にわたる特典が追加されました。

馬主向け「ラグジュアリー法人ブラックカード」が登場

Black Card I 株式会社と日高軽種馬農業協同組合の提携により、馬主向けのラグジュアリー法人ブラックカードがリリースされました。このカードは、馬のセリの落札時の支払いに利用でき、ポイント還元率は業界最高水準の1.25%です。特典には会員専用ラウンジや、セリの落札時のカード決済、馬主祝い金・見舞金制度などが含まれます。

四つ星ホテル「セントレジスホテル大阪」と「ラグジュアリーカード」がコラボレーション

Black Card I 株式会社とセントレジスホテル&リゾートがコラボレーションを開始しました。ラグジュアリーカード会員専用の特別なジン「季の美 エディションG exclusively blended for LUXURY CARD」を使用したオリジナルカクテルが、「セントレジスホテル大阪」のセントレジスバーに登場します。期間限定で提供されるこのカクテルは、「和」をコンセプトにした新たな3種のオリジナルカクテルです。

ラグジュアリーカード×羽田空港パワーラウンジ×ケンズカフェ東京のコラボレーションを開始

Black Card I 株式会社、羽田空港のパワーラウンジや日本空港ビルデング株式会社、およびガトーショコラ専門店「ケンズカフェ東京」の3社がコラボレーションキャンペーンを開始しました。ラグジュアリーカード会員限定で、羽田空港第1・第2ターミナル パワーラウンジにて、ケンズカフェ東京の「CRIOLLO生チョコレート」とシャンパーニュミニボトルが無料で楽しめる特別優待が提供されます。

「ダイナースクラブ コンパニオンカード」が3Dセキュアに対応開始

ダイナースカードは「ダイナースクラブ」の付帯カードであるMastercard®ブランドの「コンパニオンカード」に、4月より本人認証サービス(3Dセキュア)を導入します。これにより、Diners Clubは”ProtectedBuy”、Visaは”Visa Secure”、Mastercard®は”ID Check”に対応することになります。

Marriott Bonvoyアメックスプレミアムが遂に日本上陸

アメリカンエキスプレスとマリオットの提携カード「スターウッド プリファード ゲスト® アメリカン・エキスプレス®・カード」が、「Marriott Bonvoy(マリオット ボンヴォイ)アメリカン・エキスプレス・プレミアム・カード」に切り替わり、日本上陸を果たしました。また、新たなラインナップとして「Marriott Bonvoyアメリカン・エキスプレス・カード」も追加されています。

「ダイナースクラブ プレミアム メタルカード」を発行開始

招待制のダイナースクラブ プレミアムカードから、20周年記念として金属製のメタルカードが発行されます。ダイナースクラブ プレミアムカードの会員を対象に、2022年1月11日から事前申込受け付けが開始され、2月3日以降に順次発送されます。

三井住友カード プラチナプリファード(NL)登場

三井住友カード プラチナプリファードの基本情報

特徴詳細
カード名三井住友カード プラチナプリファード
発行会社三井住友カード株式会社
カードランクプラチナカード
ナンバーレス仕様カード両面に番号記載なし、セキュリティ強化
初年度年会費無料
年会費33,000円(税込)
ポイント還元率最大10%
特典国内外の空港ラウンジ利用、旅行保険、コンシェルジュサービス、各種優待サービス、ステータスマッチ
キャンペーン新規入会で初年度年会費無料、利用金額に応じたポイント付与

三井住友カード株式会社が発行する最上位のプラチナカード「三井住友カード プラチナプリファード」の両面にカード情報を記載しない完全なナンバーレスクレジットカード仕様が新たに追加されました。また、初年度年会費無料となるキャンペーンも実施されます。「三井住友カード プラチナプリファード」は、プラチナカードのステータスと圧倒的なポイント還元を実現した新しいカードとしてラインナップされています。

「ダイナースクラブカード」年会費無料 キャンペーンを開催

三井住友トラストクラブ株式会社は、個人向けカード「ダイナースクラブ カード」の年会費が初年度無料になるキャンペーンを開催しています。2024年4月1日から2024年7月31日お申し込み分(2024年8月31日ご入会分まで)の期間中に、ダイナースクラブカードに新規入会すると、初年度年会費が無料になります。詳細はダイナースクラブカード公式サイトをご覧ください。
公式サイト:ダイナースクラブカード公式サイト

【法人ブラックカード】最強の法人ブラックカード関連記事:
【2022年最新】知らずに選ぶと損する!法人ブラックカード徹底紹介!

まとめ

今回は、そもそもブラックカードとは?というブラックカードの基礎から、最強の法人ブラックカードについて徹底解説してきましたがいかがでしたでしょうか。

ブラックカードとは、クレジットカードの中で最も高い最強ランクに位置するカードを指します。
そして、「ブラックカード」という名称は、アメリカン・エキスプレスのセンチュリオン・カードから始まりました。日本で初めてのブラックカードとして登場し、その券面が黒色であったことから、「ブラックカード=最強最上位ランク」という認識が広がりました。

実は法人向けとして正式に「ブラックカード」と名乗ることができる本物の金属製ブラックカードは、一つしか存在しておらず、内容も見た目もブラックカードと言えるものは「ラグジュアリーカードMastercard® Black Card(法人ブラックカード)」1種類だけでした。しかし、法人向けのカードには、見た目はブラックカードではなくとも、ブラックカード級の最強法人カードがたくさん存在していましたね。

おすすめのブラックカード級の最強法人カードとしては、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」や、「JCBプラチナ法人カード」、「JCB CARD Bizプラチナ」、「apollostation PLATINUM BUSINESS」、「UPSIDER」、「UCプラチナカード」、「freeeセゾン プラチナビジネスアメックス」、「三菱UFJカード プラチナビジネスアメックス」、「静銀セゾンプラチナアメックス」、「ダイナースクラブ ビジネスプレミアムカード」を挙げさせていただきました。

また、最強法人ブラックカードおすすめ3選として、最強のラグジュアリー度を誇る、「ラグジュアリーカードMastercard® Black Card(ブラックカード)」、最強スペックの「UPSIDER」、王道の最強「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」をおすすめさせていただきます。

法人ブラックカードと、ブラックカード級の法人カードは、法人クレジットカードの中でも特にステータスが高く、優れた特典とサービスを提供するカードです。一般的な法人カードと比較して、法人ブラックカードと、ブラックカード級の法人カードは年会費が高く、審査基準も厳しいですが、その分、利用者には多くのメリットがあります。法人ブラックカードや、ブラックカード級の法人カードを持つことで、企業の信頼性や信用力を向上させるだけでなく、ビジネスの効率化や経費管理のサポートにも役立ちます。

また、法人ブラックカードや、ブラックカード級の法人カードの最大の特徴は、その圧倒的なステータスです。カードを所持しているだけで、企業の信用力や経済力をアピールすることができるため、取引先や顧客に対して強い印象を与えることができます。また、法人ブラックカードの所有者には、専用のコンシェルジュサービスや、国内外のラグジュアリーラウンジの利用、優待プログラムの提供など、多岐にわたる最強の特典が用意されています。

さらに、法人ブラックカードや、ブラックカード級の法人カードは、経費管理やキャッシュフローの改善にも役立ちます。高い利用限度額や、支払いの柔軟性により、急な出費や大きなプロジェクトの資金調達もスムーズに行うことが可能です。これにより、ビジネスの成長や拡大に大きく貢献することが期待できます。また、法人ブラックカードや、ブラックカード級の法人カードは、経費精算や会計処理の効率化にも寄与します。詳細な利用明細や、経費の自動分類機能を活用することで、経理業務の負担を軽減し、より正確な経費管理が実現します。

法人ブラックカードや、ブラックカード級の法人カードを選ぶ際には、各カードの特典やサービス内容、年会費などを比較検討することが重要です。自社のビジネスニーズに最も適した法人カードを選ぶことで、最大限のメリットを享受することができます。例えば、海外出張が多い企業であれば、海外旅行保険や空港ラウンジの利用特典が充実している法人カードを選ぶと良いでしょう。また、ポイント還元率が高い法人カードを選ぶことで、経費を有効に活用し、さらなるコスト削減を図ることが可能です。

最強の法人ブラックカードを手に入れるためには、まずは自社の信用力を高めることが求められます。定期的な決算報告や、財務状況の健全化を図ることで、審査に通過する確率を高めることができます。また、既存の法人カードの利用実績を積み重ねることも重要です。クレジットヒストリーを良好に保つことで、法人ブラックカードや、ブラックカード級の法人カードの審査において有利になるでしょう。

法人ブラックカードや、ブラックカード級の法人カードは、その名にふさわしい「最強」の特典とサービスを提供する一方で、その取得には一定のハードルがあります。しかし、法人ブラックカードや、ブラックカード級の法人カードを手に入れることで、企業の成長やビジネスの拡大に大きなプラスとなることは間違いありません。これから法人ブラックカードや、ブラックカード級の法人カードの取得を検討している企業は、まずは自社の状況を見直し、どのカードが最適かを慎重に選ぶことが重要です。

法人ブラックカードを適切に活用することで、企業の信用力を高め、ビジネスの成長を支援する強力なツールとして役立てることができます。企業の成功を目指す経営者にとって、法人ブラックカードと、ブラックカード級の法人カードはまさに「最強」のビジネスパートナーとなるでしょう。

【法人ブラックカード】最強の法人ブラックカード関連記事:
ブラックカードが持てる年収はどれくらい?招待を受ける条件は?メリット・デメリットや憧れのブラックカード一覧も紹介!

今すぐコスト削減
資料請求はこちら
right
株式会社SoVa
〒103-0023
東京都中央区日本橋本町3-9-7 ARC CUBE日本橋本町3階
TEL:03-6821-1935